hinata

>

バーベキュー

>

バーベキュー食材

>

バーベキュー食材25選!必要な量や準備と、おすすめの定番食材・変わり種・デザートを紹介!

バーベキュー食材25選!必要な量や準備と、おすすめの定番食材・変わり種・デザートを紹介!

 バーベキュー

バーベキューコンロを用いてお肉や野菜を焼く様子

出典:ユニフレーム

バーベキューの食材の準備をしている時ってわくわくしますよね。でも肉や魚介だと、何だかワンパターンな気が…。そこで今回は、定番食材をはじめ、思わず「おおっ」となる面白い食材や変わり種、そしてデザートまでバーベキューでぜひ焼いてほしい食材をピックアップ☆


 目次


バーベキューで食材を余らせない準備を! 男女&年齢層で食材の量を見極める!

バーベキューコンロを用いた野菜のホイル焼き    

出典:コールマン

肉の量は男性300g、女性200g×人数で計算!

焼く前のお肉    

出典:photo-AC

食材のリストアップとともに悩むのが、食材の量。大人数だと余計に、どれだけ用意したらいいのかわからなくなりますね。一般的に、肉の量は「男性300g、女性200g」が平均と言われているので、あとは男女別に人数分をかければOK。小学生なら女性と同じで、食べ盛りの中学生以上なら男性の量と同じに計算。もちろん肉だけでなく、野菜や魚介類もメニューにぜひ取り入れてくださいね♪

肉好きな若者には量をアップ、中高年には魚介類がおすすめ!

バーベキューコンロを用いて焼かれている魚介類    

出典:ユニフレーム

先ほど男女別の肉の量について話しましたが、メンバーを見渡してみて、若い人が多い場合はちょっと多めに肉を用意するのをおすすめ。なんて言ったって、若い人は肉が大好きですものね。特にアウトドアで食べると、食欲も増します!

中高年の人が多い場合は、肉の量を50g程度減らして魚介類をその分増やしてくださいね。ヘルシーだし、味も単調にならないので喜ばれます!

海鮮料理にも興味がある方はこちらの記事をどうぞ▼

バーベキューの定番・変わり種・コスパ良し・デザートのおすすめ食材!

これがあれば失敗しないバーベキュー。「ザ・定番おすすめ食材」!

定番食材のバーベキューの様子    

出典:ユニフレーム

買い出しリストのトップバッター、バーベキューにかかせない定番食材を紹介♪誰もが大好きな食材ばかりだから、バーベキュー初心者はまずはコレから。食材がおいしくなる焼き方や切り方、味付けもぜひ参考に。

牛肉…サーロインステーキ 厚切りが王道!塩やスパイスなどをすり込んで、シンプルに豪快に。
カルビ 焼肉のタレにあらかじめつけて持っていくのもgood。

豚肉…ロース フォークで刺して柔らかくしてから、塩コショウをしてじっくり火を通す。
トントロ 炭火で焼いたトントロは最高!脂が出るので、火に注意。
スペアリブ バーベキューらしい一品。できれば前日からタレに漬けこんで持っていこう。

鶏肉…モモ 定番中の定番。串に長ネギなどと一緒に刺せば、あとはひっくり返すだけ。柔らかくて食べやすいので子供も大好き。

…網を使わず、串に通して焼く。バターと一緒にホイルでくるんで、醤油をたらすのも美味。

エビ…大きめのエビを選んで。軽く洗って塩を振り、殻つきのままで焼き、食べるときに殻をむこう。

ホタテ…殻のまま網にのせる。殻があいたら醤油をたらして。

キャベツ…大きめに切るか、手でちぎる。焦げやすいので注意。

ニンジン…斜めにカットして、じっくり火を通して。

玉ネギ…半分に切って、横に1cm程度の厚さでスライス。楊枝をさしておくとバラバラにならない。

長ネギ…適当な長さに切って、鶏モモなどと一緒にバーベキュー串にさす。

トウモロコシ…甘いから子供から大人まで人気。下ゆでして輪切りにすると火の通りが早くなる。

キノコ類…軽くふいて、シイタケは石づきを取り、エリンギは縦にさく。

準備が簡単&お財布に優しい「コスパ良しおすすめ食材」!

バーベキューコンロで焼きそばを作る様子    

出典:photo-AC

定番食材に加え、下準備がいらなくて扱いやすい食材を用意したいなら、こちらを。近所のスーパーなどですぐ手に入り、コストパフォーマンスも優秀です!

ウインナー…どこでも購入でき、下準備もいらないのでお手軽。子供も食べやすくてgood!

ホルモン…牛のハラミは脂がのり柔らかくておすすめ。コリコリした食感が好きな人はハツを。鶏の砂肝は、塩を振って。

焼きそば…余った野菜や肉を使えば、簡単でおなかも満足。鉄板には多めに油をひこう。

こんなモノまで焼いたら…ウマイ「変わり種おすすめ食材」!

バーベキューコンロで焼かれているカマンベールチーズ    

出典:コールマン

ひととおり定番食材を焼き終わる頃を見計らって投入したい、ちょっと変わった食材。これで場が盛り上がること間違いなし!ぜひ下の食材にチャレンジしてみてください!

トマト…ホイルに包んで丸ごと焼くか、串にさして焼く。チーズをあとでプラスしても○。

カマンベールチーズ…円い形の上の部分を薄くそぎ、ホイルに軽く包んで熱すると簡単フォンデュに♪

魚のカマ…ブリやマグロなどに塩・コショウを振って、網で焼く。ビールのお供にぴったり。

ウニ…殻つきのものを二つに割って、そのまま焼く。磯の香り漂う濃厚な味わいがリッチな感じに。

ニンニク…皮付きのまま、ホイルに包んで15分くらい。皮は簡単にむけ、中はホックホク。

おにぎり…白飯でおにぎりを握り、両面を焼く。焼き目がついたら醤油を塗ると香ばしい焼きおにぎりに。

女子ウケかなりよし!シメはやっぱりおすすめの「焼きデザート」!

マシュマロを焼く様子    

出典:photo-AC

どうしても濃い味付けのものが多くなるバーベキュー。だからこそ、甘いものも食べたくなるのが女子。デザートだってバーベキューならあっという間にできちゃいます♪

マシュマロ…大きいマシュマロをチョイス。串に刺して、炭火にかざす。表面に焦げ目がついたら回して。中のトロ~が最高!

リンゴ…焼きリンゴがおすすめ。芯をくりぬき、バター、砂糖を入れ、ホイルで包んで炭の中に20~30分。お好みでシナモンシュガーやレーズンを加えても○

バナナ…丸ごと、表面が黒くなるまで焼く。一ヶ所まず剥いてナイフで小分けにすると食べやすい。

サツマイモ…ホイルに丸ごと包み、炭のはじのほうに入れ、時々返す。中はびっくりするほど黄金色に!

味付けでおいしく変化!バーベキューの「調味料あれこれ」!

バーベキューコンロでお肉や野菜を焼く様子    

出典:Amazon

素材の味を引き立てる調味料。万能選手の「塩・コショウ」、とりあえず用意したい「焼肉のタレ」、バーベキューに手慣れた人におすすめの「岩塩プレート」など、下準備に使いたいものから、当日に持って行きたい調味料を集めました♪

塩・コショウ…食材をシンプルに味わいたい時に使いたい。ミルタイプだとテーブル映えする。

焼肉のタレ…肉を漬け込むのにも、焼いたあとにつけダレとしても使える。

レモン汁…肉をさっぱりとした味わいに。

塩ダレ…豚肉・鶏肉によく合う。ごま油・塩・にんにくチューブを適量混ぜて完成。刻みネギを入れても。

ニンニクチューブ…醤油と混ぜて主に下ごしらえに。

わさび…ステーキを、あえてわさび醤油で食べるのもおいしい。

ポン酢…貝や肉、野菜など、どれと組み合わせても相性○。

岩塩プレート…網の上に置き、肉をのせて焼くと、余分な脂カット&遠赤外線効果でよりジューシーに。

醤油…スペアリブを漬け込んだり、貝に垂らしたり、とにかく使える。

オリーブオイル…野菜に塗って焼いたり、アヒージョを作ったりと、あれこれ使えて便利。

どんな食材も、おいしさの分かれ道は「下準備」!

網の上で美味しそうに焼けているお肉    

出典:エバラ

食材も、ひと手間かければ、味も焼き上がりもアップ。肉は味を染み込みやすくするためにも、フォークで刺したり、たたいたりしたあと、味付けして一晩置いておくのがベスト。野菜は、洗う・切る、までを家でやっておけば、すぐにバーベキューにとりかかれます。アウトドアでの時間を満喫するためにも、前日は下準備をがんばって!

まとめ

難しい調理なしに、「切る」「味付け」「焼く」の簡単なステップでできる、バーベキューにぴったりな食材リスト、お役に立てそうでしょうか?バーベキュー初心者、幹事さん、そしてバーベキューを盛り上げたいとひそかに思っているあなた。リストの定番食材、コストパフォーマンス重視の食材、変わった食材、デザート食材をぜひ参考に、バーベキューをおいしく楽しんじゃってくださいね!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪