簡単に作れるキャンプ飯45選!定番料理から変わり種まで紹介

 キャンプ料理

肉やパスタが並ぶランチ

キャンプで簡単に作れるおいしい料理を、定番から変わり種まで紹介します。肉料理に海鮮、ダッチオーブンやスキレット料理やデザートまで、子どもも大人も大満足なレシピをそろえました。レシピのほか、キャンプ料理に必要なアイテムや役立つコツなど、キャンプ料理を成功させるノウハウも!

LINEの友だちを追加

 目次


キャンプ飯はキャンプの醍醐味

焚き火でダッチオーブンを温めている様子

出典: EJJohnsonPhotography / ゲッティイメージズ

キャンプの醍醐味といえば、大自然の中でテントを張って、非日常的な体験ができたり、日常と離れてゆったりした時間を過ごしたりできることを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、キャンプ飯も醍醐味のひとつ。普段は屋内で食べる料理も大自然の中で食べるとよりおいしく感じます。

とはいえ、キャンプ場で料理をする時は、いつものキッチンと違って不便がたくさん。道具が限られていたり、火加減が難しかったり、材料が制限されたりと、特に初心者キャンパーはハードルが高いと感じることもあるかもしれません。そこで、この記事では、初心者キャンパーでも簡単に作れるおいしいキャンプ飯や、キャンプ料理を成功させるコツなどを紹介します。

初心者でも簡単!網で焼くだけキャンプ料理レシピおすすめ3選

お肉に野菜も!バーベキュー

コンロで焼かれたキャンプ料理で定番のバーベキュー食材

出典:photo AC

キャンプ料理の定番、バーベキュー。定番ながら簡単、かつみんなで囲めて盛り上がります。いつものバーベキューに少し変化を持たせたい場合は、事前に肉を漬け込んだりと、下味をつけておけば一味違うバーベキューになります。

▼バーベキューで人気のおしゃれなレシピが知りたい方は、こちらをチェック!

▼バーベキューで盛り上がる食材が知りたい方は、こちらをチェック!

焼き鳥

焼き鳥

出典: Ivan / ゲッティイメージズ

こちらも定番の焼き鳥です。事前に肉や野菜を串にさしてタレにつけておけば、キャンプ場では焼くだけの調理で簡単です。子どももおいしく食べられて、お酒のおつまみにもなる万能料理。味付けを変えればいろんなアレンジも可能です。

アジアンな焼き鳥のレシピはこちら:焼き鳥アジアン

エビのバーベキュー

串に刺して焼くだけでキャンプの食卓にいろどりを与えてくれる食材

出典:Pixabay

エビを開いて焼くだけの超簡単レシピ。エビは焼くと赤くなるため、肉の茶色がメインになりがちなバーベキューに彩りを与えてくれておすすめです。少し難しいのはエビのわたをとる時だけ。あとは赤くなるまで焼いて味付けするだけで完成するため、誰でも簡単に失敗なくできるのがうれしいポイントです。一手間くわえてエビをレモンマリネ焼きにしてもオシャレです。

エビのグリルのレシピはこちら:エビのバーベキュー
エビのレモンマリネ焼きの詳しいレシピはこちら:エビのレモンマリネ焼き

▼バーベキューの海鮮レシピについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

放っておくだけで作れる!簡単煮込み料理レシピおすすめ3選

鶏肉とトマトの煮込み

トマトの煮込みの写真

出典:Tatiana Volgutova / ゲッティイメージズ

煮込み料理は、難しそうに見えて意外と簡単です。具材を切って炒めてあとは放っておくだけ。手軽にできるため、バーベキューを楽しんでいる間に、手の込んだ一品ができ上がります。大きな鍋を使えば大人数でも大丈夫。具材のカットもバーベキューの具材と一緒にやってしまえば、余計な手間もかかりません。

材料例(2人分):
・鶏モモ肉:200g
・ジャガイモ中:1個
・玉ねぎ中:1個
・コンソメ:2個
・砂糖:大さじ1.5
・カットトマト:1箱
・塩:少々
・オリーブオイル:適量

詳しいレシピはこちら:鶏肉のトマト煮込み

ビーフストロガノフ

ビーフストロガノフの写真

出典:Plateresca / ゲッティイメージズ

ざくざくと切った玉ねぎと切り落としの牛肉を使えば、下準備も少なく、炒めてあとは煮込むだけで簡単に作れます。夜にはお酒のつまみとして、朝にはホットサンドに挟んでも美味しく食べられますよ。サワークリームは、生クリームやヨーグルトでも代用可です。

材料例(4人分):
・牛切り落とし:200g
・玉ねぎ:1/2玉
・マッシュルーム缶:1缶
・ケチャップ:適量
・サワークリーム:適量
・小麦粉:適量
・にんにく:少々
・塩コショウ:適量
・しょうゆ:適量
・料理酒:適量

詳しいレシピはこちら:ビーフストロガノフ

煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグの写真

出典:banabana-san / ゲッティイメージズ

材料たった3つでできる、簡単煮込みハンバーグ。えのきを入れることで旨味成分が加わり、味に深みが出ます。スーパーで材料を買い、手を加えることなくすべて鍋に入れて煮込むだけで完成。手軽にがっつりおかずを作れます。バーベキューの残りのピーマンやカボチャなどをのせて色を加えると、彩りも加わってさらにGOODです。

材料例(1人分)
・市販のハンバーグ:1個
・レトルトナポリタンソース:1袋
・しめじ:半袋

詳しいレシピはこちら:煮込みハンバーグ

直火不要!初めてでも失敗しないキャンプ料理レシピおすすめ3選

生春巻き

パクチーいっぱいの生春巻き

出典:photo AC

初めてのキャンプでは、いろんなところに気が散って、普段ならしないような失敗をしてしまうこともあります。そんなときにおすすめなのが、直火にかけない料理。生春巻きなら、生ハムなどを使えば食材を茹でる必要もなく、くるくる巻くだけでおいしく食べられます。野菜中心でヘルシーなのもうれしいポイント。簡単に作れる副菜として、またキャンプの朝飯としてもぴったりです。

材料例 (4~5人分):
・ライスペーパー:10枚
・スモークサーモン:100g
・ニンジン:1/2本
・だいこん:1/6本
・水菜:5本
・パクチー:1束
・スイートチリソース:適量
・ピーナッツソース:適量

詳しいレシピはこちら:生春巻き

ホットドッグ

大きなソーセージのホットドック

出典:Ben6 / ゲッティイメージズ

こちらも基本的に火を使う必要のないホットドッグ。ソーセージは魚肉ソーセージで代用してもOKです。火だけでなく包丁も不要たため、子どもでも作れます。ソーセージを炙ったり炒めたり茹でたり、また、パンを焼いてカラッとトーストするとさらにおいしく食べられますよ。

材料例 (4人分):
・ホットドッグ用パン:4個
・キャベツ:200g
・ソーセージ:4本
・塩:小さじ1/3
・こしょう:適量
・トマトケチャップ:適量
・マスタード:適量

詳しいレシピはこちら:ホットドッグ

きゅうりとツナの無限サラダ

ツナきゅうりサラダ

出典:photo AC

キャンプでは、さっぱりしたサラダも食べたくなりますが、野菜だけでは味気ない料理になってしまいます。そんなときにおすすめなのがたっぷりの天かすがコクのある味わいを演出する、きゅうりとツナの無限サラダ。各種材料を混ぜ合わせるだけの簡単料理でありながらタンパク質と野菜を一緒に食べられるバランスの良さもGOODです。

材料例(2人分):
・きゅうり:1本
・ツナ缶:50g
・天かす:大さじ2
・マヨネーズ:大さじ2
・しょうゆ:小さじ1
・練りからし:小さじ1/2
・トッピング用天かす:大さじ2
・トッピング用小ねぎ (小口切り):適量

詳しいレシピはこちら:きゅうりとツナの無限サラダ

朝食にぴったりの簡単キャンプ料理レシピおすすめ3選

ホットサンド

具沢山のホットサンド

出典:liza5450 / ゲッティイメージズ

キャンプの朝食の大定番ホットサンド。各メーカーからもホットサンドクッカーが出ていることからも分かるように、キャンプの朝食といえばホットサンドです。ガスで調理できること、そして食材を挟むだけで簡単に作れることから多くのキャンパーが朝食メニューに採用。ランチパックを使えば、ランチパックをそのまま入れて焼くだけで温かい朝食ができるため、より手軽です。

材料例(2人分):
・食パン:10枚切り4枚
・ロースハム:2枚
・卵:2つ
・からしマヨネーズ:適量
・スライスチーズ:2枚
・バターorマーガリン:適量

▼hinata編集部が実際にホットサンドを作ってみた記事は、こちら!

▼ホットサンドクッカーで作る変わり種料理は、こちら!

ハム(ベーコン)エッグ

パンに乗せたハムエッグ

出典:paylessimages / ゲッティイメージズ

ハムまたはベーコンと卵を一緒に焼くだけの簡単料理。焼き目が付くまでハム/ベーコンをしっかり加熱し、その上に卵を割り入れるだけ。味付けは、シンプルに塩でも、お好みでケチャップやソース、しょうゆでもおいしいです。食パンの上に乗せて食べれば食器も汚れず片付けも簡単です。

材料例(2人分):
・ロースハムまたはベーコン:2枚
・卵:2つ
・食パン:2枚
・お好きな調味料:適量

詳しいレシピはこちら:ベーコンエッグ・ハムエッグ

▼ベーコンエッグといえば、ハウルの動く城!キャンプで作るジブリ飯のレシピを知りたい方は、こちらをチェック!

朝うどん

温泉たまごのぶっかけうどん

出典:Yaii1254 / ゲッティイメージズ

朝食はあっさり済ませたいという方にはうどんがおすすめ。鍋とガスさえあれば調理ができます。汚れがこびりつくことも少ないので「チェックアウト前に食器洗いで大忙し」なんてことにもならず、その後の手間も圧倒的に少ない料理です。

つゆの材料例(1人分):
・白だし:大さじ2
・しょうゆ:小さじ1
・砂糖:小さじ1
・みりん:大さじ1
・酒:小さじ1
・水:300cc

詳しいレシピはこちら:素うどん

▼キャンプの朝食レシピをもっとたくさん知りたい方は、こちらをチェック!

子どもも大喜び!定番ご飯ものキャンプ料理レシピおすすめ3選

チーズリゾット

下準備をしておけばキャンプ当日に簡単に出来るチーズリゾット

出典:Pixabay

キャンプで温かいご飯が食べたい時におすすめなのがチーズリゾット。簡単に作れて消化も良く、キャンプにもってこいです。下準備をして行けば、当日短い時間で作れます。

キャンプに行く前の下準備。まずは、玉ねぎとにんにくをみじん切りにして器に入れ、ラップをしてレンジで1分30秒加熱します。加熱が終わったらしばらく置いて冷ましておきましょう。その間にベーコンを切り、表面がカリカリになるまで炒めます。2つが冷めたら、フリーザーバックなどに入れて下準備は完了です。

当日は、鍋に材料を入れて軽く炒めながら水を入れ、水が煮立ったらご飯をくわえます。ご飯をほぐしながらコンソメなどの万能調味料で味付け。再度煮立ったらチーズをふりかけてよく混ぜてでき上がりです。

材料(4人分):
・米:1・1/2カップ
・玉ねぎのみじん切り:1/2個分(100g)
・水:3カップ
・コンソメスープ顆粒タイプ:大さじ1
・粉チーズ:60g
・バター:大さじ3
・イタリアンパセリ:適量
・粉チーズ:適量

詳しいレシピはこちら:チーズリゾット

クスクスピラフ

クスクス

出典:photo AC

キャンプ場での主食と言ったら、飯ごうで炊くご飯やバーベキュー後の焼きそばが定番ですが、変わり種としてお米にそっくりな、世界一小さなパスタ・クスクスで作るピラフがおすすめ。お米を炊くよりも、パスタを茹でるよりも簡単にできます。初心者でも簡単に作れて、子どもも好きなピラフ。新しいキャンプ料理の定番になるかも?ニンニクと玉ねぎを炒めたら、水とカレー粉、クスクスを入れて煮ます。水分がなくなるまで煮たら味付けをして完成です。

材料(3人分):
・クスクス:1カップ
・オリーブ油:大さじ1
・水:3カップ
・ソーセージ:2本
・粉チーズ:60g
・にんにく:ひとかけ
・たまねぎ:1/4個
・プチトマト:4個
・ピーマン:1個
・水:3/4カップ
・トマトケチャップ:大さじ2
・カレー粉:大さじ1
・塩:小さじ1/4
・こしょう:少々
・バター・大さじ1

詳しいレシピはこちら:クスクスピラフ

焼きおにぎり

事前に握っておけば、当日焼くだけの簡単でレパートリー豊富な焼きおにぎり

出典:ivva / flickr

おにぎりを自宅で握って持って来れば、あとは焼くだけで簡単に出来ます。「キャンプ前日に余ったご飯を何とかしたい」という時の朝食にも。明太子とバターとニンニクを炒めて作った「ガリバタ明太子」をおにぎりに塗って、ガリバタ明太焼きおにぎりにするなど、おにぎりの味を工夫すればより楽しく食べられます。

材料(2個分):
・暖かいご飯:200g
・いり白ごま:大さじ1
・だし:大さじ1/2
・マヨネース:小さじ2
・しょうゆ:少さじ1
・ごま油:大さじ1

詳しいレシピはこちら:焼きおにぎり

豪快な男のキャンプ飯!肉のキャンプ料理レシピおすすめ3選

スペアリブ

hinata編集部おすすめ、男の豪快キャンプ料理がスペアリブ。名前だけ見ると難しそうなイメージですが、焼き鳥と同じで、準備だけすればキャンプ場で焼くだけ簡単に作れます。普通のバーベキューに飽きてしまった人におすすめの料理です。

食べやすいように小さめに切ったスペアリブを鍋で茹で、すりおろした玉ねぎ、ニンニク、しょうゆ、パイナップルジュース、はちみつ、ケチャップを混ぜて作ったタレにスペアリブを混ぜます。それをビニール袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせ、当日は炭火でスペアリブを焼くだけ完成です。

材料(6人分):
・豚スペアリブ12本:1200g
・いり白ごま:大さじ1
・だし:大さじ1/2
・マヨネース:小さじ2
・しょうゆ:少さじ1
・ごま油:大さじ1

詳しいレシピは動画でチェック!

ローストビーフ

誰もが憧れるメニューと言えばローストビーフ。そんなローストビーフもキャンプで作れます。材料もいたってシンプル。火加減に自信がないという方は、温度計付きの調理器具を使うことをおすすめします。

材料(4人分):
・牛もも肉(かたまり):500g
・塩こしょう:少々
・すりおろしにんにく:少々

詳しいレシピは動画でチェック!

焼豚

豪快に焼いた焼豚

出典:Fotoatelie / ゲッティイメージズ

豪快な肉料理・焼豚。豪快に焼いてみんなで食べれば盛り上がること間違いなしです。余ってしまった時は、ラーメンなどの具材としても使えます。

材料(4人分):
・豚肩ロースかたまり肉 :500g
・ねぎ:1本
・しょうがの薄切り:1かけ分
・酒:1/2カップ
・しょうゆ:大さじ4・1/2
・砂糖:大さじ1
・ほんだし:小さじ1
・水:1カップ
・さらさらキャノーラ油:大さじ1

詳しいレシピはこちら:焼豚

▼キャンプの肉料理についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

箸休めに!野菜を使ったキャンプ料理レシピおすすめ3選

野菜のダッチオーブン蒸し

蒸し野菜

出典:photo AC

切って蒸すだけで野菜を丸ごと味わえる料理。ダッチオーブンに野菜を並べ入れて軽く味付けし、中火→弱火で加熱します。あとはバターを余熱で溶かして混ぜるだけ完成です。

材料例(2人分):
・キャベツ:1/4こ
・ズッキーニ(輪切り):1/2本
・マッシュルーム:8こ
・プチトマト:10こ
・塩小さじ:1/2
・クミンシード:小さじ1
・バター:大さじ1

詳しいレシピはこちら:野菜のダッチオーブン蒸し

シャケと野菜のホイル焼き

野菜ときのこたっぷりの鮭のホイル焼き

hinata編集部おすすめ料理。下準備として、材料と調味料をアルミホイルで包んでおきましょう。あとはキャンプ場に持って行ったら焼くだけで完成です。編集部のおすすめは野菜やきのこをたっぷり入れて、調味料は塩こしょうとバターだけ。シャケのうまみとあいまって、とても美味しくなります。野菜嫌いな子どもでも食べられますよ。

作り方は、アルミホイルにシャケとお好きな野菜やきのこ(シメジや玉ねぎ、キャベツがおすすめ)を適度な大きさにして入れて包んで焼くだけ。シャケは皮付きの方がふっくら焼けますよ。

材料例(1人分):
・生ざけ(切り身):1切れ
・キャベツ:1枚
・しめじ:1/4パック
・長ねぎ:1/6本
・香味ペースト:1周

詳しいレシピはこちら:シャケと野菜のホイル焼き

生ハムのサラダ

生ハムのサラダ

出典:olgakr / ゲッティイメージズ

肉メニューが多くなりがちキャンプで、お口安めのサラダはかかせません。生ハムのピンクやトマトの赤、ベビーリーフの緑のコントラスが美しい、彩り鮮やかなサラダ。写真映えにも一役買ってくれます。

材料例(2人分):
・ベビーリーフ:50g
・黄パプリカ:1/4個
・プチトマト:4個
・生ハム:4枚
・シーザーサラダドレッシング:適量

詳しいレシピはこちら:生ハムのサラダ

温まる!スープ・汁物のキャンプ料理レシピおすすめ3選

まるごと玉ねぎのスープ

まるごと玉ねぎスープの画像

出典:photo AC

丸ごと玉ねぎのグリルをスープに入れた一品。魚網グリルの上で、皮付きのままの玉ねぎをまるごと焼いてスープに入れましょう。見た目も楽しめますし、玉ねぎの甘みがアクセントになったおいしいスープが完成します。

材料(2人分):
・玉ねぎ :2個
・ベーコン:1枚
・AJINOMOTO 胚芽の恵みコーン油:小さじ1/2
・水:2カップ
・コンソメブロック:1個
・塩:少々
・こしょう:少々
・バター:小さじ1
・パセリのみじん切り:少々

詳しいレシピはこちら:まるごと玉ねぎのスープ

クラムチャウダー

クラムチャウダーとバゲット

出典:bonchan / ゲッティイメージズ

肌寒い朝のキャンプ場。そんな時、体が温まるクラムチャウダーとパンがあれば最高です。海鮮をおいしく食べられるのもうれしいポイント。魚介の旨味が口の中に広がって、朝から幸せな気持ちになれること間違いなしです。あさりにくわえて豪華にほかの魚介を入れてもおいしいですよ。

材料(4人分):
・あさり(殻つき):350g
・水:1+1/2カップ
・玉ねぎ:1/2個(100g)
・ニンジン:1/3本
・じゃがいも:1個
・ベーコン:2枚
・小麦粉:大さじ2
・バター:大さじ2
・水:2カップ
・コンソメブロック:1個
・あさりのゆで汁:1カップ
・牛乳 :1カップ
・塩:少々
・こしょう:少々
・クラッカー:4枚
・パセリ(みじん切り):少々

詳しいレシピはこちら:クラムチャウダー

ホットワイン

フルーツとシナモンの入ったホットワイン

出典:Svetlana-Cherruty / ゲッティイメージズ

汁物ではないですが、液体つながりでこちらもおすすめ。大人同士でキャンプに行くならぜひ作りたいホットワインです。簡単に作れて身体の芯からポカポカ温まる、秋冬のキャンプでは欠かせない一品。焚き火にあたりながらホットワインで乾杯なんて素敵です。

材料例:
・赤ワイン:375ml
・砂糖:大さじ1+1/2杯
・レモン:1/3個
・その他シナモン、グローブ、ブラックペッパーなど香辛料

詳しいレシピはこちら:ホットワイン

▼ホットワインについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

▼hinata編集部でも挑戦してみました!こちらも参考にどうぞ。

ソロでも作れる!キャンプ料理レシピおすすめ3選

トマトスープ

ひと味違うピリッとしたトマトスープ

出典:rez-art / ゲッティイメージズ

トマトの赤が鮮やかなトマトスープ。バーベキューで残ったウインナーや野菜で作れます。お好みでパルメザンチーズをふれば、さらにコクのある味わいに。野菜をたっぷり入れれば、キャンプで不足しがちなビタミンの補給に役立ちます。

材料例(3~4人分):
・トマトソース:295g
・長ねぎ:1/2本
・ニンジン:1/3本
・カボチャ:100g
・きゃべつ:1枚
・ブロッコリー:1/3株
・ウインナーソーセージ:2本
・固形スープの素:1個
・塩小さじ:1/3
・こしょう:少々
・オリーブ油:大さじ1

詳しいレシピはこちら:トマトスープ

ペンネグラタン

クッカーのみで出来るオーブン要らずのペンネグラタン

出典:Shigeyama / flickr

ペンネグラタンは、クッカーひとつで調理可能。ソロキャンプにもってこいのレシピです。具材は事前に切ってジップロックに入れて持参するのが便利。材料少なくもっと手軽に作りたい!という方は、市販のホワイトソースを使うという手もあります。

材料(2人分):
・玉ねぎ:1/4個
・アスパラ:1本
・鶏モモ肉:適量
・マカロニ:20g
・牛乳:150cc
・バター:10g
・小麦粉:大さじ3
・コンソメ:小さじ1
・塩コショウ:少々
・パン粉:少々

詳しいレシピはこちら:ペンネグラタン

パプリカマヨチーズ焼き

材料も少なく簡単に出来るパプリカマヨチーズ焼き

出典:nekotank / flickr

パプリカとマヨネーズとチーズ、コンソメ(顆粒)のみと、少ない材料で作れる簡単レシピ。簡単なのに彩りも鮮やかで、シンプルになりがちなソロキャンプの食卓を華やかにしてくれます。

材料例(4人分):
・パプリカ:2個
・ピザ用チーズ:80g
・マヨネーズ:大さじ3
・コンソメ調味料:小さじ2

詳しいレシピはこちら:パプリカマヨネーズ焼き

▼ソロキャンプにおすすめのレシピをもっと知りたいか方は、こちらをチェック!

夏に作りたいキャンプ料理レシピおすすめ3選

冷汁そうめん

冷汁そうめん

出典:yumehana / ゲッティイメージズ

暑い夏に体を冷やしてくれる冷汁そうめん。暑い日にこそ食べたくなる一品です。ただのそうめんでは味気ないという方におすすめ。そうめんを冷汁風にすることで、摂れる栄養素も増えます。夏バテを防ぐためにも、ぜひ暑い夏には試してみてください。

材料(2人分)
・そうめん:3束
・きゅうり:1本
・塩:少々
・木綿豆腐:1/2丁
・みそ:大さじ2
・すり白ごま:大さじ4
・水:1カップ
・めんつゆ(3倍濃縮):大さじ3
・鶏がらスープ:小さじ1
・七味唐がらし:少々

詳しいレシピはこちら:冷汁そうめん

カオマンガイ

さっぱりした鶏肉のカオマンガイ

出典:Vichai Phububphapan / ゲッティイメージズ

夏バテ気味の時には、カオマンガイで元気を補給。キャンプ場にいながら、タイやシンガポールの屋台で売られている庶民の味を堪能できます。お肉がさっぱりしているため、気だるい夏でもガツガツ食べられますよ。

材料(2人分):
・米1合:150g
・鶏もも肉1枚:250g
・長ネギの青部分:適量
・しょうが:5g
・塩:小さじ1
・鶏ガラスープの素(顆粒):小さじ1/2
・水:180ml
・カシューナッツ、アーモンドなど:30g
・焼肉のたれ:大さじ3
・ごま油:小さじ1
・砂糖:小さじ1
・きゅうり:適量
・トマト:適量
・パクチー:適量

詳しいレシピはこちら:カオマンガイ

メイソンジャーサラダ

メイソンジャーサラダとサラダ

出典:Merinka / ゲッティイメージズ

人気を集めているメイソンジャー。キャンプで不足しがちな野菜がしっかり取れます。冷蔵庫で4~5日ほど保存ができるため、時間のある日に作っておくことが可能。キャンプ当日には、持って行くだけでOKです。

材料例(ジャー1本分):
・きゅうり:1/2本
・プチトマト:6個
・セロリ:1/3本
・ハム:100g
・グリーンアスパラガス:2本
・グリーンカール:1/2枚
・塩:小さじ1/4
・こしょう:少々
・はちみつ:大さじ1
・レモン汁:大さじ1
・プレーンヨーグルト:70g
・オリーブオイル:大さじ2杯

詳しいレシピはこちら:メイソンジャーサラダ

▼夏に作りたいキャンプ料理がもっと知りたい方はこちらもチェック!

冬に作りたいキャンプの鍋料理レシピおすすめ3選

キムチ鍋

キムチ鍋

出典:KEN226 / ゲッティイメージズ

鍋に具材を入れて、キムチ鍋の素を入れるだけで作れる簡単レシピです。キムチの素を使っているため、料理下手でも味付けバッチリ。野菜がたくさん取れるうえに、香辛料が体を温めてくれるため、寒い冬でもポカポカと暖かくなれます。

材料(4人分):
・豚バラ薄切り肉:300g
・白菜:1/4株
・長ねぎ:2本
・ニラ:1束
・えのきたけ:1袋
・豆腐:1丁
・エバラキムチ鍋の素:300ml
・水:600ml

詳しいレシピはこちら:キムチ鍋

トマト鍋

トマト鍋

出典:ALLEKO / ゲッティイメージズ

トマトの赤が鮮やかなトマト鍋。トマトに含まれるうまみ成分・グルタミン酸が、鍋をより一層おいしくしてくれます。キムチ鍋は辛いため子どもが食べられないこともありますが、トマト鍋なら大丈夫。ゆったり時間のあるキャンプなら、鍋の素を使わず、生のトマトからスープを作るのも楽しいです。

材料(4人分):
・鶏もも肉 :600g
・塩:少々
・こしょう:少々
・トマト:2個
・玉ねぎ:1個
・じゃがいも:2個
・しめじ:1パック
・水菜:100g
・にんにくのみじん切り:2片分
・カットトマト缶:1缶
・酒:大さじ2
・水:3カップ
・コンソメブロック:3個
・塩:小さじ1/2
・黒こしょう:少々
・粉チーズ:適量
・オリーブオイル:大さじ2

詳しいレシピはこちら:トマト鍋

カレー鍋

カレー鍋

出典:photo AC

キャンプのど定番・カレー。そして冬の定番料理といえば鍋。そんな2つの定番を組み合わせた人気レシピです。みんな大好きなカレー味の鍋。盛り上がること間違いなしです。カレーライスにかけるカレーにはあまり入れませんが、鍋ということできのこ類も入れるとおいしいですよ。

詳しいレシピはこちら:カレー鍋

▼冬に作りたいキャンプ料理がもっと知りたい方は、下記の記事をチェック!

見た目華やか!おしゃれキャンプ料理レシピおすすめ3選

焼きりんご

焼きリンゴ

出典:photo AC

ダッチオーブンならどんな料理も簡単に作れますが、おすすめなのは素材の味を生かした料理。ダッチオーブンではふたの上に炭を置いて下からも上からも加熱する調理ができ、素材の味を最大限に生かせます。自然の中で、自然そのものの味を楽しめるのは素敵です。

作り方は、芯をとったリンゴに干しブドウとシナモンバターを詰めて、アルミホイルを敷いたダッチオーブンでラムシロップをかけながら焼いていくだけです。

材料例(1人前):
・りんご:1個
・バター:小さじ1/2
・グラニュー糖:大さじ1/2
・シナモン:適量

詳しいレシピはこちら:焼きりんご

エビのアヒージョ

ニンニクの風味を付けたオリーブオイルで具材をじっくり弱火で煮込んで作るアヒージョ。簡単に作れるのに、味もおいしく見た目も華やかなおしゃれな料理です。にんにくが効いたエビは食欲を刺激。マッシュルームからじゅわっと染み出すオリーブオイルもたまりません。

材料(4人前):
・むきえび:80g
・マッシュルーム:8~10個
・にんにく:1片
・鷹の爪:1本
・ブロッコリー:30g
・オリーブ油:150ml
・塩:少々

詳しいレシピは動画でチェック!

ラタトゥイユ

フライパンいっぱいのラタトゥイユ

出典:hipokrat / ゲッティイメージズ

フランス南部・プロヴァンス地方の名物料理であるラタトゥイユ。野菜を炒めて煮込んで作ります。お酒のおつまみにぴったり。作りたて熱々でも冷まして食べてもおいしいです。ラタトゥイユに使うズッキーニやナスなどの具材は、夏野菜が多いため、旬の夏に作りたいレシピです。

材料(4人分):
・ズッキーニ:1本
・なす:2個
・セロリ:10cm
・コンソメ顆粒:小さじ1
・玉ねぎ:1個
・パプリカ:1個分
・ホールトマト缶:400g)
・にんにくの薄切り:1片分
・白ワイン:1/4カップ
・ローリエ:1枚
・塩:少々
・こしょう:少々
・オリーブオイル:大さじ2

詳しいレシピはこちら:ラタトゥイユ

ダッチオーブンを使った本格キャンプ料理レシピおすすめ3選

スタッフドチキン

お皿に乗ったチキンの丸焼き

出典:photo AC

丸取りを1羽使って作るスタッフドチキン。見た目はとても豪華なのに、簡単に作れるのが魅力です。味付けもシンプル。ダッチオーブンを使って、キャンプ場で本格的な料理を作ってみんなで盛り上がりましょう。

材料:
・丸鶏:1羽
・塩&コショウ:適量
・ニンニク:適量
・ローズマリー、タイムなどお好みのハーブ:適量
・オリーブオイル:適量
・お好きな詰め物:適量

▼詳しいレシピが知りたい方は下記の記事をチェック!

▼こちらも読まれています!

燻製

アウトドアで人気の燻製も、ダッチオーブンがあれば専用器は必要ありません。お気に入りの食材と好きな香りのチップを用意して、あとはビールを用意しながらワクワク待つだけ。おなじみの食材が燻されることで豪華に変身します。スモークチップで燻された香ばしい香りでお酒も進みますよ。

材料:
・チーズ:適量
・卵:適量
・ソーセージ:適量
・その他好きな具材::適量

詳しいレシピは動画でチェック!

33. 玉ねぎのじっくりロースト

魚網グリルで焼かれた皮付きまるごと玉葱のグリル

出典:Ippei Suzuki / flickr

玉ねぎを皮のままダッチオーブンに入れ、弱火にかけて1時間待つだけ。あっという間に玉ねぎローストが作れます。熾火になった炭や、焚き火の端に置いておくだけでもできます。ダッチオーブンがあれば調理も楽々。玉ねぎ本来の甘みを感じられるレシピです。

材料(4人分):
・玉ねぎ:4個

詳しいレシピはこちら:玉ねぎロースト

▼他にもダッチオーブンレシピが気になる方は、こちらもチェック!

おもてなしに!スキレットで作るキャンプ料理レシピおすすめ3選

34.ちぎりパン

パン

出典:jreika / ゲッティイメージズ

スキレットを持っている方は、ぜひパン作りに挑戦してみてください。キャンプ場で食べるできたて熱々のパンは極上ですよ。もちもちしていて食べやすいちぎりパンなら、子どもも喜ぶこと間違いなし。アヒージョと合わせて作って、オイルにパンを付けて食べてもおいしいです。

材料(1〜2人分):
・豆乳:150g
・ドライイースト:3〜4g
・強力粉:300g
・砂糖:大さじ1
・塩:小さじ1
・バター:20g

詳しいレシピはこちら:ちぎりパン

羽つき焼き餃子

餃子

出典:photo AC

冷凍の餃子をキャンプ場に持ち込めば、簡単に焼き餃子を作れます。しょうゆ、ポン酢など、調味料を色々持っていけば、たくさん焼いても飽きることなく楽しめますよ。より本格的に手作りで餃子作りに挑みたい方は、餡や皮を手作りするのもありです。

材料(2人分):
・餃子の王将[生餃子]:2人前
・片栗粉+水:適量
・ねぎ:少々
・ごま油:少々
・ポン酢:お好みで

詳しいレシピはこちら:羽根つき焼き餃子

マルゲリータピザ

ピザの材料とピザをとり分ける様子

出典:Pixabay

パーティーであるとうれしいピザ。オーブンがなくてもスキレットがあれば焼けます。一見難易度が高そうなメニューですが、生地さえ作ってしまえば後の工程は楽々。ぜひ挑戦してみてください。シメの焼きそばの代わりにピザ、というのも斬新でおしゃれです。

材料例:
・ピザ生地:1枚分
・とろけるチーズ:大さじ4位
・ケチャップ:大さじ2〜3
・お好みの具材:適量

詳しいレシピはこちら:マルゲリータピザ

▼スキレットを使った料理をもっと知りたい方は、こちらもぜひご覧ください。

▼スキレットで韓国料理を作ってみよう!詳しくはこちらをチェック!

缶詰で作る簡単キャンプ料理レシピおすすめ3選

イカ飯

イカ飯

出典:photo AC

イカの中に米を入れて炊き上げる、北海道渡島地方の郷土料理・イカ飯を缶詰で手軽に。煮汁が多く入っているイカの缶詰を使って作れば、イカの香りをしっかり感じられるイカ飯ができます。生姜はチューブではなく生の生姜を切っていれてもおいしいです。

材料例:
・米:2合
・いか味付缶詰:1缶
・生姜チューブ:5cm

詳しいレシピはこちら:イカ飯

タイカレーリゾット

イナバのカレー

出典:Amazon

人気のカレー缶詰・イナバのタイカレー缶で作るカレーリゾット。缶詰の中にご飯をいれて加熱すれば洗い物も少なく、ソロキャンプに便利です。ただし、メーカーでは缶詰の直接加熱は推奨されていないため、缶詰を直接加熱する際には自己責任で安全に十分配慮して行ってください。

材料例:
・イナバタイカレー缶詰:1缶
・ご飯:0.5杯

詳しいレシピはこちら:タイカレーリゾット

コンビーフと大葉のオムレツ

コンビーフ

出典:photo AC

牛肉の塩漬け・コンビーフ。コンビーフの缶詰なら常温で保存できるため、クーラーボックスを持ち運べないシーンでも、肉料理を楽しめます。チーズを入れて焼いてもGOOD。青じその代わりにパセリやパクチーなどの香味野菜を使ってもさわやかでおいしいです。

材料例(2人文):
・コンビーフ缶詰:1/2缶(50g)
・卵:M2個
・青じそ:5枚
・砂糖:小さじ1/2
・塩:少々

詳しいレシピはこちら:コンビーフと大葉のオムレツ

キャンプ料理で注意するポイント

キャンプでの調理

出典:photo AC

キャンプでは、張り切って手の凝ったキャンプ料理を作ろうとしたはいいものの、家での調理とは勝手が異なり何かとうまくいかないことが多いです。何度かキャンプに行ったことがある方は、思い当たる経験があるのではないでしょうか。

誰しも、最初から難しい料理は作れません。初心忘るべからずで、経験を積んで慣れてきてから難しい料理にチャレンジしていくようにしましょう。この過程もキャンプの楽しみの一つですよ。

それではここからは、キャンプ料理を充実させるためのコツを紹介していきます。

コツ1・レシピは事前に

クッカー

出典:Amazon

特に初心者は、キャンプ当日までにレシピを考えておくようにしましょう。キャンプ当日に、キャンプ場に行く途中のスーパーやコンビニに立ち寄って買った食材でできるものを考えればいいや、と思う方もいるかもしれませんが、初めてだと要領を得ず、なかなか難しいです。例えば、材料をいろいろ買ったはいいものの、調理器具が足りなかったり、調味料が足りなかったり。といったことが起こり得ます。

レシピを考える時に大事なポイントは3つ。1つめはレシピを参考に材料は何が必要か考えること、2つめは自前の調理器具で作れるかを検討しておくこと、3つめはその料理でみんながハッピーになれるか考えることです。

必要な材料を事前に把握しておけば、何を買うか迷うこともなくなりますし、キャンプ場近くに売っていなさそうな材料なら事前に買っておけます。また、自前の調理器具でどんな調理が可能か把握しておけば、キャンプ場で道具がなくて困ることもありません。そして何より、各自が食べられないものなど事前に把握してレシピを選べば、みんながおいしく食べられるため、キャンプ飯がもっとハッピーになります。

コツ2・材料は家で事前に仕込みをしておく

事前に下準備としてカットされた野菜

レシピを考えたら次は準備。ここでも2つポイントがあります。それは、キャンプ場での作業工程を少なくすることとゴミを少なくすることです。

まずは1つめ。キャンプ場ではテントを張ったり火を起こしたりと、やることがたくさん。そんな中、料理の準備をゼロからしていたらせっかくのキャンプが慌ただしいものになってしまいます。そうならないために、出発前に材料の下準備を済ませておきましょう。

野菜を切っておいたり、お肉に下味をつけておいたり、ちょっとした準備をしておくだけでキャンプ場での作業が一気に楽になります。特にお肉に下味をつける工程には、味を染み込ませるだけでなく、雑菌の繁殖を防ぐ効果もあるので、暑い日のキャンプでは必須です。

次に、2つめのゴミを少なくすることについて。キャンプでは、来る時よりも帰る時の方が荷物がかさばりがち。収納がうまくできていない荷物でトランクがパンパンな時にさらにゴミまで多いと気分が滅入ってしまいます。そうならないために、準備の段階でゴミを少なくしておくと便利。お肉なら、トレーを外してポリ袋に入れて持っていくだけでかさばるゴミが少なくなりますよ。

コツ3・飲み物や液体の調味料を保冷剤代わりに

気温の高い季節には、気をぬくとすぐに食材がダメになってしまいます。特にお肉を持って行く際には保冷剤は必須。多いに越したことはありません。しかし、保冷剤が多い=荷物が多くなってしまう、というのもまた事実。そんな時の荷物を少なくするアイデアとして、持って行く飲み物や調味料を凍らせて保冷剤にしてしまうという方法があります。飲み物や液体の調味料を凍らせれて保冷剤の代わりにすれば、キャンプ場で溶けた中身を使えて、帰りの荷物が少なくなります。

▼こちらも読まれています!

キャンプ料理の本・ブログ・SNSもチェック

The Camp Blog

このブログでは、すぐに真似できる簡単なキャンプ料理が紹介されています。余った食材を使ったり、身近にある簡単なもので作れるキャンプご飯が載っていて実践的です。

詳しくはこちら:The Camp Blog

キャンプ・満腹道場!!

このブログでは、定番料理はもちろん今までにない新しい料理まで幅広く紹介されています。新しいキャンプ料理に挑戦したい人におすすめ。料理道具も紹介されているため、合わせてチェックしてください。

詳しくはこちら:キャンプ・満腹道場!!

インスタで「#キャンプご飯」と検索!

特に見た目がおしゃれなキャンプ料理に挑戦したいという方は、手っ取り早くインスタで検索してみるのもひとつの手。多くのおしゃれキャンパーが、屈指のおしゃれな写真をポストしています。味はもちろん、見た目でもキャンプを盛り上げてくれるレシピ。ぜひ参考にしたいです。

詳しくはこちら:「#キャンプご飯」

hinataのYouTubeチャンネルもチェック!

hinataのYouTubeチャンネル「hinata TV」では、キャンプに関するアレコレや、アウトドアに思わず出かけたくなる情報を発信中。キャンプ料理のアイディアもひらめいちゃう!?ぜひチャンネル登録してみてくださいね。

キャンプ料理の動画が盛りだくさん!

hinata TV でレシピをチェック →

簡単・美味しいキャンプ料理をマスターしよう

鉄板で焼かれた下準備された食材から出来た簡単で美味しい料理

出典:Paul Bradbury / ゲッティイメージズ

キャンプ初心者でも簡単にできておいしいキャンプ料理を紹介しました。キャンプ料理のレパートリーを増やしたいなら、まずはたくさんのレシピをチェックすることが大事。自分で作れるキャンプ料理のレシピを充実させて、もっとキャンプを楽しみましょう。

▼キャンプ料理とあわせて、キャプ料理の道具もチェック!

▼コミュニケーションに役立つキッチングッズについてもチェック!

▼こちらの記事も読まれています。

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

レシピ キャンプ料理 食材

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪