スノーピークのテントおすすめ16選!人気〜新作まで全て紹介!

 キャンプ用品

夕暮れ時のスノーピークのテントと海

出典:スノーピーク

スノーピークのテントは、デザインも良く品質も抜群。今回は、そんなスノーピークのテントの魅力と、初級者向け〜上級者向けまで、キャンプレベル別におすすめのテントを紹介します。定番のアメニティドームやランドロックから2019年最新モデルも!


 目次


スノーピークのテントはここが違う!3つの魅力

①快適なのに、抜群の耐久性!

スノーピークのテントの耐久性    

出典:スノーピーク

スノーピークのテントの特徴は、何と言っても背の低さ!確かに、背の高いテントは立って作業をするのに便利です。しかし、アウトドアにおいては風のダメージを受けやすく、場合によってはフレームの破損や崩壊を招く原因にもなります。スノーピークのテントシリーズは、地上高を最低レベルに抑えながら、シルエットの丸みを持つ部分を多くしているので、風がテントの上を通っていくように設計しています。一方で、メッシュ部分のレイアウトを工夫することで、通気性を確保しています。スノーピークのテントは、耐久性も快適性も両立しているのです!

②シンプルなのに、おしゃれなデザイン!

木々の間に設置された雰囲気の良いスノーピークのテント    

出典:スノーピーク

おしゃれキャンパーに選ばれ続けるスノーピークのテントですが、デザインは至ってシンプル。色もシルエットも派手すぎず、落ち着いた雰囲気があります。スノーピークの本社は、職人の町として知られる新潟県の燕三条。スノーピークのテントは、常により良いものを作ろうという職人の思いから生まれています。シンプルなのに、おしゃれな究極の機能美を感じられるのは、そういった背景があるからかもしれませんね。

③他社を寄せ付けないアフターサービス!いつでも修理可能!

スノーピークのテントを修理に出す様子    

出典:スノーピーク

アウトドアグッズに、破損や汚れはつきもの。でも、テントは安い買い物ではありません。出来るだけ長く、愛着を持って使いたいですよね。スノーピークのアフターサービスは非常に充実しています。メーカーが自社製品に責任を持つのは当然との考えから、スノーピークは、製品に保証書をつけません。製品上の欠陥が原因の場合は、無料で修理または交換をしてくれます。破損の場合も、購入から何年経っていても修理をしてくれます!
また、雨で濡れたテントの乾燥サービスもあります。家族の思い出がたくさん詰まった道具を、何年も、何十年も使って欲しいというスノーピークの温かい思いが感じられます。

▼おすすめのアイテムや最新情報など、スノーピークについてもっと詳しく知りたい方はこちらもチェック!

はじめのテントはここから!初心者向けテントおすすめ4選

家族5人で利用してちょうどいいスペースです。
我が家は2018年現在で
・僕
・妻
・小学1年生
・保育園年長さん
・保育園年中さん
といった5人家族になりますが、広さ的にも十分です。
全員小学生になることを考えたら、下の子2人が低学年の間までは使えるかなーといった感じですね

おとうさんは工夫した

アメニティドームは、設営手順も分かりやすく、テントも高さも低いので1人で設営できます。

ただし、何度か設営して感じた事は、フライシートをかける時だけは2人いたほうが楽です。1人でも設営できますが、風がある時にはチョット手間取ります。

1人の場合、片方から「せいの!」でインナーテントにフライシートを被せて、逆側からたぐり寄せることになります。インナーテントの頂点まで、高さ 150cm、奥行き 150cm ほどあります。頂点に向かって上手にシートを投げ被せるテクニックが必要です。

魅惑のキャンプ

何より素晴らしいのが・・・
撤収が楽チン\(^o^)/
あれですよ・・・
撤収が一番の夫婦喧嘩の原因になりますから、
少しでも楽な方がいいです(笑)

キャンプ王に!俺はなるっ!

▼スノーピークのアメニティドームは、大定番モデル。詳しい選び方はこちらからチェック!

アメニティドームアップライトポールセット使用例    

出典:スノーピーク

オプションでアメニティドームアップライトポールセットを利用すれば、日よけがある空間を作り出すこともできます。

また、2019年4月12日より、スノーピークとLINE FRIENDSのコラボアメニティドームMも発売がスタートしました!フライシートと収納ケースにLINE FRIENDSキャラクターが印刷されたアメニティドームM、ぜひチェックしてみてください♪
詳細はこちら:スノーピーク

▼エントリーパックの魅力はこちらの記事をチェック!

快適性向上の中級者向けテントおすすめ4選

▼スノーピーク ランドロックの情報はこちらをチェック!

全てにおいてハイスペック!上級者向けテントおすすめ4選

スノーピーク タシーク

スノーピークのタシークテント    

出典:Amazon

通常シェルターは大型のものが多いですが、タシークは1人〜2人用のシェルターです。コンパクトにキャンプを楽しみたい一方、前室も付いていて取り扱いが容易なシェルタータイプが使いたい方は必見!オプションアイテムが多いので、自分のキャンプスタイルに合わせてカスタマイズできるのもうれしいポイントです。
(※残念なことに、タシークは廃盤になってしまいました…。お求めの際は、メルカリやネットオークションで探してみてください。)

【基本情報】
使用サイズ::270×150×160cm
収納サイズ:30×75×35cm
重量:17.0kg
収容人数:2人用

メルカリはこちら:スノーピーク タシーク

特殊用途に特化したテントおすすめ3選

スノーピーク ファル2

スノーピークのファル2テント    

出典:Amazon

登山に特化した軽量コンパクトなテント。耐風性にも優れており、登山でテントを使用するなら最適なテントです。2人用ですが、ゆったり寝たい方には1人で使用するのもおすすめです!

【基本情報】
使用サイズ:143×245×110cm
収納サイズ:直径17×33cm
重量:1,705g
収容人数:1人〜2人

タープやシェルターとの組み合わせもおすすめ◎

こちらは、アメニティドームのSとヘキサタープを「小川張り」と呼ばれる手法で連結したもの。通常はタープの真下にくるポールですが、「小川キャンパル」のセッティングテープを使用することでポールをテントの後ろ側にまでずらしています。こうすることで、テントの出入りにポールが邪魔になることもありません☆

アメニティドームと連結させたメッシュシェルターとメッシュシェルタートンネル    

出典:スノーピーク

こちらは、メッシュシェルターとメッシュシェルタートンネルをアメニティドームと連結させた例。広々で快適なリビングスペースが作れます。ウォールに可能な限りメッシュパネルを採用していることから、虫を入れることなく、涼しい風を取り込むことができます。

スノーピークのテントはどこでレンタルできる?

スノーピークキャンプフィールド

スノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールドでの夜のキャンプの様子    

出典:スノーピーク

新潟・箕面・奥日田と、全国に3箇所あるスノーピークが経営するキャンプ場「スノーピークキャンプフィールド」ではスノーピークのテントから小物のギアまで全てがレンタルできます☆
スノーピークのギアでキャンプをしてみたい!という方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

▼詳しくはこちらの記事をチェック

もちろん店舗でテントを買えます!

スノーピークのストアは、全国に広がっています。各店舗でテントを買うことによるメリットは、店員さんに直接質問ができること!特に初心者の方は、どのテントを選んでいいか分からないこともしばしば...。そんなとき気軽に、テント選びを相談できるのはいいですよね。

▼全国のスノーピーク直営店情報は、こちらでチェック!

中古でスノーピークのテントを探す!?

スノーピークのテントは、他のブランドと比べても高性能な分やはり高価…。どうしても欲しい!という場合は中古での購入を検討してみてもいいかもしれません◎代表的な中古販売サイトをご紹介します。

【ヤフオク!】

オークション形式の中古販売サイト。落札のタイミング見極めは難しいですが、スノーピークのテントも数多くシュッインされているので、一度探してみるといいでしょう♪タイミングが良ければ大幅に安くGETできるかも?
HPはこちら▶︎ヤフオク!

【メルカリ】

ヤフオク!に比べると割引率は低いですが、その分即決で購入できるので手間なく中古のスノーピークのテントを購入できます☆掘り出し物を探してみるといいかもしれません。
HPはこちら▶︎メルカリ

【楽天市場】中古市場

中古でも安心して購入できる楽天市場。手間いらずで購入でき、翌日配送も多いのも嬉しいポイントです◎ですが、ヤフオク!やメルカリに比べると出品数が少ないので目当てのテントが見つかる可能性は低いかもしれません。
HPはこちら▶︎楽天市場

まとめ

スノーピークのテントは、1日遊んで疲れた身体を休息させる快適なベッドルームです。初級者から上級者まで、すべての方が快適なキャンプを楽しめるようにとの思いがつまったテントで、アウトドアを楽しんではいかがでしょうか♪

▼スノーピークの2019年春夏のコレクションについて詳しく知りたい方は、こちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪