hinata

>

キャンプ料理

>

食材

>

肉を制するものはバーベキューを制す!必要な量やおすすめの種類は?

肉を制するものはバーベキューを制す!必要な量やおすすめの種類は?

キャンプ料理

バーベキュー

出典:Pixabay

バーベキューの食材といえば、外せないのが肉!今回はバーベキューを120%楽しめるよう、バーベキューにピッタリなお肉の種類や部位、量の目安、下ごしらえ、調理法などを紹介します。おすすめの食べ方や、塊肉レシピも!

目 次

お肉の量と買い方!通販やコストコも利用すると便利

肉の購入量は男性の数×300g、女性の数×200gで計算!

コンロで焼かれたキャンプ料理で定番のバーベキュー食材

出典:photo-ac.com

そもそもバーベキューするとき、お肉がどれくらい必要になるのか悩む人も多いと思います。気になる目安ですが、男性は1人300g、女性は1人200gと言われています。あとは参加するメンバーによって調整してみてくださいね。モリモリ食べてくれる食欲旺盛メンバーが多かったら、その分多めにお肉を増やし、反対に女性や年配の人が多い場合には、野菜を追加するのも良いかもしれませんね。

お肉の値段と予算

強火ゾーンに置かれた焼きあがる前のお肉
まずはそれぞれのお肉の大体の値段をチェック!

  • 牛ロース:400円 / 100g
  • 豚ロース:200円 / 100g
  • 鶏もも肉:100円 / 100g
男性の目安となる300gを踏まえると、上記の3種類を100gずつ購入する場合、700円 / 人 になりますね。ここから、野菜や海鮮系、ホルモン系なども加算していくと、食費は1,500円〜 / 人 くらい。さらに、飲料代を追加することを考えると、予算の目安としては2,500円〜3,000円 / 人 が妥当ではないでしょうか?

塊肉が豊富なコストコなど、大きいスーパーでの購入がおすすめ!

大型スーパー

出典:photo AC

次はお肉の調達方法です。一番手軽なのは、やはりスーパーです。コストコのような外資系スーパーに行くと、塊のお肉も豊富にあります。買い出しはバーベキューの前日が理想的ですが、難しい場合には1~2週間前に買いに行って、冷凍保存するという手もあります。また、当日になって食材を追加で購入したくなった場合に備えて、バーベキュー場近くのスーパーを調べておくとより安心です。

買い出しの時間がない!そんな時に便利な通販サービス

お皿に盛られた焼く前のお肉

出典:photo AC

買い出しができない、保存場所がない、車が使えないなどの場合には「食材を配達」してくれるサービスを活用するのもひとつの手!食材セットや機材レンタルなどのサービスがあるバーベキュー場もあるので、場所選びの時のポイントにすることもおすすめです。食材セットに関しては、前もって予約が必要な場合が多いので、下調べと参加人数の把握はしっかりしておきましょう。

バーベキューにおすすめの牛肉

焼肉の定番はやっぱり「牛肉」!スーパーでも、何種類か組み合わされた焼肉セットがよく売られています。今回、バーベキューにおすすめしたい牛肉の部位を紹介。どの部位がどんな料理に合うのか、チェックしてみましょう!

カルビ

鉄板で焼かれた牛肉

出典:pixabay.com

バラ肉に脂がのった部分で、焼肉と言えばカルビ!という人も多いと思います。薄く切ってあることが多いので焼くのに時間がかからない反面、脂身が多いので炭火だと焦げやすいです。こまめに肉の焼き加減をチェックしながら焼きましょう。

【おすすめ料理】
  • 焼肉
  • チャーハン

サーロイン

サーロイン

出典:Amazon

バーベキューらしく、豪快に厚切りステーキを楽しむならこれ!価格がおさえてある外国産のサーロインでも問題ありません。下ごしらえ次第でさらにおいしくなります!下準備は、両面を包丁の背で軽くたたいてから塩コショウをすり込むだけでOK。脂身と赤身の境目に包丁で何カ所か切れ目を入れておくと、焼いた時に反ってしまうことが少なくなります。焼き上がりは肉汁がに逃げないように、2〜3分経ってから切り分けましょう!!

【おすすめ料理】
  • ステーキ
  • ローストビーフ

肩ロース

肩ロース

出典:Amazon

肩ロースは、スーパーでも手に入りやすい肉の部位です。比較的柔らかい肉質なので、バーベキューにもぴったり!塩・コショウをまぶして焼いたり、市販のタレをつけるだけでもでもおいしく食べられます。さまざまな料理に活用できるので、キャンプ飯に挑戦したい方にはおすすめの部位です!

【おすすめ料理】
  • チャーシュー
  • 生姜焼き
  • 牛かつ

バーベキューにおすすめの豚肉

牛肉よりも値段も抑えつつ、バーベキューをしたい方必見!バーベキューにおすすめの豚肉を紹介します。豚肉は、下準備次第で美味しく変身するためおすすめ!また豚肉は生焼けだとお腹を壊しやすいです。焼く際は、中までしっかり火を通しましょう!

バラ肉

スペアリブ

出典:Amazon

バラ肉(スペアリブ)は初心者にちょっと難易度が高めの部位。しかし、スペアリブ用に切ってあるお肉であれば扱いやすいです。スペアリブの作り方は意外に簡単。バラ肉は一晩置くと味がしっかり染み込むので、時間がある方はやってみましょう!味付けに粒入りマスタードを添えて食べるとおいしさもUP!

【おすすめ料理】
  • スペアリブ

ロース

お皿の上に盛られた豚肉

出典:pixabay.com

ボリュームもあり、さっぱりとした食べ応え。下準備で筋切りをして、焼いたときにお肉が丸まってしまうのを防ぎましょう。塩・コショウのほか、タレに漬け込んで食べるのもピッタリです。

【おすすめ料理】
  • シチュー
  • とんかつ
  • トンテキ

豚トロ

トントロチャーシュー(真空冷凍発送)250グラム

出典:Amazon

豚の首まわりの部位で、霜降りになっています。脂身が多いながらもしっかりとした食感。味つけは塩・コショウがおすすめですが、レモン汁と塩でさっぱりと食べるのもおいしいです。

【おすすめ料理】
  • タコス
  • ネギ塩豚トロ

バーベキューにおすすめの鶏肉

バーベキューにおすすめの鶏肉を紹介します。鶏肉は牛肉よりも値段はリーズナブルで、どこのスーパーでも手に入りやすいです。くせのない味で多くの人に人気があります。鶏肉の部位によってさまざまな味わいを楽しめるので、気になる方はチェックしてみましょう。

鶏もも

鉄板の上に置かれた焼きあがったお肉

出典:Pixabay

焼いてもパサつきにくく、食べやすくてジューシーな部位です。塩・コショウをして火をしっかり通しましょう。ブロックの場合は、皮の面からしっかり焼くことがポイント!両面にしっかり火が通れば、チキンステーキの完成です!

【おすすめ料理】
  • 筑前煮
  • 焼き鳥

鶏皮

【どーんと50本!!鶏皮】焼き鳥串鳥皮 30g×50本 計1.5kg お祭りやイベント、BBQバーベキューに是非! 焼鳥 やきとり 業務用 とりかわ

出典:Amazon

お酒のおつまみにピッタリな鶏皮。事前にフォークで穴をあけてから焼くと、火が通りやすくプリプリな食感を楽しめます!

【おすすめ料理】
  • 唐揚げ
  • 焼き鳥

バーベキューにおすすめのラム肉

羊のお肉「ラム」は、最近人気の食材です。全体的に脂身が少なく、柔らかいのが特長で、ヘルシーだから女性にも人気!ラム独特の匂いが気になる人は、下味をつけておくことをおすすめします。

ロース

お皿の上に盛られたラムチョップ

出典:pixabay.com

骨付きの「ラムチョップ」で知られる部位。骨付きだとBBQらしさが出て、その場も盛り上がります!塩・コショウを振ったあとに、ローズマリーやタイムなどのハーブミックスの調味料とオリーブオイルを加えて、しっとりさせておきます。火を通しすぎると固くなってしまうので、両面に焦げ目がついたら火から離してアルミホイルで覆い、余熱で火を通しましょう。

【おすすめ料理】
  • ジンギスカン
  • ステーキ

▼塩こしょうもいいけど漬け込み肉も!という方は、こちらもチェック!

BBQだからこそ、豪快に食べたい!塊肉レシピ3選

スペアリブ

グリルで焼いた肉と野菜

出典:Pixabay

一見、難しいと思われがちのスペアリブ。しかし、事前にしっかり味付けをしておくこと、焼いている最中はふたをして熱と水分が逃げないように注意することで、簡単に美味しくでき上がります!

詳しいレシピはこちら:スペアリブ

ローストビーフ

まな板の上に乗ったローストビーフ

出典:くーさん / flickr

一度は挑戦したい塊肉を使った料理といえば、ローストビーフですよね!ローストビーフは、ダッチオーブンやフタ付きのバーベキューグリルを使いましょう。温度と水分が逃げないように加熱すること、火にかけた後はしっかりと粗熱を取る手間を掛けることが成功の秘訣です!

詳しいレシピはこちら:ローストビーフ

さらに、手作りソースのレシピや調理の際にあると便利な調理器具の紹介もしています。

▼ぜひ以下の記事からチェックしてみましょう!

スタッフドチキン

お皿に乗ったチキンの丸焼き

出典:photo-ac

丸鶏にもち米などを詰めて、焼きあげるスタッフドチキン。見栄えも良く、盛り上がること間違いなしです!

▼詳しいレシピが知りたい方はこちらの記事も合わせてチェック!
▼肉以外にも、バーベキューの食材についてもっと知りたい方は、こちらもチェック!

おいしいお肉を準備して、家族や友人とバーベキューを楽しもう!

今回はバーベキューの中でも「肉」をテーマにお届けしました!お肉の種類によっても焼き方が変わったり、少しの下準備で格段と美味しくなるものまでさまざまあります。お肉の量の目安やレシピなど、ぜひ参考にしてみてください!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

食材 キャンプ料理

おすすめのキーワード