初心者が買うべきテントはこれ!おすすめファミリーテントを比較してみた!

hinata

>

キャンプ

>

テント

>

初心者が買うべきテントはこれ!おすすめファミリーテントを比較してみた!

初心者が買うべきテントはこれ!おすすめファミリーテントを比較してみた!

 キャンプ

出典:コールマン

初心者向けのテントが各ブランドから販売されていますが、結局どのテントがおすすめなのか迷っていませんか?今回は4人家族を想定して、各ブランドのエントリー向けファミリーテント5種類を徹底比較しました!ぜひ最初のテント選びの参考にしてみてください♪


 目次


ぜひ知っておきたい、テントの基礎知識

   

出典:コールマン

キャンプに欠かせないのがテント!一人用から大人数用などのサイズの違いはもちろん、キャンプ場で使用するものや登山用などの目的によって機能性も大きく変わってきます。今回は、キャンプ初心者の方におすすめなテントをご紹介するために、キャンプ場で使用する一般的な4人用ファミリーテントに焦点を当てていきたいと思います♪

テントについて詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください♪

   

出典:コールマン

テントの基本的な構造として、インナーテントフライシートに分けることができます。先にインナーテントを組み立て、その後にフライシートをかぶせ、最後にペグという金具を地面に打ち込みテントを固定するペグダウンという作業をすれば設営完了です!

   

出典:スノーピーク

インナーテントの部分が、家族でシュラフを並べる寝室になります!4人家族を想定した場合、寝室の床面積がだいたい270cm×270cmほどあれば、荷物を置いても窮屈さを感じることなく過ごすことができます!かといって、大きすぎるテントは重くかさばります!荷物を置くことも考え、家族が快適に過ごせる余裕のあるテントを選びましょう♪

   

出典:スノーピーク

フライシートは雨や風からテントを守ってくれる働きをします!耐水圧という雨などの水がテント内にどれほど染み込まないかの値が設定されており、通常のキャンプでは耐水圧が1500mmあれば多少の雨でも安心です!耐水圧が高すぎても良いというわけではないので、通常のキャンプ場で張るテントの場合、初心者は1500mm前後を目安にしましょう♪

耐水圧について詳しく書かれた記事はこちら!

インナーテントの入り口の部分のことを前室といいます!フライシートで覆われていて、ここに脱いだ靴を置いたり、荷物を置いたりできます♪

以上がテントの基礎的な知識になります。

ペグやガイライン、テントに必要な用語がもっと知りたい方はこちら▼

3つのポイントで見る、初心者におすすめのテント比較&選び方

それでは実際に、テントをみていきましょう!今回は有名な4つのアウトドアブランドに加え、hinata編集部おすすめのブランドを加えた5種類のブランドのテントを比較したいと思います♪

5つとも4人家族のファミリーキャンプに必要最低限の室内の広さと、耐水圧は備えています!いったいどこが違うのか、いくつかのポイントを挙げてチェックしたいと思います♪

今回のチェックポイントは、
1.価格
2.設営のしやすさ
3.その他の機能やデザイン


です!上の3項目についてみていきたいと思います♪

アウトドアブランドの大定番コールマンから、BCクロスドーム 270をご紹介します!初心者向けのシンプルな構造のドーム型テントです。

価格は24800円とコールマン商品の中でも低価格になっています。初めてテントを購入する方には高すぎなくてお手頃価格だと思います♪

設営方法は、まずポールをインナーテントのスリーブに通して、立ちあげます。その上からフライシートをかぶせて、先ほど説明したペグダウンという作業で完成する、一般的な設営方法です!初心者でも慣れれば15分ほどで設営することができます♪

低価格でも性能は十分!テント内のサイズは270cm×270cm×高さ175cmと、4人家族が過ごすには十分な広さです♪耐水圧は1500mmと雨をしのぐには十分!骨組みはしっかりしているので、風にも強くなっています!

おすすめポイント!
コスパ抜群の定番テント♪
なるべく出費を抑えたい人に!

コールマンの初心者用テントについてもっと詳しく知りたい方はこちら▼

こちらもキャンパーから多くの支持を集めるアウトドアブランド、スノーピークアメニティドームです!先ほどのBCクロスドーム 270と同様のドーム型テントで、スノーピークの定番モデルになっています♪

価格は32000円と、先ほどのテントと比べると高い印象です。スリーブ式のドーム型テントなので、設営方法はBCクロスドームとほぼ同じです!寝室の床面積も同じ広さで、若干高さが低くなっています。

   

出典:スノーピーク

このテントの特長として前室が広く、靴だけではなく多くの荷物を置くことができます!雨にも強いので、荷物が濡れる心配もありません!パネルを跳ね上げることで、前室をさらに広げることができ、テーブルを置いてリビングとして過ごすこともできちゃいます♪

またテントの価格が高い分、性能も高くなっています♪ 通常、テントの耐水圧は生地全体の平均の値で出しているので、表示されている値よりも耐水圧が低いことがあります。一方、スノーピークのテントは全体の最低値を表示しており、表示よりも実際の耐水圧が高くなっています!強い雨に降られても、テント内は安心なんです♪

テントの形状も、風に対して強い設計になっており、風に強いんです。もし雨風が強くてもこのテントなら、家族を守ってくれますね♪

おすすめポイント!
前室が広くて使いやすく、天候が悪くても安心!
先を見据えて本格的にキャンプを始めたい人に!

テントを大事に永く使いたい!というかたにおすすめのスノーピークのテントを詳しく知りたい方はこちら▼

ロゴスナバホTepee 400です!先ほどの2つのテントとは変わって、円錐のティピー型テント!今キャンパーの中で流行っているデザインのテントです♪

価格は28800円とファミリーテントとして一般的なお値段。

   

気になる設営方法ですが、テントの内部にポールを一本立てるだけ!あとはペグダウンすれば完了で、初心者でも簡単に設営することができます♪

テント内のサイズは400cm×345cm×高さ235cmとなっており、少し大きく感じられますが、真ん中にポールがあり、テントの形状から端の部分が狭くなっているので、実は4人家族ちょうど良い大きさ!何よりもナバホ柄という独特なデザインで、人とは違うおしゃれなテントを求めている人におすすめです♪

おすすめポイント!
流行りのティピー型!設営は簡単で、デザイン性が高い♪
おしゃれにキャンプを楽しみたい人に!

初心者におすすめなロゴスのおしゃれテントをもっと知りたい方はこちら▼

モンベルの定番のドーム型テントのムーンライト7型です!価格が68000円とちょっと初心者には高価格かもしれません。しかし、ベテランキャンパーも納得の設営の簡単さと居住性の高さを誇るんです♪

設営方法は、先に組み立てたポールにインナーテントをぶら下げる吊り下げ式になっています!同じドーム型のテントでも、BCクロスドームやアメニティドームと異なり、テントのスリーブにポールを通す手間が省けます!「ムーンライト」の名の通り、月明かりの下でも設営が簡単なテントです♪

また普通のドーム型テントよりも立方体に近い形状をしており、天井が広く、室内が広く感じられます♪通気性も抜群で、夏でもテント内で涼しく快適に過ごせます!安定性が高く頑丈な作りになっているのも、安心して過ごせるポイント!

またちょっと変わった形状でかっこいいというキャンパーも多く、デザイン性の高さも人気です!

おすすめポイント!
設営が楽ちんで、通気性や安定性が高く、快適な居住性が魅力です♪
快適なキャンプを追い求めたい人に!

登山でも使えちゃう高性能なテントがおすすめのモンベルのテントをもっと詳しく知りたいかたはこちら▼

最後に紹介するのはケシュアというヨーロッパNO.1を誇るブランドの2 SECONDS XXLです! 価格は28552円とロゴスのティピー型テントと同じくらいで、初心者でも手を出しやすい価格です♪

一見普通のドーム型のテントに見えますが、なんとテント本体が2秒で設営できちゃうんです!ポップアップテントと呼ばれており、ケースから出して広げるだけで設営できちゃいます♪とにかく設営を簡単にしたいという方におすすめです!

   

出典:naturum.co.jp

寝室は天井が若干低いので、狭く感じられるかもしれませんが、前室がとても広く、荷物やテーブルを置けるので、寝室のスペースを広く使うことができます♪

いわゆる折り畳み式のテントなので、本体の頑丈さが心配な方もいるかもしれません。 しかし、4時間の間も激しい雨にさらされる防水性のテストや強風にあおられる耐風性のテストをクリアしており、テントの安定性も問題ありません♪

おすすめポイント!
たった2秒で設営できて、広々過ごせる!
テント設営のわずらわしさを感じたくない人に!

テントの設営に不安のある方向け、ケシュアのテントを詳しく知りたい方はこちら▼

比較ポイントまとめ

   

5つのテントの特徴をまとめたものがこちら!

最初のテントは安くい方がいいという方にはコールマンがおすすめ!天気が悪くても安心で、長く使いたいという方にはスノーピーク。設営が簡単で、人目を惹くロゴスか。はたまた奮発して、テント内で快適に過ごせるモンベルか。とにかく設営の簡単さを重視したいならケシュアを選ぶのもアリです♪

まとめ

5ブランドのテントをおすすめポイントも合わせて、比較してみました!一度もテントを見たことがない人はスポーツセンターやアウトドアショップで、実際にテントを見てみるとイメージがわきやすいと思います!あなたにぴったりのテントを見つけて、楽しいキャンプを始めましょう♪

かさばるファミリーテントの収納場所・持ち運びに困ったら!

   

hinata trunk!は、自分のキャンプ用品を倉庫に預けておき、キャンプに行く時だけ現地に配送できるサービス。 スマホ上でキャンプの準備が完了するので、自宅の収納場所も、キャンプ場までの持ち運びも必要ありません!

かさばるファミリーテントの収納場所・持ち運びにお困りの方は、hinata trunk!を一緒に使って不便を解消してください♪

hinata trunk!を詳しく見る


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner