キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
ランタンのアイキャッチ

【2024年】ランタンのおすすめ37選|キャンプのプロが選び方を徹底解説

※本記事には一部プロモーションが含まれます

ランタンはキャンプに必須の照明器具です。ただ、選択肢が豊富で自身のキャンプスタイルにあったものがわからない人も多いのではないでしょうか。今回は、キャンプギア紹介が人気のYouTubeチャンネル「チキューギ.」を運営しているチキューギ.さん監修のもと、失敗しない選び方を徹底解説!

チキューギ.

監修者

チキューギ.案内人

チキューギ.

  • Instagramアカウント
  • Twitterアカウント

YouTubeチャンネル『チキューギ.』で、キャンプの雰囲気やギア紹介動画、誰もが気軽にキャンプを楽しめるHowTo動画などキャンプに関する情報をお届けしています。YouTube以外にも、講演会・イベント出演・ECサイトでチキューギ.グッズの販売など幅広く活動しています。海外キャンプも計画中!公式HP

続きを読む

ランタンの種類と特徴

ランタンは、使用する燃料によって「LEDランタン」「オイルランタン」「ガソリンランタン」「ガスランタン」の大きく4種類に分類されます。まずは、それぞれのタイプの特徴や、メリットとデメリットなどをみていきましょう。

LEDランタン

LEDランタン
LEDランタンとは、電気をエネルギーとしてLED灯をともすランタンのこと。充電式と電池式に大別されます。燃料を使うランタンのように火を使わないのでテント内で安心して使え、価格的にもお手頃なのがいいところ。光の色を変えたり、揺らぐ明かりを楽しんだりできるものなど、好みに合わせて選ぶことができます。 最近では、クルマのUSBポートから充電できたり、手動発電、ソーラー充電に対応、防災用としても頼れるタイプなども販売されており、さまざまなシーンで活躍してくれます。
メリット・一酸化炭素中毒の恐れがない ・お手頃価格なものが多い
デメリット・光の質感が人工的 ・充電式は事前の充電が必要 ・電池式は予備電池が必要
おすすめシーン・テント内の明かり ・防災用
person icon

チキューギ.さん

LEDランタンは、ガソリンなどの燃料を使わないので、安全性と使い勝手の良さが魅力。もし、キャンプに1つだけランタンを持っていくとすれば、サイト全体を照らせる1,000ルーメン以上のLEDランタンをおすすめしています。

ガスランタン

ガスランタン
ガスランタンは、その名のとおり「ガス」が燃料のランタン。燃料となるカートリッジには、アウトドア用の専用規格でつくられたOD缶と、家庭用のカセットコンロと同じ規格でつくられたCD缶の2種類があります。燃料がカートリッジ式なので初心者でも扱いやすく、ポンピングなども不要。明るくて優しい灯りで、サイトに暖かい雰囲気を演出してくれます。
メリット・明るい ・カートリッジ式で燃料交換が簡単
デメリット・燃焼時間が短い ・寒冷地ではガス缶が冷えて点火しにくい ・燃料のコストがかかる ・テント内では使えない
おすすめシーン・春〜秋の平地キャンプや登山
person icon

チキューギ.さん

ガスランタンの1番の魅力は、明るいモデルが多いこと。ただ、マントルの交換が必要なものは手間のかかる作業も多いため、初心者には難しいかもしれません。一酸化中毒や火事のリスクがあることにも留意しましょう。

オイルランタン

オイルランタン
オイルランタンは、灯油やパラフィンオイルを燃料として使うランタン。ガソリンやガスランタンなどと比べて、燃料の価格を抑えながら、長時間使えるのが利点です。ゆらめく炎に独特の雰囲気があるのも魅力で、おしゃれなデザインのものも豊富にそろっています。
メリット・燃料コストを抑えられる ・ゆらめく炎に癒される ・おしゃれなデザインが豊富
デメリット・光量が少ない ・テント内で使用不可 ・メンテナンスが必要
おすすめシーン・テントサイトに雰囲気を出したいとき
person icon

チキューギ.さん

ロウソクを灯しているような灯りには、独特の雰囲気があります。僕は灯油ではなく、パラフィンオイルのものを使用しています。灯油と違ってホヤに煤が付きにくく、不純物が少ないので炎がとてもきれいですよ。

ガソリンランタン

ガソリンランタン
ガソリンランタンは、ホワイトガソリンを燃料として使うランタンのこと。着火前に燃料タンク内に空気圧をかける「ポンピング」と呼ばれる作業が必要になりますが、ほかの燃料よりもダントツで明るく、テントサイトのメイン照明として活躍してくれます。また、燃焼時間も長く、寒い季節や地域でも安定して火力を保つことができるのも魅力です。
メリット・ハイパワーで光量が多い ・燃焼時間が長い ・寒冷地でも着火しやすい
デメリット・テント内で使用不可 ・メンテナンスに手間がかかる ・特有の燃焼音がある
こんなシーンにおすすめ・複数人のキャンプ
person icon

チキューギ.さん

ポンピングやガス抜きが必要で、着火する際もランタンの癖を理解している必要があるため、初心者向けとしては少しハードルの高さを感じるのがガソリンランタン。同じホワイトガソリンを使うガソリンバーナーでも代用できるので、荷物を減らすことができます。

ランタンの選び方

ここからは、チキューギ.さん監修のもと、間違いないランタン選びのポイントを紹介します。「使用場所」「人数」など押さえるべきところを整理して、自分にあったランタンの選び方を覚えておきましょう。

まずはメインランタンを選ぼう

ひとくちにランタンといっても、テントサイト全体を照らせる光量の「メインランタン」と、室内に適した光量の「テントランタン(ルームランタン)」があります。その中でも最初は「メインランタン」として使えるものを1つ持っていけば、キャンプの夜は安心して過ごすことができます。
【メインランタン】
ランタン

出典:PIXTA

キャンプサイト全体を照らす役割を担うメインランタン。明るさの目安はテントサイトの広さによっても異なりますが、1,500ルーメン以上の大光量のものを選ぶのがおすすめです。そのため、ガスランタンやガソリンランタンを使っているキャンパーが多くいます。また、ポールやタープにつり下げて使用すると、広範囲を明るくすることができます。
【テントランタン(ルームランタン)】
ランタン

出典:PIXTA

就寝時やテント内で過ごす際の明かりとして使うテントランタン。テント内での火器の使用は一酸化炭素中毒や火災のリスクがあるため、LEDランタンの使用をおすすめします。テント内を照らすだけなので、300ルーメンほどのもので十分です。 テントが大きい場合は、少し明るめのものを選ぶか、小型のランタンを複数用意しておくと安心です。
person icon

チキューギ.さん

最初に買う「メインランタン」には、高輝度で明るいLEDランタンが絶対的におすすめ。1,000ルーメン以上あるものなら、それ1つでメインランタンになりますし、調光機能が搭載されているものは、少し暗くすればテントランタンとして使うこともできます。夜中トイレに行くときにも持ち運べて便利です。

2つ目のランタンにはオイルランタンがおすすめ

オイルランタンとソーセージ

出典:PIXTA

LEDランタンを選んだ上で余裕があれば、もう1つ「オイルランタン」を用意するのが良いでしょう。テントサイトに暖かい雰囲気を出すことができ、燃焼時間も約7時間(灯油約340mL)と一晩であれば余裕で照らし続けられます。 ランタンの目安燃焼時間としては、1泊であれば7時間程度の燃焼時間、2泊なら10時間以上燃焼時間が必要だと考えておけば問題ないでしょう。
タイプ燃焼時間
LEDランタン・約15時間(アルカリ電池1本)
オイルランタン・約7時間(灯油約340mL)
ガソリンランタン・約7~14時間(ホワイトガソリン約600cc)
ガスランタン・約4~8時間(ガス缶約470g)
person icon

チキューギ.さん

LEDランタンとオイルランタンの2つを持っていく人が最も多いと思いますし、王道スタイルではないでしょうか。この2つがあれば何かあった時でも安心。また、ギアの手入れを楽しみたい、こだわりのアイテムを使いたい人には、ガスやガソリンランタンなどがおすすめです。

移動手段に適したタイプを選ぶ

ランタン

出典:PIXTA

自身のキャンプスタイルによってランタンを選ぶのも1つの手。例えば、できるだけ荷物を減らしたいソロキャンプであれば、携行性に優れたLEDランタンを持っていくのが良いです。 反対に、荷物をたくさん積めるクルマで行くキャンプの場合は、テントサイトに置いて雰囲気を出せるオイルランタンを2つ持っていくのも良いでしょう。
person icon

チキューギ.さん

徒歩や飛行機で行くキャンプの場合は、安全面を考慮して、燃料漏れの危険性があるガソリンやガスランタンは避けるのが良いでしょう。

迷ったらこれを選べ!プロが選ぶ大本命ランタン!

ここからは、監修者のチキューギ.さんが愛用しているランタンを紹介。その使用感や機能性を認めたお墨付きのモデルなので、迷ったときはこの中から選べば、納得して使えるランタンにきっと出会えるはず。

これさえあれば十分!イチ押しのLEDランタン

person icon

チキューギ.さん

業界初のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したLEDライトなので、とにかく電池持ちがいいのが魅力。一番少ない光量で、3日間点灯し続けることもできます。モバイルバッテリーとしても使え、アウトドアのみならず災害時にも役立つライトだと思います。

メンテナンスが簡単!おしゃれなガスランタン

person icon

チキューギ.さん

メンテナンスがほぼ必要ないのでめんどくさがりの僕でもずっと愛用しています!また、コンパクトなサイズのため持ち運びに便利。使いたい時にサッと取り出してすぐに使うことができます。

雰囲気づくりにうってつけなおしゃれな小型オイルランタン!

person icon

チキューギ.さん

なんと言っても、無骨な見た目が渋くていい。風に強いので、多少風がある日にもテント外で使用できるのも頼もしいですね。面倒なお手入れがほとんどなく、初心者でも気軽に扱えるのもポイント。テーブルランタンとしても、サイトを照らすランタンとしても使える万能なランタンです。

コールマンの良さが詰まったガソリンバーナー!

person icon

チキューギ.さん

僕は、このコールマンのバーナーを使用しています、メンテナンスや操作性なに手間がかからず、初心者でもとても使い勝手が非常に良いですし、ランタンとしても使うことができます。また、自分がガソリンランタンを買うとしても、歴史の長いコールマンですね。

LEDランタンおすすめ17選

安心安全に使えるLEDランタン。「まずは、1つ使えるランタンが欲しい」「メンテナンスが面倒」という人は、LEDランタンをチェックしてみましょう。大きさやデザインの幅が広いので、好みに合わせて選ぶのがおすすめです。
商品
商品リンク
タイプ
点灯時間
明るさ
電源・燃料
重さ
サイズ
LEDランタン約7〜350時間1,300ルーメン電池式(単1形アルカリ電池4本)1.22kg12.9×24.6cm
LEDランタン強で9時間最大2,200ルーメン充電式405g16×9×3.4cm
LEDランタン強で8.5時間250〜1,650ルーメン充電式700g‎11.5×8×3.5cm
LEDランタン最大25時間300~1000ルーメン電池式0.4kg9.5×8.8×18.4cm
LEDランタン70時間1000ルーメン電池式421g18.5×8.8×8.8cm
LEDランタン約3〜約400時間最大約800lm電池式(単1形アルカリ電池4本または8本)約1.2kg約14.5×23.5cm
l EDランタン-450ルーメン充電式295g8.4×8.4×7cm
LEDランタン-最大150ルーメン充電式77g<3.8×9.8×3.8cm
LEDランタン50時間450ルーメン充電式95g10.9×14.8×5.8cm
LEDランタン最大255時間1500ルーメン充電式196g8.4×8.4×7cm
LEDランタン最大40時間250ルーメン充電式130g直径7×5cm
もっと見る

ガスランタンおすすめ6選

ガスランタンは使い方がシンプル。燃料の補充や交換も簡単なため初心者でも扱いやすいです。メインで使うなら光量が多いもの、テーブルに置くならデザインや安定性をチェックしましょう。
商品
商品リンク
タイプ
点灯時間
明るさ
電源・燃料
重さ
サイズ
ガスランタン約28~38時間-OD缶約210g約7.3×6×18.3cm
ガスランタン約4~8時間(470g缶使用時200W相当ガソリン約1.3kg約直径14.5×26cm
ガスランタン1〜2時間(充填式専用タンク使用時)<-OD缶520g7.5×11.5×3cm
ガスランタン32時間(230g缶使用時)-OD缶155g4.6×4.6×15.6cm
ガスランタン35時間(220g缶使用時)-CB缶208g7.7×13.3×9.2cm
ソト(SOTO)
ガスランタン4.5時間(ST-760使用)-CB缶247g10×15×125cm

オイルランタンおすすめ7選

オイルランタンは、気温や環境に左右されにくく、炎の温かみが感じられるので冬のキャンプにもおすすめです。
商品
商品リンク
タイプ
点灯時間
明るさ
電源・燃料
重さ
サイズ
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)
オイルランタン約14時間-白灯油、ランタン用パラフィンオイル370g16×12×25cm
ヴァストランド(VASTLAND)
オイルランタン20時間-パラフィンオイル1kg直径17×29.5cm
オイルランタン10時間-パラフィンオイル370g‎8.4×19.4×7.5cm
オイルランタン20時間-白灯油(ケロシン)、パラフィンオイル、シトロネラオイル470g‎26.5×15cm
オイルランタン20時間-灯油、スターパラフィンオイル480g15×15×26cm
オイルランタン5時間-パラフィンオイル730g直径8.8×22.5cm

ガソリンランタンおすすめ3選

ガソリンランタンは、光量がほかのランタンよりも圧倒的に多く広範囲を照らしてくれるため、大人数でキャンプをする場合におすすめ。また、寒い場所でもしっかり燃焼してくれるため、冬のキャンプにもおすすめです。
商品
商品リンク
タイプ
点灯時間
明るさ
電源・燃料
重さ
サイズ
ガソリンランタン約7.5~15時間約200CP/人130W相当ホワイトガソリン約1.4kg直径約16×31cm
ガソリンランタン7時間861ルーメンホワイトガソリン、レギュラーガソリン約2.72kg40.8×36×17.2cm
ガソリンランタン約7〜14時間230W相当マントル約1.8kg‎約17.3×34.3cm

ハンガーやシェードとの併用でランタンをより使いやすく!

キャンプに慣れた人ほど上手に使っているのが、ランタンハンガーやシェードです。前者のハンガーは、これをタープポールに取り付けることでランタンを下げられるようになり、テントサイトをより広範囲に照らすことが可能に。 後者のシェードはランタンに通りつけて使用することで、まぶしさを和らげたり、シェード自体に施された模様や絵柄によって華やかさの演出にも役立ちます。

ランタンハンガー

ランタン

出典:PIXTA

ランタンハンガーは、キャンプでの明かり確保や作業の効率化に役立つ便利なアイテムです。ランタンをテーブルの上に置くと、どうしても全体を照らせず暗くなりがち。そこでランタンハンガーをポールに装着し、ランタンをつるすことでキャンプサイト全体を明るくしてくれます。 また、ランタン以外にも調理器具や服を掛けることもできるので、お手軽な収納術としても大活躍!

ランタンシェード

ランタン

出典:PIXTA

ランタンシェードは、ランタンの周りに取り付けるカバーであり、光の範囲を広げる役割を果たします。ランタンの明るさを最大限に引き出し、光をより効果的に利用することができます。さまざまな素材やデザインでつくられており、金属製のシェードは頑丈で耐久性に優れ、ガラス製のシェードは美しさを際立たせます。 さらに、シェードには模様や絵柄が施されることもあり、ランタンから放たれる光をより華やかに演出します。ただ、ランタンの種類によって取り付け可能なシェードが限られるため、ランタンのブランドをよく確認してから購入しましょう。

アウトドア専門店のプロスタッフに聞いた!ランタンに関するお悩み解決

ここまで、キャンプの達人であるチキューギ.さんに、失敗しないランタンの選び方や愛用アイテムを紹介しました。 ここからは、ランタンに関して気になるあれこれに、アウトドア専門店「エルブレス」のスタッフ・柴田さんに答えてもらいました。正しい知識を持って、普段からランタンを販売している柴田さんだからこそ教えられることが沢山。ぜひ、キャンプの際に参考にしてください!

ランタンの光に虫が寄ってくるけど対処法はあるの?

person icon

L-Breath名古屋みなと店 柴田優

ランタンをアンバー化(アンバー※にしたグローブを装着すること)したり、モスキートランタンを使ったりすると、光の波長の関係から虫が寄ってきにくい傾向があります。虫よけを周辺に置くことも一つの手ですね。
※アンバー=研究所などで使用される防虫光学用品に使用されるカラー。アンバーグローブは防虫作用を示す波長のため一般的な暖色光より濃い色です。約500nm以下の光波長を強力にブロックすることで、走行性のある虫の飛来を防止します。

防災用に最も適したタイプはどれ?

person icon

L-Breath名古屋みなと店 柴田優

災害時はそもそも充電できなかったり、充電スペースを長時間利用することが難しかったりするので、電池の交換のみですぐに使用できる電池式のLEDランタンが最適です。中でもコールマンの「クアッドマルチパネルランタン」ですね。パネルを外して懐中電灯としても使えますし、スマホなどへの給電も可能です。

オイルランタンの残った燃料はどう処理すればいいの?

person icon

L-Breath名古屋みなと店 柴田優

残量が多い場合は、専用の燃料抜き取りポンプなどを使って別容器に入れます。しかし、使用頻度が高く、燃料の残りが多くないのであれば、あまり心配する必要はありません。

こだわりのランタンで、キャンプの夜をもっと楽しく自分らしく!

リビングの印象や過ごしやすさが照明によってガラリと変わるように、テントサイトの夜の雰囲気や快適さも使うランタンによって大きく変わるので、選ぶ楽しさはひとしおです。 ミニマル志向のソロキャンプ以外では、最低でもテント用と外用の2つのランタンを使うスタイルが多数派。テントは小型のLEDランタン、外では雰囲気よく使えるクラシカルなオイルランタンというように、自分流の組み合わせにこだわるのも一興です。

今回紹介したアイテム

商品画像SYRIDE B.F.Fスノーピーク リトルランプ ノクターンFEUERHAND(フュアーハンド) ベイビースペシャル276 ジンクColeman(コールマン) スポーツスター(R)IIジェントス エクスプローラー EX-1300DPrism(プリズム) 充電式モバイルLEDランタンWAQ(ワック) LEDランタン 2 暖色 電球色 昼光色 USB充電式Lighting EVER LED ランタンN-FORCE(エヌフォース) LEDランタン LS-10コールマン クアッド(TM)マルチパネルランタンBeszing ledランタン 光色・輝度記憶搭載 3色切替Soomloom 充電式2wayLEDランタン150LM CONYM 三脚付きランタンLepro ランタン USB充電式 レトロ LEDランタンコールマン(Coleman) ランタン ハンギングEライト LEDキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アンティーク暖色LEDランタンTietech LEDランタン 充電式 ベランピング キャンドルMozambique(モザンビーク) LEDランタン キャンプランタン三金商事 ランタン LEDランタンSuperway LEDランタンルーメナー ルーメナー2コールマン ルミエールランタンコールマン 2500 ノーススター(R)LPガスランタンCAMPING MOON(キャンピングムーン) ガスキャンドル ランタンキャプテンスタッグ キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19FORE WINDS(フォアウィンズ) マイクロ・キャンプ・ランタン FW-ML01 ブタンSOTO ST-260キャプテンスタッグ CS オイルランタン<中>ヴァストランド(VASTLAND) ランタン MFUTUREFOX RailroadThous Winds オイルランタンDIETZ(デイツ) ハリケーンランタンFEUERHAND(フュアーハンド) ベイビースペシャル 276JD Burford(ジェイディーバーフォード) マイナーズランプコールマン ワンマントルランタンコールマン プレミアム ダブルフューエル ランタンコールマン ノーススター(R) チューブマントルランタンスノーピーク ランタンハンガー LT-006RThous Winds レイルロード ランタンシェードコールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタンコールマン 残ガソリン抜き取りポンプ
商品名SYRIDE B.F.Fスノーピーク リトルランプ ノクターンFEUERHAND(フュアーハンド) ベイビースペシャル276 ジンクColeman(コールマン) スポーツスター(R)IIジェントス エクスプローラー EX-1300DPrism(プリズム) 充電式モバイルLEDランタンWAQ(ワック) LEDランタン 2 暖色 電球色 昼光色 USB充電式Lighting EVER LED ランタンN-FORCE(エヌフォース) LEDランタン LS-10コールマン クアッド(TM)マルチパネルランタンBeszing ledランタン 光色・輝度記憶搭載 3色切替Soomloom 充電式2wayLEDランタン150LM CONYM 三脚付きランタンLepro ランタン USB充電式 レトロ LEDランタンコールマン(Coleman) ランタン ハンギングEライト LEDキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アンティーク暖色LEDランタンTietech LEDランタン 充電式 ベランピング キャンドルMozambique(モザンビーク) LEDランタン キャンプランタン三金商事 ランタン LEDランタンSuperway LEDランタンルーメナー ルーメナー2コールマン ルミエールランタンコールマン 2500 ノーススター(R)LPガスランタンCAMPING MOON(キャンピングムーン) ガスキャンドル ランタンキャプテンスタッグ キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19FORE WINDS(フォアウィンズ) マイクロ・キャンプ・ランタン FW-ML01 ブタンSOTO ST-260キャプテンスタッグ CS オイルランタン<中>ヴァストランド(VASTLAND) ランタン MFUTUREFOX RailroadThous Winds オイルランタンDIETZ(デイツ) ハリケーンランタンFEUERHAND(フュアーハンド) ベイビースペシャル 276JD Burford(ジェイディーバーフォード) マイナーズランプコールマン ワンマントルランタンコールマン プレミアム ダブルフューエル ランタンコールマン ノーススター(R) チューブマントルランタンスノーピーク ランタンハンガー LT-006RThous Winds レイルロード ランタンシェードコールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタンコールマン 残ガソリン抜き取りポンプ
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事