hinata

>

キャンプ用品

>

ランタン

>

【2018年最新】ランタンは利用シーンで選ぶ!おすすめ35選

【2018年最新】ランタンは利用シーンで選ぶ!おすすめ35選

 キャンプ用品

キャンプにおけるランタン使用例

出典:MIKI Yoshihito / flickr

ランタンは、キャンプの夜を盛り上げる必須アイテムです。でも、たくさんの種類があるランタンの中からどれを選べばいいか分かりませんよね。今回は、初心者にもわかりやすく、キャンプに必要なランタンを用途別に分けて、おすすめをご紹介します。自分のキャンプスタイルに合ったランタンが見つかるはず!


 目次


キャンプで使うランタンは3種類!

ランタンの種類と特徴の早見表    

キャンプで使用するランタンには「LED」「ガス」「ガソリン」の3種類があります。それぞれどんな特徴を持ったランタンなのか、順番に紹介していきたいと思います!

初心者でも扱いやすい「LEDランタン」

テーブルの上に置かれたLEDランタン    

やけどや火事など危険性が少ないLEDランタンは、小さい子ども連れの方などにもおすすめ。基本的には、ボタンを押すかつまみを回せば灯りがつき、特別な知識も必要なく使用ができることから、初心者キャンパーに人気です。全体的に光量の小さいタイプが多いので、サブとして使うこともおすすめですよ。

【メリット】スイッチ1つで簡単に付けられる。充電式や電池式など燃料の取扱いが楽。点灯時間も長い。
【デメリット】物にもよるが光量が小さい。遠くまでは照らせないため、メインランタンには向かない。

バランスをとれた「ガスランタン」

ランタンスタンドに吊るされたランタン    

出典:photo-ac.com

ガスカートリッジをセットしたら、スイッチをひねるだけで点火できます。簡単に点火することが可能な上に、火力もそこそこ大きく、バランスがとれたランタンです。しかし、燃料コストが大きく、燃焼時間が短いので燃費があまり良くない点が気になる所。そして、寒冷地では安定した灯りを灯すことができません。

【メリット】ガソリンランタンほどではないが、光量は大きくて簡単に点火可能。
【デメリット】燃費が悪い。寒冷地では灯りが安定しない。

光量が大きい「ガソリンランタン」

ガソリンランタンを使用している様子    

光量が大きく、冬場でも安定した火力を維持できるのが、ガソリンランタンです。また、LEDでは出せない特有の雰囲気を作り出してくれます。せっかくのキャンプ、普段とは違った雰囲気を味わいたいですよね。一方で、マントルを焼くカラヤキの作業やメンテナンスなど、使い方が難しいという声もあります。

【メリット】光量が3種類の中で最も大きい。燃料費は比較的安価で燃焼時間も長い。寒冷地でも安定した明るさを放つ。
【デメリット】使用前のカラヤキ作業やメンテナンスなど、取り扱いが面倒。

キャンプでランタンを使う場所は3か所!

ランタンの種類と用途の早見表    

ランタンの種類が分かったところで今度は、具体的にどのランタンがどんなシーンで活躍するか知りたいですよね。ということで、各ランタンの適した使用場所や使用してはいけない場所、注意点なども踏まえてお伝えします!

外で使う「メインランタン」

テントサイトにおけるメインランタンの使用例    

出典:コールマン

メインランタンを選ぶときのポイント。それはテントサイトを十分に照らせるほど大きな光量を持つランタンでなければならないことです。この点を踏まえると、メインランタンで利用するにはガソリン、もしくはガスランタンがおすすめです。LEDランタンだと、最低でも1,000ルーメン以上とかなり大きな光量を持つ必要があるので、種類がだいぶ限られてきます。

また、ある程度の光量を持っているランタンを使用すれば、虫がランタンに引き寄せられるため、テントやタープ内への侵入を防ぐ効果もあります。

机の上に置く「テーブルランタン」

光量の少ないテーブルランタン    

出典:スノーピーク

リビングで使用するテーブルランタン。調理時の手元を照らしたり、食卓を照らす際に使用するので、比較的光量が少ないランタンで十分です。したがって、コンパクトなサイズが多いガスランタンや優しい光を灯すLEDランタンがおすすめです。ガソリンランタンは大型タイプが多く、虫も集まりやすいため、テーブルランタンには不向きです。

寝室スペースを照らす「テントランタン」

テントランタンを利用して絵本を読む親子    

出典:スノーピーク

家の寝室にも照明があるように、テントにも照明は欠かせません。夜に荷物を出し入れするには、テントランタンの明かりが頼りになります。優しい光を灯すLEDランタンや蛍光灯ランタンがベストです。最近は、長持ちして明るいことから、LEDランタンが人気です♪
また、テント内で使用するランタンは、ガソリンやガスなどの燃料系のランタンを選んではいけません。火事や一酸化炭素中毒の危険を伴うため、テント内では使わないようにしましょう!

2018年の最新ランタンおすすめ3選

「メインランタン」hinataおすすめランキングTOP9

「テーブルランタン」hinataおすすめランキングTOP10

「テントランタン」hinataおすすめランキングTOP10

【番外編①】デザインで選ぶ!おしゃれランタン3選

おしゃれなランタンをもっと知りたい方は、使い方も紹介しているこちらの記事がおすすめ!

【番外編②】いまどきキャンパーのランタンは手作り!?

おしゃれなキャンプサイトを作りたいけど、なかなか良いランタンが見つからない…。そんな人は自作ランタンに挑戦してみませんか?100均で売っているメイソンジャーと電池式ランプを使用すれば、簡単でおしゃれなDIYランプを作れちゃうんです!テーブルに数個並べるだけでおしゃれサイトに早変わりです☆

動画で作り方をチェックしてみましょう!▽
おしゃれに簡単DIY!メイソンジャーランプ

ランタンを賢く使うためのアイテムたちも紹介!

メインランタンは、上から照らすようにしなければ明るさが半減してしまいます。そんなときに活躍するのが、ランタンスタンド!一口にランタンスタンドといってもさまざまな種類がありますし、自作してしまう人もいるほどなんです!

まとめ

ランタンを使用しているキャンプの様子    

出典:スノーピーク

いかがでしたでか?キャンプの夜を左右するムードメーカー、ランタン。シーンや人数に合わせたベストなランタンを選ぶことが重要です!自分が持っているアイテムや普段のキャンプを想像して、ランタンを選んでみてはいかかでしょう♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪