hinata

>

キャンプ

>

初心者必見!キャンプマットのおすすめ27選!

初心者必見!キャンプマットのおすすめ27選!

 キャンプ

テント内からの景色

出典:pixabay.com

「テント泊って寝心地が悪そうだから嫌。」と思っている人も多いのではないでしょうか?しかし、キャンプの醍醐味はテント泊です!心地よい睡眠をとるために欠かせないアイテム「キャンプマット」。今回はおすすめの寝袋マットや安い代用品などをご紹介!


 目次


登山時には必須!キャンプマットとは?

キャンプをする親子    

出典:gpointstudio / ゲッティイメージズ

キャンプマットとは、テント内部の床に敷く、「敷布団」のような役割をするものです。「草の生えていない地面の上にテントを敷くと、地面が硬くてぐっすり寝られない…」ということもあります。特に登山でのテント泊は、地面が整備されていないことも多く、そのまま寝るのはかなり苦痛です。

そんなときに活躍するのがキャンプマット!地面の凹凸はもちろん、地表の熱・冷気を遮断してくれる万能アイテムです。寝袋の下に敷く寝袋マットと、テント全体に敷くテントマットの2種類がありますので、自分に合ったものを選びましょう。

寝袋マットとテントマットの違いって?

グランドシートをセットしている様子    

キャンプマットは、寝袋の下に敷く寝袋マットと、テント全体に敷くテントマットの2種類があります。では、いったいどのような違いがあるのでしょうか?

寝袋マットとは、寝袋の下に敷くマットのことで、こちらのマットは必須アイテムです。キャンプ内で快適に寝るために使用し、シュラフマットとも呼ばれています。

一方で、テントマットとは、テント全体に敷くマットのことで、こちらは寝袋マットさえあれば必須アイテムではありません。テント内全体にクッション性があるマットを敷き、快適に過ごすために使用します。こちらのマットはフロアマットやインナーマットとも呼ばれています。

荷物の量を最小限に抑えたい人は寝袋マットのみ、テント内でもより快適に過ごしたい人はテントマットを使用しましょう!

寝袋の種類比較!シーンによって寝袋マットを使い分けよう!

様々なテントが設置されている様子    

また、キャンプマットは材質によっても種類が異なります。ポリウレタンをはじめとする「発泡フォーム式マット」や、空気で膨らませる「インフレーターマット」です。さらには大きめサイズのダブルマットも。それぞれ特徴があるため、自分の好みに合ったものを選びましょう!

折りたたみ式で簡単使用の発泡フォーム式マット

サーマレストを代表とする発泡フォーム式マット。断熱性が高く、丈夫であることが特徴です。通称、銀マットと呼ばれている断熱シートは、コストパフォーマンスが高め。古くからベテラン登山者をはじめとして、幅広いキャリアの方に使用されています。

傷がついても破裂することがなく、初心者でも安心して使うことができる便利な寝袋マットです。また、切ったり畳んだりして自由な形にできるため、リュックの背面に入れてクッション代わりにしたり、簡易座布団として利用したりできます。

空気入れ併用で楽々♪コンパクトに持ち運べるインフレーターマット

空気によって膨らませる、風船のような構造のマットです。さまざまな厚みのものがあり、厚さによって断熱性も異なります。厚みが薄いものの方が軽量で収納しやすいですし。

自動膨張式で、内部に少量のスポンジフォームを内蔵し、マットを広げると勝手に空気を吸い込んで膨らんでくれるものも。穴が開くとマットとして使用できなくなってしまうため、注意してください。万が一の場合に備えて、修復キットを用意しておくと安心です!

キャンプ場でも広々快適に眠りたいならダブルサイズも◎

普段からダブルサイズを使っているし、キャンプ場でも広々快適に寝たい。そんな方にはダブルサイズのマットがおすすめ。ただし、シングルサイズと比べるとどうしてもコンパクト性は欠けてしまうので、車やリュックの容量をしっかりチェックしてから購入しましょう。

【寝袋マット】コールマンのおすすめ3選

【寝袋マット】モンベルのおすすめ3選

【寝袋マット】キャンプテンスタッグのおすすめ3選

【寝袋マット】サーマレストのおすすめ3選

【寝袋マット】その他にもこんな商品が!

【テントマット】270サイズのおすすめ3選

【テントマット】300サイズのテントにあうマットおすすめ3選

【テントマット】それ以外のサイズのおすすめ2選

安い代用品でもOK!

   

出典:ニトリ

27. 快適なクッション性を低価格で!ニトリ6つ折りマットレス

もう一つご紹介するのが、ニトリの6つ折りマットレス。3,000円を下回る価格でありながら、厚さが3センチもあるので、快適に寝ることができます。

ただし、厚さがある分、ほかのキャンプ用マットと比べるとどうしても収納性が劣ってしまいます。車の積載量が少なかったり、ほかの荷物が多いと、入りきらなくなることもあるので注意しましょう。

名称:ニトリ6つ折りマットレス
展開サイズ:100×200×3cm
収納サイズ:100×33×18cm
重さ:約1.55kg
素材:ポリエステル
購入はこちら:ニトリ

まとめ

気になるキャンプマットは見つかりましたか?自分の体に合うキャンプマットがあれば快適な寝心地を手に入れられます!せっかくキャンプに行くならテント泊で楽しみたいですよね。快適な睡眠をとるために、是非キャンプマットを活用してみてください♪


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者 寝袋・シュラフ


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪