ワンポールシェルターならこれ!スノーピークのおすすめスピアヘッド2選

 キャンプ用品

河川敷に張られているスノーピークのスピアヘッドテント

出典:Amazon

スノーピークのワンポールシェルターといえば、スピアヘッドです。しかし、スピアヘッドが登場するまで、スノーピークにはワンポールテントがありませんでした。おしゃれなアイボリーデザインが目を引きますが、何より非常に広く連結も可能ということで、多くの方がスピアヘッドを愛用しています。この記事では、スノーピークのスピアヘッドの特徴からおすすめのアイテムまで詳しく紹介します。


 目次


人気のスノーピークスピアヘッドの特徴を解説!

スピアヘッドテントの内部    

出典:Amazon

スノーピークのスピアヘッドが人気を博した理由の一つは、やはりワンポールシェルターということです。スピアヘッド以前は、ワンポールシェルターが存在せず、ワンポールシェルターにこだわりがある人は、他のメーカーを選択する必要がありました。

しかし、スピアヘッドの登場により、スノーピークが好きでワンポールシェルターに興味を持っている方が注目を集め出しました。また、一般的なワンポールテントにはないデザイン、そしてスノーピークで珍しいアイボリーが限定ではなく定番カラーということで、心を奪われて購入を決意する方も少なくないようです。

スノーピークでドッグドームなどでアイボリー色が出始めていたのですが
実はアイボリー色には少し抵抗があり、まず我が家ではこの色の幕はないな・・・と思っていたのです。
しかーっしっ! 
このスピアヘッドは新商品発表会ですぐに目に入り、私達の心を鷲掴みにしたのです( ゚ ρ ゚ )はふん

柴犬 Coo と 空の日記

アイボリーが苦手と感じていた人ですら、実物を見て一目ぼれしてしまったようです。やはり、テントやシェルターは、見栄えも大事です。ラグジュアリーなスピアヘッドが人気になった理由と言えます。

スノーピークのスピアヘッドの豆知識

スノーピーク スピアヘッド    

出典:Amazon

意外に設置は簡単

スノーピークのスピアヘッドは、そのインパクトのあるデザインから、組み立てが難しく設置にかなり時間がかかりそうという印象を持ってしまいがちです。しかし、実際に設置してみると意外に手間がかからない構造となっています。

GWを利用して、庭で張ってみました! 初めての設営はおよそ40分ぐらい。 慣れれば20-30分ぐらいかなー。

man's blog

実際に購入して組み立ててみた方は、「初めての設置で40分程度」「慣れれば20~30分程度になるのではないか」と感じているようで、ある程度キャンプに慣れている方であれば、特に時間がかかるものでないという印象を持つようです。シェルターなため、いざ立ててしまえば、雨が降ってもインナーテントをぬらさずにのんびり設置できるというメリットもあります。

複数台連結が可能

スピアヘッドの特徴の一つでもあるのですが、複数台のスピアヘッドを連結できます。これによって、複数のリビングを作れれます。友達同士で連結しても楽しいかもしれませんね。スピアヘッド同士であれば、MでもLでも連結可能です。

しかも、スピアヘッド同士だけではなく、アメニティドームなどの通常のテントなどとも連結でき、連結することによって自分たちだけの最適なリラックス空間を作れます!

高機能なベンチレーション

シェルターで、注意しなければならないのが換気などのベンチレーション機能です。空気がこもってしまうと嫌な気分になりますし、火などを使ってしまうと一酸化炭素などが気になってしまいます。スピアヘッドは、最上部にベンチレーションが配置されています。

そのため、常に下から上へと空気が流れるような構造となっています。空気が滞留することなく、常に新鮮な空気がシェルター内にある状態となるため、フレッシュな気分で過ごせます。

使用スタイルによって選べるスノーピークのスピアヘッド2選

まとめ

スノーピークのスピアヘッドは、スノーピーク唯一のワンポールシェルターとして注目されています。個性的でスノーピークには珍しいアイボリーが定番カラーで、気になる方は多いのではないでしょうか。興味がある場合は、ぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼スピアヘッド以外にも、スノーピークについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪