キャンプでも快適に寝たいなら。テントマットがあれば睡眠は劇的に変わる!

hinata

>

キャンプ

>

キャンプでも快適に寝たいなら。テントマットがあれば睡眠は劇的に変わる!

キャンプでも快適に寝たいなら。テントマットがあれば睡眠は劇的に変わる!

 キャンプ

出典:pixabay.com

「テント泊って寝心地が悪そうだから嫌。近くに安く泊まれるホテルはないかな…」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、キャンプの醍醐味はテント泊です!心地よい睡眠をとるために欠かせないアイテムは「テントマット」。今回は1日遊んだあとの疲れをとってくれるステキなテントマットをご紹介します。

そもそもテントマットって?

   

出典:キャラバン

テントマットとは、テント内部の床に敷く、「敷布団」のような役割をするものです。「草の生えていない地面の上にテントを敷くと、地面が硬くてぐっすり寝られない…」ということもあります。テントマットは地面の凹凸や、熱、冷気から守ってくれる万能アイテムです。発泡フォーム素材でできたマットや、空気で膨らませるインフレータブルマットがありますので、自分に合ったものを選びましょう。

こんなあなたはテントマットがほしい人!

「テントで寝る際、地面が硬くて腰や背中が痛くなる…」「シュラフは良いのを買ったけど、地面からの底冷えで寒くて寝られない…」。こんな体験がある方は、テントマットを導入することで悩みが解決されるはず。テントマットを使った翌日は、身体の痛みや冷えが軽減されていることでしょう。

テントマットの選び方

テントマットにはポリウレタンをはじめとする「発泡フォーム式マット」や、空気で膨らませる「インフレータブルマット」があります。それぞれ特徴があるため、自分の好みに合ったものを選びましょう!

発泡フォーム式マット

サーマレストを代表とする発泡フォーム式マット。断熱性が高く、丈夫であることが特徴です。通称、銀マットと呼ばれている断熱シートは、コストパフォーマンスが高め。古くからベテラン登山者をはじめとして、幅広いキャリアの方に使用されています。傷がついても破裂することがなく、初心者でも安心して使うことができる便利なテントマットです。また、切ったり畳んだりして自由な形にできるため、リュックの背面に入れてクッション代わりにしたり、簡易座布団として利用したりできます。

インフレータブルマット

空気によって膨らませる、風船のような構造のマットです。さまざまな厚みのものがあり、厚さによって断熱性も異なります。厚みが薄いものの方が軽量で収納しやすいです。また、自動膨張式とは、内部に少量のスポンジフォームを内蔵し、マットを広げると勝手に空気を吸い込んで膨らんでくれます。穴が開くとマットとして使用できなくなってしまうため、注意してください。万が一の場合に備えて、修復キットを用意しておくと安心です!

キャンプで使えるテントマット7選

登山でこそ使いたいテントマット4選

まとめ

気になるテントマットは見つかったでしょうか?自分の体に合うテントマットがあれば「テントの寝心地の悪さ」から解放されます!せっかくキャンプに行くならテント泊で楽しみたいですよね。快適な睡眠をとるために、是非テントマットを活用してみてください。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者 寝袋・シュラフ
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner