hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

ナンガ

>

高品質ダウンの雄!シリーズ別ナンガのダウンシュラフおすすめ10選

高品質ダウンの雄!シリーズ別ナンガのダウンシュラフおすすめ10選

 キャンプ用品

吊るされて並んでいるナンガのダウンシュラフ

出典:NANGA / Facebook

ナンガのダウンシュラフは、「暖かく、そして軽い」。人気のオーロラシリーズをはじめとして、国内生産にこだわった高品質のダウンシュラフはキャンプに登山に大活躍です。今回は、そんなナンガのダウンシュラフの魅力と選び方を、おすすめの商品とともに紹介します!


 目次


「暖かく、そして軽い」ナンガのダウンシュラフ

店頭に置かれたナンガのダウンシュラフ    

出典:NANGA / Facebook

国産「羽毛商品」ブランドであるナンガのシュラフ(寝袋)は、もちろんすべてダウン製。ダウンシュラフは、化学繊維のものと比べて暖かくて軽いのが特徴です。コンパクトに収納できるため、登山やツーリングなど荷物を少なくしたいキャンプシーンで活躍します。もちろんオートキャンプでも、温かい睡眠を約束してくれること間違いなしです!

商品名の後ろに書いてある数字は、そのシュラフにどれほどの量のダウンが使われているかをg(グラム)単位で表しています。数字が大きいほど保温力が高いものになり、これがシュラフを選ぶ際の大きな基準となります。

さて、他ブランドにはない、ナンガのダウンシュラフの特徴を見ていきましょう!

ナンガのシュラフの特徴!

冬の山を登る男性    

出典:ナンガ

1.国内生産にこだわった高品質

ナンガのダウンシュラフの最大の特徴は、国内生産であること。ナンガは、国産「羽毛商品」ブランドとしての誇りを持ち、お客様に安全性と質にこだわった羽毛製品を届けます。

ヨーロッパから輸入した高品質な羽毛は、国内で洗浄・精製され、安全で良質なダウンへ。それを独自の技術で、縫製職人がシュラフへと仕上げます。こうして生まれた国産シュラフは、品質、安全性どれをとってもトップレベルです!

2.業界初の永久保証!

ナンガのダウンシュラフには、業界初の永久保証がついています!破れたり、生地が劣化したりしたものを無料で修理してくれるサービスです。国内の工場という利点を生かし、常に最高品質のものをお客様へ届け、長く使ってほしいというナンガのこだわりが表れています。

ナンガシュラフの種類比較と選び方

ナンガシュラフの種類比較と選び方の表    

ナンガのシュラフをいざ買おうと考えると、どのアイテムがいいのか、よく分からないという結論になる方も多いはず。そこで、上記の表を作って見ました。主要な4シリーズを比較します。

ダウンバッグ
→ナンガの中で最もノーマルなタイプ。ナンガの中では値段もリーズナブルな部類になります。

オーロラ
→防水透湿性の表生地を使うことで、水が表面に付いても、中のダウンが濡れません。

オーロラ Light
→オーロラの防水透湿性を持ちながら、生地を薄くすることで、大幅に軽量化されたタイプ。

UDD バッグ
→羽毛自体に撥水加工をすることで、例え濡れたとしても、ダウンの膨らみ(=ロフト)がそのままで、保温性がキープされます。

ダウンバッグを中心に考えると、表生地に加工をしたのがオーロラ・オーロラLightシリーズ、羽毛辞退に加工を施したのがUDDバッグといえます。それでは、それぞれのシリーズについて詳しく解説していきます。

ダウンバッグシリーズの特徴と商品ラインナップ

手頃な値段で手に入るシリーズ「ダウンバッグ」

ナンガのダウンは、正真正銘高品質のダウンです。そんなナンガの高品質ダウンシュラフの中でも、最もオーソドックスなシリーズがダウンバッグ。高品質のダウンを使用しているため、軽量・コンパクトです。ただし、ダウンシュラフの弱点である、濡れへの対応はしていないので、濡れてしまうと著しく保温性が落ちてしまいます。

テント内で使用する場合は、結露によって、水滴が付く可能性が高いので、、シュラフカバーと一緒に使用するのがおすすめ。逆に車中泊などで使用する場合には、濡れることもないので、濡れへの対応力の高いオーロラシリーズやUDDシリーズを選ぶ必要はありません。

オーロラシリーズの特徴と商品ラインナップ

独自の防水透湿素材を使用したシリーズ「オーロラ」

オーロラテックスというナンガ独自の防水透湿素材を使用することで、ダウンシュラフの弱点である濡れへの対応力を強めたシリーズです。ただし、汗などの水蒸気は通常どおり通しますし、一部が破れてしまうとそこから水が侵入するので濡れへの対応力が完全というワケではありません。また、特殊な表生地を使うのでその分重量が重くなることも考慮に入れしょう。

UDDシリーズの特徴と商品ラインナップ

防水透湿性に加えて軽量性も重視したシリーズ「UDD」

UDDシリーズは、オーロラシリーズよりもさらに濡れへの対応を強化したUDDシリーズ。「UDD」とは「ウルトラ ドライ ダウン」の略で、羽毛自体に撥水加工を施すことにより、羽毛が水に濡れても、羽毛が潰れず、保温性を保つというもの。オーロラシリーズでは、完全には防げなかった濡れに対して、ほとんど完璧な対応力を有しています。また、その分、生地を薄くすることができるので、軽量性にも優れています。

ミニマリズムシリーズの特徴と商品ラインナップ

【2018年最新】極限の保温性と収納性の両立「ミニマリズム」

さらに上質なダウンを使用することで、更なるコンパクト化に成功したのが、2018年最新のシリーズ「ミニマリズム」。最適使用温度がほぼ同じオーロラ 500と収納サイズを比較してみると、収納サイズの体積は約1/3!!ナンガの、快適なアウトドアライフに対する挑戦を感じさせるシリーズになっています。極限のマイクロパッキングを目指す方におすすめ!

封筒型シリーズの特徴と商品ラインナップ

家でもアウトドアでも使える「封筒型」

ダウンシュラフは、ほとんどがマミー型ですが、ナンガは封筒型のシュラフも出しています。家の中では布団として、アウトドアではシュラフとして、内外兼用も可能ですし、車中泊などで、自宅の布団に近い形のシュラフを使いたいといった際におすすめです。

他ブランドのとの別注コラボダウンシュラフも注目!

格安で手に入れたいならアウトレット品も!

登山をする男性    

出典:ナンガ

ナンガは、Amazonや楽天で、アウトレット品の販売も行っています。こちらは、生地の端材を使用しているため、色ムラなどがあるためアウトレット価格になっていますが、素材の品質は本製品と変わりません!ナンガのシュラフに興味を持ちつつも、値段で迷っている方は、アウトレット品をチェックしてみるのがおすすめです!

ダウンシュラフを最大限に使用するために

シュラフカバーを用意

ダウンは濡れたり汚れたりすると、性能が落ちてしまいます。AURORAシリーズは、シュラフカバーは必要ありませんが、ほかのシリーズのシュラフを使用する際はシュラフカバーが必須です!大切なシュラフを濡らさないように、セットで購入することをおすすめします。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

日頃からメンテナンスを!

ナンガのダウンシュラフの洗い方が書かれた説明書    

出典:ナンガ

また、長くシュラフを使うためにもメンテナンスは重要です。性能が落ちそうという理由でダウン製品を洗うことに抵抗がある方もいるかもしれません。しかし、正しい洗い方を知っておけば、またきれいでふかふかなシュラフに元通りになるんです!

また、動画でも紹介されているので実際に洗う際の参考にしてください!

まとめ

お客様に質のいい商品を届けたいという思いから生まれた、ナンガのシュラフ。永久保証というサービスが本当にうれしいですよね!一生もののアイテムになること間違いなしのナンガのシュラフをリュックにつめ、これからの季節もアウトドアに出かけましょう!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪