hinata

>

キャンプ

>

ランタン

>

【2017最新】ランタンのシーン別選び方とおすすめ41選!キャンプにランタンは3つ必要!

【2017最新】ランタンのシーン別選び方とおすすめ41選!キャンプにランタンは3つ必要!

 キャンプ

キャンプにおけるランタン使用例

出典:MIKI Yoshihito / flickr

ランタンは、キャンプの夜を盛り上げる必須アイテム!でも、ランタンが1つあれば大丈夫だと思っていませんか?今回は、初心者にもわかりやすく、キャンプに必要なランタンを3種類に分けておすすめをご紹介。自分のキャンプスタイルに合ったぴったりのランタンがあるはず!


 目次


覚えておきたい基礎知識1. LEDランタンは初心者でも扱いやすい♪

   

やけどなどの危険性の少ないLEDランタンは、小さい子ども連れの方などにおすすめのタイプ。基本的には、ボタンを押すかつまみを回せば灯りがつくので、自宅のライトと同様に、特別な知識も必要なく使用ができます!全体的に光量の小さいものが多いので、サブとして使用するものが多いです。豊富な種類のLEDランタンがありますが、おすすめのタイプをご紹介します。

その他のLEDランタンも気になるという方はこちらの記事も合わせてチェック☆

覚えておきたい基礎知識2. ガスランタンは大光量!

ランタンスタンドに吊るされたランタン    

出典:photo-ac.com

ガスランタンは、燃料がガスになったことで、比較的大光量なものが多いのが特徴。

その他のガスランタンも気になるという方はこちらの記事も合わせてチェック☆

覚えておきたい基礎知識3. コールマンのランタンが人気なワケとは

ガソリンランタンを使用している様子    

ランタンの中で人気のアウトドアブランドといえば、やっぱりコールマン。1800年代後半から続く歴史のあるメーカーで、もともとランプを扱う企業だったこともあり、ランタンの品質は確か。LEDランタン、ガスランタン、ガソリンランタンとバランス良くラインナップされており、毎年色が変わる数量限定のシーズンズランタンが有名です。

そんなコールマンのおすすめランタンをご紹介します。

コールマンのランタンについて、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてチェック☆

快適なキャンプに、必要なランタンは3つ!?

川辺に置かれたランタン    

出典:スノーピーク

キャンプ場に足を踏み入れれば、そこにはありのままの自然が広がっています。日が暮れればあたりは真っ暗。町や家のようにどんな場所でも明かりがあるわけではありません。そんな自然のキャンプ場でも快適な光を使えるようにと、キャンプ場に適した形にデザインされた物がランタンなんです!

夜のキャンプ場でテーブルの上に置かれたランタン    

出典:スノーピーク

快適な光を届けるだけがランタンの役割ではありません。ガソリンランタンガスランタンLEDランタン、それぞれのランタンの独特の明かりが、日常では味わえない空間をキャンプ場に作り出します。私たちに光の大切さを教えてくれ、安らぎを与えてくれます。ランタンは夜のキャンプ場に、最高の雰囲気を作り出すムードメーカーです!さあ、ランタンを持ってキャンプに行きましょう♪

ランタンの燃料別の特徴はこちらの記事をお読みください!

今回は4人家族を設定してランタンの選び方をご紹介します!
一口にランタンといっても種類は様々。明るさ、燃料、デザインも多種多様。どれを選んでいいか、正直迷ってしまいますよね。4人でキャンプする場合は一般的にテントとタープを1つずつ使用します。そう考えると、ランタンは次のように3種類用意するのがベストです!

1. サイトの横に吊るすメインランタン
2. テーブルの上に置くテーブルランタン
3. テントの中に吊るす(置く)テントランタン

それぞれ役割が異なるので、選び方には注意しましょう!
大きな違いは光量で、メインランタン>テーブルランタン>テントランタンとなっています。

メインランタンの設置例    

出典:スノーピーク

なぜランタンは3つ使うのがベストなのでしょうか。タープ内のテーブルにしかランタンがない場合を想定してみましょう!

4人家族ですので、全員が同時に同じ動きをするとは限りません。座ってゆっくりする人もいたり、トイレに行く人もいたり、テント内に荷物を取りに行く人もいたり。誰かがランタンを持ち運んでしまったら、ほかの人が不便になっていしまいます。携帯電話の明かりでは、光量が足りないかもしれません。必ず3つのランタンが必要というわけではありませんが、みんなが快適に居心地よく過ごすために3個使うことをおすすめします♪

木に吊るされているメインランタン    

出典:ペトロマックス

ソロキャンプなど、人数が少ないキャンプの場合は1つか2つでも十分です!光量の大きいランタンをメインランタンとテーブルランタンとして共用して、光量の小さいものをテントランタンするのがよいでしょう。

具体的に使い分けご説明します!

3種類のランタンの選び方

<メインランタン>夜のキャンプの顔を選ぼう!

テントサイトにおけるメインランタンの使用例    

出典:コールマン

メインランタンはテントサイトの顔といってもいいでしょう。これ一つでテントサイトの雰囲気がガラッと変わります。明るく快適なサイトが好みだったり、雰囲気を味わうために少し明るさを落としたサイトにしたりと、キャンパーの個性が出るポイントです♪外から見た時に自分のテントサイトを見分けるのもメインランタンの役割です。

テントに侵入する危険性のある虫    

出典:Sotaro OMURA / flickr

メインランタンには、超重要な役割がもう一つあります。それはテント内やタープ内への虫の侵入を防ぐ効果です!アウトドアの最大の悩みの一つが虫です。これからのキャンプシーズン、同時に虫にも悩まされる季節となります。そこで活躍するのがメインランタン。一番明るいメインランタンは、その明るさで周囲の虫を一手に引き付けてくれます。少し高めの位置に吊り下げれば、私たちが活動するリビング周辺にくる虫はぐんと少なくなるでしょう!虫嫌いの方も安心して過ごすことができます♪

<テーブルランタン>テーブルの主役を選ぶ!

光量の多いテーブルランタン    

出典:MIKI Yoshihito / flickr

キャンプで時間を過ごすことが多いリビング。夕食を囲んだり、みんなで談笑したりとキャンプの中心になります。そこで私たちを包み込んでくれる明かりはもちろん欠かせません。テーブルランタンは、普段は味わうことができない特別なリビング空間を作り出します♪

光量の少ないテーブルランタン    

出典:スノーピーク

4人家族のキャンプでは、テーブル全体を照らしてくれる光量のものを選びましょう。調理などの作業をする際にも、光量が大きければ手元を明るく照らしてくれるので便利です。ただし明るすぎると食事の際にまぶしかったり、虫が寄ってきたりする原因にもなるので注意が必要です!状況に応じて明るさを変えることができるランタンを選ぶのもよいと思います♪

少人数のキャンプの場合、比較的光量が少ないランタンでも十分です。キャンドルランタンなどの、雰囲気を重視したものを選んで、リッチなディナータイムを楽しむのもよいでしょう♪

<テントランタン>快適な寝室を作るランタンを選ぶ!

家の寝室にも照明があるように、テントにも照明は欠かせません。夜に荷物を出し入れするのには、テントランタンの明かりが頼りになります。

テント内に吊るされたテントランタン    

出典:UCO

テントランタンを選ぶときの重要なポイントは、ランタンの種類です!テント内で使用するときは、ガソリンやガスなどの燃料系のランタンはNG。火事や一酸化炭素中毒の危険があるので初心者はテント内で絶対使わないようにましょう!電池式のLEDランタンや蛍光灯ランタンがベストです。最近は長持ちして明るいLEDランタンが人気です♪

テントランタンを利用して絵本を読む親子    

出典:スノーピーク

またテントランタンは明るすぎず、落ち着いた光のものがよいでしょう。子供と夜テントで過ごすこともあるでしょう。心地よい明かりが、昼間遊びまわって疲れた子供たちを、自然と快適な眠りに導いてくれます。暗い明かりも時には重要なんです♪

【大光量】メインランタンおすすめ9選

ガスやガソリンなどの燃焼系のランタンは比較的光量が多いのが特徴です。メインランタンに向いているものも多くなっています。

【おしゃれ】テーブルランタンおすすめ10選

サイトの中心の雰囲気を決めるテーブルランタンは、見た目のおしゃれなものをチョイス!

【優しい光】テントランタンおすすめ13選

居心地の良い寝室を作るLEDランタンです。

もっと色々なLEDランタンを見たい!という方はこちらの記事をどうぞ♪

おすすめランタンスタンドも要チェック!

メインランタンは、上から照らすようにしなければ、体感の明るさが半減してしまいます。そんなときに活躍するのがランタンスタンド!一口にランタンスタンドといってもさまざまな種類がありますし、自作してしまう人もいるほどなんです!!

その他のランタンスタンドについても知りたい人は、下記の記事をチェック!

マントルや電池などの付属品の準備も忘れずに!

マントルに着火している様子    

実際に使用する際に忘れがちなのが、付属品などの準備!特にマントルは要注意が必要です。カラヤキ後のマントルは非常にもろくなっているので、必ず1つは予備を持っていくようにしましょう!また、電池式の場合も残量を知ることが難しいので、必ず必要な量の電池を予備として、持参するようにしましょう。

ガソリンランタンの使い方が分からないという人はこちらの記事をチェック!

まとめ

ランタンを使用しているキャンプの様子    

出典:スノーピーク

みなさんいかがでしたでか?キャンプの夜を存分に楽しむためのムードメーカー、ランタン。シーンや人数に合わせたベストなランタンを選ぶことが重要です!自分の持っているアイテムや普段のキャンプを想像して、ランタンを選んでみてはいかかでしょう♪


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪