hinata

>

ノウハウ

>

食器

>

食器・調味料収納アイテム16選!我が家のキャンプ道具収納・整理テクとは?

食器・調味料収納アイテム16選!我が家のキャンプ道具収納・整理テクとは?

ノウハウ

カゴにまとめられたキャンプ道具

キャンプ用品を、あれもこれも持って行こうとして膨大な量になり、車に乗せるのにも一苦労...という経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。そんなときに便利なのが収納ボックス!今回は、おしゃれな収納ボックスとキャンプ用品を上手に収納して、ストレスなく必要な道具を取り出せるような収納方法を紹介します!

目 次

キャンプ用食器収納アイテムの選び方

食事はキャンプを楽しむ上で欠かせないものの一つです。しかし、食事をする上で面倒なのが後片付けや収納方法。調理器具や食器類、調味料などは誰でも綺麗に整理整頓したいと思っているかと思います。キャンプに行く前に食器収納アイテムの選び方をチェックしておきましょう。

ハードタイプ&ソフトタイプ?

まず食器収納アイテムは大きく2つに分けられます。丈夫で壊れにくいハードタイプと柔らかくてコンパクトに収納しやすいソフトタイプです。食器が少ない場合にハードタイプを使用すると食器が動き、破損の原因にも繋がります。自分が使用する食器の数も把握しておくと、どちらが自分にぴったりか把握しやすいです。

埃や砂防止のふた付き

ピクニック バスケット

出典:Amazon

野外で行うキャンプやバーベキューでは、埃や砂、落ち葉などが風でよく舞っています。せっかく洗った食器を汚してしまう可能が…。食器の汚れを気にする方は、ふた付きの収納アイテムを選びましょう。車に積み込む際、走行中の揺れで食器が溢れることもありません。

食器乾燥にはネット必須!

ドライネット

出典:楽天

洗い終わった食器を乾かしたいときはドライネットが欠かせません!風通しがいいメッシュ素材を使用しているため、素早く乾かしやすく、カビにくいです。また、洗濯物を干したり、食材を乾燥させたりとさまざまな用途で使用できるため、とても便利!

キャンプ食器収納①コンテナおすすめ3選

丈夫で壊れにくい素材を使用しているものが多く、食器を壊さずに持ち運びやすいコンテナタイプを紹介します。また、取っ手がついているため、一人でも持ち運びやすい!他の収納アイテムと比べても耐久性に優れているため、長持ちしやすいです。

商品名[キャプテンスタッグ]
折りたたみコンテナ
[ロゴス]
パタントキャリーバスケット・ミニ
[スノーピーク]
ファニチャー シェルフコンテナ
画像
サイズ45.5×30.5×24cm30×20×15.5cm40×62.5×27cm
重量1.4kg310g5.5kg

キャンプ食器収納②ピクニックバスケットおすすめ3選

ピクニックバスケットは、おしゃれにキャンプやピクニックを楽しみたい方におすすめのアイテムです。外国映画のような雰囲気で、見た目重視で選びたい方はチェックしてみましょう!持ち手がついているものが多いため、使い勝手の良さも魅力の一つです。

商品名[キャプテンスタッグ]
ピクニックバスケット
[ラッセル]
ピクニックバスケット
[ロアミトス]
ピクニックバスケット
画像
サイズ42×29×25/38cm46×31×21cm38×25.5×19.5cm
重量1.3kg1kg1.68kg

キャンプ食器収納③バッグおすすめ3選

食事した後は食器類を洗うために、何度かキャンプサイトと炊事場の移動が多いです。行き来する時間短縮や疲れを軽減するためにも、バッグタイプの収納アイテムを持っておくと便利!防水加工を施しているものが多く、水に濡れる心配も入りません!

商品名[ソト]
ミニマルバッグ
[コールマン]
ポップアップボックス
[チルキャンピング]
キャンプ収納ボックス
画像
サイズ36×52.5×30cm30×36cm55×39×29cm
重量379g500g860g

キャンプ食器収納④ネットおすすめ3選

食器を洗った後に干したり、食材を乾燥させたい時に便利なドライネット。仕切りごとにファスナーを搭載しているものが多いため、取り出しやすいです。アウトドアで効率的に作業したい方は持っておくと便利!中でも厳選した3点を紹介します。

商品名[バンドック]
フォールディング ドライ ネット
[コールマン]
ハンギングドライネット2
[チャムス]
ハンギングドライネット
画像
サイズ37×37×75cm32×80cm32×80cm
重量170g180g180g

調味料向き収納アイテムおすすめ4選

調味料向けの収納アイテムを紹介します。シンプルながらおしゃれなデザインの物が多いため、持っているだけでも楽しくなること間違いなし!

商品名[FIELDOOR]
木製スパイスボックス
[FIELDOOR]
木製キッチンツールボックス
[YOGOTO]
Yシリーズ クッキングツールボックス
[ビジョンピークス]
スパイスボックス
写真
重量2.9kg5.8kg250g200g
容量8L15L8L6L

我が家のキャンプ道具収納テク①ジャンルごとに分ける

キャンプのギアは普段自宅では使わないものが多く、いざキャンプ!となると家中を探すのも大変ですし、キャンプ以外の時間保管しておくのも大変です。そこで、上手く身近にあるものを活用しながら収納を楽しむ術を身につけましょう!

収納ボックスを使うまでは

キャンプ場に置かれた収納ボックス
我が家の経験談です。

キャンプを始めたばかりのときは収納ボックスも持っていなかったため、今のようにまとまりがなく小物類なども大きめの袋に入れていました。持ち運びは問題がないですが、いざキャンプ地で道具を使おうとしても、どこにあるか探すのに時間がかかってしまうのです。また、必要がないものまで出すことになってしまうので、サイト内もぐちゃぐちゃになっていました。

収納を意識するようになってからは、用途に応じてまとめているので、使う時もすぐに取り出せるようになりました。キャンプ中もサイトにボックスを置くだけでいいので簡単です。キャンプが終わって自宅に帰ってから片付けをするのも、ボックスを運ぶだけになるのでとても楽になりました。
ということで、まずは、我が家が実際にしているキャンプ道具の収納テクニックを紹介します!ぜひ参考にしてください。

食器や調理に使うものは無印良品の収納ボックスへ

無印良品のボックスに食器や調理器具を収納した様子
いざキャンプで調理をしようと思っても収納がバラバラだと「あれがない、これがない」と探し回ることになってしまいます。逆に、調理に使う道具は一つの場所にまとめておけば、スムーズに調理に取り掛かることができます。

収納ボックスにはシングルバーナー、風防、食器類、包丁、アルミホイル、ジップロック、食器用洗剤、ドライネットなど調理と食事後の後片付けに使うものがすべて入っています。

無印良品ステンレスワイヤーバスケットに食器類を収納

無印良品ステンレスワイヤーバスケットに食器類を収納した様子
その中でもお皿やお箸などの食器類はは無印良品のステンレスワイヤーバスケットにひとまとめにしています。調理に使うピーラー、トング、おたま、しゃもじなどはバラバラになってしまわないようにすべて袋に収納しています。
無印良品ステンレスワイヤーバスケットに収納された食器類一覧
ここには食事に必要な道具がすべて入っているので、バスケットを出すだけで準備ができてしまいます。
カゴにまとめられたキャンプ道具
このバスケットは洗い物をするときにそのまま持っていき、洗ったあともそのまま置いておくと乾燥できるので便利ですよ!

購入はこちら:無印良品 18-8ステンレスワイヤーバスケット3
スポンジ類をカゴに収納している様子
さらに洗剤、スポンジ、金たわしをカゴに入れてひとまとめにしておけば、食事後に洗い物に行くときにもこれ一つを持って行けばいいだけなのでスムーズです。

外遊びグッズはアイリスオーヤマの収納ボックスへ

アイリスオーヤマの収納ボックスに収納された遊び道具
海水浴で使うマリンシューズ、シュノーケルセットや川遊びに使う網などはすべてアイリスオーヤマのボックスへ入れています。夏以外では子供のおもちゃや、虫取りかごなど外遊びで使う道具一式をこの中に入れて収納、持ち運びしています。

外遊びの道具はどうしても汚れてしまいますが、ボックスに入れておけば他の道具に汚れが移らないし、そのまま洗えるのでとても便利なんですよ。

食事で使う以外の細かい道具は透明ボックスへ

透明ボックスに収納された細かい道具
ランタン、電池、虫よけ、救急セット、工具箱などの食事以外で使う細かい道具は透明のボックスに収納しています。

工具箱があれば便利!

工具箱の中身
ガムテープ、はさみ、クリップはひとまとめにして工具箱として常に持っていくようにしています。ガムテープはキャンプ道具が壊れてしまった時など、ちょっとした補修に使えるので常備しています。

救急箱を携帯しよう

救急箱の中身
キャンプは基本、外で遊ぶことになるので、虫にも刺されたり、ちょっとしたケガをしてしまうこともあります。救急箱には絆創膏、虫刺され用の薬、風邪薬などを用意しておくと、急な体調の変化や虫刺されに対応できるので安心ですね。透明ボックスにいれておけば、何がどこに入っているか一目でわかるのでおすすめですよ!

我が家のキャンプ道具収納テク②種類ごとに組み合わせを考える

まずはキャンプで本当に必要な道具を準備しましょう。家で過ごすのとは違い外で過ごすキャンプ、道具がないと不安に感じてしまうので、必要以上に物を持っていきたくなるものです。

テントやペグなどキャンプで絶対に必要なもの以外は、忘れてしまっても案外なんとかなるものです。アルミホイルとラップなど両方なくても、どちらかがあれば代用できるものもありますね。本当に必要な道具を見直してみると、整理できるのではないでしょうか。

食器類は食器入れでひとまとめに

水切り収納ボックス

出典:Amazon

食器類の収納で考えるべき点は、水切りです。食器入れでありながら、同時に水切りかごのように、食器を入れておけば乾燥できるボックスがベスト。食器を洗って食器入れに収納、そのまま乾燥、車に積載ができると、撤収が非常にスムーズになります。ただし、水切りを取ると、自然とステンレス製やプラスチック性になり、いわゆる「おしゃれ収納」というわけにはいきません。

そのため、おしゃれな木製の食器入れやピクニックバスケットを使用したい場合は、水切りかごとしての併用は諦めないといけません。機能性をとるか、見た目のおしゃれさをとるか、これは完全に好みやサイトの雰囲気によって変わりますね。

小物グッズは種類ごとに小分けに

小物グッズは、大きな収納ボックスに入れてはいけません。できるだけ、小さいサイズの収納ケースに小分けするのがおすすめの収納テクニック!使いたいときに、使いたいものだけがパッと取り出せるように、できるだけ小分けにした小物入れを、大きめの収納ボックスにまとめるのが一番使い勝手がいいですね!

かさばる道具は大型収納ボックスで、車の積載も楽々

車に積まれたキャンプ道具
ランタンやクッカーなどのごつごつしてかさばるキャンプ用品や、子どもの遊び道具などは、小分けにするのも大変です。1つひとつがかさばるので、そのまま車に積載しようとすると、想像以上に場所を取ってしまいますよね。そんなかさばるアイテムは大型収納ボックスを使うのがおすすめ!取り出しもしやすいですし、収納ボックスを使用することで、積載時のデッドスペースも最小限に抑えることができます。

我が家のキャンプ道具収納テク③あえて魅せてスペースを無駄なく活用

収納ボックス等に収納する以外にも、あえて収納せずに「魅せる」ことで整理整頓できることもあります!キャンプのギアは、おしゃれな見た目の物も多いので、置き方によって収納していないのにすっきりして見えるのでおすすめです。

調理器具は吊るして「魅せる」!

キャンプのギアを飾って収納している画像

出典:Instagram(@sotograph_yuto)

sotograph_yutoさんは、キッチン周りのギアを種類ごとにまとめて吊るすことで、キャンプ道具を収納しつつおしゃれなインテリアにもなっていて素敵な空間を生み出しています。シェラカップやマグカップなど、収納するにはもったいないシンプルでおしゃれな雰囲気!一つひとつは、通常使用する食器と比べても軽量なので吊るしていても比較的安全です。
吊るしておくことで、持っているギアを一覧できるのも便利

ボックス類は色味を揃える

収納ボックスを活用して収納している画像

出典:Instagram(@dangoman3)

dangoman3さんは、自宅ガレージ内にキャンプギアを収納しています。白がベースのボックスは、持ち手の部分などに木材が使用されているので、棚や隣のベージュ色の収納ボックスとの色合いがまとまっていてすっきりとして見えます。
箱型を上手に組み合わせると、デッドスペースを作ることなく整理整頓できるのでぜひ真似したいですね!

また、写真では分かりにくいですが、収納ボックスの下に台車を置くことで、重くなった収納ボックスを取り出す際にも車輪があるため簡単に取り出すことができるようになっています!キャンプ道具の保管もキャンプの準備もスマートにできるなんて素晴らしいですね。

お気に入りギアはインテリアとして飾る

ランタンのインテリアとして使用

出典:Amazon

見た目が好みで手に入れたキャンプのギアを収納ボックスにしまってしまうのはもったいない!と感じる方も多いのではないでしょうか?お気に入りのギアはぜひ、自宅でも使用したり、インテリアのように飾って楽しんでください。例えば、ランタンでも、LEDランタンであれば自宅でも使用できますし、日常的にメンテナンスしやすくなるので大変便利です。

よく、キャンプ用のテーブル&チェアを自宅でも愛用しているキャンパーさんもたくさんいらっしゃるので参考にしてみてください!

収納グッズをフル活用して、美しいキャンプ用品収納スペースを目指そう!

キャンプ道具って意外と多いし、綺麗に収納するのはなかなか難しいものです。細かい道具はひとまとめにして収納するのがコツです。

キャンプ終了後に自宅で保管するのも、ボックスを車から運ぶだけになるので簡単ですよ。次にキャンプに行くときも、そのままボックスを車に載せるだけになるので積載も楽々!細かい道具は収納ボックスに入れっぱなしにしているので、忘れ物もなくなります。

▼おすすめのキャンプ用品が気になる方はこちらの記事もチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 折りたたみ コンテナ フォールディング ハンディ コンテナ Lサイズ ブラック UL-1013 ロゴス(LOGOS) パタントキャリーバスケット・ミニ(ネイビ) 73189305 ネイビー スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ 50 UG-055G キャプテンスタッグ ピクニック バスケット ハウス UT-1002 L-621 籐 かご バスケット ハンドル ふた付き ピクニック 収納 小物 インテリア だ円型 ピクニック バスケット LoaMythos(ロアミトス) クーラーバッグ付き 2人用 カトラリーセット かごバッグ おしゃピク かごバスケット アウトドア クーラーボックス 保冷バッグ キャンプ ランチボックス おしゃピク ソト(SOTO) ミニマルバッグ ST-3109 ベージュ 本体サイズ:幅36×奥行12×高さ20cm コールマン ポップアップボックス(グリーン) 2000017096 ChillCamping(チルキャンピング) キャンプ 収納ボックス コンテナボックス ツールボックス アウトドア 大容量 BUNDOK(バンドック) フォールディング ドライ ネット BD-303 食器乾燥 コンパクト収納 コールマン(Coleman) ハンギングドライネット2 グリーン 約180g 2000026811 チャムス(CHUMS) ハンギングドライネット CH62-1544-0000-00 (使用時)約h32×w80cm、(収納時)約h15×w8cm FIELDOOR 木製スパイスボックス アウトドア キャンプ キッチン 調味料 クッキングツール ケース 収納 おかもち FIELDOOR 木製 キッチンツールボックス 【Lサイズ】 スパイスボックス 大容量 キャンプ 包丁 まな板 調味料 アウトドア キッチン 調理 収納 おかもち 折りたたみ 【YOGOTO Yシリーズ】 クッキングツールボックス Lサイズ 綿帆布 調理器具 入れ 調味料ケース ツールボックス アウトドア 収納バッグ コンテナ バーベキュー キャンプ ペグハンマー収納バッグ (スカイブルー) [ビジョンピークス] スパイスボックス スパイスケース VP160609J02 オリーブ
商品名 キャプテンスタッグ 折りたたみコンテナ ロゴス パタントキャリーバスケット・ミニ スノーピーク ファニチャー シェルフコンテナ キャプテンスタッグ ピクニックバスケット ラッセル ピクニックバスケット ロアミトス ピクニックバスケット ソト ミニマルバッグ コールマン ポップアップボックス チルキャンピング キャンプ収納ボックス バンドック フォールディング ドライ ネット コールマン ハンギングドライネット2 チャムス ハンギングドライネット FIELDOOR 木製スパイスボックス FIELDOOR 木製キッチンツールボックス YOGOTO Yシリーズ クッキングツールボックス ビジョンピークス スパイスボックス
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード