ダッチオーブンで焼きたてのパンを!簡単に作れるパンのレシピをご紹介!

 キャンプ料理

パン

出典:Unsplash

キャンプで作る料理がいつも同じでマンネリ化してきていませんか?そんなあなたにダッチオーブンで作る簡単なパンのレシピをご紹介♪作ったパンをより美味しく味わうためのアレンジ方法も紹介します。ダッチオーブンで料理の幅を広げたいそこのあなた!一度パン作りに挑戦してみませんか?


 目次


パン作りの基本とコツ 

おすすめのダッチオーブンの大きさと必要な器具

ダッチオーブンは直径25~30cm位の大きさのものがパン作りには適しています。そして、パン生地が底に張り付くのを防ぐために網も用意しておくと良いでしょう。
その他必要な器具は、ゴムベラ計量器発酵かご包丁オーブンペーパーです。生地を伸ばす必要があるパンにはめん棒も必要です。めん棒はラップをくるんだ棒、発酵かごはざると布巾で代用が可能です。

美味しいパンを作るためには正確な計量が大事

材料

出典:Unsplash

材料を活かして美味しいパンを作るためには、正確な計量が大事です。間違えると膨らまなかったり、硬くなったりと失敗につながる原因になります!水分が足りなくてうまく発酵しなかったためにふっくらしたパンができなかったことや、水分が多すぎて焼いている間に形が崩れてしまった経験があります。パン作りを成功させるためにも材料はしっかりと計りましょう!

発酵の際の適切な温度の目安と時間は?

パン作りには「温度」がとても大事です。丸めた生地をボウルに入れ、ラップをした状態で大きさが元の生地の1.5~2倍になるまで発酵させます。一次発酵は27〜30度で40〜60分が目安です。成型後の二次発酵は36〜38度で30〜40分が目安です。60度以上になるとイーストが働かなくなるので真夏は直射日光が当たる場所は避けましょう。逆に冬は寒すぎるとなかなか発酵しないので、暖かい日差しがあたる場所に置きましょう。春、秋は常温でもきれいに発酵します

パン生地のこね方

パン生地をこねている様子

出典:Unsplash

パン生地は材料を混ぜ、良くこね、たたいたりたたんだりして、ねばりと伸びと弾力のある生地をつくり上げることが大事です。こね不足、発酵が不十分であると焼き上がったパンが固くなる可能性があるので注意してください。パン生地のこね方は以下の動画を参考にしてください。(スケッパーは包丁、台はまな板で代用できます。)

ダッチオーブンを使ったパンの焼き方

ダッチオーブンを使ってパンを焼いている様子
成形が終わって二次発酵が終わったらいよいよパンを焼いていきます!ダッチオーブンの蓋をしたら上に火が移っている炭を乗せ、上と下からパンをじっくり焼き上げます。5分ほど経過したら一度蓋をあけ、焼き色加減を確認します。いい焼き色になれば完成です!パンをダッチオーブンで焼く流れは以下の動画も参考に!

まずはベーシックなパン「カンパーニュ」を作ってみよう!

焼きあがったパン
<材料>
強力粉250g
全粒粉50g
塩6g
イースト4g
砂糖13g
ぬるま湯190ml
打ち粉(全粒粉)適量

1. 打ち粉以外の材料をすべてボウルに入れゴムベラでさくっと混ぜ、まとまってきたら手でこねます。こね方は先ほど紹介した動画を参考に!

2. 生地の表面を下へ巻き込むように丸め、底をしっかりつまんで閉じてボウルに入れ、あたたかい場所でラップをしてしばらく放置して発酵させます。(少し寒い場合寝袋の中で発酵させると良いですよ!)これで1,5~2倍の大きさになれば一次発酵は終わりです。

3. 生地を軽く押してガスを抜き、丸め直してボウルに入れ、ラップをして15分休ませます。

4. 発酵カゴに打ち粉をふりかけます。(ない場合はざるに布巾を敷いたもので代用ができます)その発酵かごにもう一度丸めなおしたパンを綴じ目が上になるようにして入れ、2倍に膨れるまで二次発酵させます。様子を見て1.8倍くらいになったらダッチオーブンを温めておきましょう!

5. オーブンペーパーの上に生地を出し、焼く直前に包丁で表面に十字を入れます

6. ダッチオーブンに網を、その上にオーブンペーパーと成形したパンを置いてください。

7. 蓋をしたら上に火が移っている炭を乗せ上と下からじっくり焼き上げます。5分ほど経過したら一度蓋をあけ、焼き色加減を確認します。良い焼き色がついたら完成です。焼き方がイメージできない方は先ほど紹介した動画を参考にしてください!

基本の生地を使ったアレンジレシピを紹介

キノコ型でかわいい「シャンピニオン」

キノコ型のシャンピニオン
基本の生地の作り方3まで出来たら生地を80gずつに分けその内70gを丸め、10gを丸く薄くのばし傘にします。丸めた生地の上に傘を乗せ、真ん中を指で押し込み二つの生地をくっ付け、二次発酵させます。二次発酵が終わればあとは焼くだけ!

赤ちゃんのお尻みたいでかわいい「ブレッチェン」

基本の生地の作り方3まで出来たら生地を8個~10個ほどに分け、丸めます。生地を真っ二つするように細い棒(割りばしなど)で押し込みお尻のような形にします。割れ目をしっかりとくっ付け、二次発酵させます。 二次発酵のあとは焼いたら完成です!

作ったパンをもっとおいしく!

パンには色々な味わい方がありますが中でもおすすめの食べ方を紹介します!

お手軽かつおしゃれな「トマトのブルスケッタ」

ブルスケッタ

出典:pixabay

<作り方>
表面をカリカリに焼いたパンににんにくをこすりつけ、その上にダイスカットしたトマをのせ、塩、オリーブオイルをかけます。バジルなどお好みでのせてもよし!

「フレンチトースト」で優雅な朝食を

フレンチトースト

出典:Unsplash

<作り方>
パンに牛乳(180ml)卵(1個)砂糖(15g)を混ぜた液を浸しバターを溶かしたフライパンで表面を焼けばふわふわのフレンチトーストの完成です。はちみつやメープルシロップ、粉砂糖、ベリーなどをかけるなど様々なアレンジを楽しんでください。

器まで食べられる「パンシチュー」

パンシチュー

出典:wsmahar / ゲッティイメージズ

<作り方>
パンの上を包丁で切り、蓋にします。パンの中身を掘り出し、中にシチューのルーを入れます。
上からとろけるチーズをかけ、バーナーで炙ればグラタン風にアレンジもできるのでオススメです!

ダッチオーブンは手軽にパンを焼くことが出来る万能道具!

パン作りは時間がかかるものの作業はとても単純で簡単に作ることが出来ます。自家製パンの最大の魅力は、焼き立てをすぐに食べられること!ダッチオーブンを利用することで手軽に、ふわふわなパンを焼くことができます。チョコチップやレーズンを混ぜたり形を変えたりとアレンジを加え、いろいろな種類のパン作りに挑戦してみてください!
今回はダッチオーブンで簡単に作れるパンをご紹介しました。子供とパン生地をコネコネ、誰が一番きれいな形のパンが作れるか友達と競争など、みんなで協力してパンを作ればキャンプをより楽しめること間違いなし!是非次回のキャンプでダッチオーブンを使ったパン作りに挑戦してみてください!

今回紹介したアイテム

商品画像 ロゴス(LOGOS) SL ダッチオーブン 10inch シーズニング不要 収納バッグ付き IH対応 ユニフレーム UFダッチオーブン 12インチ 660997 卓仕朗 発酵カゴ 丸型 パン作り道具 天然籐製 パン作りの型 円型 製菓道具 調理器具 キッチン用品 4サイズ (M:18*9cm)
商品名 ロゴス ダッチオーブン 10インチ ユニフレーム ダッチオーブン 12インチ 発酵かご
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪