キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

初心者におすすめ!設営も簡単なスノーピークのヴォールト

スノーピークのテント

出典:Amazon

これからキャンプを始めたいけど、どのようなテントを購入すればいいのかわからないという初心者は多いです。スノーピークのヴォールトは設営も比較的簡単であり、おしゃれなテントで、多くの方からの支持を得ています。ここでは、スノーピークのヴォールトの魅力について紹介します。

スノーピークのヴォールトが人気の秘密

テントの内側

出典:Amazon

スノーピークのヴォールトは、初心者キャンパー向けとして販売が開始されました。もともと、スノーピークで人気だったアメニティドームにあわせて、近年人気のカマボコ型テントを展開しました。 初心者向けということで、テント単体だけの販売だけではなく、テントとタープのセット販売などこれから始めたい人が購入しやすいような販売がされています。また、想定定員が3~4人ということで、キャンプを始めたいファミリー層がおしゃれなテントということで注目しました。

人気ブランドスノーピークのテントです。
キャンプ場でよく見かけますが、柱がしっかりしていて頑丈なイメージがあります。
ブランドで揃えたりしたらおしゃれなキャンプができそうです。

このように、人気のテントということでキャンプ場に行けば使っている人が多いものの、何かトラブルがあったとしても、助けてもらえる可能性があるため、初心者キャンパーにとっては安心して使えます。また、頑丈でしっかりと使い倒せるため、おすすめのアイテムです。

\スノーピークのテントをまとめてチェック/

Amazonブランドページ

そもそもヴォールトって?

スノーピークのテントのロゴ部分
ヴォールトとはアーチ状になっている建築構造のこと。今ではカマボコ型(トンネル型)と言われることもあります。

「カマボコ型」とは?

「カマボコ型」とは近年キャンプ場で大流行している、名前の通りカマボコ型をしたテントのこと。火付け役となったのは、DODから発売された「カマボコテント」です。このモデルに限らず、カマボコ型と呼ばれるテントはインナーテントをつければ2ルームテント、外せば広々としたシェルターに大変身します。

ヴォールトは初心者セット「エントリーパックTT」に入っているモデル

ヴォールトは単品でも購入できますが、ヘキサタープがセットになった「エントリーTTパック」というセットでも販売されています。お値段は単品購入よりもお得です! しかし、このエントリーパックTTは発売してすぐに完売。現在オンラインショップでも在庫がなく、入手難易度がやや高めになっているので中古屋オークションなども手に入れる手段として考えましょう。

スノーピークヴォールトの特徴を紹介!

スノーピーク ヴォールト

出典:楽天

便利なアウトフレーム構造

スノーピークのヴォールトの最大の特徴は、カマボコ型テント特有のアウトフレーム構造です。通常であれば、インナーテントが自立して、その上にフライシートを設置するという形なのですが、ヴォールドはフライシートにフレームを通して設営を行います。 そのため、雨が降ったとしてもフライシートさえ設営できれば、インナーテントを濡らすことなく設営できます。インナーテントは濡らしてしまうと乾燥に時間がかかってしまうため、初心者にとってかなり便利な機能です。

少人数であれば全室で食事も

ヴォールトはフライシートが大きいためインナーテントを設置してもまだ余裕があります。その部分を前室として活用可能です。たとえば、テントを利用するのが2人であれば、ローチェアとローテーブルを活用することでこの中で食事をできます。 もちろん、火などを使用することはできませんが、ちょっとした食事などができ、わざわざタープを設置しなくてもキャンプを楽しめます。また、3~4人で楽しむ場合は、その場所をプライベートスペースとして活用することも可能です。 たとえば、就寝時には遊び道具やクーラーボックスなどの、あまり表に置いておきたくないものの保管場所にできます。さまざまな使い方ができる前室部分の活用方法をいろいろ考えてみましょう。

ヴォールトの前室はアメドに比べてゆとりがあります。

設営が比較的簡単にできる

ヴォールトは初心者ファミリーキャンパー向けに開発されたということだけあって、設営が非常に簡単にできるようになっています。せっかくこれからキャンプを楽しもうというところなのに、テント設営に時間がかかってしまうのは残念ですよね。簡単に設営できることで、キャンプを楽しむ時間をたっぷり取れます。

シェルターとしても活用できる

ヴォールトはアウトフレーム構造でフライシートだけで自立できると紹介しました。これによって、シェルターとしても活用できます。フライシートだけ設置をして、インナーテントを設営しないこともできます。 デイキャンプのちょっとした休憩場所を作りたい場合に手軽に設置でき、さまざまなシーンで活躍すること間違いなしです。
▼スノーピークのテントをもっと知りたい方はこちら

ヴォールトの設営方法と時間は?

ヴォールトの構造は非常にシンプル!3本のフレームをスリーブに通し、アーチの形を作ります。入口の左右2カ所にペグダウンしてもう一方のフレームを持ち上げて引っ張るとトンネルの形状になります。 設営時間は初心者キャンパーでも2人で設営してテントだけなら約20分で設営ができるそう!2ルームタイプのテントをこの短時間で設営できるのは、かなりすごいです。

初心者におすすめのスノーピークのヴォールト!

スノーピークのヴォールトは、3~4人用の初心者ファミリー用テントとして、人気が高いです。カマボコ型テントなためドーム型と違い、広い前室を確保できます。アウトフレーム型で設営もとても簡単で、初心者におすすめです。ぜひ、これからキャンプを始めようという場合は、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

\スノーピークのテントをまとめてチェック/

Amazonブランドページ
▼「ヴォールト」以外にも、スノーピークについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事