hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

ロゴス

>

2017春新登場「ロゴス グランベーシック」を先取り!実際にテントを立ててみました!

2017春新登場「ロゴス グランベーシック」を先取り!実際にテントを立ててみました!

 キャンプ

設営されたロゴスのグランベーシックシリーズのテント

ロゴスの新シリーズ『グランベーシック』が今年の2017年の春に登場します!このラインのフラッグシップモデルが今人気が高いトンネル型のテントです。今回、hinata編集部は実際に立ててその魅力を体験しました。グランベーシックが気になっている人は必見です。


 目次


ロゴスの2017春の新商品「グランベーシック」!

ロゴスグランドベーシックのロゴ    

ロゴスの高級アイテムライン「ロゴスプレミアム」に新たなシリーズ『グランベーシック』が登場します。ロゴスプレミアムはロゴスが「ゆったりした時間」と「特別な非日常空間」というコンセプトを掲げ、ちょっと高級なアウトドア体験をするために作ったシリーズです。

そしてグランベーシックは今までのロゴスにないナチュラルなデザインでより高級感を追求したシリーズです。昨年、2016年の秋に2017年の春販売開始と発表され、だんだんとその時期も迫ってきました。

今回hinata編集部が一足先にグランベーシックのトンネル型テントを実際に設営してみました!

フラッグシップモデル! トンネルドームXL-AG

ロゴスのトンネルドームXL-AG    

出典:ロゴス

トンネル型テントは人気上昇中のアイテムです。ドッペルギャンガーアウトドアの「カマボコテント」で人気に火がつき、今はノルディスクの「レイサ」やコールマンの「トンネル2ルームハウス(バーガンディ)」など様々なブランドからトンネル型テントが販売されています。

そしてロゴスからはグランベーシックのフラッグシップモデルでトンネル型テントが登場します。名前は「トンネルドームXL-AG」です!

オススメポイント①:ファミリーサイズ!

トンネルドームXL-AGの中の様子    

トンネル型テントの特徴は壁が立ち上がっているのでデットスペースが少なく、テント内を有効活用できること!このモデルも他のトンネル型テントと同じく、広々としています。

なお、グランベーシック含め、他のトンネル型テントのサイズはこちらです

テントの大きさ比較の表    

テントの高さが203cmと高かったので身長が185cmを超える僕も楽々立ち上がれました。しかし、この表を見るとグランベーシックが一番奥行きがないことに気がつきます。

普通のテントに比べて大きく、天井が高いので実際に建てた時には奥行きが少ないことはあまり気になりませんでした。4人〜5人のファミリーキャンプをするにはぴったりなサイズです。

オススメポイント②:立てるのが楽チン!

トンネルドームXL-AGの設営風景    

先ほどトンネル型テントにしてはサイズが小さいと言いましたが、だからこそメインポールが3本で済み、メインポールが4本ある他のトンネル型テントより手早く張ることができるんです。

今回は30分くらいかかりましたが慣れれば10分〜15分でテントを張ることができそうでした。実際に作業していて「これだけで本当にいいの?」と思ってしまったほど!

この、設営がしやすいというのもオススメポイントの1つ!メインフレームのポールが色分けされているので、組み立て時に迷いません。

このポールの色のおかげでテントの前と後ろもわかりやすいです。ポールをテントに通すのもテントの上部だけ!残りの部分はフックにかけるだけでOKとお手軽です。

インナーテントはつり下げ式なのでフックにかけて、ペグ打ちをするだけで設営完了!つけ外しが楽なので食事の時は外して広々とスペースを使い、寝る時だけインナーテントを吊るす、という使い方もできます。

オススメポイント③:しっかりした機能性

トンネルドームXL-AGのメッシュ部分    

出典:ロゴス

テントの入り口はテント前と後ろ、それにテントの両サイドです。テントの入り口は全てメッシュにして通気性をよくすることができます。テント後方もメッシュ面にすることができます。

インナーテントも前と後ろが開くので、設置しても通気性が悪くなることがありません。出入り口のメッシュとは別にテントとインナーテントそれぞれにベンチレーションが付いています!夏のキャンプは熱気がこもりやすいですが、これなら風通しがいい爽やかなキャンプができます。

トンネルドームにはすべての面にスカートがありますが、ノルディスクのレイサ6はスカートがありません。ここはトンネル型テントレイサ6と違っているポイント。これで風や冷気をしっかり防げるので冬でも使うことが可能です!

スカートを使うと空気がこもりやすくなるので結露も起こりやすくなりますが、先ほど書いたようにベンチレーションがしっかり付いているのでその心配はいりません。

このトンネルドームテントは1年中使うことができそうです!

トンネルドームの建て方

このトンネルドームを張るのは普通のテントより簡単かもしれません。手順を押さえれば高級感のあるテントがすぐ目の前に現れます!

Step1

テントの内容物    

最初に内容物を確認しましょう。テント本体、インナーテント、ガイロープにペグ。メインフレームのポールは三本だけです。キャノピーポールも2本入っていますが、今は使いません。

Step2

テントの底面を下にして広げ様子    

まずテント底面を下にして広げましょう。

Step3

ポールを通す様子    

テントに付いている目印の色とポールの色を合わせてテントに通していきましょう。通し終わったらフックをポールにかけます。最後エンドピンに差し込むことも忘れずに。

Step4

ペグ打ち    

そしてテントの後方(もしくは前方)2箇所をペグ打ちして仮固定します。

Step5

ペグをしっかりと打ち付ける様子    

仮打ちをしたらテントを起こしてしっかりペグ打ちしていきます。斜めに打ち込むとしっかり固定できます。

Finish!

トンネルドームXL-AGを設営した様子    

ペグ打ちが終わったら最後にガイロープを張って完了です!

Step+α

トンネルドームXL-AGのインナーテントを止めた内観    

インナーテントはつり下げるタイプなので、テントを建てたあとに設置します。インナーテントの底面後方はバックルで留めますが、前方側はペグ打ちをして固定します。

グランベーシック:オクタゴンタープ!

グランベーシックの他アイテム

チェアfor2

ロゴスのチェアfor2    

出典:ロゴス

座高が約32cmとロースタイルのキャンプにぴったりなチェアです。稼働部にはサビに強いステンレスが使われており、耐久性も考慮されています。フレームには軽い素材のアルミが使用されているので持ち運びもしやすいです。このチェアfor2は2人掛け用!1人掛け用のチェアfor1もあります。

価格:12,000円(税別)

丸洗いカウンター

ロゴスの丸洗いカウンター    

出典:ロゴス

キャンプは楽しいですが、キャンプ後の片付けが大変なのも本当です。今までテーブルは拭き掃除以外の掃除方法はありませんでした。しかしこのテーブルは水に強い素材を使うことで、テーブルを丸ごと食器と同じ感覚で水洗いすることができます。水をささっとかけて、ささっと片付けを済ませちゃいましょう!

価格:16,500円(税別)

モバイルラック

ロゴスのモバイルラック    

出典:ロゴス

組み立て式のモバイルラックです。食器や食材を出しっ放しにしていると砂埃や虫で汚れてしまうことがあります。いくら外を楽しむキャンプと言ってもそれは避けたい!そんな時にはこのラックの中に入れてジッパーをしめることで砂埃から食器や食材を守れます。PCやスマホなどの精密機器をしまうのにも良いですね。

価格:10,000円(税別)

高級感と使い勝手の良さ、グランベーシック!

設営されたロゴスのグランベーシックシリーズのテント    

ロゴスの新ラインのグランベーシック。高級感がありながら使い勝手も良く、人気が出そう!春の発売が待ち遠しいです!最近のグランピングブームもあり今後も高級感があるアイテムが流行りそうですね。


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪