キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

「キャンプで手軽に焼きたてのパンが食べたい!」そんな願いを叶える「CAMPan」で楽しくキャンプパンを作ろう!

キャンパン、キャンプパン、手作りパン、冷凍パン生地

キャンプ場でのパン作りは自宅で作るよりも難易度が高くなるので「キャンプで焼きたてのパンを作ってみたい!」と思っていても、なかなか挑戦できていない方も多いと思います。そこで今回紹介したいのが、キャンプでも手軽にパンを作れる「CAMPan(キャンパン)」です!筆者自身パン作り未経験でしたが、焼きたてふわふわでおいしいパンを作れたので、興味がある方はぜひチェックしてみてくださいね!

キャンプで焼きたてのパンが作れる「CAMPan」って?

キャンパン、キャンプパン、冷凍パン生地
「CAMPan」は東京・保谷(西東京市)にある老舗パン店「JOURS(ジュール)」が製造・販売を行っている冷凍パン生地。パンのふわふわ感や素材の味の決め手となる「材料の選定」「材料の計量」「混ぜる・こねる」「一次発酵」といった重要な工程をパン作りのプロが行っているので、初心者でも手軽においしいパンを焼くことができる、キャンプに持ってこいの一品です。

「CAMPan」の生地の味は?

CAMPan プレーン

キャンパン、プレーン、冷凍パン生地
CAMPanは「プレーン」と「スイート」の2種類で展開。 プレーンはほんのりとした塩味が特徴です。そのまま焼いて小麦の香りを楽しむのももちろん良いですが、食材をプラスして食事パンにしてみたり、生地を薄く伸ばしてピザやナンを作ったりするにも向いています!
【基本情報】 原材料:小麦粉、上白糖、食塩、スキムミルク、パン酵母、マーガリン 価格:1,000円(税込) 購入はこちら:JOURS

CAMPan スイート

キャンプパン、キャンパン、冷凍パン生地
CAMPanスイートは、ほんのりと甘さを感じるパン生地になっているので、バターやジャム、チョコなどとの相性も抜群!キャンプの朝食やおやつ時間にもピッタリで、甘党の女性や子どもにもおすすめです。
【基本情報】 原材料:小麦粉、上白糖、食塩、スキムミルク、パン酵母、全卵、マーガリン 価格:1,000円(税込) 購入はこちら:JOURS

CAMPanで焼きたてパンができるまでの基本工程

「CAMPan」はパン作りで大変な材料を測ったり小麦粉をこねたりする手間はなく、基本的に4つの工程だけで簡単にパンを作ることができます!

冷凍生地を解凍する

キャンプパン、キャンパン、冷凍パン生地
下準備として、生地を冷凍庫から取り出して常温(10〜15℃程度)で柔らかくなるまで解凍します。キャンプ当日に生地を焼きたい場合は、冷凍庫から取り出して1〜2時間程クーラーボックスに入れて持ち運ぶだけで解凍されていました。キャンプの翌日に使用する場合はしっかりと保冷剤などで冷やしておきましょう。

生地を再成形する

キャンプパン、キャンパン、冷凍パン生地
生地を好きな形に成形します。その際、手のべたつきを予防するためにセットの中に同封された成形用の小麦粉を使用するのがオススメです。

生地を発酵させる

キャンプパン、キャンパン、パン生地、発酵
生地をメスティンやクッカー、ダッチオーブンの中に入れて、1.5〜2倍の大きさになるまで置いておきます。その際、水で濡らしてから固く絞ったキッチンペーパーを上にかぶせておくと、パンの表面が固くなるのを予防できます。

焼く

キャンプパン、キャンパン、パン生地、手作りパン、メスティンパン
弱火でゆっくりじっくり焼くのがポイントです。焼き時間の目安はパンの大きさや使用するクッカーでも異なりますが、筆者が試したものは大体15分〜20分前後で完成しました。ちなみにパンのいい匂いがしてきたころに一度焼き加減を見てみることで、焦げすぎや生焼けを予防できます。

CAMPanを実際にキャンプで作ってみた!

パン作り未経験の筆者が、「CAMPan」をキャンプの際に作ってみました。パンを焼いたあとのアレンジ料理も載せていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

①メスティンで作るシンプルなプレーンキャンパン

キャンプパン、キャンパン、パン料理
まずは販売元であるJOURS(ジュール)さんも推奨しているメスティンを使ってシンプルだけど、ふわふわでモチモチの美味しいキャンパンを作ってみました!
【用意するもの】 メスティン(レギュラーサイズ) CAMPanプレーン 3個 アルミホイル クッキングシート
【作り方】
  1. メスティンを使用する場合は、底やふたにアルミホイルを敷いたあと、クッキングシートを内側に敷いて焦げ付きを予防するようにしましょう。
  2. 解凍して柔らかくなった生地を丸く成形してメスティンに入れる
  3. 水で濡らした後しっかりと絞ったキッチンペーパーを上にかぶせて、約2倍の大きさになるまで寝かしておく(約30分~60分程度)
  4. キッチンペーパーを外し、メスティンのふたをする
  5. 弱火で10~15分程ゆっくり焼く(いい匂いがしてきたら頃合いです)
  6. メスティンをひっくり返して上面を弱火で5分~10分程度焼いて完成

②メスティンで作る、子どもも喜ぶチョコチップスイートキャンパン

キャンプパン、キャンパン、チョコチップパン、パン料理
プレーンパンに続いてスイートキャンパンを使ってシンプルなキャンパンとチョコチップを混ぜたパンを同時に作りました。
【用意するもの】 メスティン(レギュラーサイズ) CAMPan生地   3個 チョコチップ 適量 アルミホイル クッキングシート
【作り方】
  1. メスティンを使用する場合は、焦げ付き予防のために、底や蓋にアルミホイルを敷き、さらにアルミホイルの上からクッキングシートを敷いて、生地がメスティンに直接触れないようにします。
  2. 解凍して柔らかくなった生地を1つ取り出し丸く成形する。生地2つにはチョコチップを混ぜて成形しそれぞれ3つをメスティンに入れる
  3. 水で濡らした後しっかりと絞ったキッチンペーパーを上にかぶせて、約2倍の大きさになるまで寝かしておく(約30分~60分程度)
  4. キッチンペーパーを外し、メスティンの蓋をする
  5. 弱火で10~15分程ゆっくり焼く(いい匂いがしてきたら頃合いです)
  6. メスティンをひっくり返して上面を弱火で5分~10分程度焼いて完成

③スイートキャンパンで作るメスティンパンプディング

パンプディング、パン料理、キャンプパン
上記で作ったシンプルなスイートキャンパン。そのまま食べても美味しかったのですが、今回はメスティンをそのまま使ってパンプディングにも挑戦してみました。
【用意するもの】 メスティン(レギュラーサイズ) 焼いたスイートキャンパン 1つ ビッグプリン 1個 冷凍ベリーやドライフルーツ 適量
【作り方】 1.焼いたスイートパンを一口サイズに切りメスティンに入れる 2.プリンをしっかりかき混ぜて、食パンの上に流し込む 3.弱火で1〜2分程加熱しながら全体を混ぜて、プリン液を食パンになじませる 4.冷凍ベリーやドライフルーツなど入れてふたをし、さらに弱火で約5分ほど加熱したら完成

④平鍋で作るピザパン

ピザパン、パン料理、キャンパン
「CAMPan」の生地は薄く伸ばしてピザを作ることもできます!早速我が家もプレーン生地を使って手作りピザを作ってみましたが、ふわふわモチモチな生地は子どもにも大好評! 好きな具材をのせるだけなので、小さなお子さんと一緒に作って楽しむのもオススメです。
【用意するもの】(直径約15cm1枚分) フライパンやスキレットなどの平鍋 平鍋のふた(なければ、アルミホイルで代用) フライパン用アルミホイル フォーク CAMPanプレーン生地 2個 お好みの具(ピザ用チーズ、ピザソース、バジルの葉、ベーコンなど)
【作り方】 1.フライパンなどの平鍋にフライパン用ホイルを敷く 2.解凍して柔らかくなった生地を2つを合わせて、丸棒などで平たくし、フォークなどで全体に穴を開ける 3.生地の上にピザソースやバジル、ベーコン、チーズなどお好きな具材をのせる 4.ふたをして少し強めの弱火で2分焼き、その後は弱火でじっくり10分ほど焼く 5.いい匂いがして、チーズがとろければ完成 6.お好みでピザの表面をバーナーで炙ってもOK

⑤平鍋で作るミニミニちぎりパン

ちぎりパン、キャンプパン、キャンパン
【用意するもの】 フライパンなどの平鍋 フライパンのふた(なければアルミホイルで代用) フライパン用アルミホイルやクッキングシート CAMPan生地プレーン 1個
子どもサイズのちぎりパンを作ってみました!サイズが小さいので、焼き時間も短縮できておやつや朝食にもピッタリです!
【作り方】 1.フライパンなどの平鍋にフライパン用ホイルを敷く 2.CAMPan1つを4等分にして丸めてフライパンに均等に並べる 3.水で濡らした後しっかりと絞ったキッチンペーパーを上にかぶせて、約2倍の大きさになるまで寝かしておく(約30~60分程度) 4.キッチンペーパーを外してふたをする 5.弱火で5〜7分程ゆっくり焼く(いい匂いがしてきたら頃合いです) 6. 生地の底に焼き目が着いているのを確認して、生地をひっくり返し、弱火で5分程度焼き、両面が焼けたら完成です

大自然の中で楽しく焼きたてのパンを作ってみよう!

キャンプパン、キャンパン、パン料理
「CAMPan」を使えば、キャンプで憧れていたふわふわ、もちもちのおいしい焼きたてのパンが実現します。今回はファミリーキャンプで子どもと一緒に作ってみましたが、グループキャンプでさまざまなパン料理を作ってみたり、ソロキャンプでのんびりとオリジナルパンを作ってみたりしても楽しそうだと感じました。ぜひ皆さんも「CAMPan」で焼きたておいしいパンをキャンプ場で作ってみてくださいね!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事