【決定版】バーベキュー絶品レシピ15選☆おしゃれ&簡単&美味しいメニューをご紹介!

hinata

>

バーベキュー

>

バーベキューレシピ

>

【決定版】バーベキュー絶品レシピ15選☆おしゃれ&簡単&美味しいメニューをご紹介!

【決定版】バーベキュー絶品レシピ15選☆おしゃれ&簡単&美味しいメニューをご紹介!

 バーベキュー

出典:コールマン

「バーベキューのレシピ」と聞いたら、どんなレシピが思い浮かびますか?いつものように豪快に肉を焼くバーベキューではなく、簡単でしかも味にこだわったバーベキューレシピを楽しみましょう!前日準備のコツから、みんなが喜ぶ絶品バーベキューレシピ15選をご紹介♪


 目次


当日ラクラク!バーベキュー準備のコツ☆

   

出典:コールマン

最近のバーベキュー場は洗い場などの設備が整っているけれど、ちゃんとした設備がないところだと調理も大変ですよね。そんな時は前の日にちょっとだけ仕込んでしまいましょう。当日の手間がはぶけるし、手際の良さでちょっと注目を浴びるかもしれません!簡単、しかもすぐできる前日準備のコツをお教えします!

<コツその①>
野菜は洗って、バーベキューで焼く大きさにあらかじめカット。食材ごとに、ジップロックなどの保存袋に入れ、前日は冷蔵庫に。当日、クーラーバッグなどに入れます。

<コツその②>
味付けできる肉や魚は、適度な大きさにカット&塩・コショウ、タレに漬け込むなどをして保存袋に。エビは塩でモミ洗いし、アサリは砂出しをして、冷凍しておくとOK。傷みやすいので、クーラーバッグには保冷剤を必ず入れてくださいね。

<コツその③>
保冷剤がない場合は、3日前位から、水やお茶のペットボトルを冷凍庫で凍らせて。保冷剤代わりになって、溶けてきたら冷え冷えの飲み物に。ペットボトルは凍ると膨張するので、少しだけ中身をだしておきましょう。

まずはシンプルに焼いて楽しみたい!という方におすすめの食材はこちらです♪

バーベキュー開始と同時に食べたい!前菜レシピ☆

バーベキューコンロを用意して、炭やガスを用意…実際にバーベキューを始めるまでには、案外時間がかかるもの。メンバーがそろったら、とりあえずすぐに「乾杯!」したいですよね。そんなシチュエーションにぴったりな、火を使わずにさっと出せてみんなに喜ばれる、デキる一品の紹介です!

ズッキーニとチーズのサラダ

   

出典:コールマン

<レシピ>
①ズッキーニを薄くスライスし、塩をふって2、3分置いておきます。
②しんなりしたら水気を軽く絞っておきます。
③薄くスライスしたミモレットチーズをズッキーニに加えて、オリーブオイル・粗挽きこしょうを加えます。
④最後にレモン汁を少々ふって完成です。

コクのあるチーズと、塩気のあるズッキーニの組み合わせがおいしいサラダ。レモン汁がさっぱりとしたアクセントになっています。ズッキーニは焼いてもおいしい食材なので、多めに買って、焼き用に分けておくといいですね♪

レシピの詳細はこちら

スティック野菜カラフルディップ

   

出典:Ippei Suzuki / flickr

<レシピ>
①キュウリ、ニンジンなどの野菜を、スティック状に切ります。
②リンゴのディップソース…リンゴはよく洗って、皮つきのまますりおろし、マヨネーズとあえれば完成です。
③さばのディップソース…サバの味噌煮(缶詰を使用)は汁気を切って細かくほぐし、マヨネーズとあえて黒こしょうをふれば完成です。

肉や魚などのディップとしても使えるリンゴのソース。バーベキューにはぴったりですね!ポイントは、リンゴはすりおろすと色が変わりやすいので、すぐにマヨネーズとあえることです。サバのソースは、パンにあうので、バゲットをスライスして野菜と一緒に盛り付けしてもいいですね!

レシピの詳細はこちら

キュウリ一本づけ

<レシピ>
キュウリをよく洗い、へタをとります。②表面に、味が染み込みやすいよう斜めの切り込みを入れます。③塩をまんべんなくこすりつけ、ジップロックなどの保存袋で密封し、12時間以上置きます。※市販の浅漬けのもとで漬け込んでもOK。

前日に下ごしらえが必要だけれど、シンプルかつおいしい漬物。当日は冷えた状態で出すと好感度◎。食べる前に、塩気をさっと流して、半分に割った割りばしをさせば豪快な感じになります。2~3cmの長さに切ってピックをさしても食べやすいですよ!

待ってました!バーベキューが盛り上がる絶品レシピ

今回紹介するメインメニューは、じっくり火を通したほうがおいしいものなので、焼肉をしている間に網のはじに置いておけば、スムーズ。スペアリブとサテは前日に準備できれば味も染み込みますが、火起こしを始めてから準備してもちゃんとおいしく仕上がりますよ!

スペアリブ

   

出典:pixabay.com

<レシピ>
①豚のスペアリブの筋の部分に浅く切り込みを入れ、肉の部分をフォークで刺してタレを染み込みやすくします。
②焼肉のタレ(辛口がおすすめ)、はちみつ、つぶしたニンニク、つぶしたショウガを混ぜてタレを作ります。
③スペアリブによくからませて、保存袋に入れ30分以上おきます。

バーベキュー映えのする、豪華な一品。タレに漬け込むだけで、肉が柔らかくなり、ジューシーさもアップします。はちみつが入ると少し焦げやすくなるので、じっくり火を通してください。前日に漬け込みをしておくと、味がしっかりついておいしいですよ!

レシピの詳細はこちら

バーベキューならやっぱり肉!という方におすすめの絶品肉料理レシピがこちら☆

サーモンのハーブグリル

   

出典:Naotake Murayama / flickr

<レシピ>
①サーモンに塩、ハーブミックス、つぶしたピンクペッパーを振りかけます。
②皮面に油を塗って、熱したグリルパンにのせます。
③焼き色がついて、表面がカリッとしたらサーモンを一度取り出します。タイム、ローズマリー、オレガノ、レモングラスを混ぜ合わせグリルにのせます。
④サーモンの身を下にしてグリルにのせ、蒸し焼きにします。

弱火でじっくり焼くのがポイント。表6、裏4の時間の時間配分で身を返すといいですね。薄い身よりも厚い身のサーモンを選んで、できあがってから切り分けるのがおすすめです。ハーブの香りがサーモンにうつって、ヘルシーでおいしい一品です。

レシピの詳細はこちら

バーベキューで海鮮料理をじっくり楽しみたい!という方はこちらの記事もご覧ください☆

きのこのホイル焼き

   

出典:Banzai Hiroaki / flickr

<レシピ>
①アルミホイルに、小房に分けたシメジ、ほぐしたエノキタケ、縦にさいたエリンギ、飾り切りした生シイタケをのせます。
②①にすき焼きのタレ(市販)を回しかけて包みます。
③網にのせて、火が通ったら完成。バターをのせて食べてください。

きのこの香りが食欲をそそる一品。アルミホイルで包んで焼くことで、風味やおいしさを逃がしません。焼肉の付け合せにもどうぞ。

レシピの詳細はこちら

トマト&チーズのホイル焼き

<レシピ>
①トマトを洗って、ヘタをおとし、切った部分に十字に少し切り込みを入れます。
②カマンベルチーズ一切れを、芯の部分に少し押し込みます。
③チーズが上になるように、ホイルで包んで、網の上へ。トマトが柔らかくなりチーズが溶けたら食べごろです。

簡単だけど、とろ~り溶けたチーズとトマトの相性が最高。お皿に出したとたんになくなってしまう人気メニューです!カマンベールチーズがなかったら、とろけるチーズでも代用OK。じっくりと火を通すのがコツです。

ボンカレーサテ

<レシピ>
①ボンカレー(レトルト)を大さじ1をとりわけて牛乳小さじ2と混ぜておく。残りを豚ひき肉、しょうが、パン粉をあわせて、粘りが出てくるまでよくこねます。
②手に水をつけ、①を6等分にし、楕円形にまとめて、くしを刺します。
③②の串を焼きます。上下をひっくり返して焼き終わったら、(1)のソースをさっと表面に塗って完成。

カレーの香りが食欲をそそる一品。レトルトカレーは、辛口などスパイシーなものがおすすめです。肉をこねた後、クーラーボックスなどで30分くらいタネを入れておくとまとまりやすくなりますよ。

レシピの詳細はこちら

これで満足!いつもと違う〆のレシピ!

いよいよバーベキューも終盤…だけど男性が多いと、肉や魚だけじゃちょっと物足りないこともありますね。そんな時もしめのレシピでしっかりお腹が満たせます。変わらないおいしさの定番モノから、一気に場が華やかになるレシピまで、しめのおすすめレシピを紹介します!

パスタのパエリア

   

出典:コールマン

<レシピ>
①ソーセージは一口大、ニンニク、玉ネギは薄切り、ピーマンは薄く輪切りにします。
②エビは背ワタをとり、アサリは砂抜きをします。固形スープの素・塩を水に溶かし、温めてサフランを入れて色を出します。
③フライパンにオリーブオイルと粗みじんにしたニンニクを入れ炒めて、香りが出たらソーセージ、玉ネギ、アサリを炒めます。
④白ワインを注いでエビを炒めます。②のスープを加えて、さらに炒めます。
⑤極細パスタ「カッペリーニ」を3,4cmの長さに折って加え、ピーマンをのせ、強火~中火で8~10分加熱します。
⑥時々フライパンをゆすり、焦げないようにします。水分がほとんどなくなったら黒オリーブをちらす。

パエリアパンを使わなくても、フライパンがあれば見た目も豪華なパエリアのできあがり!パエリアというとお米のものを想像しますが、スペインではパスタを使ったものも一般的。お米よりも早く炊きあがり、失敗も少ないので初心者向きです!パスタを加えたら、アルミホイルで蓋をしてくださいね。

レシピの詳細はこちら

ケークサレ

   

出典:Norio NAKAYAMA / flickr

<レシピ>
①ウインナー、パプリカ・ピーマンなどは細く縦に、プロセスチーズは食べやすい大きさに切ります。
②大きめのボウルに、パンケーキミックス、卵、牛乳を入れて混ぜます。
③②に溶かしバターと①の具を入れて混ぜます。
④アルミホイルを敷き詰めたダッチオーブンに入れ、表面を平らにならし25~30分位焼きます。竹串をさして、生地がつかなければOK。焼きあがったらすぐにアルミホイルから外して冷まします。

ダッチオーブンで焼き上げる、ふっくらとしたケークサレは、市販のケーキミックスを使えば簡単。コーンやニンジンなど、季節の野菜を入れていろいろなアレンジができます。アウトドアでごはんを炊くよりも、手軽で失敗なし、のメニューです。

レシピの詳細はこちら

焼きおにぎり

<レシピ>
①白米を炊いて、少し塩を混ぜて三角のおむすびを作っておきます。
②網の上に置いて、少し焦げ目がついてきたら、ハケなどで両面に醤油を塗ります。
③香ばしい匂いがしたら完成!

シメはやっぱり白米がイイという人には、定番中の定番、焼きおにぎりをどうぞ。ほかほか中まで温かい焼きおにぎりは、お焦げの部分がカリッと香ばしくて、ペロリとたいらげてしまうはず。だしの素少しと、熱湯をかけて「焼きおぎにりだし茶漬け」にアレンジもできますよ♪

ちょっと残った豚肉を使って、変わり焼きそば

<レシピ>
①アボカドと玉ネギを5mm幅にスライスします。豚肉は薄切りにして2cm幅に切ります。
②鉄板にオリーブオイルを熱し、玉ネギと豚肉を炒めます。玉ネギがしんなりしたら、塩味の焼きそば(市販)と水を加えて静かに麺をほぐします。
③麺がほぐれたら、アボカドを加え、水がなくなるまで炒めます。
④火を弱めて、添付の粉末ソースとあらびき黒こしょうをふりかけ、よく混ぜたら完成です!

バーベキューでの焼きそばと言えばソース味ですが、塩味の焼きそば(市販)を使って、豚肉&アボカドで女性受けのするメニューに変身します。加熱したアボカドはクリーミーになって、コクが増します。崩れて麺にからむくらいでOK。レモンを絞るとさっぱり感がアップします!

レシピの詳細はこちら

バーベキューならでは!別腹デザートレシピ◎

楽しかったバーベキューをしめくくるのは、やっぱりデザートが正解!満腹でもデザートは食べられますよね。
ちょっぴり調理が必要なデザート、火であぶるだけの簡単デザートなどいろいろあるので、ぜひチェックしてください!

焼きリンゴ

   

出典:ユニフレーム

<レシピ>
①バター、シナモンパウダー、きび砂糖を合わせてシナモンバターを作ります。
②リンゴは底を抜かないようにして芯をくりぬき、ぬいた穴に干しブドウ、シナモンバター、干しブドウの順につめこみます。
③アルミホイルをダッチオーブンの中に敷いて、その上に(2)を並べます。
④ラム酒、砂糖、水を合わせたラム・シロップを、(3)の上から1/3量を回しかけます。
⑤蓋をして、下は弱火、蓋の上には火のついた炭をのせます。10分ごとに残りのラム・シロップをかけます。火にかけて30~40分位、真っ赤な皮が少しはじけてしわが寄ってくれば、食べごろです。

ダッチオーブンを使ったデザートと言えば、定番の焼きリンゴですね。甘酸っぱいリンゴが柔らかく、干しブドウも水分を吸ってプルッとしていて、シナモンとの相性も◎。ダッチオーブンがなければ、ホイルで丸ごとくるんで炭のはじのほうへ入れておきます。子供がいる場合やお酒が苦手な方がいる場合には、ラム・シロップをかけなくても十分おいしく仕上がりますよ♪

レシピの詳細はこちら

スモア

<レシピ>
①竹串を刺した、大きめのマシュマロを炭火であぶって、表面がこんがりするまで焼きます。
②グラハムクラッカー(市販)に板チョコをひとかけのせ、焼きたての(1)をのせます。
③上からもう一枚グラハムクラッカーをのせて、ぎゅっとつぶすと完成です。

バーベキューがさかんなアメリカでは、誰もが好きなスイーツです。マシュマロの熱で、チョコがとろ~っととろけるのがおいしいですね。マシュマロはくるくる回しながら炭火にかざして、表面がちょっぴり焦げて茶色になるくらいがちょうどいいです。炭火はとても熱いので、長い竹串を使ってくださいね!

焼きバナナ&焼きモモ

   

出典:Tetsuji Koyama / flickr

<レシピ>
①バナナは皮付きのまま、網の上に。皮が真っ黒になったら、食べごろ。皮を縦にさいて、一口大に切ったら完成です。
②モモはよく洗って、半分に切り、種をぬきます。種があったくぼみに、バターひとかけ、グラニュー糖、はちみつ少しをのせます。タイムがあれば、上にパラパラと載せます。
③モモをホイルにくるみ、20分くらい焼きます。食べるときにバニラアイスクリーム&はちみつをのせれば完成。

フルーツを焼くと甘味がまして、バーベキューのデザートにぴったり!弱火でゆっくり火を通せばいいので、炭が少しでも大丈夫です。海外では、デザートで温かいもの×冷たいものを一緒に食べるのはごく一般的。一度はまるとやめられなくなってしまうかも!?

レシピの詳細はこちら

まとめ

簡単で、しかもおいしくできちゃうバーベキューレシピはいかがだったでしょうか?定番の食材でもちょっとアレンジを加えるだけでOK。上のレシピをぜひ参考にして、前日準備はできるだけ時間をかけずに、そして当日は時間を忘れるくらいゆっくりと、アウトドアでのバーベキューを楽しんでくださいね!

都内でもバーベキューを楽しめるスポットは意外にたくさん!下の記事で都内のバーベキュー場を一気にチェック☆


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner