キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

バーベキューコンロ・グリルの最強はコレ!おすすめを人数別に徹底解説

バーベキューコンロ

出典:PIXTA

バーベキューコンロ選びはキャンプやデイキャンプの要です。今回は、人数別にバーベキューコンロ・グリルを紹介。あわせて選び方のポイントを解説します。自分にぴったりのバーベキューコンロを見つけましょう!

バーベキューコンロ・グリルの種類

バーベキューコンロの種類はパーティー向けの大きいサイズからソロで楽しめる小型のものまでさまざまです。ここではメジャーな5タイプを解説します。

スタンダード

バーベキューグリルで食材を焼く様子

出典:PIXTA

スタンダードタイプはパーティーや大人数でのバーベキューに最適です。 脚が付いており、高さが60〜80cm程度のものが多いです。これより高いモデルの場合、上体をかがめずに楽に調理できます。高さを調節できたり、脚が取り外せるタイプもありとても便利なため、よく調べてから購入しましょう! メリット
  • 大人数で囲みながらバーベーキューができる
  • 高さの調節ができるものが多い
デメリット
  • グリルが大きいと持ち運びが大変

卓上

卓上のバーベキューグリル

出典:PIXTA

テーブルに置いて使用するコンパクトなタイプが卓上タイプです。組み立てがシンプルでセッティングや後片付けが簡単なのが特徴。携行性に優れ、ソロキャンプや2〜4名程度のバーベキューに最適です。 メリット
  • コンパクトに収納が可能
  • 机の上で調理ができる
  • 少ない燃料で効率よく焼ける
デメリット
  • 焼く面が小さいため一気に調理ができない
  • 机の上に置くので場所をとる

焚き火台

焚き火台で調理する様子

出典:PIXTA

焚き火台は網をセットすればバーベキューグリルとして使えます。焚き火台1台で焚き火とバーベキューを楽しめると人気です。焚き火台は薪で火をおこすことが前提なので、炭を用意せずに調理でき、荷物を減らしたいソロキャンプに最適。 メリット
  • 焚き火台に網をセットするだけで使える
  • 荷物が少なくて済む
デメリット
  • 焚き火台に合う網を用意しなくてはならない
  • 使用後、焚き火台が汚れてしまう

フタ付きタイプ

ウェーバー オリジナルケトルプレミアム

出典:Amazon

フタ付きタイプの特徴は熱をグリル内に閉じ込め、蒸し焼き効果で食材の中までしっかり火を通せること。分厚い肉などを焼く時に最適です。またスモークチップを使用すれば手軽に燻製も楽しめます。ふた付きタイプには温度計が付いているものが多く、失敗せずに調理しやすいです。 メリット
  • フタが付いているので蒸し焼き、燻製料理もできる
  • 温度調節が可能で失敗しにくい
  • 料理の幅が広がる
デメリット
  • フタなどの荷物が増える
  • 本体が重いものが多い

カセットガス

ウェーバー ポータブル バーベキューガスグリルの商品画像

出典:Amazon

ガス式バーベキューコンロの特徴は火を安定的に供給できること。炭火であれば炭に火を移すまで時間がかかりますが、その点ガス式はすぐに点火でき料理を始められる上に、火加減も簡単に調整可能。さらに炭を使用しないので片付けが楽なのもガスタイプの魅力。 メリット
  • カセットガスですぐに点火でき調理ができる
  • 火加減の調節が簡単
  • 炭や灰の片付け不要
デメリット
  • カセットガスがなくなると火が使えなくなってしまう

簡易タイプ

インスタント BBQコンロの商品画像

出典:Amazon

簡易タイプは使い切りのコンロで1,000円以下で販売されているものが多いです。また使い捨てのものが多く、片付けが楽なのも簡易タイプの魅力。使い切りコンロ一つとライターだけで数分間楽しめるので、ため試しにバーベキューをやってみたい方におすすめ! メリット
  • 荷物が少なくて済む
  • 全て捨てられるので片付けが楽
デメリット
  • 中に入っている炭分しか燃えないのでタイムリミットがある
  • 簡易な作りなので、重いものは載せられない

バーベキューコンロ・グリルの選び方

バーベキューコンロ・グリルの選び方
バーベキューコンロやグリルを準備して迎えたせっかくのバーベキュー。「使いづらいかも…」「思っていたのと違う!」と後悔しないために、バーベキューコンロ・グリルの選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

使用人数

串にさした食材を焼く様子

出典:LuckyBusiness / ゲッティイメージズ

まずは使用人数を確認しましょう!焼く面が広いほど一気に食材が焼けたり、大きいものを乗せたりすることが可能なので、大人数で使用する際にはピッタリ。小さいものは、一度にたくさんは焼けませんが、少ない燃料で効率よく食材が焼けるのでひとりや少人数での使用がちょうど良いでしょう。 バーベキューコンロ・グリルには、それぞれ推奨使用人数が設定されている場合がほとんどです。使用人数を考えながら、下記参考にサイズを選びましょう。
  • 2~3人:30×20cm(600㎠前後)
  • 4~5人:40×30cm(1200㎠前後)
  • 6~8人:60×40cm(2400㎠前後)
バーベキューコンロ・グリルは使用人数が増えるにつれて重量も重くなってくるので、大きければいい!というものでもありません。

スタイル

食材を焼いているバーベキューコンロの写真

出典:Amazon

バーベキューコンロ・グリルは、大きく分けてハイスタイルとロースタイルの2種類があります。 【ハイスタイル】 足の高さが70〜80cm程度のバーベキューグリルです。立ったまま調理でき、調理スペースと飲食スペースを分けたい時に便利です。座面の高さが40cm程度の椅子と組み合わせることで、座って食事もできます。大人数でのバーベキューや、子どもがいるバーベキューにおすすめメリット
  • 立ったまま調理ができる
  • 大人数でも囲ってバーベーキューが楽しめる
デメリット
  • 重いものを載せすぎると重心が上になり、少し不安定になる
【ロースタイル】 ロースタイルのバーベキューコンロは、焚き火台と兼用で使用する人が多いです。焚き火も楽しみたいキャンパーさんにおすすめです!ロースタイルはサイズがコンパクトで、組み立て・収納がシンプルなものが多く、荷物を少なくすることができます。 メリット
  • 設営片付けが簡単
  • コンパクトなものが多く、少ない荷物でバーベキューすることができる
デメリット
  • 姿勢を低くして調理をしなくてはいけない

燃料

コールマンのロードトリップグリルの画像

出典:Amazon

火元の種類は大きく分けて2つ、ガスと炭火です。 【ガス】 ガス缶をセットするだけで簡単に調理できるため、初心者におすすめ。炭を扱わないため、後片付けも簡単です!一般的なガス缶の容量は250g。これはおよそ一時間程度使用できる容量です。バーベキューをする時間から、だいたい何本程度必要か計算して必要な分だけ持っていきましょう。 メリット
  • 火おこしいらずですぐに調理ができる
  • 炭を使わないので片付けが簡単
デメリット
  • ガス缶がなくなってしまうと火が付けられない
【炭火】 炭を使用するバーベキューグリル・コンロは、ガス式よりも火起こしや後片付けに時間がかかります。そのため、炭の扱いに慣れたバーベキュー中〜上級者向け。遠赤外線効果で、食材をよりおいしく調理できるため、本格的に調理したい方は炭火タイプがいいでしょう! メリット
  • 遠赤外線効果や炭火でよりおいしく焼ける!
  • 炭火の香りや炎によって、よりバーベーキュー感を演出
デメリット
  • 火付け、片付けに時間がかかる
  • 火の調節が難しい

材質

バーベキューコンロの材質はステンレスとスチールがあります。それぞれ材質ごとの特徴を解説します。 【ステンレス】 ステンレスはさびにくく耐久性が高いため、頻繁に買い換える必要がありません。スチールと比較して、重量は軽く持ち運びが簡単です。価格が高いので、頻繁に利用する人におすすめ! メリット
  • 丈夫でさびにくく、きれいに保つことができる
  • 軽量で運びやすい
デメリット
  • スチールに比べて値段が高い
【スチール】 スチールは価格の安さが特徴です。安価なので、バーベキューコンロの入門用として最適。ステンレスに比べ、重く持ち運びが大変です。また、さびやすいので小まめに手入れが必要になります。年に数回だけ利用するという方におすすめです。 メリット
  • 手頃な値段で買うことができる
デメリット
  • ステンレスに比べて重量がある
  • さびやすいのでお手入れが必要

おすすめのスタンダードタイプ

大人数で使いやすいスタンダードタイプのバーベキューコンロを紹介します!
▼コールマンのコンロはまだまだあります!こちらをチェック!

おすすめの卓上コンロタイプ

コンパクトで使いやすい卓上コンロを紹介します!
▼ユニセラTG-IIIについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

おすすめの焚き火台タイプ

バーベキューコンロとしても使える焚き火台を紹介します!

おすすめのフタ付きタイプ

燻製ができ、食材の中にも火を通しやすいフタ付きのバーベキューコンロを紹介します!

おすすめのカセットガスタイプ

火加減を簡単に調整でき、おいしく料理を作りやすいカセットガスタイプのコンロを紹介します!
▼本場アメリカで人気のWEBERのグリルはまだまだたくさん!

おすすめの簡易(インスタント)タイプ

点火も片付けも簡単なインスタトタイプのコンロを紹介します!

使いやすいバーベキューコンロをゲットしよう!

今回は、人数別におすすめのバーベキューコンロ・グリルを紹介しました。自分のアウトドアスタイルにあったアイテムを見つけて、バーベキューを思いっきり楽しみましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン クールスパイダーステンレスグリルグランデユニフレーム UFタフグリルキャプテンスタッグ バーベキューコンロホンマ製作所 大型バーベキューコンロ G-600尾上製作所 ドラム缶コンロ1200キャプテンスタッグ ヘリオンロゴス エコセラ・テーブルチューブラル Sロゴス ROSY卓上ステングリルロゴス グリルアタッシュ miniコールマン クールステージテーブルトップグリル尾上製作所 ミニBBQコンロユニフレーム ユニセラTG-Ⅲバンドック 焚き火 グリル笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君ケメコ コンパクトバーベキューグリル ひらっちキャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリルユニフレーム ファイアグリルロゴス ピラミッドグリルロゴス ROSY 卓上ミニたき火グリルキャプテンスタッグ カマド スマートグリル b6型キャプテンスタッグCSブラックラベルDOD 秘密のグリルちゃんウェーバー ジャンボジョーコールマン パーティーボールグリルバンドッグ  蓋付き グリルロードトリップ(R)グリル LXE-JⅡウェーバー Q1250ガスグリル岩谷 グリルスターキャプテンスタッグ インスタントグリルバンドック インスタントコンロコーナン インスタントコンロ
商品名コールマン クールスパイダーステンレスグリルグランデユニフレーム UFタフグリルキャプテンスタッグ バーベキューコンロホンマ製作所 大型バーベキューコンロ G-600尾上製作所 ドラム缶コンロ1200キャプテンスタッグ ヘリオンロゴス エコセラ・テーブルチューブラル Sロゴス ROSY卓上ステングリルロゴス グリルアタッシュ miniコールマン クールステージテーブルトップグリル尾上製作所 ミニBBQコンロユニフレーム ユニセラTG-Ⅲバンドック 焚き火 グリル笑’s・コンパクト焚き火グリル B-6君ケメコ コンパクトバーベキューグリル ひらっちキャプテンスタッグ ヘキサステンレスファイアグリルユニフレーム ファイアグリルロゴス ピラミッドグリルロゴス ROSY 卓上ミニたき火グリルキャプテンスタッグ カマド スマートグリル b6型キャプテンスタッグCSブラックラベルDOD 秘密のグリルちゃんウェーバー ジャンボジョーコールマン パーティーボールグリルバンドッグ 蓋付き グリルロードトリップ(R)グリル LXE-JⅡウェーバー Q1250ガスグリル岩谷 グリルスターキャプテンスタッグ インスタントグリルバンドック インスタントコンロコーナン インスタントコンロ
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事