タープおすすめ83選!人気は高機能型!形状・機能で選ぼう

 キャンプ用品

青空に映えるスターライトタープ

タープはテントと同じくキャンプの必需品です。最近ではコールマンやスノーピークをはじめとする多くのブランドから、さまざまなタープが販売されています。今回はタープの必要性や選び方からおすすめのタープまで、一挙紹介します!ぜひ参考にしてください。


 目次


\Amazonタープ売れ筋ランキング/

見てみる→

\楽天タープ売れ筋ランキング/

見てみる→

タープの種類と選び方

タープの種類ヘキサタープレクタタープスクリーンタープワンタッチタープ
イメージ
おすすめスタイルロースタイルハイスタイルグルキャンデイキャンプ
簡単設営★★★★★★★
軽量・収納性★★★★
設営アレンジ★★★★★★★★
耐風性★★★★★
メリット・設営が簡単
・開放感が抜群
・日陰面積が広い
・開放感が抜群
・虫の侵入を防げる
・1年中使える
・簡単に設営できる
デメリット・日陰面積が狭い・風に弱い・高価なものが多い・重い、かさばる、壊れやすい

タープの形状は次の4種類が主流です。


  • ヘキサタープ

  • レクタタープ(スクエアタープ)

  • スクリーンタープ

  • ワンタッチタープ



その他、車のサイドに取り付けるタープなどあります。それぞれのタイプにメリットとデメリットがあるので、タープを選ぶ際は実際の使い方をイメージして決めましょう!

1. スタイリッシュな形状と開放感が魅力!ヘキサタープ

ドッペルギャンガーアウトドアのヘキサタープ

出典:DOD

ヘキサタープは六角形(ヘキサゴン)の形をした1枚布のタープのこと。同じ長さと横幅のレクタタープと比べ、生地の面積が狭い分、より開放感があり風に強い点が魅力です。ぴんと張るときれいな曲線が出るので、曲線デザインのテントとコーディネートしやすい点も魅力。スタイリッシュさが人気の形状です。

一方ヘキサタープのデメリットは、同じ長さと横幅のレクタタープと比べ、生地の面積が狭い分、作れる日陰が小さい点です。形が六角形な分、きれいにたたむのに慣れが必要な点も注意です。

▼ヘキサタープについてもっと詳しく知りたい方はこちらをチェック!

2. 日陰の面積とアレンジの幅が広い!レクタタープ(スクエアタープ)

ライトアップされたテントとレクタタープ

出典:テンマクデザイン

レクタタープとは長方形(レクタングル)の形をした1枚布のタープのことで、スクエアタープとも呼ばれます。ヘキサタープに比べて日陰の有効面積が広くなるため、同じ横幅でも多くの人数をカバーできます。また、長方形であるため、ヘキサタープよりも、張り方のアレンジが効き、たたみやすい点もレクタタープの利点です。メインポール2本でも設営できますが、サブポールを4本追加すれば、状況や気分に合わせてさまざまな張り方ができます。タープの片側を閉じるように張ることで目隠しを作り、プライベートを確保する使い方もできる点も魅力です。

デメリットは、同じ長さ、横幅のヘキサタープに比べて、生地の面積が広いため、より風の影響を受けやすい点です。

3. 雨風に強く使い道豊富!カンガルースタイルも楽しめるスクリーンタープ(シェルター)

キャンプ場に張られたスクリーンタープ

出典:スノーピーク

スクリーンタープはシェルターとも呼ばれる、壁のある形状のタープです。見た目はテントのようですが、テントのような、寝室となるインナーテントが付属しない点が違いです。スクリーンタープ(シェルター)はサイドシートを閉めることで雨風や寒さから身を守れます。

メッシュドアを備えた製品を選べば、通気性開放感を保ちつつ、虫の侵入も防げます。さらに小型のテントをスクリーンタープ(シェルター)の中に張ることで、カンガルースタイルと呼ばれる、冬の寒さに強いレイアウトも楽しめる点も魅力です。壁がついている分、プライベートな空間を作りやすいメリットもあります。

スクリーンタープのデメリットは、ヘキサタープやレクタタープと比べて、価格が高価なものが多い点です。オールシーズン活躍できるメリットがあるので、使用頻度次第では逆にお得という考え方もあります。タープより複雑な形状をしているので、ヘキサタープやレクタタープに比べて、折りたたみの手間がかかる点も注意です。

▼さらに詳しいスクリーンタープの情報を知りたい方は、こちらをチェック!

4. ポールの用意が不要で簡単設営!ワンタッチタープ

ドッペルギャンガーアウトドアのワンタッチタープ

出典:DOD

フレームが折りたたみ式になっていて、別途ポールの用意が不要で簡単に設営ができるワンタッチタープ。デイキャンプやバーベキューのみの利用時には、素早く設営できるので非常に便利です。大体のものは、大人2人いれば5分程度で設営が完了します。

自立式(地面に固定しなくても形ができるタイプ)のため、初心者で迷わず設営できる敷居の低さが魅力です。製品によっては、再度シートが付属、もしくは、別売りのオプションとして用意されており、タープの横に取りつけすれば、日差しや横殴りの雨を防げます。

ワンタッチタープのデメリットは、折りたたみ式のフレームが重くかさばるため、持ち運びや収納に劣る点。またフレームが風などで破損してしまうと、全部買い替えになる点に注意。

▼さらに詳しいワンタッチタープの情報を知りたい方は、こちらをチェック!

ほしいタープが決まったら

タープの中で楽しむ男女

出典:楽天

ほしいタープの種類が決まったら、見た目(サイズ・形状・カラー)や機能面、価格を見て自分にぴったりのタープを見つけましょう。とりあえず揃えてみたいという方には、エントリーモデルを選ぶのがおすすめです!名前を聞いたことがあるアウトドアメーカーのタープなら、通常のキャンプで使う分には問題ありません。

今回は人気タープをおすすめの機能ごとに一部紹介、そのあとにhinata編集部のおすすめタープや、その他のおすすめタープを種類別に紹介します。ぜひ参考にしてください。
▼おしゃれ・激安なタープテントはこちらをチェック!

人気の高機能タープ①焚火に強い!難燃タープ

キャンプの醍醐味といえば焚き火。タープ下にリビングを設けたかたわら、焚火を楽しみたい方も多いと思います。しかし、そこできになるのが火の粉。ポリエステルやナイロンなどの化繊生地を使用したタープは、火に弱く、焚火の火の粉が舞うと、簡単に穴が空いてしまいます。

そこでおすすめなのが、火の粉が燃え広がりにくい、難燃素材を採用したタープです。燃えにくい特性を持ったコットンとポリエステルを掛け合わせた、TC素材(ポリコットン)や、難燃コーティングが施されたものなど、焚火に強いタープが各ブランドから展開されています。アイテムによっては、タープの下で焚火を楽しめるものまであり、人気を博しています。

雨が降ってもタープ下で焚火ができたら、楽しく過ごせます。ここからは、難燃機能を持った人気のタープを紹介します。

テンマクデザイン「ムササビウイング13ft.TC“焚き火」

テンマクデザイン ムササビウイング13ft.TC “焚き火”version

出典:Amazon

キャンパーでも、根強い人気の通称「焚き火タープ」です。ソロキャンプや野営を行う方には、こちらをテントとしてし使用できます。また、「焚き火タープ」という名の通り、タープ付近で焚き火を行っても大丈夫!火の粉で穴が空きにくいように、素材がポリエステルとコットンの混合素材で、できています。

【hinataのおすすめポイント】
難燃性であること。焚き火をタープの下でそのまま楽しめるのはありがたいですよね。そしてもう一つ、お手頃な値段であること。高品質はやはり高いものが多い中、ムササビウイングはコスパ面でも、非常に優れています。

タープの購入ならこちら!

テンマクデザイン公式サイト

sotolabo「cotton KOKAGE wing」

sotolabo cotton KOKAGE wing

出典:sotoiabo

ムササビウイングに次いで、こちらの「KOKAGE wing」も焚き火でも使えるタープです。こちらは、遮光性抜群、透湿防水性抜群のコットン100%素材を使用しています。

【hinataのおすすめポイント】
日中の暑い時間帯にタープが生み出す影は、最高の快適さです。「KOKAGE wing」はその名の通り、まるで木陰かのような涼しさを生み出してくれます。また、デザインも注目したいポイント。Made in Japanだからこそできる精巧な作りは、美しい曲線を生み出しています。

タープの購入ならこちら!

sotolabo

タープの下で焚火ができる!スノーピーク「焚火タープオクタ」

人気の高機能タープ②夏でも涼しく快適!遮光遮熱&UVカットタープ

暑い時期のタープに最も求められる機能は、暑さを防いでくれること。熱中症や食材の傷み、日焼けは避けたいですよね。近年では、技術の進歩により、光や熱をさえぎる素材を採用した心強いタープが各ブランドから展開されています。その涼しさの違いは、遮光遮熱の素材を使用していないタープを使っていた方なら、すぐにわかるほど。快適な夏キャンプをサポートする人気の遮光遮熱タープを紹介します。

遮熱遮光&難燃も備えた究極のヘキサタープ!The Arth(ざぁ~ッス)「幕男」

ざぁ~ッスの幕男
アウトドア用の六角テーブルを生み出した、大人気のアウトドアガレージブランドThe Arth(ざぁ~ッス)。六角テーブルに並ぶ人気のアイテムがこちらのヘキサタープ「幕男」です。

【hinataのおすすめポイント】
「幕男」の魅力はなんといっても、遮光性と遮熱性の高さがもたらす涼しさ。暑い日は、タープの外から出られなくなるほどの快適さを誇ります。さらに、裏面は特殊な難燃コーティングが施されており、タープの下で焚火を楽しめます。雨の日は夏でも気温が下がりがちなので、雨でも焚火で暖をとれるのは本当に便利です。生地には伸縮性の高い素材を採用しており、ピンと張れば美しいシルエットを描きます。再販されるたびに一瞬で売り切れてしまう大人気のヘキサタープです。

タープの購入はこちら

The Arth

夏でも快適な天井の高い大型シェルター!ヘリノックス「Tac Field 6.0」

美しいシルエットとUVカット率99.9%が魅力!サンセットクライマックス「Tarp1」

sunsetclimax Tarp1

出典:サンセットクライマックス

いま、注目を集めているガレージブレンドの一つがこの「sunsetclimax」。一つ一つのアイテムがハンドメイドで作られています。

【hinataのおすすめポイント】
日本トップの繊維素材メーカー、TEIJINの最新素材を使用しており、紫外線遮蔽率は驚きの99.8%(UPF値 50+)。肌の日焼けからあなたを守ってくれます。さらに人気の理由は、その張り姿の美しさ。素材や縫製はもちろん細部にまでこだわり抜いて作られた、まさに究極のタープです。タープだけで様になる凛としたたたずまいは、テントサイトの主役になるでしょう。見た目だけでなく、撥水や耐水圧は規定されているものに対して、最高基準をクリアしています。

タープの購入ならこちら!

sunsetclimax Tarp01

人気の高機能タープ③車を使わないキャンプにもおすすめ!超軽量タープ

車のサイズの関係で積載に制限がある方、車を使わず電車などの交通機関でキャンプに行く方、自転車やバイクなどでツーリングキャンプに行く方には、超軽量な素材を使用したタープがおすすめです。収納スペースもあまりとらないので、家での保管もあまり場所を取らないメリットもあります。そんな超軽量タープの中でも、目利きキャンパーの間で人気のタープを紹介します。

ヒルバーグ「シェルター Tarp 20 UL」

ローカスギア「ソリス・シル」

ローカスギアのソリス・シル

出典:ローカスギア

世界のアルピニストからも支持される、機能性素材を熟知したアウトドアブランド、ローカスギア。一点一点ハンドメイドで製作されるローカスギアのアイテムの中でも不動の人気を誇る超軽量シェルターが「ソリス・シル」です。

【hinataのおすすめポイント】
重量が重くなりがちなシェルターですが、こちらはポール抜きですが1.87kg という軽さ。その軽さにもかかわらず、長さ 600cm、幅300㎝の広さがあり、大人6人が快適に過ごせます。サブポールを用意し、片側を跳ね上げれば開放感ばつぐん。別売りのインナーテントを購入すれば、テントとしても使えます。小型のテントをシェルターの下に設営し、カンガルースタイルを楽しむ使い方もおすすめです。

タープの購入ならこちら!

ローカスギア

ローカスギア「クレセント・タープ」

ローカスギア クレセント・タープ

出典:ローカスギア

「ソリス・シル」と同じくローカスギアのクレセントタープ。ポールとポールを結ぶ尾根部分(リッジライン)が、綺麗な三日月形であることから「クレセント(三日月形)タープ」という名前がつけられています。

【hinataのおすすめポイント】
何と言ってもその軽さ!ポールは付属していませんが、その生地とスタッフバッグは、わずか350gという軽量性。トレッキングの際にトレッキングポールをタープポールにすることを想定しているので、登山やトレッキングのキャンプに最適です。サイズも大きくないので、雨に降られても、マンションのベランダで干せる点も便利です。

タープの購入ならこちら!

ローカスギア

hinata編集部が選ぶ!おしゃれタープおすすめ5選

ヘキサタープおすすめ25選

レクタタープおすすめ14選

スクリーンタープおすすめ22選

ワンタッチタープおすすめ8選

タープでキャンプをアレンジしよう!

お気に入りのタープは見つかりましたか?自分たちのキャンプスタイルに合わせたタープをうまく使って、おしゃれで快適なキャンプをしましょう。

▼こちらの記事も読まれています。

\Amazonタープ売れ筋ランキング/

チェックする→

\楽天タープ売れ筋ランキング/

チェックする→

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪