【初心者必見】キャンプ料理のいろは教えます!!これさえ読めばキャンプ料理の達人に◎

hinata

>

キャンプ

>

キャンプ料理

>

【初心者必見】キャンプ料理のいろは教えます!!これさえ読めばキャンプ料理の達人に◎

【初心者必見】キャンプ料理のいろは教えます!!これさえ読めばキャンプ料理の達人に◎

 キャンプ

キャンプ場でどんな料理を作ればいいかお悩みですか?キャンプの1番の醍醐味はやっぱり料理!何を食べてもおいしいですが、どうせなら食事の時間が盛り上がるような料理を作りたいですよね。そんな方におすすめの、簡単にできておいしいキャンプ料理を教えちゃいます!


 目次


料理はキャンプの醍醐味!

   

Instagram (@yurin1020)

キャンプの醍醐味といえば大自然の中でテントを張って、普段できないような体験ができたり、日常と離れてゆったりした時間を過ごせることだと思いますが、やっぱりキャンプ料理が一番の醍醐味ですよね♪普段は屋内で食べる料理も大自然の中で食べると美味しく感じちゃいます!

とは言えキャンプ場で料理をするときは、いつものキッチンと違って不便がたくさん。道具も限られたり、火加減が難しかったり、材料も制限されたり。特に初心者キャンパーさんにはハードルが高いと思います。そこで、初心者キャンパーさんでも簡単にキャンプ料理を成功させるコツや美味しいキャンプ料理をご紹介します!

キャンプ料理で注意するポイントは?

   

Instagram (@peeyan05)

初めてのキャンプでは張り切って手の凝ったキャンプ料理をつくろうとするものの何かとうまくいかないもの。そういった経験ありませんか?キャンプ場でも料理は料理。最初から難しい料理は作れません!初心忘るべからずです!経験を積んで慣れてきてから難しい料理にチャレンジしていくようにしましょう。この過程もキャンプの楽しみの一つですよ♪

それではキャンプ料理を充実させるためのコツを紹介しちゃいます♪

コツ1 レシピは事前に

キャンプ場に行く途中に近くのスーパーやコンビニに立ち寄って食材を買ったりしてませんか?何を買うか迷ったり、買いたい食材が売ってなかったりした経験ありませんか?そのような失敗は全て事前にレシピを考えておくだけで未然に防ぐ事ができます!

レシピを考える時に大事なポイントは3つ!材料は何が必要か考える事、自前の調理器具で作れるかを検討する事、その料理でみんながハッピーになれるか考える事です♪必要な材料を事前に把握しておけば、何を買うか迷う事も無くなりますし、キャンプ場近くに売っていなさそうな材料なら事前に買っておく事ができます。自前の調理器具で調理可能か把握しておけば、キャンプ場で道具がなくて困る事もありません。そして何よりみんなで食べる事のできる料理ならキャンプはもっとハッピーになります☆

コツ2 材料は事前に下準備を!

   

レシピを考えたら次は準備ですね!ここにも2つポイントがあります♪キャンプ場での作業工程を少なくすることとゴミを少なくすることです!

キャンプ場ではテントを張ったり、火をおこしたりたくさん作業がありますよね。そんな中、料理の準備もしていたらせっかくのキャンプも慌ただしいものに。そうならないためにも出発前に材料の下準備は済ませておきましょう!野菜を切っておいたり、お肉に下味をつけておいたり、ちょっとした準備をするだけでキャンプ場での作業が一気に楽になりますよ♪特にお肉に下味をつけるのは味を染み込ませるだけでなく、雑菌の繁殖を防ぐ効果もあるので、暑い日のキャンプでは必須です!

2つ目はゴミを少なくすること。キャンプ場から帰るとき、撤収がうまくできないと来る時よりも帰る時の方が荷物がかさばってトランクがパンパンなんてこともしばしば。そんな時にゴミが多いと大変ですよね?そうならないためにも準備の段階でゴミを少なくしちゃいましょう!例えばお肉のトレーを外して、ポリ袋に入れるだけでかさばるゴミは少なくなりますよ!

コツ3 保冷剤は焼肉のタレ!?

   

出典:monoprixgourmet / flickr

これからの季節、食材は気をぬくとすぐにダメになってしまいますよね?特にお肉を持って行く際には保冷剤は必須!多いことに越したことはありません!しかし、荷物が多くなってしまうのもまた事実。

そんな時には持って行く飲み物や調味料を凍らせて保冷剤にしてしまうという荒技があります!焼肉のタレを凍らせれば保冷剤の代わりに使えますし、キャンプ場で使ってしまえば多少荷物は軽くなります。焼肉のタレの他にもペットボトルの飲み物などを凍らせておくと便利ですよ!出発時には冷凍庫に置きっぱなしにしないよう、注意が必要です。

キャンプ料理に必要な道具5選

より詳しいバーナーの情報はこちらから↓

クッカー

   

出典:pixabay

最低限バーナーとクッカーがあれば料理ができてしまいます。クッカーを選ぶときには素材と形状を確認しましょう。それぞれ選ぶポイントをご説明します。

まずクッカーの素材。素材は主に熱伝導性と重量に関係します。他にも強度や価格に関係しますが、普通に使っていれば強度は関係ありませんし、価格よりも調理性や取扱性を考慮した方がいいですよ。クッカーはステンレス製・アルミ製・チタン製がありますが、アルミ製のクッカーが軽く、熱伝導性もよいのでおすすめです!焦げにくいので後片付けも楽ですよ♪

形状は主に二種類、浅型と深型がありますが、ソロキャンプでない限り浅型のクッカーがおすすめです。浅型なら熱を良く伝えることができるので、炒め物はもちろん煮込み料理にも使えます!洗いやすいのも嬉しいですね♪

クッカーについてもっと知りたい方はこちら↓

おすすめのシングルバーナーはこちら▼

ダッチオーブンのことをもっと知りたい!という方はこちらの記事をどうぞ↓

BBQコンロ

バーベキューするなら必ず必要となるのがこのBBQコンロ!直火が許されているキャンプ場なら石を積んで、網を置けばバーベキューできちゃいますが、直火禁止のキャンプ場も多いです。バーベキューしたいなら持っておいて損はないアイテムでしょう。

選ぶポイントは大きさと高さ。大きさは使う人数で決めましょう!少し小さいかな?と思うくらいがちょうどいい場合があります。大きすぎるコンロを買ってしまうと持ち運びが大変なのはもちろん、火を起こすのが大変になってしまいます!高さに関しては子供がいるかどうか、どういうシーンで使うかで選びましょう。背の高いコンロは子供が誤ってぶつかってしまったときに大きな事故になりかねません。また、座ってゆっくり食べたい方には背の低いコンロがおすすめです!

シーンに合わせたバーベキューコンロを選びたい方はこちらをご覧ください↓

食器

食器はセットのものを選ぶのがおすすめです!お皿やお椀やコップなど食器1つはあまり大きくないですが、たくさん使うとなるとかさばって大変。最初からセットになっている食器なら重ねたりして収納しやすいようになっているので荷物もすっきり♪食器などのキャンプでいつも使うような小物のアイテムは専用の箱にしまっておくと準備も撤収も楽にできますよ♪

みんなが喜ぶキャンプ料理のメニューは?

【定番】バーベキュー

   

出典:photo-ac

キャンプ料理の定番と言ったらバーベキューですよね!定番ながら簡単、かつみんなで囲めるので盛り上がります♪いつものバーベキューでも事前に食材に下味をつけておくだけで、一歩進んだバーベキューになります☆

【定番】焼き鳥

   

出典:sumos / ゲッティイメージズ

こちらも定番ですが焼き鳥です!出発前に肉や野菜を串にさしてタレにつけておけば、キャンプ場では焼くだけ簡単!子どもも喜び、お酒のおつまみにもなってしまう万能料理ですね♪

【編集部おすすめ】スペアリブ

   

hinata編集部おすすめの料理がスペアリブ!名前だけ見ると難しそうなイメージですが、焼き鳥と同じで、準備だけすればキャンプ場で焼くだけ!普通のバーベキューに飽きてしまった人におすすめの料理です♪

食べやすいように小さめに切ったスペアリブを鍋で茹で、すりおろした玉ねぎ、ニンニク、醤油、パイナップルジュース、はちみつ、ケチャップを混ぜて作ったタレにスペアリブを混ぜます。それをビニール袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせ、当日は炭火でスペアリブを焼くだけですよ♡

詳しいレシピはこちら

【編集部おすすめ】シャケのホイル焼き

   

こちらもhinata編集部おすすめ料理!下準備は材料と調味料をアルミホイルで包むだけ。キャンプ場に持って行ったら焼くだけでできちゃいます☆編集部のおすすめは野菜やきのこをたっぷり入れて、調味料は塩こしょうとバターだけ。シャケのうまみとあいまって、とても美味しくなるんです♪野菜嫌いな子どもでも食べられちゃいますよ!

アルミホイルにシャケとお好きな野菜やきのこ(シメジや玉ねぎ、キャベツがおすすめ)を適度な大きさにして入れて、包んで焼くだけです♪シャケは皮付きの方がふっくら焼けますよ!

詳しいレシピはこちら

【編集部おすすめ】クスクスピラフ

   

出典:コールマン

キャンプ場での主食と言ったら、飯ごうで炊くご飯やバーベキュー後の焼きそばが定番ですが、hinata編集部では変わり種を紹介します!なんとパスタで作るピラフ!クスクスというパスタは世界一小さなパスタで、お米そっくり。お米を炊くよりも、パスタを茹でるよりも簡単にできちゃうんです♪初心者でも簡単に作れて、子どもも好きなピラフは新しいキャンプ料理の定番になるかも?

ニンニクと玉ねぎを炒めたら、水とカレー粉、クスクスを入れて煮ます。水分がなくなるまで煮たら味付けをして完成です!

詳しいレシピはこちら

【簡単】野菜のダッチオーブン蒸し

   

出典:コールマン

キャンプ料理と言えど、やっぱりデザートは欲しいですよね♪そんな方におすすめなのがダッチオーブンで作る焼きりんご!じっくり加熱したりんごは柔らかくてとってもあまーいんです!美味しすぎても食べ過ぎには注意してくださいね♪

ダッチオーブンに野菜を並べ入れて軽く味付けし、中火→弱火で加熱します。あとはバターを余熱で溶かして混ぜるだけです♪

詳しいレシピはこちら

【簡単】チーズリゾット

   

出典:pixabay

キャンプでもあったかいご飯が食べたいですよね。そんな時にチーズリゾットはいかがですか?簡単に作れて消化もいいのでキャンプにもってこいですよ!下準備をして行けば、当日短い時間でできちゃいます♪

行く前に下準備をします。玉ねぎとにんにくをみじん切りにしたものをいれた器にラップをして、レンジで1分30秒加熱し、しばらく置いて冷ましておきましょう。その間にベーコンを切り、表面がカリカリになるまで炒めます。2つが冷めたら、フリーザーバックなどに入れて、下準備は完了です!

当日は、鍋に材料を入れ軽く炒めながら水を入れ、水が煮立ったらご飯を加えます。ご飯をほぐしながらコンソメ等の万能調味料を加えます。 再度煮立ったらチーズを加え、よく混ぜて出来上がりです♪

詳しいレシピはこちら

【簡単】焼きおにぎり

   

出典:ivva / flickr

おにぎりをあらかじめ握って来ればあとは焼くだけで簡単に出来ちゃいます♪キャンプ前日に余ったご飯を何とかしたいなんてときにもいいですね☆明太子とバターとニンニクを炒めて作った「ガリバタ明太子」をおにぎりに塗って、ガリバタ明太焼きおにぎりにするなど、自分なりにおにぎりの味を工夫しても楽しいですね♡

さらに詳しいレシピはこちら

【簡単】クルマエビの塩焼き

   

出典:pixabay

クルマエビに串を刺して焼くだけの超簡単レシピ!海鮮ものは味気なくなりがちなキャンプ場での食卓にいろどりを与えてくれるのでおすすめです♡ちょっと難しいのはエビを串にさすときだけ!しっぽのお腹側からの背中へ、そしてツノの手前までが串の通り道です。あとは赤くなるまで焼くだけなので、誰でも簡単に失敗なくできますよ☆

【簡単】焼きりんご

ダッチオーブンならどんな料理も簡単に作れますが、おすすめなのは素材の味を生かした料理。ダッチオーブンではふたの上に炭を置いて、下からも上からも加熱する調理ができるので、素材の味を最大限に生かすことができるんです!自然の中で、自然そのものの味を楽しめるって素敵ですよね♪

芯をとったリンゴに干しブドウとシナモンバターを詰めて、アルミホイルを敷いたダッチオーブンでラムシロップを書けながら焼いていくだけです♪

さらに詳しいレシピはこちら

まとめ

   

出典:Paul Bradbury / ゲッティイメージズ

いかがでしたか?キャンプ料理は事前にしっかり準備すれば簡単で美味しいものばかり!キャンプ初心者の方に絶対見て欲しい簡単にできておいしいキャンプ料理10選を紹介しました☆キャンプ料理を充実させて、もっとキャンプを楽しみましょう♪


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者 キャンプ料理
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner