バーベキューコンロおすすめ37選!シチュエーション別にご紹介!

 キャンプ用品

バーベキューグリルで焼く串焼き

バーベキューコンロ・グリル特集!火元は炭がいい?それともガス?材質はスチール製?ステンレス製?…など、この記事では、失敗しない最強なバーベキューコンロ・グリルの選び方と、総勢37つのおすすめアイテムを、シチュエーション別にご紹介します!


 目次


バーベキューコンロ・グリルの選び方5つのポイント

串にさした食材を焼く様子    

出典:LuckyBusiness / ゲッティイメージズ

後悔したくないバーベキューコンロ・グリル選び。選び方のポイントを見ていきましょう♪

ポイント①人数

みなさんが想定するバーベキューは、2-3人程度の少人数でこじんまり楽しむものですか?それとも5人以上の大人数でワイワイ楽しむものですか?

人数が多いのに小さなグリルでは十分にバーベキューを楽しめず、逆に、人数が少ないのに大きなグリルは荷物になってしまいます。バーベキューコンロ・グリルは人数を想定して選びましょう!

ポイント②バーベキュースタイル

バーベキューコンロで食材を焼いている女性の写真    

出典:Amazon

立って食べるか座って食べるか、バーベキューのスタイルもコンロ選びの重要なポイント。テンション高めで盛り上がるのなら、立って食べた方が楽しいですし、ゆったりのんびりバーベキューなら座って食べるのがいいですね。

バーベキューグリル・コンロは大きく2種類、背の高い「ハイスタイル」のものと、背の低い「ロースタイル」に分かれるので、購入の前に自分のバーベキュースタイルを想定しておきましょう!

ポイント③火元はガス?炭火?

コールマンのロードトリップグリルの画像    

出典:Amazon

火元にも種類があります。せっかくのバーベキューだし、炭火で調理したいという方が多いかもしれませんが、「やはり炭で火を起こすのは面倒...。」という方もいるはず。そんな方はガス式のバーベキューグリル・コンロもおすすめです!

ポイント④素材はステンレス?スチール?

グリル・コンロ自体の材質にも大きく2種類があります。スチール製は、安価で手に入れられますが、少し重く持ち運びは不便です。また、経年劣化も早く、使用するごとに錆びたりしていきます。それに対してステンレス製は、軽くて耐久性に優れていますが、そのぶんお値段が張ります。

バーベキューをする頻度を考えて、年に数回程度であればスチール製を、頻繁にバーベキューを楽しむという方はステンレス製を選ぶようにしましょう!

ポイント⑤焚き火も一緒に楽しむ?

食材を焼いているバーベキューコンロの写真    

出典:Amazon

多くの焚き火台は、ロースタイルのバーベキューコンロとしても使用できます。焚き火も楽しむという方なら、焚き火台を1つ購入して、食事中はバーベキューコンロとして、食事後は焚き火台として使用すると、積載も少なく済むのでおすすめです!

【少人数向け】おすすめ卓上コンロ・グリル9選

みんなでテーブルを囲んでバーベキューを楽しめる卓上コンロ・グリル。サイドにものを置けて便利な上に、皆でテーブルを囲めるのでアットホームな雰囲気でバーベキューを楽しめます。

サイズが小さいものが多く、基本的には少人数向けですが、焼き面が大きいものであれば4、5人程度でバーベキューできます。

ユニセラについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

【ロースタイル】バーベキューコンロ・グリルおすすめ4選

ローチェアに座って囲めるタイプのバーベキューコンロ・グリルです。中には焚き火もバーベキューも楽しめるタイプのものがあり、キャンプでバーベキューを楽しむという方は重宝します。

より詳しいファイアグリルの情報や、ユーザーの声を知りたい!という方はこちらの記事をどうぞ♪

キャプテンスタッグのコスパ抜群のコンロ・グリルが気になる方はこちらをチェック!

【ハイスタイル】大型バーベキューコンロ・グリルおすすめ10選

バーベキューと聞いて一番い思いつくのが、このタイプのバーベキューコンロ・グリルではないでしょうか?立ってワイワイバーベキューを楽しみたいのであれば、断然このタイプがおすすめです。

ただし、大人数でのバーベキューが可能な一方で、足がついていて重たいものが多いので、持ち運びを想定している方は要注意です。

コールマンのコンロはこちらをチェック!

ロゴスの「チューブグリルSmart80」を他のグリルと徹底比較!こちらもあわせてチェック!

【ガス仕様】おすすめバーベキューコンロ・グリル3選

本場アメリカで人気のWEBERのグリルはまだまだたくさん!▼

【無煙】家でも快適!おすすめバーベキューコンロ・グリル2選

【使い捨て】楽々♪おすすめインスタントバーベキューコンロ3選

【コンパクト】ソロキャンプにおすすめ!バーベキューコンロ6選

【ステンレス】DOD・秘密のグリルちゃん

秘密のグリルちゃん    

出典:Amazon

ポケットに入れて持ち運べる、コンパクトで軽量なバーベキューグリルです。焼網を取り外してソロ用焚火台としても使うことができる2way仕様が嬉しい!

コストコで購入or自作すれば安上がり!?

コストコで購入する!

コストコの外観    

出典:jeepersmedia/Flickr

アメリカでの並行輸入品となる、コールマンやウェーバーのバーベキューグリルが販売されているコストコ。正規価格の半額ほどになっていることもあるので、目が離せません!

在庫状況が店舗によってまちまちなので、目当てのバーベキューグリルがあるかは事前に確認しておくようにしましょう!

バーベキューグリルを自作する!

正規品でなくてもいいから、とにかく安く済ませたいという方は、100均アイテムでバーベキューグリルを自作する方法もあります!100均にある金属トレーなどを駆使するだけで、意外と頑丈な自作バーベキューグリルが作れます。

自分だけのバーベキューグリルをDIYするというのも愛着が湧いていいですよね!ただし、火を扱うギアなので、性能面には十分に気をつけてください!

まずはレンタルでお試しするのもおすすめ!

バーベキューコンロをレンタルすることで、簡単に使用感を確かめられます。バーベキュー場やレンタル業者に頼むことで、気軽にレンタルできるのでおすすめです。「コンロをまだ持っていない人」や「どのコンロを買うか迷っている人」は、まずはレンタルから始めてみましょう!

詳しくはこちらの記事をチェックしてください。

コンロと合わせて揃えたい便利グッズリストをチェック!

バーベキューコンロに炭を入れている様子の写真    

「コンロを使うにあたって、あと何を揃えたらいいの?」というビギナー向けに、コンロ周りの必須アイテムをチェックリストにしてみました。

トング

食べ物をひっくり返したり、お皿にとりわけたりするのに便利。ストッパー付きのものもあり。

炭バサミ

炭を補充したり、動かしたり…忘れがちだけど必需品です!

グローブ

軍手でも代用できるけれど、レザーグローブなら火に近い作業でも安心!

炭(チャコール)

人数&時間によって変わってくるので箱をチェック。備長炭はバーベキュー初心者では火がつきにくいので避けたほうが無難。

着火剤

炭を選んだなら、火のつきをよくする着火剤もお忘れなく。ジェルや固形などいろいろありますが、固形ならば火力が落ちた時にも再投入できます。

ガスカートリッジ

購入する時には表示をチェックし、コンロの仕様にあうものを。

火消し炭壺

日帰りバーベキューで、すぐに炭を消火したい場合に便利。使いかけの炭は次回にとっておきましょう。

▼こちらもあると便利です!

きちんと準備したいという方にはこちらの記事もおすすめです。

バーベキューコンロ・グリルの上手な使い方

左側に寄せられた鎮火した炭    

バーベキューコンロ・グリルを使うにあたって知っておきたい上手な使い方!それはコンロの中に、炭を偏らせて置くことです!火力調整のできなバーベキューのコンロ・グリルは、炭の量で火力を調整することになります。

そこで、左側には炭を多く配置し強火に、真ん中は炭を薄く敷き弱火に、右側は、完全に炭をどかして保温スペースに、と火力を分けてあげましょう!

こうしておくことで、お肉を不用意に焦がしてしまうことも少なくできますし、炭が落ちてお肉が炎上するなんてこともなくなります!

その他、バーベキューでの小技が知りたい方はこちらの記事も合わせてチェック▼

コンロの掃除も、工夫次第で楽チンに♪

バーベキューで食材を焼いている写真    

出典:gettyimages

意外と厄介なバーベキュー後のコンロ掃除。炭や油がこびりついて、なかなか簡単にはいきませんよね。そんなときにテンションが下がらないよう、掃除が劇的に楽になるテクニックをいくつか紹介します!

バーベキューコンロ

バーベキューコンロにの内側、炭を置くところに厚手のアルミホイルを敷いておきましょう。これによってコンロに直接灰や油などがつくことがなく、きれいなまま保てます。ただし、空気が通る穴をふさがないように注意しましょう。

焼き網・鉄板

焦げ付きの予防に、よく熱してから焼き網や鉄板に油や酢を塗っておきましょう。肉や食材がくっつきにくくなり、掃除も楽になります。

網を使い終わったら…

バーベキューが終わったら、まだ炭に火がついているうちに網にアルミホイルをかぶせておきましょう。こうすることで網についている油や食材を焼き切って炭化できます。10分ほど置いておくと、こびりついた汚れがこするだけで簡単に落ちるようになるんです。

遅くても翌日までには洗っておこう!

もし当日洗えなかったとしても、翌日までには洗っておきましょう。時間を空けないほうが錆びや汚れが落ちやすいです。洗った後は、次回使う時のためにも必ず錆び予防で油をぬっておき、新聞紙に包んで保管しておきましょう。

愛着のわくバーベキューコンロをゲットしよう!

バーベキューグリルで焼く串焼き    

以上、バーベキューデビューを飾る、おすすめのバーベキューコンロ・グリルを紹介してきました。ご自分のスタイルにあったアイテムは見つかりましたか?愛着のわくアイテムが一つあるだけでも、友人や仲間とのアウトドアライフがもっと楽しく充実すること間違いなし!さあ、今年の夏は、バーベキューを思いっきり楽しんじゃいましょう♪

▼バーベキューコンロ・グリルと合わせてテーブルもチェック!

▼初心者必読!快適にキャンプが楽しめるキャンプ用品特集はこちら!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪