キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプマット・インナーマットおすすめ26選!ワークマンやニトリも

マット

出典:PIXTA

キャンプの夜に欠かせない「キャンプマット」。多くのブランドからさまざまなタイプが登場していますが、「選ぶのが難しい」と感じている人も多いはずです。そこで今回は、編集部厳選のファミリー向けやおしゃれなデザインのアイテムを紹介。話題のワークマンやニトリで買えるキャンプマットに加え、インナーマットとの違いも解説します。

キャンプマットとは?

キャンプマット(テントマット・インフレーターマット)は、テント内などで寝袋の下に敷いて使う寝具です。ウレタンなどの素材が用いられることが多く、空気を含むことで布団のような柔らかな寝心地を確保できるギア。地面の凸凹などに悩まされることなく快適な時間を過ごせます。

キャンプマットの魅力

ソロからファミリーまで幅広い層に人気がある理由とは?ここでは、キャンプマットの魅力を解説します。

【魅力1】地面の凹凸による不快感を軽減

マット

出典:Amazon

地面が砂利や石などでゴツゴツしていて寝付けない!グランドシートだけでは体が痛い!そんなテント泊の悩みを解決するのがキャンプマット。地面の凹凸を吸収して快適な寝心地を確保してくれる、有能なアイテムです。 寝転んだり荷物を置いたりした際に重みでテントのフロアシートが破れてしまう。そんな不具合を防ぐ点でもマットは重要な役割を果たします!

断熱効果が抜群!

キャンプマットで

出典:楽天

キャンプマットは「断熱」効果が期待できるのも、うれしい特徴の一つ。特に冬は地面から伝わる冷えが気になるもの。キャンプマットを使うと、断熱効果のおかげでそんな不快も解消できます。

インナーマットとの違いは?

マット
テント内に敷くアイテムには、キャンプマットの他に「インナーマット」も親しまれています。ここでは、その違いをチェックしてみましょう。
  • キャンプマット…自分が寝るスペースに敷くマット
  • インナーマット…テント全体に敷くマット
ファミリーやグループでキャンプしたい人にはインナーマットがおすすめです。

キャンプマット選びのチェックポイント

キャンプマットを選ぶ時にはどのような点に注目すれば良いのか、これからキャンプマットを購入する人に向けて選ぶ際のチェックポイントを紹介します。

マットの「サイズ」

キャンプマットには、シングルやダブルなど、さまざまなサイズの品がラインナップされています。用途やシーンに合わせて適正なサイズのキャンプマットを選ぶのがおすすめ。体より一回り大きいものを選ぶと、寝返りを打ちやすく快適な睡眠を実現できます。 シングル190×65×8cm程度。縦は大きいものでは200cmを超えるものもあります!ソロキャンプや登山、ツーリングキャンプ向き。 ダブル200×135×10cm程度。横がシングルの2倍近くあり、ファミリーやグループキャンプ向き。モデルによって厚さが異なるのでチェックしましょう。

マットの「種類」

キャンプマットの種類は大きく分けて4つ。
  • 銀マット…軽量で丸めて収納しやすいのが特徴の一つ。春や秋などの涼しい季節におすすめです。
  • ウレタンマット…コンパクトに折りたためるモデルも多く、登山などにもれうしい携行性の良さもポイント。
  • エアマット…クッション性の高さも人気の秘密。空気を入れるだけで使用できるので、設置・撤去が簡単!
  • インフレーターマット…自動で空気が入るため設置撤去が簡単なキャンプマット。

マットの「厚さ」

キャンプマットを選ぶ際は硬さや弾力性、生地感に加えて、「厚み」をチェックすることも重要です。基本的には厚みが4〜5cm以上のものがおすすめ。コンパクトにまとめたい場合はそれ以下、寝心地を重視する場合はそれ以上で選ぶと失敗が少ないはずです。 仰向けだったり寝返りをうったりと、就寝時はさまざまな角度で体に負荷がかかります。また、キャンプ場は地面の思わぬところに石があったり、傾斜があることも。十分な厚みを確保したキャンプマットを使うことで、これらのストレスを和らげることが可能です。

マットの「機能性」

<断熱性> 断熱性は熱抵抗値Rで表され、数字が大きくなればなるほど断熱性に優れています。厚い素材はR値が高く断熱性に優れているので、なるべく素材が厚くR値が高いマットを選ぶようにしましょう! <防水性> 防水性もマットを選ぶ上で重要な項目です。急な雨や飲み物で濡らしてしまうこともあるはず。マットに染み込むと、蒸れたり冷えたりしてなかなか寝つけません。 そんな時でも防水性の高いマットなら、快適性をキープできるはず。PVC加工やTPUコーティングなどで防水性が高められているので、購入時に防水加工をチェックするのもおすすめです。

キャンプマットおすすめ18選

ここからは、編集部が厳選したおすすめのキャンプマットを紹介します。さまざまなモデルを選んだので、きっと自分にぴったりなキャンプマットが見つかるはず。野外でも快適に寝れるように気になるものをチェックしてみましょう。

シングルマット

ダブルマット

インナーマットおすすめ8選

次に、テント内でより快適に過ごすための「インナーマット」の選び方を解説します。基本的に使用しているフロアシートを覆えるサイズを選ぶのがおすすめ。ここでは、よく利用される270サイズと300サイズを紹介していきます。

ニトリでもキャンプマットが購入可能!

ロゴスのキャンプマット

出典:Amazon

低価格で品質の高い家具やインテリアでなじみ深いニトリ。最近ではキャンプで使える商品も多数展開されていますが、実は、ロゴスのキャンプマットも購入することができます。アウトドアの専門店でなくても、お近くにあるニトリに立ち寄った際に購入できるのは便利!

キャンプマットを活用し、快適な睡眠を!

今回は、テント内で使えるおすすめキャンプマットを厳選し、ファミリー向けからおしゃれなデザインのものまで幅広く紹介しました。自分の体に合うキャンプマットがあれば快適な寝心地を手に入れられます。せっかくキャンプに行くならテント泊を楽しみたいところ。快適な睡眠のためキャンプマットを活用してみましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像 コールマン キャンパーインフレーターマットハイピーク シングルキャプテンスタッグ EVA フォーム マットサーマレスト プロライトサーマレスト クローズドセルマットレス Zライトソルモンベル ULコンフォートシステム エアパッド180クイックキャンプ  サンド QC-CM8.0WAQ 車中泊マットBears Rock キャンプマット Interpad キャンプマットコールマン コンフォートエアーマットレスコールマン テントエアーマット270DOD ソトネノサソイハイランダー スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5cmSAMONIA 銀マットビジョンピークス インフレーターマット 6cm ツインサンドリー(SUNDRY) 折りたたみ クッションマットスノーピーク インフレーター キャンピングマットワークマン アウトドアマットレスコールマン テントインナーシートコールマン フリーステントインナースノーピーク アメニティドーム マット・シートセットogawa グランドマットロゴス マット テントぴったり防水マットキャプテンスタッグ テントフロアマットビジョンピークス インナーマットHWSHOW アルミシート 銀マット キャンプ用
商品名 コールマン キャンパーインフレーターマットハイピーク シングルキャプテンスタッグ EVA フォーム マットサーマレスト プロライトサーマレスト クローズドセルマットレス Zライトソルモンベル ULコンフォートシステム エアパッド180クイックキャンプ サンド QC-CM8.0WAQ 車中泊マットBears Rock キャンプマット Interpad キャンプマットコールマン コンフォートエアーマットレスコールマン テントエアーマット270DOD ソトネノサソイハイランダー スエードインフレーターマット(枕付きタイプ) 5cmSAMONIA 銀マットビジョンピークス インフレーターマット 6cm ツインサンドリー(SUNDRY) 折りたたみ クッションマットスノーピーク インフレーター キャンピングマットワークマン アウトドアマットレスコールマン テントインナーシートコールマン フリーステントインナースノーピーク アメニティドーム マット・シートセットogawa グランドマットロゴス マット テントぴったり防水マットキャプテンスタッグ テントフロアマットビジョンピークス インナーマットHWSHOW アルミシート 銀マット キャンプ用
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事