hinata

>

キャンプ料理

>

ダッチオーブン

>

ダッチオーブンレシピ30選!キャンプ場で美味しいご飯を食べよう

ダッチオーブンレシピ30選!キャンプ場で美味しいご飯を食べよう

キャンプ料理

ダッチオーブンが置かれたビンテージ調の卓上

キャンプ料理に使う調理器具として代表的なものにダッチオーブンがあります。ダッチオーブンを使うとパンやメインディッシュ、デザートなどを作れ、料理の幅が広がるのでおすすめです。今回はキャンプでダッチオーブンを使って食べられるおすすめの料理を紹介します。

目 次

そもそもダッチオーブンとは?

焚き火の中に置かれたダッチオーブン

出典:Pixabay

ダッチオーブンとは、分厚い金属でできたフタ付きの調理器具のことです。パンやピザなどの難易度の高い調理も可能で、たくさんの料理が作れる万能の鍋なんです!アウトドアシーンで活躍することが多いですが、鍋底がフラットなタイプのダッチオーブンも販売されており、家庭でも使えるようになっています。

ダッチオーブンの使い方

これ一つで「焼く、炒める、煮る、蒸す、揚げる」といったほぼ全ての調理ができるので、大変使い勝手の良い鍋として多くのキャンパーが使っています。そんなダッチオーブンを使ってできる料理を今回は詳しく紹介していきます。

ダッチオーブンのお手入れ方法

ダッチオーブンは使い終わって熱が落ち着いてきた時点で、お湯とたわしを使って汚れを落とします。急激な温度変化や洗剤の研磨作用でコーティングが剥がれてしまう可能性があるので、洗剤や冷水を使うのは避けてください。

汚れが落ちたら、火にかけて水分を飛ばします。乾いたら、まだ熱いうちに植物性の油を塗り込みましょう。熱が取れたら、余分な油を拭き取ってお手入れの完了です!

ダッチオーブンで作る肉料理7選

ローストビーフ

普段はヘルシー志向でも、キャンプでたくさん遊んだ後はガッツリお肉が食べたい。そんな時は大きなローストビーフを作りましょう。ポイントは常温に戻した牛肉に、しっかりと塩こしょうをすり込むこと。お好みでハーブやにんにくをくわえるのも良いです。

レシピの詳細は動画でチェック!

丸鶏のローストチキン

丸鶏のローストチキン

出典:PIXTA

華やかなダッチオーブン料理を作るならローストチキンが最適。インパクトもありますし、横に添える野菜をニンジンやパプリカなど色合いがあるものにすると、おしゃれな料理になります。基本はダッチオーブンに全部の食材を入れるだけなので、手軽に作れるのもうれしいポイントです。

詳しくはこちら:ローストチキン

焼豚

焼豚の画像

出典:Pixabay

ダッチオーブンを使って本格焼豚も作れます。半日タレにつけて、ローストすれば調理終了!かま焼風に仕上がり、ラーメンと一緒に、または豪快に白米に載せて焼豚丼としても食べられます。事前にタレに付けてキャンプ場でローストするだけの状態しておくのがおすすめ!
詳しくはこちら:焼豚

スペアリブ

スペアリブがプレートに盛られている画像

出典:Pixabay

骨つき豚肉を豪快に食べたい、そんな方におすすめなのがダッチオーブンで作るスペアリブ。スペアリブは時間がかかりますが、上手に作れればキャンプが盛り上がります。ポイントとしては出発前に、ある程度味付けをしておき、調理時は火が通りやすいように肉に穴を開けておくこと。手間がかかるからこそ、ポイントをしっかり押さえておきましょう!
詳しくはこちら:スペアリブ

参鶏湯

参鶏湯の写真

出典:Amazon

参鶏湯(サムゲタン)とは鶏肉から内臓を取り出し、高麗人参、もち米などを詰め込み、煮込んだ韓国料理です。冷たい食べ物を取りすぎて胃腸が弱くなる夏場におすすめのスープ。キャンプでも健康的に食生活を送りたい方におすすめです!
詳しくはこちら:参鶏湯

トマト角煮

トマト煮込みの料理画像

出典:Pixabay

お腹を満たせ、体も温まる冬場におすすめのトマト角煮。具材を切って煮込むだけなので初心者でも簡単に作れます!ポイントはキャンプ出発前に具材を切ってジップロックに保管しておくこと。できるだけ当日の手間を省くことで別のアクティビティの時間が取れたり、焚き火を楽しむ時間を確保できます。
詳しくはこちら:トマト角煮

ダッチオーブンで作るパン・ピザ3選

ロールパン

ダッチオーブンで焼くパン

出典:PIXTA

ダッチオーブンはその名の通りオーブンなのでパンを焼くことも可能です。キャンプ場で協力し合いながら生地をこねるので作る過程も思い出になります。焼き立てパンをアウトドアで食べると、家で食べるよりもさらにおいしく感じること間違いなしです。

ピザ

玉ねぎとベーコンのピザをとり分ける様子

出典:Pixabay

ダッチオーブンでは、ピザも作れます。子ども連れでキャンプをしている方は、一緒に生地をこねる共同作業で思い出が作れるため特におすすめ。みんなで協力して作ったピザは、いつもよりさらにおいしく感じるでしょう。
ダッチオーブンは高温で焼きあげることが可能なので、ピザ窯がなくとも調理できます。作業工程が多いですが、それだけ出来上がったときの喜びも味わえるのでぜひ挑戦していただきたい一品。大型のダッチオーブンの方が大きいピザを焼けるのでおすすめです。

詳しくはこちら:マルゲリータ

スコーン

スコーンが皿に盛られている画像

出典:Pixabay

キャンプの朝ごはんやお菓子に手作りスコーンはどうでしょうか?そのまま食べるのもよし、ジャムや蜂蜜を付けて食べるのもよし、子どもも喜ぶこと間違いなしです。
詳しくはこちら:スコーン

ダッチオーブンで作るご飯もの4選

パエリア

一見難しく見えますが、パエリアも調理できるのが、ダッチオーブンのすごいところです。貝類は事前に白ワインで蒸し焼きにしておき、臭いを消しておくとよりおいしく仕上がります。

レシピの詳細は動画をチェック!

ビビンバ

ダッチオーブンで作ったビビンバ

出典:Kuruman / flickr

次に紹介するのはビビンバ。こちらもご飯を炊いて具材を載せるだけで簡単に作れるのでおすすめです。自分好みの野菜を乗せてオリジナルのビビンバを作ってみるのも良いでしょう。

詳細はこちらをチェック:ビビンバ

カレー

カレーライス

出典:PIXTA

次はカレーです。カレーは子どもに大人気な料理の一つ。キャンプで食べられたら子どもが大喜びすること間違いなしです。作り方はシンプルなのでぜひ挑戦してみてください。

レシピの詳細はこちら:カレー

ジャンバラヤ

パエリヤの画像

出典:Pixabay 

スペインから海を渡りアメリカ南部で独自の変化を遂げたジャンバラヤ。大きな鍋で作って、鍋を囲みながら食べるスタイルはキャンプにもってこい。ダッチオーブンで作れば焦げも付き、美味しさ倍増です。

詳細はこちらら:ジャンバラヤ

ダッチオーブンで作るおかず5選

麻婆豆腐

スキレットで調理された麻婆豆腐

出典:tablexxnx / flickr

冬場に食べたいのが、ダッチオーブンで作った麻婆豆腐。ダッチオーブンなのでなかなか熱が逃げず、石焼き麻婆豆腐のように、しばらくグツグツと沸騰しています。少々崩れてしまっても食べやすい大きさになるよう、豆腐は大きめに切っておくのがおすすめ。ちなみに、豆腐は事前に湯がいておくと崩れにくいですよ。

詳しくはこちら:陳麻婆豆腐

キャベツ丸ごとスープ

キャベツが丸ごと入ったダッチオーブン

出典:PIXTA

丸ごとキャベツにベーコンを挟んでミルフィーユ状にしたものをダッチオーブンでコトコト。食材の旨味が染みだしてとってもおいしいキャベツのスープ煮ができ上がります。キャベツを白菜に変えてみたり、豚バラや挽肉を練ってハンバーグのタネのようにしたものを使っても美味しくなります。

詳しくはこちら:キャベツ丸ごとスープ

焼き餃子

餃子が皿に盛られている写真

出典:Pixabay

キャンプでは中々珍しい焼き餃子。ダッチオーブンで作れば、パリパリの羽が付き、きれいにパリッとした餃子が仕上がります。餃子同士がくっつかないように、1個づつ間隔を開けて並べるのがコツです。

詳しくはこちら:焼き餃子

肉じゃが

肉じゃがが皿に盛られている写真

出典:Pixabay

キャンプでもいつもの落ち着く味を。ダッチオーブンで作る肉じゃがは野菜からの汁だけで、水を使用せずに作れます。ダッチオーブンで作れば甘みがまし、具材もふっくらとして、美味しさが増します。コツは肉を炒める際にしっかり味付けをすること。

詳しくはこちら:肉じゃが

アクアパッツァ

魚介アクアパッツァ

出典:yasuhiroamano / ゲッティイメージズ

イタリアのカンパーニャ地方で漁師が海水を使って魚を丸々煮たことが始まりのアクアパッツァ。豪快に魚を丸々一匹煮るので、お皿に盛られたら瞬間、盛り上がること間違いなし。切り身では味わえない旨味が詰まっていて、スープも大満足の味に仕上がります。

詳しくはこちら:アクアパッツァ

ダッチオーブンで作るおつまみ6選

牛肉のビール煮

牛肉のビール煮

出典:PIXTA

キャンプ中はどうしても途中でビールがぬるくなってしまいます。そんなぬるくなってしまったビールは、料理に活用するのがおすすめ。特に牛肉をビールで煮ると絶品です。ビールの炭酸とアルコール分がお肉をとっても柔らかくしてくれます。ビール独特の苦味は抜けてコクだけが残り、さらにアルコール分もとぶので子どもでも食べられます。

詳しくはこちら:牛肉のビール煮

燻製料理

ダッチオーブンで作る燻製料理

出典:PIXTA

アウトドアで人気の燻製も、ダッチオーブンと数アイテムあれば専用器いらず!お気に入りの食材と好きな香りのチップをセットし、あとはビールを準備してワクワク待つだけ。チーズやお肉、魚介類など、いろいろな燻製を作ってみましょう。チップの下にアルミホイルを敷いておけば後片付けも楽チンです。

▽ダッチオーブンで作る燻製料理について詳しく知りたい方はこちら!

ワカサギのアヒージョ

釣りたてのワカサギ

出典:Yasuo Kida / flickr

オリーブオイルとニンニクと一緒に具材をじっくり弱火で煮込むアヒージョは、小さめのダッチオーブンが得意とするところ。キノコやエビ、イカ、タコなどがメジャーですが、小魚で作ってもおいしいです。

レシピの詳細はこちら:わかさぎのアヒージョ

あさりの白ビール蒸し

苦味のない白ビールを使用しているので、ワインとは違い、爽やかで軽い味わいを楽しめます。あさりとの相性も良くおつまみに最高のダッチオーブン料理です。

詳しくはこちら:あさりの白ビール蒸し

皮付きポテトフライ

ポテトフライの写真

出典:Pixabay

おつまみの王道ポテトフライ。お酒との相性も最高ですね。またポテトフライはおつまみとしてだけではなく、子どもにも喜ばれるのでキャンプで出したい一品です。

長いも揚げ焼き

フライドポテト風にも揚げられる長いもの揚げ焼き。ダッチオーブンで作れば外は焦げ見目でサクッと、中はホクホクに仕上がります。香ばしい匂いが漂い、食欲をかき立てます。

ダッチオーブンで作るスイーツ2選

パンケーキ

ダッチオーブンで作られたパンケーキ

出典:Jenny Salita / flickr

ダッチオーブンがあればデザートも作れます。最初に紹介するパンケーキは、材料を混ぜて生地を作りダッチオーブンで焼くだけで、簡単に作ることが可能です。生地が焼けたらお好みの果物などを乗せて食べるのがおすすめ。子どもや女性が喜びます。今回はキウイのダッチオーブンパンケーキの作り方を紹介します。

レシピの詳細はこちら:キウイのダッチオーブンパンケーキ

焼きりんご

焼きりんご

出典:PIXTA

おなかがいっぱいになってもデザートは別腹です。デザートもダッチオーブンにお任せあれ。甘酸っぱいりんごとシナモンバターの香りで、むくむくと食欲がわいてきます。皮が弾けたぐらいが食べごろです。

詳しくはこちら:焼きりんご
▼キャンプのデザートレシピはこちらを参考に!

日本酒のプリン

焼きプリンの写真

出典:Pixabay

大人キャンプの雰囲気を漂わせてくれる日本酒のプリン。キャンプ場周辺で日本酒を仕入れて地元の味を取り入れてみるのもおすすめです。ダッチオーブンは加熱に時間をかけずに作れるのもうれしいポイント。

詳しくはこちら:日本酒のプリン

キャラメルポップコーン

ポップコーンがお皿に盛られている写真

出典:Pixabay

ファミリーキャンパーにおすすめなのがポップコーン。作り方がシンプルでとうもろこしをダッチオーブンに入れ、サラダ油を絡めて、ポンポンとはねるのを待つだけ。子どもと一緒に作るのにちょうどよいスイーツです。

詳しくはこちら:キャラメルポップコーン

レモンマフィン

レモンマフィンがプレートに盛られている写真

出典:Pixabay

大人も子どももうれしいレモンマフィン。ダッチオーブンの下部に薄く水を張り蒸すだけなので簡単に作れます。コツとしては、ダッチオーブンの下部は焦げやすいので、編みの位置をなるべく上にすること。

ダッチオーブンで料理の幅を広げよう!

ダッチオーブンを使ってできる料理を紹介しました。メインディッシュからデザートまでさまざまな料理が作れます。キャンプで作ると家で食べるよりさらにおいしく感じるので、次回のキャンプでぜひ作ってみてください。
カリンシアのマミー型シュラフ

出典:楽天

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事