hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

Whole Earth(ホールアース)

>

車中泊初心者にオススメの寝具は封筒型シュラフ!その理由とは?

車中泊初心者にオススメの寝具は封筒型シュラフ!その理由とは?

 キャンプ用品

車中泊を楽しむ男女

「車中泊にチャレンジしてみようかな。」と思ったら、まずは寝具周りをしっかり準備しておきたいところ。しかし寝具には色々な種類があって、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、車内泊初心者におすすめなシュラフをご紹介します!実際に使ってみた使用感と合わせて、おすすめな理由も解説しますよ♪


 目次


車中泊初心者におすすめな寝具は?

車内でくつろぐ人    

車中泊で準備する必要がある寝具。車の中にお布団を敷いて寝るのもアリですが、シュラフ(寝袋)を活用するのもおすすめです!まずは車中泊でよく使われる、「掛け布団・毛布」「マミー型シュラフ」「封筒型シュラフ」それぞれの特徴をチェックしてみましょう!

掛け布団・毛布

毛布とクッション    

掛け布団や毛布は、普段から使っている寝具であるため、最も違和感なく快適に睡眠をとれることが最大のメリット!普段とは違う環境であっても、アイテムを普段使っているものにすることで睡眠中のストレスを軽減することができます。

しかし、問題はその収納性の低さ...。掛け布団や毛布はどうしてもかさばってしまい、持ち運びや荷積みに苦労します。また、普段使っている寝具を持ち運んで車内で使うというのは、少し抵抗を感じてしまうもの。車中泊の寝具としてはあまりおすすめできません。

マミー型シュラフ

水色のシュラフ    

アウトドアでよく見かけるシュラフといえば、このマミー型シュラフ。アウトドアに必要不可欠な防寒性・収納性に優れていて、ぜひとも使って欲しい寝具です。

ただし、機能性が高い分お値段も高額。安いものでも1万円は必要に・・・。また、身動きが取りにくいので寝心地悪く感じる方も。特にシュラフでの睡眠に慣れていないアウトドア初心者が使うとなかなか寝付けない、なんてこともあります。長いことアウトドアを続けていく予定がある人にはおすすめですが、そうでなければあまりおすすめできません。

封筒型シュラフ

車内に広げた封筒型シュラフ    

長方形で幅が広いタイプのシュラフを封筒型シュラフと言います。マミー型シュラフに比べると機能性で劣る部分はありますが、車中泊初心者には十分!

また、お値段も安くて手に入れやすいのもポイント!これから車中泊やアウトドアを続けていくかわからない、アウトドアを始めたばかりの方には最適な寝具です!

実際に封筒型シュラフを使ってみた!

封筒型シュラフを広げる男性    

機能性やお値段の比較から、車中泊初心者には封筒シュラフがおすすめであることがわかりましたね♪そんな封筒型シュラフを実際に使ってみました!今回使用したのは、可愛いデザインが特徴の Whole Earth(ホールアース)の封筒型シュラフ「LARGO 5」です!

封筒型シュラフを膝にかけて車内でくつろぐ人    

季節は冬。外で過ごすのが少し寒かったので、基本的には車内で読書をしたりのんびりコーヒーを飲んだりして過ごしました。そんな時も、封筒型シュラフなら膝掛けやちょっとした時の毛布がわりとして活躍!ホールアースの「LARGO 5」は内側が総柄なデザインで、おしゃれにも気を使いたいという方には特におすすめです。

内側の隠れた総柄がポイント♪

LARGO 5をチェックする

体感して発見!封筒型シュラフを選んで欲しい3つの理由

実際に使ってみて、快適に過ごすことができた封筒型シュラフ。実際に体感してみてオススメだと感じたポイントを3つ、解説します!

ポイント1. 想像以上に暖かい!

今回使用したホールアースの「LARGO 5」は、快適温度(快適に眠ることができる限界の温度)が5℃以上というシュラフなのですが、抜群の暖かさ!封筒型は価格が安いため少し不安がありましたが、想像以上の暖かさを発揮してくれました。また、布団の面積が広いので、日中には適度な毛布がわりとして使うこともできますよ◎

ポイント2. 気温に合わせて使い方色々♪

複数人使える封筒型シュラフ    

アウトドアに出かけると、暑い日もあれば寒い日もありますよね。どんな気温でもアレンジして使いやすいのが、この封筒型シュラフなんです!シュラフだと寝苦しい、蒸し暑い夏の夜などは、チャックを全開にすることで薄手の掛け布団として使うことができます。複数人で車中泊する際には、一緒に使うこともできますよ♪

シュラフの内側    

夜の寒さが増す秋には、中に毛布を入れることで暖かさが倍増します!マミー型のシュラフや本格的な布団を用意しなくても、抜群の保温性を確保することができるんです。このように汎用性が高く、どのようなシーンや気温でも対応できる点は、これから車中泊やアウトドアにチャレンジしていこう!と思っている初心者の方にとって嬉しいポイントですよね♪

ポイント3. 寝苦しくなく快適!

封筒型シュラフを使って眠る男性    

マミー型シュラフだと窮屈で寝苦しいこともありますが、封筒型シュラフであれば、ゆとりを持って快適に睡眠をとることができます。その寝心地は本格的な掛け布団と比べても遜色ありません!収納性が低く、持ち運びしにくい掛け布団、窮屈で寝心地がよくないマミー型シュラフ、そのどちらのデメリットも克服したのがマミー型シュラフなのです!

特に今回使用したホールアースの「LARGO 5」は、フカフカ具合も適度で寝心地が抜群でした。横幅も90cmあり、とても余裕のある設計です。

暖かい!幅広く使える!快適!

LARGO 5をチェックする

おすすめの封筒型シュラフ!

今回実際に使用していたホールアースの「LARGO 5」はオシャレなデザインであることはもちろん、機能面も様々な工夫がされていました!足元には消臭加工テープがついているので、気になる匂いにも対応。また、丸洗いすることもできるので汚してしまっても安心です。

マミー型に比べると収納性は多少低くなりますが、ギュッと締めて丸められるコンプレッションテープにより簡単に収納することが可能♪また、専用の収納袋が付属しており、袋の中に詰めてクッションとして使えるのもポイント☆

hinata編集部おすすめの封筒型!

LARGO 5をチェックする

LARGO 0の封筒型シュラフのロゴ    

寒冷地に行くので快適温度が5℃では少し不安...。という方には、さらに寒くても耐えられる、快適温度が0℃の「LARGO 0」をおすすめします!

【商品詳細】
LARGO 5
サイズ:約190×90cm
重量:約2.4kg
快適温度:5℃以上
カラー:ネイビー
アイテムをチェック:ホールアース公式

LARGO 0
サイズ:約190×90cm
重量:約2.6kg
快適温度:0℃以上
カラー:ベージュ
アイテムをチェック:ホールアース公式

まとめ

車外に出てのんびりする人    

いかがでしたでしょうか?車中泊を始めよう!と思っている初心者の皆さんは、最初のシュラフにぜひ封筒型を選んでみてください♪快適で楽しい車中泊の旅を楽しみましょう!!

最初のシュラフに選びたい!

LARGO 5の詳細はこちら


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪