hinata

>

バーベキュー

>

バーベキューレシピ

>

世界の絶品バーベキューソースおすすめ10選!いつもとは一味違うバーベキューを☆

世界の絶品バーベキューソースおすすめ10選!いつもとは一味違うバーベキューを☆

 バーベキュー

串で食材を焼いているバーベキューの様子

出典:girlydrop.com

美味しいバーベキューには美味しいバーベキューソースが欠かせませんよね。いつもと同じ焼肉のたれやソースも美味しいですが、色んな味のソースがあればもっとバーベキューが楽しみになるはず!世界中の数あるバーベキューソースの中から、厳選のおすすめソースを紹介します☆


 目次


バーベキューの本場、アメリカのバーベキューソース!

アメリカのバーベキューソースって!?

アメリカのバーベキューソース    

出典:HandmadePictures / ゲッティイメージズ

バーベキューといえば本場はアメリカ。ということでアメリカで主流なアメリカンバーベキューソースについて紹介します。

アメリカのバーベキューは日本と違い、焼くだけでなくローストやスモークもします。なので、”焼き”にぴったりなソース、”ロースト”にぴったりなソース、”スモーク”にぴったりなソースが存在するのです。その中でも1番日本のバーベキューに合うのはやはり”焼き”のソース。トマトベースで日本人の口にもとても合います。

手作りレシピを紹介!

【材料】
A ・オリーブオイル  大さじ2
 ・玉ねぎ      1/2個
 ・にんにく     2片

B ・ケチャップ    120cc
 ・ウスターソース  大さじ1
 ・醤油       大さじ1
 ・ブラウンシュガー 50g
 ・酢        80cc

【作り方】
1. Aを2〜3分ほど炒める。
2. 炒めたAにBを入れて中火で15〜20分炒める。

以上です。これでトマトベースのアメリカンバーベキューソースの出来上がりです!

世界の絶品バーベキューソースおすすめ10選☆

モーリョ・ヴィナグレッチ

お皿に盛り付けられた串に刺さったシュラスコ    

出典:Daniel Korzeniewski / ゲッティイメージズ

「シュラスコ」はみなさん聞いたことありますよね。ブラジルで食べられている、様々なお肉を鉄串で刺して炭火で焼いた料理です。そんなシュラスコに使われているのが「モーリョ・ヴィナグレッチ」!ビネガーの味が特徴です。

玉ねぎ、トマト、ピーマンをみじん切りにして、お酢、オリーブオイル、塩コショウを入れて混ぜるだけ。匂いが気にならなければ、ニンニクを入れるとお肉にとっても合っておいしいですよ☆さっぱりとしていて、いくらでもお肉が食べられちゃいますね!

チミチューリ【アルゼンチン】

チミチューリをかけたお肉    

出典:bhofack2 / ゲッティイメージズ

チミチューリとは、アルゼンチン発祥のソースで、南アメリカで愛されている万能ソースです。「アサード(焼いたお肉)やローストチキンにかけて食べます☆パセリとニンニクをみじん切りにして、塩、オリーブオイル、白ワインビネガーで和えますが、白ワインビネガーの代わりにお酢だけでもいいでしょう。色付けに唐辛子パウダーを入れたり、家庭や地域によって加えるものもさまざまです!あっさりとした爽やかな味わいは、あついバーベキューでも食欲をそそられること間違いなし!

クリオージョソース【キューバ】

クリオージョソースをかけた芋料理    

出典:trexec / ゲッティイメージズ

クリオージョソースはもともとカナリア諸島が発祥ですが、キューバでは本場とは少し変わったソースになっているようです☆にんにくをペースト状にして、オリーブオイル、塩と混ぜて寝かせます。そこに、ビターオレンジソースを加えましょう!ビターオレンジソースは、オレンジジュース、ライムジュース、レモンジュースを2:1:1で混ぜたものです。簡単に、オレンジジュースにレモンとライムをしぼって加えてもOK♡サーモンや野菜のマリネ用ソースにしても甘めでさっぱりしていて、とってもおいしいです!

ピコ・デ・ガヨ【メキシコ】

ピコデガヨとは、スペイン語で「雄鶏のくちばし」という意味で、ソースに加わる唐辛子をくちばしに例えていることから名付けられたそう。湯剥きしたトマト、玉ねぎ、ハラペーニョ(アメリカの唐辛子で、酢漬けしたピクルスのようなもの)を使用します☆コリアンダーなどお好みの香草はみじん切りに。ライムを絞り、塩で味を調えたら完成!さっぱりしていて、ピリッとした辛さが刺激的でお肉が進んじゃいます!

サルサロハ【メキシコ】

サルサロハのソース    

出典:Rimma_Bondarenko / ゲッティイメージズ

ロハとは「赤い」という意味で、「サルサロハ」はサルサソースで真っ先に思い浮かぶトマトの辛いソース!玉ねぎとニンニクをみじん切りにして炒めます。トマト缶、ニンニク、唐辛子、チキンコンソメと一緒にミキサーにかけて完成☆冷蔵庫で寝かせるとうまみが出て、辛さも抑えられるという裏技も♡何の料理にでも使えるので、バーベキューでのほかの料理にも応用しちゃいましょう!

トルコ風ヨーグルトソース【トルコ】

トルコ風ヨーグルトソース    

出典:GANCINO / ゲッティイメージズ

ヨーグルト?!と思った方も多いと思いますが、意外と何にでも合うのがこのソース。今や日本でもおなじみのトルコ料理、ケバブにも利用されています!まずは無糖のヨーグルト、すりおろしたきゅうりとニンニク、レモン汁を用意。コリアンダーやミントの葉など、お好みの香草をみじん切りにして加え、混ぜて出来上がり!さっぱりしているようでコクのある、アクセントが効いた味が病みつきになりますよ♡

アリッサソース【モロッコ】

カレー味のようなソースで、少し味噌っぽい味。日本人の舌に合うソースです!にんにくをたくさんすりおろしてビンに入れ、コリアンダーシードとクミンシードをから煎りして加えましょう。パプリカパウダー、チリペッパー、塩を混ぜます。オリーブオイルをたくさん注いで、よく混ぜたら冷蔵庫でじっくり10日ほど寝かせましょう。使う際はよく混ぜて、辛いので少しずつお肉に付けてくださいね☆あまり馴染みのないスパイス名もありますが、意外とスーパーに売っていますよ!

ロメスコソース【スぺイン】

ロメスコソースは、スペインのカタルーニャ地方で利用され、一般的にはカルソッツというネギを焼いたものにかけて食べます。まずアーモンドと松の実をオリーブオイルで軽く炒めましょう。パプリカを焼いて皮を剥き、小さくカットして一緒にしておきます。トマト缶、にんにく、塩コショウ、レモン汁、タバスコ、パプリカパウダーとミキサーにかけて完成!アーモンドのコクが効いた深い味わいですよ☆

ベアルネーズソース【フランス】

ベアルネーズソースをかけたフレンチのお肉料理    

出典:robynmac / ゲッティイメージズ ロメスコソース

フランスが発祥のソースです。バーベキューとはイメージがなかなか結びつかない国ですが、グルメの国なので味はお墨付き!グリルしたお魚やお肉にかけて食べる、酸味の効いたソース☆鍋に入れた少量のお湯に、卵黄を湯煎しながら溶きます。とろみがついたら、塩コショウ、レモン汁、溶かしバターを加えて出来上がり☆パセリを混ぜるとよりおしゃれですよ!

アイオリソース【フランス】

アイオリソース    

出典:HandmadePictures / ゲッティイメージズ

アイオリソースとは南フランス、スペインでよく食べられるソースで、茹でたジャガイモにかけたり、グリルしたお肉に添えられたりしていますよ。皮を剥き、レンジで加熱したニンニクと塩をすりつぶして、卵黄とレモン汁を混ぜてクリーム状にします。混ぜながらオリーブオイルを少しずつ加えて、ねっとりしてきたら、牛乳を少量入れ混ぜましょう♬コショウで味を調えて、パセリを加えたら完成!マヨネーズに似た万能ソースです♡

まとめ

いかがでしたか?ソースのバリエーションを持っていれば、何回バーベキューをしても楽しめちゃいますね!簡単なレシピなのに、出せば喜ばれること間違いなし!普段の料理にも応用してみて下さいね♡


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪