キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプ用品大全!初心者におすすめのアイテムを一挙に紹介!

アメリカンヴィンテージなキャンプサイトのリビングスペース

今回はおすすめのキャンプ・アウトドア用品を一挙紹介!キャンプ初心者が初めに購入するべき定番アイテムから、個性のあるおもしろグッズまで、これから一式そなえるという方に向けた人気ブランドも合わせて幅広くお届けします。どれもアウトドアに役立つ便利アイテムなので、ぜひ参考にしてみてください!

キャンプ道具のチェックリスト

キャンプをやってみたいが何を準備すればいいかわからないという方におすすめ!これさえ用意すればできるキャンプ用品リストを紹介するので、参考にしてみてください。
/

出典:PIXTA

  • テント
  • ペグ・ペグハンマー
  • テーブル
  • チェア
  • ランタン
  • 懐中電灯
  • シュラフ(寝袋)
  • マット
  • バーベキューグリル・コンロ
  • ライター
  • 軍手
  • トング
  • クーラーボックス
  • 保冷剤
  • キッチン用品
  • 食器
  • ゴミ袋
  • タオル
  • 虫除けグッズ
  • 雨具
  • ポータブル電源
  • おもちゃ
▼キャンプ道具をそろえたい方はこちらをチェック!

【おすすめテント】キャンプのマストアイテム!

キャンプのマストアイテムであるテントを初めて購入する上で注目するのは、使用人数です。ソロキャンプ向きテントから大人数向けの大型テントまで幅広くお届けしますので、購入時の参考にしてみましょう!
商品名[ロゴス] 3ルームドゥーブルXL[スノーピーク] アメニティドームM [DOD] ワンポールテント[コールマン] ツーリングドームST
画像
サイズ300×622/520×205cm355×230×120cm370×325×200cm210×120×100cm
重さ16.8kg8kg8.8kg4kg
人数6人5〜6人5人1〜2人

6人用以上テント

3〜5人用テント

1〜2人用テント

▼おすすめのテント一覧はこちら!

【おすすめのタープ】大人数でだんらんできるキャンプ用品!

タープは主にヘキサタープ・レクタタープ・スクリーンタープの3種類から選びます。
  • ヘキサタープ…スリムで美しい形状。
  • レクタタープ…日陰や雨避けの有効面積が広く機能的に使えるのが特徴。
  • スクリーンタープ…シェルタータイプなので悪天候時にも使いやすいです。
初心者におすすめなのがヘキサタープとレクタタープ。タープの基本的な設営方法を押さえれば簡単です。慣れてきたらアレンジもできます!今回は、数あるタープの中でもおすすめを紹介します。
商品名[スノーピーク] HDタープ "シールド"・ヘキサ(L) Proセット[DOD] ヘキサゴンタープ
画像
サイズ1,120×690cm420×410×230cm
重さ9.8kg5.2kg
収容人数4〜8人3〜4人
▼タープにはさまざまな種類があります!形状や機能によって自分に合ったタープを選びたい方はこちら!

【おすすめ寝具】キャンプ泊でも快適な睡眠を!

封筒型とマミー型、2種類の寝袋(シュラフ)を紹介!
  • 封筒型…寝るときに布団に近いふかふかの肌触りが特徴。
  • マミー型…軽くてコンパクトに収納可能。
まずはキャンプ場の気温や季節に合ったシュラフを選ぶことが大切です。夏でも標高が高いキャンプ場は冷え込むことがあるので、購入時には快適温度と最低温度を確認しましょう! マットはシュラフの下に敷くことで地面の凸凹をなくし、冷えも防ぎます!断熱性に優れたものから、弾力の調節ができるものまで、機能が豊富なマットが数多く販売!マットを選ぶ際は、機能性はもちろんのこと、サイズまで確認しておきましょう。

シュラフ(寝袋)

▼寝袋(シュラフ)を詳しく知りたい方はこちらもチェック!

コット・マット

▼マットがあるだけでも寝心地がだいぶ違います!自分に合ったマットを探したい方はこちら!

【おすすめのチェア】快適に過ごせるキャンプ用品!

キャンパーから人気があるおすすめチェアを紹介!チェアを選ぶ際にはチェアの高さを基準に選びましょう!チェアにはローチェアとハイチェアがあり、ローチェアは座面が低いので足を前に伸ばしてリラックスしやすく、ハイチェアは座面が高いので食事のシーンで使いやすいです。
商品名[ヘリノックス] チェアワン[ロゴス] ストライプあぐらチェア[キャプテンスタッグ] パレット ラウンジチェア type II[BUNDOK] ツインチェア
画像
重量970g3.1kg2.3kg3.73kg
耐荷重45kg120kg80kg140kg
▼おすすめのアウトドアチェアを知りたい方におすすめ!自分に合ったスタイルで選んでみましょう!

【おすすめのテーブル】快適に食事を楽しめるキャンプ用品!

テーブルには、ローテーブルとハイテーブルの2種類があります。
  • ローテーブル…地面に座りながら焚き火を楽しめる。テント内や焚き火近くで使用したい時におすすめ!
  • ハイテーブル…チェアに座りながら料理が食べられる。キッチンテーブルとして使えたり、バーベキューシーンなどでも使えるので汎用性が高い。
キャンパーが愛用しているアウトドアテーブルを紹介!
商品名[コールマン] ナチュラルモザイクファミリーリビングセットプラス[ロゴス] Tracksleeper ディナーテーブル[キャプテンスタッグ] アルミ ロールテーブル[BUNDOK] バンブーテーブル60
画像
重量13.2kg5.6kg700g2.2kg
耐荷重30kg40kg30kg20kg
▼アウトドアテーブルの選び方とおすすめを知りたい方におすすめしたい記事はこちら!

【おすすめのランタン】キャンプの夜を安全に照らす!

ランタンには大まかにLEDタイプとガスタイプ、ガソリンタイプの3種類に分かれています。選ぶ際には3つのタイプの特徴を抑え、適切なタイプを選びましょう!
  • LEDランタン…火を使わず、充電したり電池で点灯できるので安全でコストが良いです。
  • ガスタイプ…LEDランタンよりも光量が大きいのが特徴。
  • ガソリンランタン…気温が低くても使え、広範囲を照らせます。
初心者が使いやすいおすすめのランタンを紹介します。
商品名[コールマン] ワンマントルランタン[スノーピーク] ギガパワーランタン“天”オート[ジェントス] エクスプローラー EX-1300D[WAQ LANTERN2]
画像
重量1.4kg125g1.22kg220g
連続点灯時間7.5~15時間4時間7〜350時間60時間
種類ガソリンガスLEDLED
▼ランタンの選び方やおすすめを知りたい方はこちらの記事もおすすめです!

【おすすめの焚き火台】焚き火台があればキャンプの楽しさ倍増!

軽量かつ組み立てやすさを重視したおすすめの焚き火台を紹介!軽量であれば持ち運びやすく、組み立てやすければ他に時間を回せます。ストレスなく効率的に準備をするためにも軽量で組み立てやすさで焚き火台を選びましょう!
商品名[ユニフレーム] ファイアグリル[スノーピーク] 焚き火台 S[ロゴス] LOGOS the KAMADO[コールマン] 焚き火台
画像
重量2.7kg1.8kg8.5kg1.6kg
▼バーベキューコンロの選び方やおすすめを知りたい方はこちらの記事もおすすめです!

【おすすめガスバーナー】料理を楽しめるキャンプ用品

キャンプ料理を楽しむためのおすすめガスバーナーを紹介!焚き火や炭火だと、薪や炭の配置を考え移動させないと行けないので火加減の調整が難しいですが、ガスバーナーはつまみで火加減を調整でき安定した火力を保てます。

【おすすめクーラーボックス】夏場のキャンプでは必需品!

クーラーボックスのソフトタイプとハードタイプの2種類を紹介します。ソフトタイプはコンパクトに折りたため持ち運びやすく、食品を買う際など普段使いもしやすいのが特徴。ハードタイプは保冷力が高く、遠くのキャンプ場や連泊のキャンプにおすすめです!

【おすすめの調理道具】これがあればキャンプ料理を楽しめる!

キャンプ料理には、クッカーやカトラリーといったキャンプで使える調理器具が必須!ここでは初心者が最初に揃えておくべき調理器具を紹介します!

調理グッズ+α

▼キャンプで便利なクッカーについてもっと詳しく知りたい方はこちらから!

【おすすめ収納ボックス】荷物運びの必需品

キャンプ用品が揃ってくると家での収納はもちろん、持ち運ぶ際の収納がネックになってきます。そこで大事になってくるのが収納ボックスです!荷物を運ぶのが楽になるおすすめの収納ボックスを紹介します。
▼収納方法についてはこちらの記事をチェック

キャンプが快適になる便利グッズ

絶対に必要というわけではないけれど、あればもっとキャンプが楽しく、もっとキャンプが快適になる!そんな+αのキャンプグッズを紹介します。

キャンプ用品は100均やホームセンターでも買える

キャンプ用品はアウトドアショップだけではなく100均やホームセンターでも販売しています。アウトドアブランドより安く買えるものが多いので、試しにキャンプ用品を買ってみたいという方は100均やホームセンターでそろえてみましょう!

100均

最近では、100均でもキャンプ用品が買えるようになってきました。キャンプ用品メーカーのアイテムよりは機能性は劣りますが、実際のキャンプの場で十分に使えるアイテムが多数あるのも事実です。気になるジャンルのアイテムがあれば、まずは100均やダイソーで販売しているキャンプグッズを試してみるのもおすすめ。 ▼100均で手に入るキャンプ用品について詳しく知りたい方はこちらから!

ホームセンター

ホームセンターにもアウトドア用品が沢山販売されています。特にカインズにはバーベキュー用品や、ワンタッチテント、タープ、チェア、テーブルなどアウトドア用品を沢山取りそろえています。キャンプに行く前に急遽必要になったものなどがあったらカインズに行ってみてください! ▼カインズのアウトドア用品について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

キャンプ用品を一式そろえるならココ!おすすめメーカーを紹介

アウトドア用品を一式そろえるならココ!おすすめメーカーを紹介します!メーカーでキャンプ用品をそろえるとレイアウトしやすくなります。

コールマン(Coleman)

コールマンは1900年にアメリカで創業した、老舗のキャンプ用品メーカーです。創業当時から受け継がれる、ガソリン式のランタンやストーブが最も有名。比較的リーズナブルな価格帯で、カスタマーサポートやアフターサービスに力を入れており、日本でも愛好者の多いメーカーです。 公式HPはこちらコールマン コールマンの店舗は東京をはじめとして、北海道から沖縄まで全国にあります。ぜひお近くの店舗に足を運んでみてください。 詳しくはこちら:コールマン 店舗 ▼コールマンの製品について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

スノーピーク(snow peak)

スノーピークのテントの写真

出典:Amazon

スノーピークは1958年創業の、日本が世界に誇るキャンプ用品メーカーです。品質とオリジナリティを重視したスノーピークの商品は決して「安い」とは言えませんが、それでも世界各地から来日した観光客がこぞって買い求めます。 新潟県燕三条に自社工場を構え、素材やディテールにこだわった、信頼性の高いモノ作り。良質でおしゃれなスノーピークのキャンプグッズは、キャンパーたちの憧れです。 公式HPはこちら:スノーピーク スノーピークの店舗も日本中にあるので、ぜひ一度お近くの店舗に立ち寄ってみてください! 詳しくはこちら:スノーピーク 店舗 ▼スノーピークの製品について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

ロゴス

ナバホの商品紹介

出典:Amazon

1985年日本で誕生したアウトドアブランド。キャンプで使えるテントやシュラフ、タープなどを扱っています。またサイクリング用品やガーデニング用品など幅広くアウトドア用品を取りそろえているのが特徴的。初心者向けにアイテム数多く取りそろえているので初心者にもおすすめです! 公式HPはこちら:ロゴス ▼ロゴスの製品について詳しく知りたい方はこちらをチェック!

キャプテンスタッグ

キャプテンスタッグのステッカー

出典:Amazon

創業者の「アメリカで見かけたバーベキューのスタイルを日本で再現したい」という思いから、バーベキュー用品を中心に、テント、シュラフ、クッキングテーブルをそろえているアウトドアブランド。現在ではキャプテンスタッグの製品だけでキャンプに行けるようになり、多くのアウトドア用品を取り扱っています。 公式HPはこちら:キャプテンスタッグ ▼キャプテンスタッグの製品についてさらに詳しく知りたい方はこちらをチェック!

DOD

DOD ワンポールテントL 8人用の商品画像

出典:Amazon

リーズナブルな商品がそろうアウトドアブランド。インターネット販売を中心に行っていることや、広告費を抑えていることで手にとりやすい価格になっています。人気は「タケノコテント」や「かまぼこテント」。グループやファミリーで楽しめるテントを沢山取りそろえています。 公式HPはこちら:DOD ▼DODの製品を詳しく知りたい方はこちらをチェック!

キャンプ用品は買う前に借りるのも!おすすめレンタルサイト

キャンプ用品は高額です。キャンプをはじめよう!とせっかく思い立っても、家族の分まで買いそろえようとすると、なかなか簡単ではありません。キャンプ用品は、レンタルもできることをご存知ですか?自分好みのスタイルやアイテムが見つかるまで、レンタルでいろいろ試しましょう!

キャンプ用品のレンタルはhinataレンタルがおすすめ

hinataレンタルでは、初心者でも扱いやすいベーシックなアイテムから、ベテランキャンパーさんが使用するようなアイテムまで、幅広くそろっています。初めてのキャンプにはもちろん、気になるアイテムの試し使いにもおすすめです。全国へ配送無料(沖縄、離島を除く)で、キャンプ場での受け取り、返却も可能!少ない荷物で気軽にキャンプを楽しめます!

キャンプ用品をレンタルしたい方はこちら!

hinataレンタル 公式HP▼
▼その他のレンタル情報を知りたい方はこちらもチェック!

新しいアウトドア・キャンプ用品をゲットしてキャンプに出掛けよう!

キャンプグッズを選ぶ時って、使うシーンを想像するとすごくワクワクしますよね!新しいキャンプグッズを手に入れたら、きっとお披露目したくなります。ついつい自慢したくなるお気に入りのキャンプグッズを見つけて、もっとキャンプを楽しみましょう! ▼キャンプ道具の選び方が気になる方はこちらの記事もチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像ロゴス 3ルームドゥーブルXLスノーピーク アメニティドームM DOD ワンポールテントコールマン ツーリングドームSTスノーピーク HDタープ "シールド"・ヘキサ ProセットDOD ヘキサゴンタープロゴス スランバーシュラフモンベル ダウンハガー800ヘリノックス コットワン コンバーチブルバンドック フォールディング マットヘリノックス チェアワンロゴス ストライプあぐらチェアキャプテンスタッグ パレット ラウンジチェア type IIBUNDOK ツインチェアコールマン ナチュラルモザイクファミリーリビングセットプラスロゴス Tracksleeper ディナーテーブルキャプテンスタッグ アルミ ロールテーブルBUNDOK バンブーテーブル60コールマン ワンマントルランタンスノーピーク ギガパワーランタン“天”オートジェントス エクスプローラー EX-1300DWAQ LED LANTERN2ユニフレーム ファイアグリルスノーピーク 焚き火台 Sロゴス LOGOS the KAMADOコールマン 焚き火台プリムス P-153 ウルトラバーナーユニフレームのツインバーナーコールマン パワーハウス LPツーバーナーストーブコールマン スチールベルトクーラーロゴス アクションクーラーロゴス ハイパー氷点下クーラーLソト(SOTO) ナビゲーター クックシステムユニフレーム  燕三条シェラカップ300トランギア メスティンロゴス ダッチオーブン10インチコールマン スキレットロゴスの氷点下パックソト スライドガストーチ ST-480マグナ 折りたたみ式カトラリーセットスノーピーク マナイタセット Mコールマン アウトドアワゴンスノーピーク シェルフコンテナ 25ジャクリ ポータブル電源 PTB021Anker Powerport Solarユニフレーム UFダストスタンド4ロゴス マイティー火消しつぼスノーピーク 焚き火グローブコールマン レジャーシートデラックスBlue Giraffe ラウンドビーチタオルアウトドアクッキングエプロンレンザイ 蚊帳付きハンモックスノーピーク フィールドコーヒーマスターPR-880
商品名ロゴス 3ルームドゥーブルXLスノーピーク アメニティドームM DOD ワンポールテントコールマン ツーリングドームSTスノーピーク HDタープ "シールド"・ヘキサ ProセットDOD ヘキサゴンタープロゴス スランバーシュラフモンベル ダウンハガー800ヘリノックス コットワン コンバーチブルバンドック フォールディング マットヘリノックス チェアワンロゴス ストライプあぐらチェアキャプテンスタッグ パレット ラウンジチェア type IIBUNDOK ツインチェアコールマン ナチュラルモザイクファミリーリビングセットプラスロゴス Tracksleeper ディナーテーブルキャプテンスタッグ アルミ ロールテーブルBUNDOK バンブーテーブル60コールマン ワンマントルランタンスノーピーク ギガパワーランタン“天”オートジェントス エクスプローラー EX-1300DWAQ LED LANTERN2ユニフレーム ファイアグリルスノーピーク 焚き火台 Sロゴス LOGOS the KAMADOコールマン 焚き火台プリムス P-153 ウルトラバーナーユニフレームのツインバーナーコールマン パワーハウス LPツーバーナーストーブコールマン スチールベルトクーラーロゴス アクションクーラーロゴス ハイパー氷点下クーラーLソト(SOTO) ナビゲーター クックシステムユニフレーム 燕三条シェラカップ300トランギア メスティンロゴス ダッチオーブン10インチコールマン スキレットロゴスの氷点下パックソト スライドガストーチ ST-480マグナ 折りたたみ式カトラリーセットスノーピーク マナイタセット Mコールマン アウトドアワゴンスノーピーク シェルフコンテナ 25ジャクリ ポータブル電源 PTB021Anker Powerport Solarユニフレーム UFダストスタンド4ロゴス マイティー火消しつぼスノーピーク 焚き火グローブコールマン レジャーシートデラックスBlue Giraffe ラウンドビーチタオルアウトドアクッキングエプロンレンザイ 蚊帳付きハンモックスノーピーク フィールドコーヒーマスターPR-880
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事