ロゴスの寝袋おすすめ8選!丸洗いや連結、購入体験記も!

 キャンプ用品

出典:Amazon

ロゴスのアウトドア用品は、海辺から800m級の山まで、一般的な日本のアウトドアシーンを想定したつくりになっています。そんなロゴスが作る寝袋は丸洗いできるものや連結できるものなど、機能性抜群!今回は、そんなロゴス製の寝袋を魅力とともに紹介します♪


 目次


キャンプに寝袋は欠かせない

   

出典:Amazon

キャンプ用の布団を寝袋、あるいはシュラフと呼びます。テントで夜寝るとき、地面はゴツゴツしており、マット越しでも背中が痛くなってしまいます。また、秋や冬は寒く、凍えてしまいます。シュラフはテントの寒さや地面のゴツゴツから身を守り、快適な睡眠をサポートしてくれる必須のアイテムです♪

ロゴスの寝袋の魅力に迫る

   

出典:Amazon

ロゴスが作る寝袋は、連結できるタイプや丸洗いOKなタイプなど、個性的で機能性抜群な商品ばかり。寝袋を選ぶときに使い勝手にこだわる!という方にこそおすすめです。今回はそれらの魅力と共に紹介します。

hinataイチオシはこれ!「丸洗いやわらかシュラフ」使用レビュー

シュラフ    

hinataイチオシは、寝袋屈指の寝心地の良さを持つ「丸洗いやわらかシュラフ」!実際に使って感じたことをレビューします。最低使用温度が-2℃、0℃、2℃の3種類ありますが、今回は0℃を選びました。

開いたシュラフ    

触ってみると、とにかくもっふもふ!家の毛布に匹敵する触り心地の良さです。側面のファスナーを開けて、敷布団と掛布団の要領で寝ると、より包み込まれる寝心地になっておすすめです♪また、シュラフを大きめの座布団として脚を伸ばして座っても快適でした。アウトドアはもちろん、家でも使いたい寝袋です。

   

収納すると思ったよりも大きく、一抱え分ほどありました。画像右のペグと並べるとと結構な大きさ。オートキャンプで車に積むことはできても、ツーリングキャンプで運ぶのは大変そうな印象です。購入を検討する方は、このサイズ感に注意しましょう!

丸洗いできるおすすめ寝袋2選を紹介

長年使っていると、どうしても汚れてしまうシュラフ。丸洗いOKなら、いつでも清潔に快適な夜を過ごせること間違いなし♪

肌触りが良いです。さらさらしてる!業務用の洗濯機と乾燥機にかけられるのが衛生的でいい感じです!

Amazon

すごく良いです。0度近い環境で使用しましたが、快適に寝れました。

Amazon

結論から言うと結構いいです!化繊で分厚いのでクッション性も高く、期待以上に寝心地が良かったですね。

少年キャンプ

外出先で愛犬と一緒に寝る為に買いました。広々温かくちょうどいいです。丸洗いできるのも嬉しいです。

Amazon

ロゴスの寝袋の連結方法を紹介♪

   

出典:Amazon

紹介した3種類の寝袋は、次の2つの手順で連結できます。

①2つの寝袋のジッパーをすべて開ける。
②それぞれの互い違いのジッパーを繋いで閉める。

これだけ!まるで家の布団のように広々快適に使えます。

ロゴスの寝袋の洗濯方法は?

これらの化学繊維でできた寝袋は、次の3つの手順でOKです!

①ジッパーをすべて閉じる。
②寝袋を丸くたたむ。
③そのまま洗濯機に入れてスイッチON。

簡単に丸洗いできるのは大きな魅力です♪

一般的な寝袋の洗い方を紹介した記事はこちら▼

コンパクトな寝袋3選もチェック!

やはりテントの中で使う寝袋で、これにしました。ゆったりと眠れる大きさであると共に、片付けると小さく出来るのも最高です。これからも継続して使っていきます。

Amazon

マジでコンパクトでびっくり!!さわり心地も気持ちいい。黄色のカラーも素敵っ!!

Amazon

その他おすすめ寝袋2選

二人でも使えるが、ひとりで2枚をつなげて広々と使ったりすることもでき、バリエーションが選べるのがいい。

Amazon

今までこの寝袋を使用した最低車内温度は3℃でしたが、問題なく眠れました。寝袋使用時は、厚手の綿のトレーニングズボンとフリースのトレーナー、それと綿の靴下を履いて眠ったのですが、朝までぐっすりでした。今のところ、快適です。

Amazon

無事に届きました!お値段はお高いですが、とても、肌触りもよくて気持ちよく寝れそうです。丸める時、大変ですが…。慣れるまではと思います。

Amazon

温かいです。キャンプではまだ使用していませんが、自宅で使用したところ高級感があって肌触りも最高でした。アウトドアではもったいない気もします。

Amazon

コールマンとロゴスとで肌面素材を比較!

コールマンの定番寝袋「パフォーマー」の肌面素材にはポリエステルが使われています。それに対して、ロゴスの多くの寝袋にはモイスポリが使われています。これは、ポリエステルの織物に撥水加工と隙間を潰す熱加工をしたもの。一見肌ざわりが劣りそうですが、普通のポリエステルと比べて通気性を適切に調整できているため、ロゴスの寝袋の肌ざわりは好評です♪

店舗に行って、実際に触れて体感してみましょう!▽

コールマンの寝袋を紹介した記事はこちら▽

【番外編】寝袋のたたみ方

   

出典:Amazon

寝袋は意外とたたみづらいもの。撤収するときに困らないよう、方法とポイントを紹介します。

①寝袋を縦に2つ折りにする
②体重をかけて、足部分から頭部分にかけて丸める
③丸めた形をキープしたままケースに入れる

②の足部分から頭部分にかけて、できるだけ小さく丸めるのがポイント!こうすることで、空気が頭部分から抜けていき、余計な力をかけずに収納できます。

まとめ

   

出典:Amazon

丸洗いOKや連結OK、コンパクトなものなど機能性抜群のロゴスの寝袋を紹介しました。寝袋を選ぶときに使い勝手を重視する方はロゴスの寝袋をGETしましょう!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪