キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

寝袋マットの正しい選び方は?寝心地の良いおすすめマット15選

シュラフに入ってホットドリンクを飲む人

出典:zhukovvvlad / ゲッティイメージズ

テント泊に欠かせない寝袋。下に寝袋マットを敷くことで、地面の凹凸を和らげ、地面からの熱気や冷気を遮断してくれます。今回は、寝袋マットの選び方と寝心地が良いおすすめの寝袋マットを紹介!商品ごとの特徴をチェックして、キャンプや登山、シーンにあった寝袋マットを選びましょう。

室内でも寝袋のマットは必要?

そもそも、寝袋マットはなぜ必要なのでしょうか?確かにアウトドアでも、寝袋だけでも寝れます。しかし、寝袋マットを利用している方はたくさんいます。

地面の凹凸を和らげる

キャンプ場には芝生が綺麗に整備された綺麗な場所がありますが、中には石や砂利が散乱しているようなところもあります。マットを敷かずに寝袋単体で使用すると、地面の凹凸が気になります。 マットを敷かずに長時間横になっていると身体を痛めてよく寝付けないなんてことも!快適なテント泊のために寝袋の下にマットを設置しましょう!

地面からの冷気を遮断するため

特に冬や登山でのキャンプで重要になってくるのが、地面からの冷気を遮断すること。マットがあることで、地面からの冷気を遮断(身体からの熱が地面に逃げるのを防止)できます。少し冷える春先や秋口、冬、登山など標高が高く、冷えやすい場所に必須の効果です。

寝袋のマットの選び方

寝袋マットはどんなポイントに注目して選べばいいのか!ここでは、寝袋マットの選び方を解説します。

寝袋マットの種類【クローズドセル】

EVAフォームタイプのシュラフマット

出典:amazon.co.jp

クローズドセルタイプは、断熱発泡素材をそのままマットにしたもので銀マットと言われています。素材はウレタンとEVA。
  1. 収納サイズ・軽さ クローズドセルタイプは折りたたんだり、丸めたりして収納しますが、基本的にかさばりがち。軽い素材でできているため、大きさの割に軽いです。スペースに問題がないのであれば、使い勝手は抜群。
  2. 利便性 畳んであるマットを広げて敷き、畳んで片付けるだけなので、準備と撤収はとても簡単です!
  3. 耐久力 ここがクローズドセルの一番いいところです。他の2種類とは異なり、穴が空いてマットとして使えないことはありません!長期間使用する場合やマットがなくなると困るような環境では耐久力があります。
  4. 断熱力 断熱力はどちらかというと夏向けです。冬のような、寒さをしのぐ必要がある場合はある程度の断熱力が必要となるので、銀マットはあまりおすすめできません。EVA素材でできているものはエアマットと同じ断熱力を備えています。
  5. 寝心地 固めの方が寝やすいという方にぴったり!固さを減らし快適さを増したいのなら、ウレタン素材のクローズドセルがおすすめです!
  6. 値段 値段はだいたい1,000円から5,000円で、他の2種に比べると安めです。

寝袋マットの種類【エアマット】

エアマットタイプのシュラフマット

出典:amazon.co.jp

空気で膨らますマットです。
  1. 収納サイズ・軽さ 収納サイズは小さく、軽いです。持ち運びには大変便利で、登山の方やキャンプツーリングの方、荷物を軽く減らしたい方にうれしいポイント。
  2. 利便性 利便さは低めです。使うときには空気を入れて、片付けるときには空気を抜くだけなので、空気を入れる器具があれば簡単に済みますが、その分荷物が増えることも忘れてはいけません。空気を抜くのにも少々時間がかかります。
  3. 耐久力 ここがエアーマットの最大の弱点です。穴が空いてしまうと空気が漏れ、使えなくなってしまいます。一晩はしっかり空気を保ってくれますが、2日目以降は空気を入れ直しましょう。
  4. 断熱力 商品によって異なりますが、クローズドセルより高い場合が多いです。しかし、先に述べたクローズドセルタイプと同じくらいか、むしろクローズドセルタイプの方が断熱力が高いものもあります。
  5. 寝心地 厚みがあるものが多いので寝心地はよく、調整も可能。あくまで空気を入れて膨らましているので、ベッドのような感覚とは異なります。
  6. 値段 クローズドセルに比べると、高くなります。だいたい10,000円から15,000円といったところ。

寝袋マットの種類【インフレータマット】

インフレータマットタイプのシュラフマット

出典:amazon.co.jp

バルブを開けると勝手に空気を吸って膨張するタイ。使い終わったら、空気を抜いて収納するので、コンパクトにまとまります。簡潔に言ってしまうと、クローズドセルタイプとエアマットのいいところを集めたようなマットです!
  1. 収納サイズ・軽さ エアマットと同様にコンパクトに収まります。スポンジが入っている分だけ多少かさばりがち。軽さはエアマットとほぼ同じです。
  2. 利便性 敷く時はエアマットに比べると、スポンジが勝手に空気を吸ってくれる分楽!片付ける時はエアマットと同様空気を抜きながらの撤収となるので、クローズドセルタイプと比較すると手間がかかります。
  3. 耐久力 耐久力もエアマットに比べると高い水準を持っています。すぐに使えなくなるかもしれないというリスクは低いです。
  4. 断熱力 エアマットと同じく、空気の層で地面からの冷気をブロックするので、断熱力が高いです。冬や寒い環境では最適!
  5. 寝心地 エアマットと同様に寝心地がいいです!スポンジが入っている分エアマットよりもいいです。
  6. 値段 エアマット同様10,000円から15,000円ほどです。

サイズ・長さをしっかりチェック!

その他にも選ぶ際に気にしておきたい基準が、形状と長さ。形状には、簡単に分けると長方形の幅が広めのものと、角を切り落とした軽さやコンパクトさに秀でたものとあります。長さは体型や用途にあったものを選びましょう。長さを豊富に用意してくれているメーカーがたくさんあります。

大事なコンパクト性

キャンプへ行く手段によっては、特に大事なのがコンパクトさ。バイクでのツーリンキャンプや登山に持って行く寝袋のマットを選ぶとき重視です。最もコンパクトなのはエアマットタイプ!キャンプ用品の中でも、寝袋やマットはコンパクト性に差がでやすいです。

クローズドセルおすすめ寝袋マット5選

シンプルかつ使い勝手がいい銀マットを紹介します。初めてキャンプ用マットを購入する方におすすめです。

エアマットおすすめ寝袋マット5選

クッション性に優れており、寝心地の良さを重視したエアーマットを紹介!ソロだけでなく、2人で寝られるダブルサイズもあります。

インフレーターおすすめ寝袋マット5選

軽量かつコンパクトに持ち運べるインフレーター式のマットを紹介します。キャンプだけでなく登山にもぴったり!

キャンプマットを正しく使用して快適な睡眠を!

今回は、寝袋マットの選び方と寝心地が良いおすすめの寝袋マットを紹介しました。今回の記事を参考にして、暖かくて寝心地がよく、用途にあったマットを選んでアウトドアライフを豊かにしてみましょう。 ▼キャンプマットをもっとみたい方はこちらの記事をチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像サーマレスト リッジレスト ソーライトサーマレスト マット Zライト ソルキャプテンスタッグ シルバーキャンピングジャバラマットキャプテンスタッグ キャンプ用マット モザンビーク キャンプ マットサーマレスト ネオエアー ベンチャーコールマン テントエアーマット270ロゴス エアウェーブマットアイリスオーヤマ エアーベッドFIELDOOR ウルトラライト エアーマットロゴス セルフインフレートマットモンベル U.L.コンフォートシステム アルパインパッド180サーマレスト プロライトプラス レギュラーWAQ 車中泊マットNaturehike エアーマット
商品名サーマレスト リッジレスト ソーライトサーマレスト マット Zライト ソルキャプテンスタッグ シルバーキャンピングジャバラマットキャプテンスタッグ キャンプ用マット モザンビーク キャンプ マットサーマレスト ネオエアー ベンチャーコールマン テントエアーマット270ロゴス エアウェーブマットアイリスオーヤマ エアーベッドFIELDOOR ウルトラライト エアーマットロゴス セルフインフレートマットモンベル U.L.コンフォートシステム アルパインパッド180サーマレスト プロライトプラス レギュラーWAQ 車中泊マットNaturehike エアーマット
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事