NANGA寝袋

【2022】寝袋(シュラフ)おすすめ30選!本格冬用や格安ダイソー&ワークマンも

「寝袋(シュラフ)」は、ダウンシュラフや化繊シュラフ、半シュラフなど種類もさまざま。対応温度や形状、使い心地、使用に適したシーンなども異なります。そこで今回は、寝袋の賢い選び方と、おすすめモデル30アイテムを厳選紹介!モンベルやコールマン、ナンガなどの定番人気ブランドをはじめ、ダイソーやワークマンなどのリーズナブルな寝袋にもクローズアップ。あなたのキャンプスタイルに合わせて選んでみてください。

「寝袋(シュラフ)」の選び方はキャンプの環境によって異なる

シュラフを選ぶ上で大切なのは、キャンプスタイルや環境に合わせたモデルを見つけることです。例えばファミリーキャンプであれば、複数人で横になっても窮屈感がないゆとりのある寝袋、ソロキャンプならコンパクトで持ち運びやすいものがおすすめです。 また保温性、クッション性、フィット感など、重視したい部分を理解しておくとグッド!中綿の種類によっても使用に適した季節が異なるので、チェックする必要があります。ここからは快適な寝袋を見つけるためのポイントを見ていきましょう。

寝袋(シュラフ)選びの「4つのポイント」

寝袋(シュラフ)を選ぶ際に必ず見ておきたいポイントは大きく分けて、
  • 対応温度
  • 形状
  • 中綿素材
  • サイズ
の4つです。それぞれどのような観点で見るべきかを詳しく紹介します。

【その1/対応温度】女性は「快適温度」・男性は「下限温度」

ヨーロピアンノーム
寝袋は種類によってそれぞれ対応温度が定められています。多くの場合、温度表記方法「EUROPEAN NORM(ヨーロピアン・ノーム)」に則り、快適温度(コンフォート)、下限温度(リミット)、限界温度(エクストリーム)が表示されています。それぞれの意味は下記の通りです。
  • 快適温度(コンフォート)…一般的な成人女性が寒さを感じることなくリラックスして眠れる温度
  • 下限温度(リミット)…一般的な成人男性が寝袋の中で丸くなり、8時間睡眠できる温度
  • 限界温度(エクストリーム)…一般的な女性が寝袋の中でひざを抱えるほど丸くなった状態で6時間までなら耐えられる温度
それぞれ自分がキャンプをするときに、1日のうち最も寒い時の気温以上の数値のものを選ぶのがおすすめ。一般的に女性の方が寒さを感じやすいため、女性と男性で選ぶ温度表示が異なります。 また、夏用のシュラフが欲しいけれど寒い時期も使うかもしれない。そんな人には「インナーシュラフ」もおすすめです。シュラフの中にプラスすることで、保温力をアップすることができます。

【その2/形状】初心者向きは「封筒型」・使いやすさは「マミー型」

マミー 封筒
寝袋の形状は大きく分けて、封筒型とマミー型の2種類あります。 封筒型(長方形の寝袋)
【メリット】
  • 比較的にリーズナブルなものが多く、家庭用布団に似た形で窮屈感がない
  • 寝袋に慣れていない初心者が使いやすい
【デメリット】
  • 保温性は高くなく、冬に向いていない場合も
マミー型(ミイラのようなという意味で、さなぎ型になっている寝袋)
【メリット】
  • 気密性が高く、保温性に優れている
  • 封筒型と比べて、収納状態がコンパクト
【デメリット】
  • 体に密着する構造なので窮屈さを感じることも
形状封筒型マミー型
気密性低い高い
収納性かさばるコンパクト
使用推奨シーズン春、夏、秋オールシーズン

【その3/中綿】扱いやすい「化繊」・高機能の「ダウン」

寝袋の中に使用する中綿は、大きく分けて2種類のものがあります。 化繊素材
    【メリット】
  • 価格が安い
  • 水濡れに強い
  • 洗濯しやすくお手入れが楽
【デメリット】
  • ダウンより保温力が低いため、厳しい寒さの中での使用には向いていない
ダウン
【メリット】
  • 軽量かつコンパクトに収納しやすい
  • 保温性抜群で冬も暖かい
【デメリット】
  • 高価な素材
  • 洗濯しにくい素材なので、ぬるま湯で優しく手洗いする必要がある
ワタの種類化織素材ダウン素材
価格安い高い
自宅での洗濯簡単やや難しい
保温性低い高い

【その4/中綿】体格にあう「サイズ」

寝袋を選ぶ上で大切なのが、横幅サイズと自身の身長に合うかどうか。横幅は、男性は80cm、女性は75cmを目安に選びましょう。 また、自身の身長に合うサイズであることも重要です。キャンプ場の夜は夏場でも涼しくなりやすいので、首元までしっかり覆えるサイズがおすすめ。ブランドによってサイズ感が変わるので、購入前に必ず確認しましょう!

おすすめの寝袋【春夏秋の3シーズン対応】

春〜秋にかけて使える寝袋を紹介!通気性に優れていれば、蒸し暑い季節でも寝苦しくなく、快適に過ごせます。

封筒型

マミー型

おおすすめの寝袋【冬に使える4シーズン対応】

保温性が低い封筒型は冬用に不向き。ここでは寒い時期にも使える、マミー型寝袋を紹介します!

安いのに実力派!?「ダイソー」&「ワークマン」もチェック

ここからは、最近話題の「ダイソー」と「ワークマン」の寝袋を紹介します。どちらも手に入れやすい価格ながら、お値段以上の価値が!?まずは手軽に試してみたいと考えている人もチェックしてみてください。

ワークマン TCフランネルシュラフ

ポリコットンと呼ばれるポリエステルと、コットンの混紡素材の封筒型寝袋。足下部分にはアルミ加工が施され暖かく過ごすことが可能です。コットンが混ざっているのでシャカシャカと音がしにくく、肌触りも快適!内側はおしゃれなチェック柄です。
【基本情報】
  • サイズ:190×70cm
  • 重量:1.8kg
  • 中綿素材:化学繊維
  • 洗濯:可能
詳しくはこちら:ワークマン TCフランネルシュラフ

ダイソー 寝袋

使用温度が15℃以上の春、夏の2シーズンを想定した寝袋。ファスナーを全開にすれば1枚の巨大マットにもなり、掛け布団として使えます。中綿素材はサラリとした質感のポリエステル生地で蒸れにくく、肌触りが良く寝心地抜群!
【基本情報】
  • サイズ:75×180cm
  • 重量:900g
  • 中綿素材:化学繊維
  • 洗濯:可能
詳しくはこちら:ダイソー 封筒型シュラフ

ニトリでも寝袋が買える!

家具やインテリアで有名なニトリでも現在、寝袋を買うことができます。取り扱っているブランドはロゴスで、寝袋はもちろん、その他のアウトドアグッズも販売中!購入するものが決まっていれば通販でもOK!お買い物ついでに、立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

【番外編】防寒着にもなる「人型寝袋」

人型寝袋は、人の体の形をした寝袋のこと。すっぽりと体を入れるタイプの一般的なシュラフと違い、手足が自由に動かせるので服感覚で着たまま移動できます。手を出せるタイプを選べば、着ながら作業ができるのでなにかと便利!まさに着る寝袋です。

シーンに合わせた寝袋でキャンプで快眠を!

寝袋はなにを基準に選ぶかで、睡眠環境や寝心地が大きく変わります。せっかくのキャンプを楽しく過ごすためにも、じっくり検討してぴったりの一品を選びましょう。

シュラフのAmazon売れ筋ランキング

シュラフの楽天売れ筋ランキング

今回紹介したアイテム

商品画像スノーピーク セパレートシュラフオフトン ワイドスノーピーク 寝袋SSシングルコールマン パフォーマーIII C15キャプテンスタッグ 洗えるクッションシュラフロゴス 丸洗いスランバーシュラフロゴス 丸洗い寝袋バンドック マイクロファイバーシュラフベアーズロック 封筒型寝袋-30℃ FX-503Wモンベル バロウバッグ #3ナンガ オーロラライト350DXドイター オービットOMM マウンテンレイド100ハイランダー ダウンシュラフ 400 ネイチャーハイク CW300 マミー グースダウン スリーピングバッグスノーピーク BACOO 350タラス マミーシュラフ−3度ニーモ ディスコ 30サーマレスト ハイペリオン 0℃イスカ エアプラス 450スナグパック ソフティー エリート3イスカ エアプラス630イスカ デナリ1100 ブリックナンガ オーロラライト750DXモンベル ダウンハガー800#1コールマン コルネットストレッチ2ニュートラルアウトドア ヒートシュラフDOD ジャケシュラ2Lポーラー 歩ける!手が出る!寝袋
商品名スノーピーク セパレートシュラフオフトン ワイドスノーピーク 寝袋SSシングルコールマン パフォーマーIII C15キャプテンスタッグ 洗えるクッションシュラフロゴス 丸洗いスランバーシュラフロゴス 丸洗い寝袋バンドック マイクロファイバーシュラフベアーズロック 封筒型寝袋-30℃ FX-503Wモンベル バロウバッグ #3ナンガ オーロラライト350DXドイター オービットOMM マウンテンレイド100ハイランダー ダウンシュラフ 400 ネイチャーハイク CW300 マミー グースダウン スリーピングバッグスノーピーク BACOO 350タラス マミーシュラフ−3度ニーモ ディスコ 30サーマレスト ハイペリオン 0℃イスカ エアプラス 450スナグパック ソフティー エリート3イスカ エアプラス630イスカ デナリ1100 ブリックナンガ オーロラライト750DXモンベル ダウンハガー800#1コールマン コルネットストレッチ2ニュートラルアウトドア ヒートシュラフDOD ジャケシュラ2Lポーラー 歩ける!手が出る!寝袋
商品リンク

特集・連載


あわせて読みたい記事