キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

コールマン「ウェザーマスター」の2ルームテントが便利すぎる!

コールマンから出ている最高峰モデル「ウェザーマスター」。今、「コーチ」「コクーン」「STD」といった「ウェザーマスターシリーズ」の2ツールームテントにグッと注目が集まっています。理想的なアウトドアアイテムを集めた最高峰モデルに憧れるベテランキャンパーや、良いものを長く使いたいと考えているキャンプ初心者にも人気の「ウェザーマスターシリーズ」の2ツールームテントの魅力を紹介します。

そもそもコールマンウェザーマスターシリーズって?

キャンパーならば誰もが知るアウトドアブランド「コールマン」が、2004年に日本のアウトドアシーンの理想を追求するために発表した「マスターシリーズ」。なかでも「ウェザーマスター」は、その「マスターシリーズ」の一つで、日本の四季に対応できるテントやタープの最高峰モデルとして位置づけられています。 「ウェザーマスター」の理念は、“気まぐれで変化に富む、日本の気候や風土でも究極の快適さを実感することができる”こと。その理念どおり、常にユーザーを満足させるクオリティの高い商品を揃えています。

日本の高温多湿の気候に対応!

「ウェザーマスター」のテントは、主に使用するシーズンによって必要な機能を盛り込み、テントで過ごす時間がより快適になるように工夫をしています。ドーム型テントの商品ラインナップは、高温多湿となる暑い時期の使用をメインにした夏用、寒い冬の時期でも快適に過ごせるオールシーズン用に分けられるほど。

夏も冬も同じテントで宿泊可能!

「日本の夏」に対応するため、空気を循環し自然の風を取り込む広いメッシュのベンチレーション、通気性を高めるコットン混紡のインナーテントなどを採用しています。
ベンチレーションは3種類あります。 まず、「アンダーベンチレーション」は、側面から地表の新鮮な外気を取り込むためのもの。フライシートの張り出しが広いので、雨天の時でも雨の侵入は気になりません。そして換気性能を効率的に行うために、熱い空気がたまりやすいテントの上部に大きく設けてある「トップベンチレーション」。さらにキャノピー下側からドアに通じる「ドアベンチレーション」で、風向きに関係なく、外気を取り入れることができます。
ベンチレーションシステムをさらにバックアップするのが、コットンとポリエステルを混紡したインナーテント。防虫、防かび、抗菌、撥水加工を施し機能性が高いことはもちろんのこと、湿気を吸う天然素材のコットンがテント内をさらっとした心地よい空間にします。
テントのすそに装着されている開け閉め自在のスカートは、地表からの冷気をガードし、温まっているテント内の空気も逃さない役割を果たしています。反対に夏には、ベンチレーションを開放することで、空気の流れを作って熱気を追い出します。さらに、フライシートとインナーシートに十分な空間を設けることにより、結露や湿気を防ぎ、雨の日のキャンプも過ごしやすくしています。

ウェザーマスターの2ルームテント3つの比較とおすすめポイント

ウェザーマスターのテント比較表
今まで見てきたように、気温、雨風、湿気などあらゆる天候に対応しているウェザーマスターシリーズ。現行品3種類のそれぞれの違いを比較表で抑えておきましょう。
他のコールマン製テントと比較したい方はこちら!

コールマンウェザーマスターをお供に出かけよう

ユーザーの視点に立ってこだわりをもって作られた、「ウェザーマスター」の2ルームテントの人気の理由がお分かりいただけましたか?これからもメーカー最高峰モデルとして、日本のアウトドアシーンでファンを増やしていくことは間違いないでしょう。少しずつ肌寒くなってきたこの季節、あなたも新たなキャンプの楽しみを探しに、2ルームテントをお供にフィールドに出かけてみてはいかがですか? ▼スクリーンタープやヘキサタープなど、コールマンのタープについて詳しく知りたい方は、こちらもチェック!ウェザーマスターシリーズのタープも紹介中!
▼テント以外にも、コールマンの人気ギアをチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン ウェザーマスター ワイド2ルーム STDコールマン ウェザーマスター ワイド2ルーム コーチコールマン マスターシリーズ ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーン2
商品名コールマン ウェザーマスター ワイド2ルーム STDコールマン ウェザーマスター ワイド2ルーム コーチコールマン マスターシリーズ ウェザーマスター ワイド2ルーム コクーン2
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事