無駄のないデザインが素敵!トンネル型テントの特徴とその魅力

hinata

>

キャンプ

>

テント

>

無駄のないデザインが素敵!トンネル型テントの特徴とその魅力

無駄のないデザインが素敵!トンネル型テントの特徴とその魅力

 キャンプ

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

キャンプを始めるためにテントを探そうとお考えの方!せっかくなら、お気に入りのテントを見つけたいですよね。今回はちょっと変わったテントをご紹介!トンネル型テントはカマボコテントとも呼ばれ、登山用や海外ブランドに多く見られるスタイルです。シンプルで特徴的なフォルムは日本で一時衰退していましたが、最近色々なところで目にする機会が増えました。そんなトンネルテントの魅力やおすすめテントをご紹介します!


 目次


不思議な形のトンネルテント。その特徴は?

   

風の抵抗を抑えるアーチ型フォルム

強風吹き荒れる山頂でも使われるトンネルテントは、風を受け流しやすいアーチ型の形状になっています。またその形状から多数のペグで固定されていますので多少の風雨ではビクともしません。夜間も安心して過ごせます。

シンプル!!

特殊な形状ながらその構造はとてもシンプルで、設営が非常に簡単です。既定の穴にポールを通して固定するだけでOK!慣れれば短時間で設営が出来ます。疲れていていち早くテントの中で休みたい、登山やツーリングにも向いているテントです。

大きさによって用途の違うバリエーション

大型のトンネルテントはほとんどがファミリーキャンプ用。家族みんなで広く使える前室と室内空間が特徴です。

一方1~2人用の小型トンネルテントは登山を想定した物が多いので、背が低く(風の抵抗を抑えるため)、小さく軽くてコンパクト(登山でも持ち運びしやすいため)です。テントの生地も悪天候に耐えうるような最良の生地を使っているので非常に薄くてもハイスペックなものが多いですし、ポールも細く強固な物が多いです。ただ、その分が高価な物が多いですね。もちろん登山用の山岳テントだってオートキャンプで十分使えます。ハイスペック過ぎるとは言われますが本物志向の方、良い物を長く使いたい方にはおすすめです。

無駄のないシンプルなデザイン。トンネルテントの魅力は?

   

海外ブランドの素敵なデザイン

日本のブランドではドーム型のテントを多く扱っていますが、海外ブランドではトンネルテントも多く扱っているんです。『おしゃキャン』ブームのおかげで、最近は海外有名ブランド製品も多数輸入されており、ネットでもすぐに購入できますので他人とかぶりたくない方にはおすすめ!自慢できるくらい憧れの一品を手にすると一層大事にしますよね!

少ないポールでしっかり支えるおしゃれデザイン

少数のポールだけで支えていますのでシンプルで独特の存在感を持ちます。大きいタイプのシルエットはさながらログハウスの様で簡易的な「テント」ではなく「家」のような安心感がありますよね。

トンネルテントのここに注意!トンネルテントの欠点は?

   

出典:ドッペルギャンガーアウトドア

トンネルテントは「非自立式」のテントです。ポールが交差していないので横方向にしか支えられていません。その為多数のロープとペグで前後に引っ張って地面に固定しないとテントとして利用できないんです。ペグがきちんと刺さっていなかったりロープの引きが足りないとグラグラとしたテントになってしまいますし、自立しないので慣れるまでは一人で設営するのは至難の業。

それでも美しく張られたトンネルテントはテントサイトに映える美しいデザインで機能性もバツグンなので、ファンの方も多いみたいです!

おすすめのトンネルテント5選

ヒルバーグ ケロン4 GT

   

出典:amazon.co.jp

ヒルバーグは北欧の厳しい環境でも耐えられる程のブランドで登山をする方にも人気です。中でも「ケロン」はヒルバーグのアイコンでもあるトンネル型テントのファーストモデルであり、ヒルバーグ社の象徴で1番タフなモデルの1つです。GTバージョンは前室部分が大型になり充分なフリースペースが魅力的。強度に反比例した重量と居住空間、更に両サイドからの出入りを可能にし、利便性も抜群です。

価格:150,000円(税別)
耐水圧:3,000mm(フロア耐水圧7,000mm)
定員:4人
使用時サイズ:510×210×110(h)cm
収納時サイズ:直径約23×63cm
重量:約5.5kg
購入はこちら:ヒルバーグ ケロン4 GT

ニーモ・イクイップメント モルフォエリート2P

   

出典:rakuten.co.jp

2004年にデビューしたNEMOのフラッグシップモデルであるモルフォ。ユニークなのがこのテントにはポールがありません!代わりに付属のチューブを専用のポンプで膨らませてポールとしてテントを支えるんです。空気で膨らむのでポールが折れた!!なんて困ることもありません。更に高い強度と耐風性、高い屈曲性で空気で膨らませただけとは思えないほどしっかりとした作りです。悪天候の際にはテントの中から膨らませることもできます。しかし専用ポンプ付属なので軽量化していますがその分かさばります。

価格:70,000円(税別)
耐水圧:防水透湿性素材仕様
定員:2人
使用時サイズ:264×163×107(h)cm
収納時サイズ:直径約18×28cm
重量:1.9kg
購入はこちら:ニーモ・イクイップメント モルフォエリート2P

さいごに

いかがでしたか?トンネルテントは独特な形状ので少々手が出しづらいですが、使ってみるとその魅力にはまってしまう人も少なくありません!テント選びに迷っている方はトンネルテントもぜひ検討してみてください!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

テント キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner