キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

コールマンルミエールランタンとスノーピークノクターンを実際に比較してみた!

リトルランプ ノクターンとルミエールランタン

スノーピークの「リトルランプノクターン」とコールマンの「ルミエールランタン」は、大人気のガスランタン!どちらを購入するか迷っている方は多いのではないでしょうか?今回は2つランタンを使用し、さまざまな角度から比較検証します。

入荷待ち続出!ノクターンとルミエールランタンを紹介

ガスランタン

出典:Amazon

ゆらゆらと揺れる炎で、他のランタンにはない素敵な雰囲気を演出してくれるリトルランプノクターンとルミエールランタン。発売当初はすぐ売り切れて、入荷待ちの人が続出した人気アイテムです。 どちらも魅力的で選べない方のために、実物の商品を使ってデザイン、サイズ、明るさをさまざまな角度から徹底検証します。

リトルランプノクターンとルミエールランタンを実物を使って徹底比較!

デザイン・サイズ・明るさ・燃焼時間・収納と、さまざまな角度から、実物を使って2つのランタンを徹底的に比較します!

デザイン

リトルランプノクターンは小さめの円柱型で、バーナーの先と器具栓つまみの根元以外はシルバーで統一されています。 器具栓つまみはワイヤータイプで、ガス調節ねじはなく、ランプを左右に回すことで火の大きさを調節するなど、無駄のないシンプルなデザイン。全体的にスタイリッシュに仕上がっています!
ルミエールランタンは少し大きめで、先端にかけて細くなっている曲線を取り入れたデザイン。ゴールドに統一された根元部分とかけ合わさり、アンティークランプ調のレトロな仕上がりです!

サイズ

リトルランプ ノクターンとルミエールランタン
サイズは写真の通り、ガス缶の大きさの違いもありますが、並べてみると写真右側のルミエールランプの方がかなり大きく感じます。 コンパクトさを求めるなら写真左側のリトルランプノクターンです!ルミエールランプもテーブルランプとして、ほどよい大きさなので、お使いのテーブルの大きさを考えて選びましょう。
リトルランプ ノクターンとルミエールランタンのランプ
写真はランプ部分だけを比べた場合のものです。(リトルランプノクターンは限定モデル)見た目も、写真右側(ルミエールランプ)が写真左側(リトルランプノクターン)の約2倍の大きさです。 リトルランプノクターン
  • 大きさ:4.2cm×4.0cm×10.5cm
  • 重量:102g
ルミエールランタン
  • 大きさ:7.3cm×6.0cm×18.3cm
  • 重量:210g

最大の明るさ

リトルランプ ノクターンとルミエールランタンの着火時
どちらのランプもメインランプほどの光量はありませんが、テーブルランプとしては十分な明るさを発揮します!写真はどちらも明るさを最大にしたもので、ルミエールランプの方が大きいため少し明るく感じますが、明るさはほぼ同じです。 2つとも炎のゆらめきを楽しむランタンです。実際に炎をつけて感じたことは、ルミエールランタンの方が最大にした際に炎がかなり大きく揺れる点!炎のゆらめきにこだわりがある方にとっては、重要なポイントです。

使い方・調整のしやすさ

リトルランプ ノクターンのガス量を最小にした様子
リトルランプ ノクターンのガス量を最大にした様子
リトルランプノクターンで、ガスの量を上が最小、下が最大にした際の写真です。リトルランプノクターンは比較的振れ幅は小さめです! ちなみに、右のつまみは点火用のつまみで、ここを回しても火力は調整できません。火力調整ダイヤルを回すことで火の調整ができるのでご注意を!
ルミエールランタンのガス量を最小にした様子
ルミエールランタンのガス量を最大にした様子
ルミエールランタンは最小にした際と、最大にした際の明るさが大きく異なります!写真を見て分かるように、横への振れ幅の大きさはかなり大きいです。残念ながら写真からは伝わりにくいですが、最大にした際の炎はランプを少しはみ出るほど大きくなります。

燃焼時間

炎が揺らめくルミエールランタン
燃焼時間もほとんど変わりません!公式HPによるとリトルランプ ノクターンは220gのガス缶を利用で約35時間、ルミエールランタンは230gのガス缶を利用で約28~38時間とほとんど同じです。 スノーピークによるとリトルランプ ノクターンは、ガスカートリッジの種類は関係なくガスの消費量が1時間にわずか7g。ガスの消費量がわずかなので、ガスの残量が少なくなったガス缶も使えて効率的です。

収納方法

リトルランプ ノクターンとルミエールランタンの収納
こちらは収納時の写真で、左がリトルランプノクターン・右がルミエールランタン。見ての通り収納サイズも、リトルランプノクターンの方がかなりコンパクトです。
リトルランプ ノクターンの収納ケース
リトルランプ ノクターンの収納ケースはこんな感じ!このようにランプが小さいのでコンパクトに収納できます。 ふたの内側と容器の底にはスポンジが付いていて、持ち運びの際の揺れや衝撃に耐えられる安全な作りになっています。
ルミエールランタンの収納ケース
こちらはルミエールランタンの収納ケース。プラスチックケースの中はランタンの形に沿ってくぼみになっていて、ランタンがぴったりとはまります! ケースの中ではガタつきが全くないので、多少の衝撃には耐えられる便利なケースです!

価格

気になる価格を比較してみましょう。
  • リトルランプノクターン…4,950円(税込)
  • ルミエールランタン…5,980円(税込)
1,000円ほど違いはありますが、どちらも手に入れやすい価格帯です。

リトルランプ ノクターンとルミエールランタンのラインナップ

商品名スノーピーク リトルランプ ノクターンコールマン ルミエールランタン
画像スノーピーク リトルランプ ノクターンコールマン ルミエールランタン
サイズ4.2×4.0×10.5(h)cm7.3×6.0×18.3(h)cm
燃焼時間約35時間約28〜38時間
価格4,950円5,980円

雰囲気を重視したい方必見!おすすめのアレンジアイテムを紹介

ここからはルミエールランタンとノクターンで使用できるガス缶用のカバーとグローブ(ランタンのガラス部分)をおしゃれにカスタマイズできるアイテムを紹介します。 おしゃれにアレンジしてお気に入りのランタンにしましょう!

ガス缶用カバーを紹介

キャンプのインテリアに合わせてカバーも変えてみるのも、キャンプでの楽しみにつながります。ぜひチェックしてみましょう。
商品名Jeebel Camp OD缶カバーJeebel Camp CB/OD缶レザーカバーOneV FT ガス缶カバー
画像Jeebel Camp OD缶カバーJeebel Camp CB/OD缶レザーカバーOneV FT ガス缶カバー
サイズバリエーションOD缶250サイズCB/OD缶CB/OD缶

グローブ部分もアレンジできる!

グローブ部分もアレンジできます!キャンプをおしゃれに演出してみましょう。グローブ部分もアレンジすれば、何通りもレイアウトを楽しめます。

リトルランプノクターンとルミエールランタンで暗闇を照らそう

「リトルランプノクターン」も「ルミエールランタン」も、どちらも最高の雰囲気を演出してくれる、とっても手軽で便利なアイテムです。どちらを選ぶかは、あなたの好みやこだわり次第!ぜひ手に入れて、より一層おしゃれにキャンプを楽しみましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像スノーピーク リトルランプ ノクターンコールマン ルミエールランタンJeebel Camp OD缶カバーJeebel Camp CB/OD缶レザーカバーOneV FT ガス缶カバーJeebel Camp ガスランタングローブ つや消しパターン-A-4Jeebel Camp ガスランタングローブ こはくのキノコ-A-10Jeebel Camp ガスランタングローブ 花火ビッグボール-B-11
商品名スノーピーク リトルランプ ノクターンコールマン ルミエールランタンJeebel Camp OD缶カバーJeebel Camp CB/OD缶レザーカバーOneV FT ガス缶カバーJeebel Camp ガスランタングローブ つや消しパターン-A-4Jeebel Camp ガスランタングローブ こはくのキノコ-A-10Jeebel Camp ガスランタングローブ 花火ビッグボール-B-11
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事