キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ペグハンマーのおすすめ、14種類打ち比べて分かった最強・コスパ抜群・軽量アイテム

ペグハンマー

ペグハンマー1本あれば、ペグ打ちだけでなくペグ抜きも簡単。この記事では選び方とスノーピークやコールマン、ロゴスなどを打ち比べて比較したおすすめ14選をご紹介。自分だけの最強の1本を見つけてください!

hinata編集部員がペグハンマーを比較

キャンプで人気の鍛造ペグを使って、14種のペグハンマーを検証。持ちやすさ、振りやすさ、手に伝わる振動、重さ、ペグの抜きやすさからおすすめのペグハンマーはどれ? ペグハンマーのメリット、選び方、それぞれの製品のおすすめポイントを紹介します!
ペグハンマーの検証
ペグハンマーの比較

キャンプの必需品!ペグハンマーとは

ペグの打ち込み・抜きが簡単に

ペグの打ち込み・抜き
テントやタープを購入すると、プラスチック製のペグハンマーが付属される場合があります。しかし、これではうまく力が伝わらず、打ち込みが甘くなって困った経験はありませんか? こんなとき、適度な重さで握りやすい持ち手のペグハンマーがあれば、地面が硬い場所でも手を痛めることなく、少ない力でもペグを打ち込めます。また、ペグハンマーにはペグ抜きがついていることも多く、しっかり地面に刺さったペグも簡単に抜けます。 使い勝手のいいペグハンマーがあれば、キャンプでのテントやタープの設営・撤収時間を大幅に短縮可能!

ペグハンマーの選び方

ペグハンマー 選びのポイント

ヘッドの素材

エリッゼの真鍮とステンレスのペグハンマーの比較
ペグハンマーで重要なのがヘッド(ペグと触れ合う先端部分)。このこのヘッドの素材によって使用感が変わります。 【真ちゅう・銅】 真ちゅうや銅は、鉄より打撃時の衝撃が手に伝わりにくく、その分、打撃面が凹みやすくなります。しかし、このへこみが味になっていい!というキャンパーさんも多いようです。 【ステンレス・鉄】 真ちゅうや銅より打撃の衝撃が伝わりやすいステンレスや鉄は、その分ペグをしっかりと打ち込めます。打撃面もへこみにくく、きれいな見た目を保てます。
エリッゼの真鍮とステンレスの比較
左が真ちゅうで右がステンレス。同じ回数打ち込みましたが真ちゅうの方がへこんでいることがわかります。

ヘッドの重量・形

ペグハンマー ヘッドの比較
ヘッドの重量や形も使いやすさの面で重要なポイント。 ヘッドが重すぎると手が疲れてしまい、軽すぎるとペグがなかなか地面に入りません。またペグ抜き部分の形もさまざまなので、自分の持っているペグの形に合わせて選ぶとよいでしょう。鍛造ペグなら、フック型を選べば問題ありません。

柄の素材・持ち手の形

ペグハンマー持ち手の比較
柄の素材は木材かアルミやスチール、形は直線か曲がっているかで使い勝手に違いが出ます。 素材が木材ではペグを打ち込む際の衝撃を和らげ、アルミやスチールは手に振動が伝わりやすいものの、スタイリッシュなデザインが多いようです。また形は、曲がっている方が手に馴染んで使いやすくなります。

最強の打ちやすさ!おすすめペグハンマー

ペグハンマーの比較
まずペグを打ち込みやすい!と感じたのは画像左からエリッゼ、スノーピーク、ロゴスのペグハンマー。 それぞれ556g、635g、680gと、軽すぎず重すぎない重量。持ち手部分も握りやすく、打ち込みやすい形状です。ペグ抜き部分も程よい細さと先端の反りで、ペグをしっかり固定して簡単に抜けます!

【真ちゅう・ステンレス】村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマーショート

エリッゼ 村の鍛冶屋 ペグハンマー
エリッゼ 村の鍛冶屋 ペグハンマー
全長サイズが2種類あり、今回紹介するのは23cmのショートバージョン。通常サイズより7cm短いものの、ヘッドとの重量バランスが崩れないよう、工夫が凝らされています。 持ち手が短い分、他のペグハンマーより少し力は必要ですが、持ち手の曲がり具合とほどよい重量で、振動が手に伝わりにくく、打ちやすさは抜群です。

【銅・スチール】スノーピーク Pro.C・Pro.S

スノーピーク ペグハンマー PRO.C
スノーピーク ペグハンマー PRO.C
スノーピークのペグハンマーは「Pro.C」と「Pro.S」の2モデルがあります。「Pro.C」は打撃部が銅で作られており、ペグを打ったときの衝撃を和らげる設計です。実際に使うとペグをしっかり打ち込んでいる感触で、とてもいいバランス感です! ヘッドの銅は徐々にへこんでいきますが、その使い込み感がいい味に。ヘッドは交換が可能です。

【銅】ロゴス パワーペグハンマー

ロゴス パワーペグハンマー
ロゴス ペグハンマー
ヘッドの素材は銅ですが、ペグを打ってもへこむことはありません。680gと少し重めでも、その分ペグに力を伝えやすく、硬い地面に適しています。指にフィットするグリップなのでしっかり握れて、振動も和らげてくれる打ちやすいペグハンマーです!

コスパ抜群!おすすめペグハンマー

ペグハンマーの比較
コスパで選ぶなら、画像左からYOGOTO、コールマン、クイックキャンプ、キャプテンスタッグのペグハンマーがおすすめ。 YOGOTO、コールマン、クイックキャンプは他のペグハンマーより少し重めですが、安定の使い心地。キャプテンスタッグはペグ抜き部分が他の製品より太くなっており、大きいサイズのペグも使いやすいペグハンマーです。

【スチール】YOGOTO ペグハンマー

YOGOTO ペグハンマー
YOGOTO ペグハンマー
ペグを打ち込むときの衝撃を軽減する持ち手のデザインで、絶妙なカーブが手のひらにフィットし、打ちやすいペグハンマーです。厚手で頑丈な綿帆布の収納ケースが付属し、持ち運びも便利。とりあえずペグハンマーが欲しいという方におすすめです。

【スチール】コールマン スチールヘッドハンマーII

コールマン パワーマスタースチールヘッドハンマーII
コールマン パワーマスタースチールヘッドハンマーII
打撃面が硬く、少し滑るような感覚ですが、730gと重量があり力強くペグを打ち込みたいときにおすすめ。あたたかみのある天然木の持ち手と、打ち込み時に手から抜けることを防ぐストラップには、黒地に赤字のブランド名が入った所有欲を満たすデザインです。

【スチール】クイックキャンプ アイアンペグハンマー

クイックキャンプ アイアンペグハンマー
クイックキャンプ アイアンペグハンマー
760gと、本記事の中で一番重いペグハンマー。しかもグリップが柄の下の方にあるため、腕の力がある男性向けです。打撃面には滑らないよう溝が加工してあり、無骨なデザインが好きな方におすすめです!

【スチール】キャプテンスタッグ ソリッドペグ抜きハンマー

キャプテンスタッグ ソリッドペグ抜きハンマー
キャプテンスタッグ ソリッドペグ抜きハンマー
軽量な天然木を使用し、柄が少し細めで全体的に軽量化。しかし、ヘッドの前側にしっかりと重心があるので、効率よくペグの打ち込みができます。ペグ抜き部分の形状が少し太めなので、大きめのペグが合いそう。

登山やツーリングキャンプに!軽量おすすめペグハンマー

ペグハンマーの比較
画像左はMSR、右はOUTDOORMASTER。2本とも300g台でかなり軽量です。登山やツーリングキャンプで荷物の重量を極力軽くしたい方におすすめ。

【ステンレス】MSR ステイクハンマー

MSR ステイクハンマー
MSR ステイクハンマー
実際に持つと312gという軽さに驚かされます。軽さゆえに、鍛造ペグでは他のペグハンマーより効率は悪いようですが、ジュラルミンやチタン、アルミのペグでは打ち込みやすさを感じます。ペグ抜き以外にも栓抜き機能がつき、オールシルバーでスタイリッシュです。

【ステンレス】OUTDOORMASTER ペグハンマー

OUTDOORMASTER ペグハンマー
OUTDOORMASTER ペグハンマー
打撃面が小さいのでペグに力が伝わりにくく振動も伝わりますが、360gとかなり軽量で、しかも安価。登山とキャンプに併用できるペグハンマーが欲しいという方におすすめです。

デザインで選びたい!おすすめのペグハンマー

ペグハンマーの比較
他のペグハンマーとはひと味違うデザインで、特徴のあるペグハンマーを紹介します。画像左からkoto、ゼインアーツ、ムラコです。

【真ちゅう】koto ウォールナット真鍮ハンマー

koto ウォールナット真鍮ハンマー
koto ウォールナット真鍮ハンマー
日本古来からの伝統技法「名栗加工」を施したウォールナット真ちゅうハンマーです。高級木材であるウォールナット特有の落ち着いた深い色調と、重厚感のある木目が生かされ、手になじみやすい柄の凹凸も施された、見た目だけではなくペグを打ち込みやすいデザインです。

【ステンレス】ゼインアーツ グラートハンマー

ゼインアーツ グラートハンマー
ゼインアーツ グラートハンマー
デザイン性が高いだけでなく、ヘッドに重みがあり鍛造ペグも打ちやすいペグハンマーです。グリップの素材はアルミで表面の触り心地もよく、ヘッドの上面が平らになっているため、作業中に地面に立てて置けるのも使いやすいポイント。

【ステンレス】ムラコ カラジャスペグハンマー

【ステンレス】ムラコ カラジャスペグハンマー
ムラコ カラジャスペグハンマー
236gとかなり軽量。見た目も洗練されています。ヘッドの平らな部分でペグを打ち、反対側の穴に通してペグを引っ掛ける構造になっています。アルミペグをよく使う方におすすめしたいアイテムです。※アルミペグ専用です

ペグハンマーに合わせたい!おすすめのペグを紹介

ペグハンマーに合わせて、ペグも一式揃えたいものです。テントやタープに付属しているペグから、単体で販売しているペグに買い換えると、設営のしやすさが格段にアップします!

ペグハンマーで作業時間を短縮しよう!

ペグハンマーはペグ打ちだけでなくペグ抜きにも使えて、テントの設営や撤収が早くなります。長い付き合いになるであろう相棒として、お気に入りのペグハンマーを見つけてください。

今回紹介したアイテム

商品画像村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマーショート 真ちゅう村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマーショート ステンレススノーピーク Pro.Cスノーピーク Pro.Sロゴス パワーペグハンマーYOGOTO ペグハンマーコールマン スチールヘッドハンマーⅡクイックキャンプ アイアンペグハンマーキャプテンスタッグ ソリッドペグ抜きハンマーMSR ステイクハンマーOUTDOORMASTER ペグハンマーkoto ウォールナット真鍮ハンマーゼインアーツ グラートハンマームラコ カラジャスペグハンマー
商品名村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマーショート 真ちゅう村の鍛冶屋 エリッゼステークアルティメットハンマーショート ステンレススノーピーク Pro.Cスノーピーク Pro.Sロゴス パワーペグハンマーYOGOTO ペグハンマーコールマン スチールヘッドハンマーⅡクイックキャンプ アイアンペグハンマーキャプテンスタッグ ソリッドペグ抜きハンマーMSR ステイクハンマーOUTDOORMASTER ペグハンマーkoto ウォールナット真鍮ハンマーゼインアーツ グラートハンマームラコ カラジャスペグハンマー
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事