人気ファミリーテントおすすめ22選!キャンプ初心者は使用人数で選ぼう!

キャンプ用品

川沿いでキャンプを楽しむ家族

出典:PIXTA

初心者向けのキャンプ用テントはいくつもありますが、結局のところ、どのテントを選ぶのが良いのでしょうか。今回は、そんな悩みを抱えるファミリーのために、コールマンやスノーピークなど各ブランドの人気テント5種類を「設営が簡単」「テント内が快適」などの点から徹底比較。くわえて、おすすめの全22種類のテントを紹介します。


 目次


知っておきたい、テントの基礎知識

いくつかのテント

出典:Pixabay

おすすめのテントを紹介する前に、ぜひ知っておきたいテントの基礎知識について紹介します。

多種多様にあるテント

キャンプを楽しむ際に欠かせないテント。その種類は実にさまざまで、どれを購入すればよいものか、迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。テントは、一人用、大人数用などのサイズの違いはもちろん、キャンプ用か登山用かなどの用途によって機能性も大きく変わるもの。今回は、キャンプ場で使用する一般的な4人用ファミリーテントに焦点を当てていきたいと思います。
テントには大きく分けて5つに分けられます。最もポピュラーで設営が簡単なドーム型、寝室とリビングスペースと作り出すツールームテント、広い居住空間を確保できるティピー型テント、足元のスペースを確保できるベル型テント、小屋のような形をしたロッジ型テントがあります。それぞれ特徴が異なるため自分のキャンプスタイルを想像しながらえらんでみてください。

▼テントについて詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください!
▼テントの買い替えを検討している人はこちらの記事をどうぞ。

テントの仕組みとは

テント設営の様子

出典:PIXTA

テントは基本的に、インナーテントとフライシートの2つのパーツでできています。よくあるドームテントであれば、まずインナーテントを組み立てるところから。完成したインナーテントにフライシートをかぶせて、最後にペグという金具を地面に打ち込んで、テントを固定する作業(ペグダウン)を行えば、設営が完了します。

▼ペグについて詳しく知りたい人はこちらの記事も読んでみてください!

大きすぎないテントを選ぼう

テントと家族

出典:PIXTA

インナーテントは、シュラフを並べる寝室。4人家族での寝泊りを想定した場合、寝室の床面積が約270cm×270cmほどあれば、荷物を置いてもきゅうくつになることなく、快適に過ごせるでしょう。大きすぎるテントは重くかさばってしまうので、大きすぎない程度に、ゆったりと過ごせるサイズのテントを探すのがおすすめです。

耐水圧は1,500mmほどのものを

テントにくっつけたタープ
雨や風からテントを守ってくれるフライシート。フライシートには、雨などの水がテント内にどれほど染み込まないかを示す値「耐水圧」が設定されています。この耐水圧はテントがどれだけの雨に耐えられるかどうかの指標になります。通常のキャンプであれば、耐水圧は1,500mmほどあれば、多少の雨でも安心です。

▼耐水圧について詳しく書かれた記事はこちら!

インナーテントの入り口は前室と呼ばれる

インナーテントの入り口の部分は前室と呼ばれます。フライシートで覆われたこの部分は、脱いだ靴を置いたり、荷物を置いたりして活用できます。

▼ペグやガイラインなど、テント用語がもっと知りたい方はこちら。

ポイントは4つ!はじめてのテント選び

続いては、選ぶ際のポイントについて見ていきましょう。

何人でテントを使うか

・

出典:pixabay

テントを購入する際は、使う人数と1名分余裕のあるテントを選ぶと、ゆったりとスペースが取れるので快適です。どのテントも床面積と高さが記載されています。スペックを確認してどのくらいの広さかをイメージしておくと、あとで失敗することがありません。コンパクトに持ち歩きたい人は使う人数のサイズで大丈夫です。

家族が多い場合は、2ルーム型テントがおすすめです。荷物がリビングにおけるので、寝室スペースが広くなります。テント内の高さが欲しい方は、ティピー型がおすすめです。

値段は2〜3万円くらいを目安に

説明書を見ながらテントを立てている女性
次に気になるのが価格帯。安ければ安いほど、うれしいという人は多いはず。ですが、テントの場合、安さだけで選んでしまうのはやや危険です。理由は、テントの値段はスペックとほぼ連動しているから。たとえば、1万円を切るような明らかに安い価格帯のテントは、雨や強風などの天候の変化に対応できないものが多いです。

一方、雪山で使えるほど丈夫なテントは、軽量な生地や高強度ポールを使用しているため、10万円をこえるものも少なくありません。ですが、初めてのキャンプであれば、そこまでハイスペックである必要はないのでご安心ください。

最低限の価格帯として目安にしてほしいのは、4〜5万円。春から秋にかけての比較的過ごしやすいシーズンであれば、十分快適に過ごせます。

設営がしやすいのはドーム型とワンポール

テント設営の様子

出典:DragonImages / ゲッティイメージズ

テントは構造によって、建てやすいか、建てにくいかが大きく左右されます。中には1人で設営可能なものも。バタバタしやすい初めてのファミリーキャンプでは、できるだけ簡単に設営できるテントが好ましいでしょう。

特に設営が簡単なのは、ドーム型テントとワンポールテントです。ドーム型テントは、容易に自立するので、ポールを立ちあげた後にペグダウンすることが可能。ワンポールテントは、フロアをペグダウンして固定しておけば、中心のポールを立ちあげるだけで設営でき、とても簡単です。

逆に2ルームハウス型のテントは、ある程度要領が分かっていないとバタバタしてしまい時間がかかります。そのほか、ワンポールテントであっても、コットン素材のものは非常に重量があるため、初めてのキャンプにはおすすめできません。デザインが好きでどうしても使いたい場合には、事前に設営練習をしてから当日臨むことをおすすめします。

▼テントの種類について詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

使いたい季節に合わせて、機能性をチェック

夜のテント

出典:zimindmitry/ゲッティイメージズ

忘れてはいけないのが、通気性や耐水圧などの機能性。上記で触れたような4〜5万円のテントの場合、おおよそ最低限のスペックはあるものの、どの季節に使うかによって、テントにあったほうが良い機能性が異なります。

たとえば、夏休みの一番暑いシーズンにキャンプをするなら、通気性に優れたモデルを選ぶべき。梅雨時期の利用も検討するなら、フロアの耐水圧は3,000mmのものを選ぶと安心です。冬もキャンプをしたい場合には、フライシートと地面の間のすき間を埋めてくれる"スカート"のあるテントを選びましょう。

テント内の居住性も重要

テント内の様子

出典:Diy13 / ゲッティイメージズ

テントは、キャンプにおける家のような存在。快適に過ごせるか否かは大きなポイントになります。心地よい空間で寝起きし、宿泊の翌日も元気に動けるようにしたいもの。たとえば、通気口の役割を果たしてくれるベンチレーション機能など、居住性が向上する機能がついているテントがおすすめです。

4人向けブランドテント、5種類を比較!

続いては、有名な5つのアウトドアブランドテントを比較しながら紹介したいと思います。5つとも、4人家族のファミリーキャンプに必要最低限の室内の広さと、耐水圧を備えています。どこがどのように違うのかチェックしていきましょう。

▼コールマンの初心者用テントについてもっと詳しく知りたい方はこちら。
▼テントを大事に永く使いたい!という方におすすめのスノーピークのテントを詳しく知りたい方はこちら。
▼初心者におすすめなロゴスのおしゃれテントをもっと知りたい方はこちら。
▼登山でも使えちゃう高性能なテントがおすすめのモンベルのテントをもっと詳しく知りたい方はこちら。

用途に合わせてブランドを選ぼう!

ファーストテントはなるべく安いものを…、と考える人にはコールマンがおすすめです。悪天候でも安心できて、長く使えるものを…、と思う人におすすめなのはスノーピーク。設営が簡単で人目を惹くのはロゴス。お値段ははりますが、テント内でバツグンに快適に過ごせるのはモンベル。ナチュラルカーで、機能性も捨てがたい方はホールアースがおすすめです。

これで安心!テント設営の準備

テントを購入していよいよキャンプを楽しもう!と思っている皆さん、ちょっと待ってください。テントを張る際の注意点などは知っていますか?キャンプを楽しむために正しいテントの張り方を学んでいきましょう。

テントを張る場所を決めるときの注意点!

テントの設営

①水はけのよい場所を選ぼう!

くぼ地や周囲よりぬかるんでいる土地を選んでしまうと、雨が降ったときに水が溜まってしまいます。テントは居住スペースのため、水が内側に侵食してくるのは避けたいもの。できるだけこれらの土地は避けるようにしましょう。

②川辺は危険!

川辺で涼みながらキャンプを楽しみたい…などと考えるかもしれませんが、川原にテントを張ることは大変危険です。川の上流で雨が降った場合、急激に水かさが増えることも珍しくありません。川原がテント設営場所として管理されている場所以外では、川原にテントを張ることは控えたほうが安全です。

③天気が良ければ木の下でもOK!

木の下は直射日光を避けられ、水はけが良いところが多いというメリットがあります。しかし一方で、雷が落ちやすいというデメリットも。天候が荒れているときには特に危険なため、避けるようにしましょう。

ドーム型テントの設営方法をチェック!

テントの基本形であるドームテントの立て方の動画です。事前にチェックして、立て方を確認しておきましょう。

【手順1】インナーテントを立てよう

まずはテントをしっかりと広げましょう。テントに付属しているポールを通す穴に順番に通していきます。順番はテントによって異なるため、説明書を参考にしましょう。四隅のエンドピンをポールに差し込むことでインナーテントが立ち上がります。

【手順2】フライシートをかぶせよう

フライトシートは、雨や風の影響を抑えてテント内で快適に過ごすためにかぶせる、インナーテントのカバーのようなもの。ずれるとかっこ悪いので、四隅をしっかりとインナーテントと合わせましょう。

【手順3】ペグを打ち込んだら完成

最後にインナーテントとフライシートをペグで固定すれば完成。45度の角度で打ち込むとしっかりと安定します。テントは風に弱いので、ペグでしっかりと固定するようにしましょう。

▼もっと詳しく見たい方はこちらをチェック!

ファミリーにおすすめ!ツールームテント2選

ここまではドーム型やワンポールのテントをご紹介してきましたが、最近多くのキャンパーが使っている「ツールームテント」も使い勝手がよくおすすめです。特に人数の多いファミリーキャンパーからの人気が絶大。タープを購入せずとも、リビングスペースがついてくるのも魅力です。

ほかのテントに比べ、設営の難しさはありますが、慣れればスムーズに組み立てられるようになるため、気にせず購入する初心者キャンパーが多くなっています。

▼ツールームテントについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

人気テントランキング!本当の人気おしゃれテントは!?

初心者向けのテントを紹介してきましたが「せっかくテントを買うのなら、とことんおしゃれなものが欲しい!」という方も多いはず。そこでここからは、2019年に集計した、実際にインスタグラムに投稿しているおしゃれなキャンパーのテントランキングを紹介します。

▼サーカスTCについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!
▼レイサについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!
▼ヘキサライト6Pについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!
▼ランキングの4位以降はこちらからチェック!

初心者におすすめ!セットパッケージ2選

テント以外にも、キャンプに挑戦する際に揃えておくと便利なものはたくさんあります。ここでは、キャンプであると便利なアイテムがテントとセットになったパッケージを紹介。それぞれ単体で購入するよりもリーズナブルなため、ゆくゆくはキャンプアイテムをそろえていきたいと考えている方はチェックしてみてください。

シックなデザインがかっこいいテント2選

せっかくテントを購入するなら、使っているだけで気分が上がるようなデザインだとうれしいもの。「かっこいいテントが欲しい!」というなあなたにおすすめのテントをピックアップして紹介します。

商品名ムラコ グスタフ4p
エムエスアール パパハバNX
画像ムラコ グスタフ4pエムエスアール パパハバNX
収納サイズ70×20×20cm53 x 17 x 17 cm

▼そのほか、人と被りにくい海外のギアを紹介した記事はこちらをチェック!

キュートな形のテント2選

ここでは形がかわいいテントを紹介します。女子キャンパーにはおすすめのラインアップです。

商品名ノルディスク ユドゥン5.5
Colemanのオアシステント
画像ノルディスク ユドゥン5.5Colemanのオアシステント
特徴長方形フロアコットン素材のインナーテント

▼ノルディスクのテントについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

簡単設営!「オアシステント」

Colemanのオアシステント

出典:Amazon

真夏でも涼しいコットン素材を使用したコールマンのオアシステント。70年代の名作オアシスのリバイバルモデルでシンプルな見た目が魅力的です。3本ポールで簡単に設営できます。

【基本情報】
  • サイズ:300×240×155/200cm
  • 収納サイズ:92×25×31cm
  • 重量:17kg
  • 耐水圧:2000mm
  • 使用人数:6人

【hinataのおすすめポイント】
・3本ポールで簡単に設営できる
涼しいコットン素材のインナーテント

簡単に設営できるワンタッチテント4選

ここでは設営が簡単なワンタッチテントを紹介します。面倒な設営を避けたい人にはぴったりです。

ファミリーでスペースに余裕を持ちたいなら大型テント

テントを買って、寝るスペースは確保できたけど案外狭いと感じた方も多いと思います。そんな方におすすめなのが大型テント。大型テントはその名の通り、対応人数が大きくスペースにも余裕ができます。ファミリーキャンプでは、テント内で子どもが遊べるスペースを確保できるのもうれしいポイント。そんなファミリーキャンプでも活躍する大型テントについて紹介いきます!
芝生の上にBell Tentが組み建てられた様子

出典:Amazon

大型テントの過ごし方

大型テントの過ごし方は人によってさまざま。スペースに余裕ができるのでテント内にローテーブルやローチェアを置いてリビング空間にしたり、インナーテントを入れずに食事スペースにすることも可能。特に小さなお子さんがいれば安心して裸足で遊べるスペースも確保できます。

是非大型テントを活用し、キャンプの楽しみを増やしてみてください!

おしゃれな大型テントおすすめ2選

▼大型テントについてくわしく知りたい方はこちらをチェック!

お気に入りのテントでファミリーキャンプを楽しもう

家族で楽しめるサイズのテントや、テントと一緒に買っておきたいアイテムなどを紹介しました。まだ一度もテントを肉眼で見たことがないという人は、スポーツセンターやアウトドアショップで、実物を見てみるとイメージがわきやすいです。あなたにぴったりのテントを見つけて、楽しいキャンプをはじめましょう。

▼こちらの記事も読まれています。

今回紹介したアイテム

商品画像 コールマン(Coleman) テント BCクロスドーム 270 グリーン 4〜5人用 2000038429 スノーピーク(snow peak) テント アメニティドームL 6人用 SDE-003RH ロゴス(LOGOS) Tepee ナバホ400セット-BA 71809522 ベージュ (約)幅400×奥行345×高さ235cm モンベル(mont-bell) テント ムーンライトテント 5型 グリーン GN [4~5人用] 1122289 ホールアース(ホールアース) EARTH DOME 270 IV WE23DA06 SBEG (サンドベ-ジュ/FF/Men's、Lady's、Jr) [ロゴス] LOGOS キャンプ ツールーム テント グランベーシック トンネルドーム XL-AG ホワイト 71805023 コールマン(Coleman) テント タフスクリーン2ルームハウス MDX テンマクデザイン サーカスTC [ノルディスク] Nordisk Reisa 6 PU レイサ 6人用 テント 122032 Dusty Green ツールーム ドーム テント [並行輸入品] NEMO(ニーモ・イクイップメント) ヘキサライト 6P キャニオン NM-HEX-6P-CY スノーピーク(snow peak) テント エントリーパックTT SET-250H 4人用 (新品番) コールマン(Coleman) テント タフドーム 3025 スタートパッケージ グリーン 4〜5人用 2000027279 [MURACO(ムラコ)] Gustav 4P T013 MSR (エムエスアール) パパハバ NX Papa Hubba NX 4人用 37007 バックパックテント [並行輸入品] NORDISK(ノルディスク) アウトドア テント ユドゥン5.5 レガシーシリーズ 3~4人用 *Japanタグ付き 【日本正規品】 242022 Whole Earth テント 3〜4人用 アウトドア ワンタッチテント240エントリーセット WE27DA23 キャンプ用品  (メンズ、レディース) Coleman(コールマン) 8人用 インスタントテント ワンタッチ 簡単組み立て 1分で設置可能 2部屋にも分割可能 ブラウン [並行輸入品] DOD(ディーオーディー) ザ・ワンタッチテントL 初心者向け 広い前室付き【5人用】 T5-674-KH キャプテンスタッグ キャンプ用品テント 【4-5人用】 CS クイックドーム250UV キャリーバッグ付 M-3135 大型コットンベルテント 6m ストーブジャケット付き 防水 キャンプ用ファミリーテント [並行輸入品] 贅沢な防水綿のキャンバスの家族のキャンプテントキャンプ場のホテルのテントBell Tent (Cotton Canvas Tent, 直径6メートル)
商品名 コールマン BCクロスドーム/270 スノーピーク アメニティドームL ロゴス LOGOS ナバホTepee 400 モンベル ムーンライトテント 5型 ホールアース アースドーム270 ロゴス ツールーム テント グランベーシック トンネルドーム XL-AG タフスクリーン2ルームハウス 1位 テンマクデザイン サーカス TC 2位 ノルディスク レイサ 3位 ニーモ ヘキサライト6P スノーピーク エントリーパックTT コールマン タフドーム/3025スタートパッケージ ムラコ グスタフ4p エムエスアール パパハバNX ノルディスク ユドゥン5.5 ホールアース 240エントリーセット コールマン インスタントテント ワンタッチ DODワンタッチテント キャプテンスタッグ CS クイックドーム250UV 大型コットンベルテント Bell Tent
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る Amazon で見る Amazon で見る
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪