キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
寝袋のアイキャッチ

【2024年】寝袋(シュラフ)おすすめ30選!キャンプの達人の愛用品や定番品を紹介

※本記事には一部プロモーションが含まれます

寝袋にはさまざまな形や素材のアイテムがあり、何を基準に選べば良いか悩む人も多いでしょう。この記事では登録者数約5万人のYouTubeを運営するキャンプの達人「ラキャンピン」さんに、おすすめの寝袋や正しい選び方を教えてもらいました。

ラキャンピン

監修者

アウトドアYouTuber

ラキャンピン

  • Instagramアカウント

幼少の頃から釣りにハマり、以後キャンプや登山も趣味にするアウトドアYouTuber。キャンプギアの所有数は業界随一。週2回はキャンプに行き、そこで発見した知恵をユーザー目線で紹介中!

続きを読む

寝袋(シュラフ)とは?

寝袋
寝袋(ねぶくろ)とは袋状の携帯用寝具のことです。野外では夜の気温低下や地面の凹凸などサバイバルな環境下であるため、快適な睡眠を確保するために寝袋が欠かせません。 メーカーによってスリーピングバッグ(=sleeping bag:英語)やシュラフ(シュラフザック=Schlafsack:ドイツ語)と呼ばれることがありますが、いずれも同じ寝袋という意味です。

寝袋は防災にも役立つ!

寝袋は宿泊をともなうキャンプや登山には必須のアイテムですが、昨今では防災用品としても注目されています。避難所生活では布団やベッドがあるとは限らないため、寝袋があれば快適な睡眠が確保できるうえ、気温が低いとき暖をとるのに役立ちます。布団や断熱シートとしても使えるので、車中に一つ常備しておくと良いでしょう。コンパクトになって持ち運びやすい点も寝袋の魅力です。

寝袋の選び方

数ある寝袋の中から、自分に合うアイテムはどのように選べば良いでしょうか。ラキャンピンさんに、寝袋を選ぶ際のポイントを5つ教えてもらいました!

寝袋は5つのポイントで選ぼう

  1. 1

    形状|マミー型か封筒(レクタングル)型

  2. 2

    対応温度|快適温度+5℃が最適

  3. 3

    中綿素材|ダウンか化学繊維

  4. 4

    サイズ|身長が収まる長さか確認

  5. 5

    +α機能|冬はショルダーウォーマー付きがおすすめ

形状|マミー型か封筒(レクタングル)型

寝袋には「マミー型」と「封筒(レクタングル)型」の2種類があります。
仮画像
マミー型はミイラのような形の寝袋です。頭部を覆う仕様で、首元のドローコードを締めれば首まわりから冷気が侵入するのを防げます。折りたたむとコンパクトになる商品が多く、携帯性にもすぐれています。 一方で封筒型は自宅の寝具と近い状態で使用できるのが特徴です。マミー型と比べてかさばりやすいですが、寝心地を重視したい人に適しています。同じモデルを連結してサイズを大きくすれば親子で添い寝する場合に便利です。
person icon

ラキャンピンさん

封筒型はマミー型に比べて価格が抑えられており、入手するときのハードルの低さが魅力。暖かいシーズンに軽くキャンプをはじめてみたい人におすすめです。
もっと見る

対応温度|快適温度+5℃が最適

メーカーによって記載の仕方は異なりますが、寝袋には快適使用温度下限使用温度限界使用温度が設定されています。
ヨーロピアンノーム
基本的には宿泊する場所の最低気温を調べ、快適温度に適した寝袋を選びます。一般的には「記載温度+5℃程度」が目安です。例えば「快適温度目安5℃」と記載されている寝袋の場合は、気温10℃前後での使用が推奨されます。冬のキャンプは予想以上に気温が低くなることがあるため、快適気温ではなく「限界温度」を確認して選ぶと良いでしょう。 また寝袋には「夏用」「冬用」「3シーズン用」といった種類があり、使用する季節によって使いわけることもおすすめです。
person icon

ラキャンピンさん

寒さに弱いという自覚がある人は快適使用温度から+10℃くらいを見ておくと安心です。初心者の人は特に余裕を持って設定温度を見ておきましょう。
もっと見る

中綿素材|ダウンか化学繊維

寝袋の中綿素材は大きくわけて「ダウン」と「化学繊維」の2種類があります。それぞれのメリットとデメリットを把握して、自分に合うものを選びましょう。
寝袋の素材比較
ダウンは水鳥の胸に生えている綿毛のような羽毛のことで、フェザー(羽根)と混合して使用されることが多いです。混合の場合は90:10、50:50というようにダウン対フェザーの混合率が表示されています。断熱性や保温力を重視したい場合は、空気のふくみやすさを示す760フィルパワー以上がおすすめです。 ポリエステルなどの化学繊維は洗濯しやすくメンテナンスが簡単で、なおかつ価格が安いため、キャンプをはじめたばかりの人やメンテナンスも含めてコスト重視の人におすすめです。
person icon

ラキャンピンさん

車でキャンプする人は水濡れにも強く手入れも簡単、それでいて安く手に入れられる化学繊維の寝袋がベターな選択肢でしょう。
もっと見る

サイズ|身長が収まる長さか確認

寝袋サイズ
寝袋を選ぶ際はサイズにも注意が必要です。寝袋のサイズが大きいと空間ができて保温性が落ちてしまったり、小さいと膝を折り曲げて眠ることになったりと睡眠の妨げとなるため、自分の身長に適したサイズを選びましょう。 メーカーによってさまざまですが、おおむね「ショート」「レギュラー」「ロング」の3つのサイズに分類されます。また、封筒型の場合は1人なら幅110cm未満、2人以上なら幅110cm以上180cm未満程度が目安です。
person icon

ラキャンピンさん

自分の身長と合わない寝袋を買ってしまうと、本来の性能を引き出せません。自分の身長が寝袋の規定を超えていないか購入時に必ず確認しましょう
もっと見る

+α機能|冬はショルダーウォーマー付きがおすすめ

ショルダーウォーマー付きの寝袋
マミー型といえど、コールドスポットになりうるのが首まわりです。ショルダーウォーマーは首まわりからの冷気の侵入を防ぎ、寝袋内の暖かさを維持する役割を担います。帽子のように頭からかぶるので、首まわりの着心地も確認しておきましょう。
person icon

ラキャンピンさん

特に冬用シュラフには、ボリュームのあるショルダーウォーマーが付いているタイプがおすすめです。
もっと見る

寝袋のおすすめブランド3選

寝袋の国内メーカーで根強い人気を誇るブランドを3つ紹介します。どのようなお店で寝袋を買えば良いかわからない人はまず定番のブランドをチェックしてみましょう。

最強の寝袋ブランドはこの3つ

  1. 1

    日本製にこだわる最高品質のNANGA(ナンガ)

  2. 2

    登山者に愛される本物志向のISUKA(イスカ)

  3. 3

    機能性とデザイン性を両立したmont-bell(モンベル)

日本製にこだわる最高品質のNANGA(ナンガ)

ナンガの寝袋
ナンガは滋賀県米原市に拠点を置き、メイドインジャパンクオリティにこだわっているブランドです。水鳥の種類や産地、ダウン量や洗浄基準などを公開し、ユーザー目線のモノづくりを徹底しています。表面にはナンガが誇る「オーロラテックス」という防水透湿生地を採用しているため水濡れに強く、シュラフカバーが不要です。 また永久保証がついていて、購入日や使用期間に関係なくアフターケアに対応しています。高品質な寝袋を長く使いたい人におすすめです。
person icon

ラキャンピン

僕はAURORA light 750 DXを使っていますが、数ある寝袋のなかで最も寝心地が良いと感じました。弾力のある質感でクッションに包まれているような心地良さがあります
もっと見る

登山者に愛される本物志向のISUKA(イスカ)

イスカは「HEARTY&QUALITY(心あるモノづくりで、最高の品質を)」をコンセプトに40年以上寝袋だけをつくり続けている、大阪の老舗メーカーです。日本人の体型や日本の気候に合わせたデザインや耐久性の高さに定評があり、特に多くの登山者に愛用されています。適応気温に応じて構造や素材を使いわけ、豊富なラインナップを展開しているのも特徴です。
もっと見る

機能性とデザイン性を両立したmont-bell(モンベル)

モンベルの寝袋
モンベルは日本の登山業界を牽引している代表的なアウトドアブランドで、寝袋の製造にも力を入れています。なかでも多くのモデルに搭載されている、モンベル独自の特許技術「スーパースパイラルストレッチシステム」は最大135%もの伸縮率があり、快適な睡眠をサポート。 また高い機能性に加えて大人から子どもまで家族でそろえられるサイズ展開や、柄・カラーバリエーションの豊富さも人気の理由の一つです。
person icon

ラキャンピンさん

僕はモンベルのシームレスダウンハガー800シリーズを愛用していて、標高が高い山ではこの寝袋の中であぐらをかきながらクッカー調理をしています。
もっと見る

ラキャンピンさん愛用の寝袋を大公開!

多機能な寝袋があるなかで「熟練キャンパーは実際にどんなアイテムを使っているのか?」と気になる人も多いのではないでしょうか。これまでに140本以上のキャンプネタをYouTubeで発信しているキャンプの達人ラキャンピン」さんに、実際の愛用品について聞きました!

冬キャンプにはナンガの「AURORA light 750 DX」を愛用

person icon

ラキャンピンさん

真冬のキャンプで最も使用頻度が高いのはナンガの寝袋です。なんといっても、このふかふかした寝心地の良さが魅力で、これで熟睡すればキャンプで溜まった1日の疲れも吹き飛びます。

3シーズン用にモンベルの「シームレスダウンハガー800#3」を愛用

person icon

ラキャンピンさん

モンベルは繊維に定評のある強いメーカーで、長く使える耐久性にさすがの実力を感じます。

夏はSnugpak(スナグパック)の「ジャングルトラベルブランケット」を愛用

person icon

ラキャンピンさん

日本の夏は湿気がすごいので、中綿は化学繊維のものをチョイスしています。蒸し蒸しする夜は足を自由に出せるものが良いと探しているうちに、寝袋ではなくこのブランケットにたどりつきました。

マミー型おすすめ寝袋(シュラフ)19選

まずは軽くてコンパクトに収納できるマミー型シュラフを紹介します。冬用と3シーズン用にわけて全部で19選をピックアップしました。
商品
商品リンク
形状
下限温度
中綿素材
使用サイズ
収納サイズ
重さ
マミー型-16℃スペイン産ダックダウン80×210cm(身長178cmまで)直径19×31cm約1.28kg
マミー型-11℃スペイン産ダックダウン80×210cm直径17×31cm1,100g
マミー型2℃中空ポリエステル85×210cm直径20×33cm1.3kg
マミー型-6℃グースダウン78×213cm16×32cm840g
マミー型-25℃90/10 720フィルパワ- ダウン84×208cm直径22×38cm1.6kg
マミー型-12℃Micro Lite(TM)84×211cm直径25.5×40cm1.72kg
マミー型-8℃ポリエステル約83×203cm約直径27×48cm約2.8kg
マミー型-17.8℃-‎208×81×7.62cm--
マミー型-10℃ダウン(650FP)210×80cm22×35cm1,300g
もっと見る

冬用

もっと見る

3シーズン用

もっと見る

封筒型おすすめシュラフ10選

布団のような長方形で、ゆとりのある寝心地の封筒型シュラフを紹介します。冬におすすめのアイテムと、春先や初秋のような涼しい季節に使いやすいアイテムを全部で10選ピックアップしました。
商品
商品リンク
形状
下限温度
中綿素材
使用サイズ
収納サイズ
重さ
マミー型-16℃スペイン産ダックダウン80×210cm(身長178cmまで)直径19×31cm約1.28kg
マミー型-15℃G-LOFT(R)ポリエステル250×90×68cm28×54cm2,810g
マミー型-8℃650FP 撥水加工済ダウン185×78×7.62cm32×23cm1,400g
マミー型10℃ポリエステル・マイクロファイバー80×202cm直径12.5×22cm600g
封筒型-ホローファイバー75×190cm45×28×28cm1,560g
封筒型-ダイナチューブファイバー75×190cm直径27×41cm約2.2kg
封筒型-ダイナチューブファイバー142×190cm49×24×36cm3,600g
封筒型-ポリエステル90×200cm52×29×38cm4,900g
封筒型-ポリエステル168×190cm/約84×190cm直径40×48cm約5.5kg
封筒型-ダイナチューブファイバー75×185cm直径24×39cm1.5kg
もっと見る

冬用

もっと見る

3シーズン

もっと見る

自分に合った寝袋でアウトドアでも快眠を!

シュラフで寝ている様子

出典:PIXTA

アウトドアで疲れた体を休めるには寝袋が欠かせません。自宅と同じような寝心地を求めるのか、はたまた軽さやコンパクトさを求めるのか、コスパの高さを優先するのか、テントか車中泊によっても選び方が変わります。紹介したポイントを参考に、自分のスタイルにぴったりの寝袋を見つけてみてくださいね!

今回紹介したアイテム

商品画像ナンガ オーロラライト 750 DXモンベル シームレス ダウンハガー800 #3スナグパック ジャングルトラベル ブランケットナンガ オーロラライト 600 DXイスカ 寝袋 パトロール600 ロイヤルイスカ マミー型シュラフ エア プラス 450 イスカ ダウンプラス デナリ 900イスカ アルファライト 1000EXColeman(コールマン) タスマンキャンピングマミー/L-8コールマン ノースリム マミー スリーピングバッグSoomloom(スームルーム) マミー型 高級ダウン650FPFengzel Outdoor マミー型 寝袋 ダウン90%Carinthia(カリンシア) Defence 4NEMO(ニーモ) ソニック スリーピングバッグニーモ リフ30CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)フォルス スリーピングバッグ 3ニーモ ディスコ15 W’sモンベル シームレス ダウンハガー800 #3イスカ アルファライト 300XHAWK GEAR(ホークギア) 寝袋イスカ エアドライト 290イスカ ウルトラライトモンベル ファミリーバッグ #1LOGOS(ロゴス) 丸洗いやわらか あったかシュラフロゴス ミニバンぴったり寝袋・-2コールマン マルチレイヤースリーピングバッグコールマン ファミリー2 in1/C5ロゴス 抗菌防臭 丸洗いシュラフ・5DOD(ディーオーディー) わがやのシュラフLEEPWEI(リープウェイ) 寝袋(210T)コールマン コージーII/C5キャプテンスタッグ 封筒型シュラフ プレーリー600
商品名ナンガ オーロラライト 750 DXモンベル シームレス ダウンハガー800 #3スナグパック ジャングルトラベル ブランケットナンガ オーロラライト 600 DXイスカ 寝袋 パトロール600 ロイヤルイスカ マミー型シュラフ エア プラス 450 イスカ ダウンプラス デナリ 900イスカ アルファライト 1000EXColeman(コールマン) タスマンキャンピングマミー/L-8コールマン ノースリム マミー スリーピングバッグSoomloom(スームルーム) マミー型 高級ダウン650FPFengzel Outdoor マミー型 寝袋 ダウン90%Carinthia(カリンシア) Defence 4NEMO(ニーモ) ソニック スリーピングバッグニーモ リフ30CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)フォルス スリーピングバッグ 3ニーモ ディスコ15 W’sモンベル シームレス ダウンハガー800 #3イスカ アルファライト 300XHAWK GEAR(ホークギア) 寝袋イスカ エアドライト 290イスカ ウルトラライトモンベル ファミリーバッグ #1LOGOS(ロゴス) 丸洗いやわらか あったかシュラフロゴス ミニバンぴったり寝袋・-2コールマン マルチレイヤースリーピングバッグコールマン ファミリー2 in1/C5ロゴス 抗菌防臭 丸洗いシュラフ・5DOD(ディーオーディー) わがやのシュラフLEEPWEI(リープウェイ) 寝袋(210T)コールマン コージーII/C5キャプテンスタッグ 封筒型シュラフ プレーリー600
商品リンク