hinata

>

キャンプ用品

>

>

直接水をかける炭の消火方法は厳禁!火消し壺を上手に使おう!

直接水をかける炭の消火方法は厳禁!火消し壺を上手に使おう!

 キャンプ用品

キャプテンスタッグの火消しつぼと火のついた炭

出典:キャプテンスタッグ

「火消しつぼ」をキャンプで使っていますか?焚き火やバーベキューは楽しいですが、問題はその後の炭の消火。炭に水をかけて消火するのは危険な上、完全に消火できないことがあります。そこで、活用したいのが「火消しつぼ」。火消しつぼを上手に使って、安全に炭の処理をしましょう!賢いキャンパーの必需品「火消しつぼ」のおすすめをご紹介します。


 目次


火消し壺って必要?

バーベキューの終わったコンロと火消しツボ    

出典:Amazon

火消しつぼとは、火のついた炭を入れて蓋をすることで消火させる入れ物のことを言います。とても単純なことですが「密閉することで酸素の供給が断たれ、それにより火が消える」という原理を利用したものです。火消しつぼには、陶器のもの、ステンレスなどの金属製のものなどさまざまなタイプがあります。定番はロゴスやキャプテンスタッグの火消し壺で、キャンプ用品の定番コールマンなどからは展開されていないのでご注意を。

消化時間の短縮!

メリットは様々ありますが、一番のポイントは、火を消す時間が短縮できること!炭は基本的に自然と火が消えるのを待つ必要があり、その時間は1時間程度かかることも...。キャンプで帰る準備をしているのに、炭の火が消えてくれずなかなか片付けを終わらすことができない。帰る時間が遅くなる。なんてこともよくあります。そこで役立つの火消し壺。早めに鎮火するのをうっかり忘れていた...。なんて時も火消し壺があればすぐに火を消すことができ、時間を取られることはありません。

熱くならない!

火がほとんど消えていても、熱を帯びたままの炭。キャンプ場で捨てることができず、持って帰るしかないのに火は消えても暑くて車に積めない!なんてことも、火消し壺があれば解決です!しっかり蓋が閉まり、熱が外まで伝わらないようになっているので、熱さを気にせず気軽に持ち帰ることができます。

実はコンパクト!?

写真で見るとなかなかなサイズに見える火消し壺ですが、思っているよりもコンパクトなものが多くなっています。また、場所を取るように見えますが、下の「賢い利用法」でご紹介するように、後々火消し壺に入れておいた炭を再利用することもできるので思っているよりも大きくて邪魔なものにはなりません。

火消し壺の賢い利用法

キャプテンスタッグの火消しツボに炭を入れている様子    

出典:キャプテンスタッグ

アウトドアでの火器の基本は炭。やはり炭火で調理された食材は美味しさも抜群、調理の過程も楽しいものです。また、赤々と燃える炭を見ていると、気分がとても和む上、会話も弾むというもの。しかし、調理が終わったのに炭がまだ燃えているから消すのがもったいない、そんな思いをしたことはありませんか?火消しつぼは、火を消すだけではなく、そんな「もったいない」を解消する役目も果たしてくれるのです。

火のついた炭を投入し、自然に消火させる火消しつぼを利用すると「消し炭」というものができます。この「消し炭」は、次回の火おこしの時や、調理途中で炭が足りなくなったときなどのたし炭として再利用できます。消し炭は、新しい炭と違って火がつきやすくまた、炭の節約にもなります。エコでお財布にも優しい火消しつぼ、キャンプに一台は必需品です。

火消し壺を使うときの注意点

ロゴスの火消しツボ    

出典:amazon.co.jp

手早く安全に消火が出来る火消し壺ですが、熱い炭を入れてすぐに蓋をきつく閉めると、炭が冷めたときに内部の気圧が下がり、蓋が開かなくなることがあります。特に、ネジ式の蓋の場合は、次に使おうとする時、蓋が開かないというトラブルが多く発生しているので、炭が熱いうちは緩めに、炭が十分冷めてからしっかりと蓋をするようにしましょう。

キャンプにおすすめの火消し壺6選

トランクに積まれたロゴスの火消しツボ    

出典:amazon.co.jp

安全で簡単に消火出来る火消しつぼ。火おこしが楽にできる火おこし器とセットになった一台二役のタイプや持ち運ぶことを考えて設計された安全なタイプがおすすめです。

100均・ホームセンターの商品で代用品を自作!!

100均やホームセンターのブリキ缶やバケツを買えば、火消し壺を買わずとも代用品を自作することができます。

【作り方】
①持ち手と蓋のあるブリキ缶・ペンキ缶を用意する
②蓋に穴をあけ、木製のつまみ用ノブをとりつけ


たったこれだけです!ポイントは持ち手、蓋、つまみ用ノブ。熱い状態でも持ち運べるように持ち手があるのは必須。そして火を消すためにもちろん蓋がついてる缶を用意する必要があります。一番のポイントがつまみ用ノブ。木製を選び、金属製を使わないようにしましょう!金属製では熱が伝わってしまい、熱い時に蓋を持ち上げることができないので使いづらくなってしまします。
注意しておきたいのは、あくまで「代用品」であるということ。代用品なので火消し壺ほどのクオリティは保ってくれません。熱を受けて変形したりこわれてしまったりします。また、先にご紹介した炭の再利用もうまくできたりできなかったり。ものづくりが好き!という方は少しお金をかけて良い材料で作るのもよし、さすがにそこまで凝って作るのは...。という方は、既成の火消し壺を買うことをおすすめします!

まとめ

キャンプを楽しんだ後は、環境にも配慮することが大切です。特に、炭の消火には気を使いたいもの。よく炭を埋めてしまう人を見かけますが、炭は自然に還りません。「炭は手早く安全に消火して持ち帰る」マナーを守って、楽しいキャンプライフを満喫してください。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプマナー

おすすめのキーワード

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪