hinata

>

キャンプ

>

食器

>

キャンプ道具の収納はどうしてる?上手にまとめて積載も簡単に♪

キャンプ道具の収納はどうしてる?上手にまとめて積載も簡単に♪

 キャンプ

カゴにまとめられたキャンプ道具

キャンプ道具って思っている以上に増えませんか?あれもこれも持って行こうとすると膨大な量になってしまい、車に乗せるのにも一苦労。必要なものがすぐに取り出せないと、結構ストレスを感じるものです。そんなときに便利なのが収納ボックス!今回はキャンプで使う小物を上手に収納してキャンプ中にもストレスなく、必要な道具を取り出せるような収納方法と、収納ボックスをご紹介します。


 目次


収納ボックスを使うまでは

キャンプ場に置かれた収納ボックス    

我が家の経験談です。

キャンプを始めたばかりのときは収納ボックスも持っていなかったため、今のようにまとまりがなく小物類なども大きめの袋に入れていました。

持ち運びは問題がないですが、いざキャンプ地で道具を使おうとしても、どこにあるか探すのに時間がかかってしまうのです。また、必要がないものまで出すことになってしまうので、サイト内もぐちゃぐちゃになっていました。

収納を意識するようになってからは、用途に応じてまとめているので、使う時もすぐに取り出せるようになりました。キャンプ中もサイトにボックスを置くだけでいいので簡単です。

キャンプが終わって自宅に帰ってから片付けをするのも、ボックスを運ぶだけになるのでとても楽になりました。

何が必要かを考えよう

まずはキャンプで本当に必要な道具を準備しましょう。家で過ごすのとは違い外で過ごすキャンプ、道具がないと不安に感じてしまうので、必要以上に物を持っていきたくなるものです。

テントやペグなどキャンプで絶対に必要なもの以外は、忘れてしまっても案外なんとかなるものです。アルミホイルとラップなど両方なくても、どちらかがあれば代用できるものもありますね。本当に必要な道具を見直してみると、整理できるのではないでしょうか。

キャンプでの積載に便利な収納BOX

キャンプで使う小物類は、収納BOXで整理して積載するのが便利です。我が家が使っている収納BOXは無印良品のポリプロピレン頑丈収納ボックスとアイリスオーヤマのRVBOX、それにホームセンターで売っている透明ボックスを使用しています。

使う場面が同じものは一緒に収納しよう

食器や調理に使うものは無印良品の頑丈ボックスへ

無印良品のボックスに食器や調理器具を収納した様子    

いざキャンプで調理をしようと思っても収納がバラバラだと「あれがない、これがない」と探し回ることになってしまいます。調理に使う道具は一つの場所にまとめておけば、スムーズに調理に取り掛かることができます。

収納ボックスにはシングルバーナー、風防、食器類、包丁、アルミホイル、ジップロック、食器用洗剤、ドライネットなど調理と食事後の後片付けに使うものが全て入っています。

無印良品ステンレスワイヤーバスケットに食器類を収納

無印良品ステンレスワイヤーバスケットに食器類を収納した様子    

その中でもお皿やお箸などの食器類はは無印良品のステンレスワイヤーバスケットにひとまとめにしています。

調理に使うピーラー、トング、おたま、しゃもじなどはバラバラになってしまわないように全て袋に収納しています。

無印良品ステンレスワイヤーバスケットに収納された食器類一覧    

ここには食事に必要な道具が全て入っているので、バスケットを出すだけで準備ができてしまいます。

カゴにまとめられたキャンプ道具    

このバスケットは洗い物をするときにそのまま持っていき、洗ったあともそのまま置いておくと乾燥できるので便利ですよ!

サイズ 約幅37×奥行26×高さ12cm
価格 2,300円
購入はこちら:無印良品 18-8ステンレスワイヤーバスケット3

スポンジ類をカゴに収納している様子    

さらに洗剤、スポンジ、金たわしをカゴに入れてひとまとめにしておけば、食事後に洗い物に行くときにもこれ一つを持って行けばいいだけなのでスムーズです。

外遊びグッズはアイリスオーヤマの収納ボックスへ

アイリスオーヤマの収納ボックスに収納された遊び道具    

海水浴で使うマリンシューズ、シュノーケルセットや川遊びに使う網などは全てアイリスオーヤマのボックスへ入れています。夏以外では子供のおもちゃや、虫取りかごなど外遊びで使う道具一式をこの中に入れて収納、持ち運びしています。

外遊びの道具はどうしても汚れてしまいますが、ボックスに入れておけば他の道具に汚れが移らないし、そのまま洗えるのでとても便利なんですよ。

食事で使う以外の細かい道具は透明ボックスへ

透明ボックスに収納された細かい道具    

ランタン、電池、虫よけ、救急セット、工具箱などの食事以外で使う細かい道具は透明のボックスに収納しています。

工具箱があれば便利!

工具箱の中身    

ガムテープ、はさみ、クリップはひとまとめにして工具箱として常に持っていくようにしています。

ガムテープはキャンプ道具が壊れてしまった時など、ちょっとした補修に使えるので常備しています。

救急箱を携帯しよう

救急箱の中身    

キャンプは基本、外で遊ぶことになるので、虫にも刺されたり、ちょっとしたケガをしてしまうこともあります。

救急箱には絆創膏、虫刺され用の薬、風邪薬などを用意しておくと、急な体調の変化や虫刺されに対応できるので安心ですね。

透明ボックスにいれておけば、何がどこに入っているか一目でわかるのでおすすめですよ!

まとめ

自宅に保管されたキャンプ道具    

キャンプ道具って意外と多いし、綺麗に収納するのはなかなか難しいものです。
細かい道具はひとまとめにして収納するのがコツです。

キャンプ終了後に自宅で保管するのも、ボックスを車から運ぶだけになるので簡単ですよ。次にキャンプに行くときも、そのままボックスを車に載せるだけになるので積載も楽々♪
細かい道具は収納ボックスに入れっぱなしにしているので、忘れ物もなくなりますね。

車に積まれたキャンプ道具    

収納ボックスには色々なサイズや形のものが販売されています。ご自分のキャンプスタイルに合ったボックスを探してみるのも楽しいのではないでしょうか。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

食器


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪