hinata

>

キャンプ料理

>

食材

>

初心者幹事でも「肉」を制せばバーベキューは成功!おすすめの種類&部位を知ろう!

初心者幹事でも「肉」を制せばバーベキューは成功!おすすめの種類&部位を知ろう!

 キャンプ料理

バーベキュー

出典:pixabay

バーベキューの食材といえば外せないのが「肉」!今回は、あまりバーベキュー経験がないのに幹事になってしまった人や、大人数でのBBQを企画したい人に向けて、バーベキューにピッタリな肉の種類や部位、買い方、下準備、調理法、おすすめの食べ方まで、レクチャーしちゃいます!


 目次


肉の量と買い方~準備編

肉の購入量は男性の数×300g、女性の数×200gで計算!

コンロで焼かれたキャンプ料理で定番のバーベキュー食材    

出典:photo-ac.com

まずはどれくらい肉が必要なのか…買い出しする肉の量を計算してみましょう。計算式は簡単で、男性一人あたり300g、女性は200gで計算します。あとは参加するメンバーによって多少増減してくださいね。若くてモリモリ食べそうな男性メンバーが多かったら、多めに肉を増やします。反対に女性が多い場合や、年配の人が多い場合には、野菜を増やしましょう。

気持ちが開放的になるアウトドアでは、会話もはずみ、いつもより食欲も増すもの。「足りない…」なんてことにならないようにしっかり準備したいですね♪

肉の値段と予算の目安

強火ゾーンに置かれた焼きあがる前のお肉    

まずはそれぞれのお肉のだいたくの値段をチェック。

牛ロース:400円/100g
豚ロース:200円/100g
鶏もも肉:100円/100g

成人男性の目安となる肉の量は300g。上記の3種類を100gずつ購入する場合、700円/人です。この金額に野菜、海鮮系、ホルモン系なども考慮すると、食費だけで1,500円/人。これに飲料代が追加されます。このように考えていくと、予算の目安としては2,500円〜3,000円が妥当ですね。

塊肉が豊富なコストコなどの大きいスーパーでの購入がおすすめ!

大型スーパー    

出典:photo AC

次は肉の調達方法を♪一番手軽なのは、やはりスーパー。コストコなど、外資系のスーパーに行くと、肉の種類も豊富にあります。
買い出しはバーベキューの前日が理想的ですが、難しい場合には1~2週間前に買いに行って、冷凍保存という手もあります。また、「ステーキ用に」「この部位を何グラム欲しい」などの要望に応えて前もって取り置きしてくれるところもあるので、店に聞いてみましょう。店に行くときは、クーラーボックスを忘れずに。
また、当日急きょ食材を追加で購入したい場合に備えて、バーベキュー場近くのスーパーを調べておくとより安心です。

買い出しの時間がない!そんな時に使える通販サービス

お皿に盛られた焼く前のお肉    

出典:photo AC

買い出しができない場合や、保存場所がない場合、車が使えない場合、大人数の場合には「食材を配達」してくれるサービスを活用するのも一つの手。食材の注文や機材のレンタルなどのサービスがあるバーベキュー場もあるので、場所選びの際にチェックを。食材の注文については、前もって予約が必要なところが多いので、下調べと参加人数の把握はしっかりしておきましょう。

BBQにおすすめの肉・部位・下準備

まな板の上に乗ったお肉    

出典:pixabay.com

肉の種類でぱっと思いつくのは、定番の牛・豚・鶏。最近は羊(ラム)もいろんなスーパーで扱っていますよね。それでは、バーベキューにおすすめの部位と下準備の方法、焼き方について、紹介しましょう。一般的に肉質は柔らかめのものがBBQに向いていますよ♪

牛肉編

鉄板で焼かれた牛肉    

出典:pixabay.com

焼肉の定番、牛肉はやっぱりはずせません。スーパーなどで、何種類か入って焼肉セットとしてもよく売られています

カルビ…バラ肉の脂がのった部分で、焼肉と言えばカルビ、というくらい人気。薄く切ってあるため焼くのに時間がかからない反面、脂身が多いので炭火だと若干焦げやすいので注意しましょう。前夜、市販のタレに漬け込んでおくと味がしみますが、焼いてからタレをつけても大丈夫です。

サーロイン…バーベキューらしく、豪快に厚切りのステーキをするならこれ!価格がおさえてある外国産のサーロインでも大丈夫。下ごしらえ次第でおいしくなります。下準備は、両面を包丁の背で軽くたたいてからたっぷり塩・コショウをすり込みます。脂身と赤味の境目に、包丁で何か所か切れ目を入れておくと、焼いた時に反ってしまうことが少なくなります。焼いたあと、肉汁がにげないように2、3分経ってから切り分けましょう。

肩ロース…スーパーでも手に入りやすい部位。柔らかいので誰にでも好評です。塩・コショウでも、市販のタレでもおいしく食べられます。

豚肉編

お皿の上に盛られた豚肉    

出典:pixabay.com

値段も抑え目、下準備次第で大変身!おいしく食べるにはじっくり火を通すのがポイントです。

バラ(スペアリブ用)…塊肉は初心者にはちょっと難易度が高め。スペアリブ用に切ってあるもののほうが扱いやすいです。スペアリブの作り方は意外に簡単。ビニール袋にチューブ入りのニンニク、はちみつ、醤油を入れ、肉をタレにつけこんだら、両面じっくり火を通しましょう。一晩置くとしっかり味が染み込みます。粒入りマスタードを添えて食べるとおいしさもUPします。

豚ロース…ボリュームもあり、さっぱりとした食べ心地。下準備に筋切りをして、肉が丸まってしまうのを防ぎましょう。塩・コショウのほか、タレに漬け込んでも食が進みます。

トントロ…豚の首まわりの部位で、霜降りになっています。脂身が多いながらもしっかりした食感です。味つけは塩・コショウがおすすめです。レモン汁と塩でさっぱりと食べるのもおいしいです。

鶏肉編

鉄板の上に置かれた焼きあがったお肉    

出典:Pixabay

値段も手ごろ、どこのスーパーでも手に入りやすく、くせのない味で誰もが好きな肉です。

モモ…パサつきにくく、食べやすい部位。から揚げの用ならば手間いらず、塩・コショウをして火をしっかり通しましょう。ブロックの場合は、全体の厚さが同じになるようにスライスして、焼く前に塩コショウを。皮の面からしっかり焼いて両面火が通れば、チキンステーキの完成です!

カワ…お酒のおつまみにピッタリなカワ。フォークで穴をあけて塩・コショウをし、火であぶります。

ラム編

お皿の上に盛られたラムチョップ    

出典:pixabay.com

子羊の肉「ラム」は最近人気の食材。全体的に脂身が少なく、柔らかいのが特長で、ヘルシーだから女性にも人気。臭みが気になる人は、下味をつけておくのをおすすめします。

ロース…骨付きの「ラムチョップ」で知られる部位。骨付きだとBBQらしさが出て、その場も盛り上がりますね。塩・コショウを振ったあとに、ローズマリーやタイムなどのハーブミックスの調味料とオリーブオイルを加えて、しっとりさせておきます。火を通しすぎると固くなってしまうので、両面に焦げ目がついたら、火から離してアルミホイルで覆い、余熱で火を通しましょう。

バーベキューで食べたい!豪快肉レシピ3選

スペアリブ

グリルで焼いた肉と野菜    

出典:Pixabay

バーベキューといえばコレ!難しそうなイメージもありますが、事前にしっかり味付けをしておくこと、焼いている最中は蓋をしてできるだけ熱と水分が逃げないように注意してあげるだけでおいしくいただくことができます。

詳しいレシピはこちら:スペアリブ

ローストビーフ

まな板の上に乗ったローストビーフ    

出典:くーさん / flickr

一度は挑戦したい肉料理といえばローストビーフですよね!ローストビーフは、ダッチオーブンやフタ付きのバーベキューグリルで、温度と水分が逃げないように加熱すること、火にかけた後しっかりと粗熱を取る一手間をすることが成功の秘訣です!

詳しいレシピはこちら:ローストビーフ

スタッフドチキン

お皿に乗ったチキンの丸焼き    

出典:photo-ac

丸ごとの七面鳥に、もち米などを詰めていくスタッフドチキン。重くなりがちな肉レシピですが、スタッフドチキンは野菜や炭水化物をバランス良く取ることができるキャンプ料理です!見た目的にも派手なので、盛り上がること間違いなし!!

詳しいレシピが知りたい方はこちらの記事も合わせてチェック▼

肉をもっとおいしく♪おすすめの食べ方

1. 味付けの調味料を変えて、ワンランクアップ!

ブラックペッパー    

出典:pixabay.com

バーベキューでの肉の調味料は、塩・コショウ、そして焼肉のタレがマストアイテム。予算に余裕があれば、岩塩やハーブソルト、黒コショウ、ステーキスパイスなど、調味料でちょっと変化をつけてみるのもおすすめです。

肉をさっぱりと食べたいのなら、大根おろし+ポン酢の組み合わせも!市販のタレも、甘辛いものから、塩ダレ、コチュジャンなど、テーブルの上にいくつかつけダレを用意して、各自好みでチョイスしてもらうのもいいかもしれませんね。

2. 肉には、食物繊維が豊富な野菜をあわせてヘルシーに!

切られた野菜    

出典:photo-ac.com

バーベキューのメイン・肉の付け合わせにぴったりなのはやはり野菜です。カルビなどは、フリルレタスやサラダ菜などを用意しておいて、巻いて食べるのも美味しい食べ方。ステーキを焼く時に、玉ネギの輪切りや、ピーマン、キャベツなどの野菜も一緒に焼いておくといいですね。

詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

まとめ

今回は、バーベキュー経験が少ない初心者幹事さんに向けて、「肉」をテーマにおとどけしました。手間いらずのものから、ちょっと下ごしらえが必要なものまでありますが、幹事とはいえ、なるべくラクに準備したいもの。BBQが盛り上がるメインの肉はしっかりと準備しつつ、外部のサービスや頼れる調味料など便利なものも使って、幹事さんもバーベキューを楽しんでくださいね♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

食材

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

4

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪