ミートガイの画像

脱・バーベキューのマンネリ化!「お肉専門通販」は本当に使えるのか試してみた

アウトドアの食事スタイルといえば、やっぱりバーベキュー!食材を焼くだけの簡単調理法ゆえに、食材選びが肝心です。とはいえ最初は、どれがバーベキューにぴったりな肉かわからなかったり、毎回同じような食材ばかり調達してマンネリ化したりするのも“あるある”な悩み。そこで今回は、バーベキュー専用のお肉通販を取り寄せて、hinataスタッフがその実力を試してみました。

バーベキューの解決したい「あるある」な課題

スーパーの肉売り場の画像

出典:PIXTA

同じ肉でも、開放感抜群な屋外でジュージュー焼いて食べるだけで、家よりおいしく感じるもの。仲間との会話が弾むのもバーベキューの魅力なのですが、回数を重ねるごとに、食材の内容や味付けがマンネリ化してくることも。 ハズレは引きたくないから、一度おいしいとわかった肉ばかり選ぶようになったり、スーパーだと売っている肉の種類が限られていたり。味付けについても、塩コショウや焼き肉のたれオンリーになりがち。せっかくのバーベキュー、脱・マンネリ化できる良いアイデアがあれば知りたくないでしょうか?

肉のプロが選んだお肉セットがあれば解決じゃん!

ミートガイの肉の画像
そこで目をつけたのが、通販でよく見る「お肉セット」や「バーベキューセット」。中でも、肉専門店が販売しているセットであれば期待値はかなり高いですが、セット内容やお味、コスパなど実際の使い勝手が気になるところ。そこで、実際に取り寄せてたしかめてみました。

今回注文したセットは、お肉通販ミートガイの「わいわい盛り上がる!フレンズBBQセット 5人前 2.8kg」

ミートガイの画像
[上段]ポークバックリブ 1.2kg (2枚入) [中段]左からスパイシーソーセージ 500g(5本入)、ミートガイオリジナルBBQソース 370g、グラスフェッドビーフ リブロースブロック500g [下段]WAKANUIラムチョップ 260g(5本入)
どうせ試すなら、普段あまり食べていない部位があるセットにしようと選んだのは、お肉通販専門店「ミートガイ」が販売している「わいわい盛り上がる!フレンズBBQセット 5人前 2.8kg 10,980円(税込)」。 [セット内容]
  • スパイシーソーセージ 500g(5本入)
  • グラスフェッドビーフ リブロースブロック500g
  • WAKANUIラムチョップ 260g(5本入)
  • ポークバックリブ 1.2kg (2枚入)
  • ミートガイオリジナルBBQソース 370g
  • 牛肉、ラム肉、豚肉が食べられるセットです。特に骨付きのラムチョップとポークバックリブは、一般的なスーパーでは手に入りにくい、めずらしい種類でテンションが上がります。バックリブ専用のオリジナルBBQソースのお味も気になるところ。注文したサイト上には、「5人前ですが少しお腹がいっぱいになるくらいの重量感」とあります。実際のところはどうなのか、バーベキュー場で焼いてたしかめてみました。

実際にバーベキュー場で焼いてみた!

下準備:冷蔵庫で1日解凍する

食材を冷蔵庫で解凍している画像
注文したお肉は、冷凍で届くのでカッチカチ!そのままバーベキュー場まで持って行ってもすぐ焼けないので、自宅で解凍しておくのが良いです。公式サイトの商品ページに解凍方法がいくつも掲載されているので参考にしてみました。 今回はバーベキューまで時間があったため、24時間ほど冷蔵庫に入れて解凍しています。時間がない人は、氷水に付けて解凍する方法もあるのでお試しあれ。最短で解凍する方法は、レンジでの解凍ですが、風味がそこなわれる恐れもあるそう。

肉が溶けたら下処理を済ませる

塩こうじに漬けたラムチョップの画像
塩こうじに漬け置いたラムチョップ
一番おいしく食べてもらうために、公式ページにはお肉の下処理方法も紹介されています。マストではないので、やらなくても大丈夫ですが、せっかくなので今回はきちんと。 ラムチョップは塩こうじに15分ほど浸けおき、リブロースブロックは余分な筋を取り除いておくだけと結構簡単。ポークバックリブはかじった時の骨離れがいいように30分ほど鍋で煮ると記載があったのですが、面倒くささが勝ってしまったので、今回は省略しました。

いざ現地へ。5人前のお肉をじゃんじゃん焼いていく

ラムチョップを調理している画像
お肉なんてただ焼けばいいと思って過ごしてきましたが、肉のうまみをとじこめるためにフライパンで蓋をして蒸し焼きにしたり、肉が柔らかく焼けるように弱火でじっくり焼いたりと、おいしく食べようと思ったら結構気を遣うもの。 一番おいしく食べられる調理法を紹介してくれるおかげで、いちいちネットでレシピを探す手間が省けるので楽ちん。自分が知っている焼き方以外のレパートリーも増えて脱マンネリ化にもつながりそうです。

余力があれば、お肉に付けるソースを作っておく

バーベキューに付けるソースの画像
[左]ラムチョップ用のオニオンソース [右]リブロースブロック用のワカモレソース
使用するバーベキューグリルの火力にもよると思いますが、すべてのお肉が焼けるまでには結構時間がかかります。お肉を焼いている間にソースを作っておくと、焼き上がり時に一緒に食べられるのでおすすめ。 調理方法と同様、ソースのレシピも公式サイトで紹介されているので、お肉ごとに確認して作ってみました。今回作ったのは、アボカドベースの「ワカモレソース」と玉ねぎたっぷりの「オニオンソース」。包丁とまな板を用意しておけば簡単に作れる内容です。シンプルに塩コショウでもお肉はおいしく頂けますが、味変用のソースがあると食べるのがもっと楽しみになります!

いざ、実食!肝心のお味はいかに

ミートガイのお肉通販の画像
すべてのお肉を並べるとかなりゴージャスな見た目!実食した4人のメンバーの中でも人気が高かったベスト3を発表します!

【1位】ポークバックリブwithミートガイオリジナルBBQソース

ポークバックリブの画像
第1位は、満場一致でポークバックリブ!一枚30cmほどもあるドでかい見た目と骨にしゃぶりついて食べるスタイルがバーベキューらしくてテンションが上がります。そして何と言ってもセットで付いてくるミートガイオリジナルBBQソースとの相性が抜群!市販の焼き肉のたれで食べるよりも何十倍もおいしく感じます。 実食したメンバーの1人は、このソースだけでも絶対リピートするといっていたほど。お肉自体はもちろんおいしいです。ただ、大きさの割に食べるところが少ないかなと思いました。バックリブは背骨の部分なので欲張りすぎな意見なのかもしれません。 骨離れをよくするための下処理(煮る作業)は割愛したものの、それほど困ることもなく食べられました。BBQソースを塗った状態で焼くと焦げやすいため、火加減の調整には気を使いました。アルミホイルで包んで焼くと上手く焼けます。

【2位】WAKANUIラムチョップwithオニオンソース

ラムチョップの画像
第2位はWAKANUIラムチョップです。塩こうじに漬け置いた効果もあって、かぶりつくと非常に柔らか!セットの中でも一番柔らかく感じました。見た目も小ぶりでスナック感覚でペロッといけちゃいます。個人的には、少しラムの匂いが強かったことが気になりましたが、オニオンソースに付けて食べると全然気になりません!それどころか、こってり感のあるラムとあっさりめの玉ねぎがすごく合って絶品!さすが、おすすめのソースなだけあると感心してしまいました。 ラムチョップは見た目ほどに調理方法も難しくないし、作ればオシャレに見えるし、おいしいしでバーベキューだけでなく自宅でちょっとしたお祝いをするときなんかにも重宝しそうです。

【3位】グラスフェッドビーフ リブロースブロックwithワカモレソース

リブロースブロックの画像
第三位は、グラスフェッドビーフ リブロースブロックです。ステーキ風に分厚く切って頬張ってもよし、ローストビーフ風に薄くスライスして野菜と食べてもよしと、カットの仕方によって食べ方のバリエーションを楽しめます。 500gもある肉を丸ごと焼くので、調理シーンは迫力満点!仲間で盛り上がること間違いなしなのですが、焼き加減が難しいです。火力を調整できないグリルだと、常に強火の状態で焼くことになるので、表面だけ焼けて中まで火が通らないことも…。 弱火の状態でゆっくり焼くために、アルミホイルに包み、フライパンの中に入れたままグリルで焼くなど工夫が必要です。

おまけ:スパイシーソーセージも十分おいしいです!

ランキング外になってしまったスパイシーソーセージですが、こちらもとてもおいしかったです。ただ、ほかのお肉に比べると日常的に食べる機会が多かったためか、新鮮味が若干足りなかったというのが正直なところ。ですが、スパイシーという名前通り、ピリッと辛みが効いていてクセになるおいしさ。かじると肉汁がジュワーッと出てきて最高でした。

【結果】豪華な見た目でおいしい!気分を変えるのには全然アリ!

ミートガイのお肉の画像
大人4人で食べた結果、ポークバックリブが半枚残るほどお腹いっぱいに。5人で食べたらちょうどいい量と言えそうです。野菜や焼きそばなどお肉のほかにも焼く予定があるのなら、食べ盛りの子どもがいても十分そう。コスパについても、今回使った10,980円のセットは4人で割れば2,745円と十分お手頃です。 一番おいしい状態で食べたいのであれば、下処理や調理方法に工夫が必要であるものの、一般的なスーパーではなかなか売っていないお肉が食べられるので、マンネリ化は解消できました。 自分が知らなかった味付けも知れて、次のバーベキューが楽しみに!いつものバーベキューに新鮮な風を吹き込むのなら、お肉通販という選択肢はアリです!

特集・連載


あわせて読みたい記事