hinata

>

キャンプ

>

キャンプ初心者

>

キャンプの名脇役ペグを徹底解説!種類、長さ、打ち方、オススメのハンマーまで教えます!

キャンプの名脇役ペグを徹底解説!種類、長さ、打ち方、オススメのハンマーまで教えます!

 キャンプ

ペグを打つ様子

出典:スノーピーク

ペグはキャンプの必需品です。でもよくわからない、という方のために、ペグの種類、長さ、使用シーン、打ち方、おすすめのハンマーまで徹底解説します。ペグのことをもっと知って、安全なアウトドアライフを楽しみましょう。


 目次


ペグとは?

無数のペグ    

出典:スノーピーク

ペグは、テントやタープが風で飛ばされないように、地面に固定する役割を担っています。このペグがしっかり刺さっていないと、テントやタープは風に飛ばされてしまい、安全性に欠けます。そのため、サイトの土質に合ったペグを選び、正しく刺し込む必要があります。ペグは、テントやタープの「縁の下の力持ち」な存在なのです。どの種類のペグが、どのようなサイトに適しているのか、これから一緒に詳しく見ていきましょう。

ペグ以外にも、キャンプの基礎から学びたい!という方はこちら。

素材で選ぶペグの種類

柔らかい地面に適したプラスチックペグ

キャプテンスタッグのプラペグ    

出典:キャプテンスタッグ

プラスチック製なので非常に軽量なのが魅力です。湿った地面でも固定力があるので、泥や崩れやすい地面に適しています。一方、地面の硬いサイトで使用すると、簡単に折れてしまうため注意が必要です。プラスチックペグをメインに使用する際は、いつ折れても困らないように予備を持って行くことをおすすめします。

芝生など一般的な使用ならアルミ・スチールペグでOK!

コールマンのピンペグ(アルミ)    

出典:コールマン

芝生などの比較的柔らかく、しまった土質に適しているアルミやスチール製のペグ。柔らかい砂地や固い砂利などの特殊な地面でない限り、こちらの素材で事足ります。アルミ・スチール素材のペグは細いものが多く、軽量ですが曲がりやすいという特徴があります。刺しこむ際には注意をしながらハンマーを使いましょう。

砂利などの固い地面に適した鋳造ペグ

キャプテンスタッグの鋳造ペグ    

出典:キャプテンスタッグ

鉄でできており強度が抜群です!アルミ・スチール製では使用できない砂利地面にも使用できるペグです。一本一本の重量がしっかりあるため、持ち運びの面では不便ですが、重たいテントを使用している場合は鋳鉄製のペグでしっかり固定した方がいいでしょう。

形で選ぶペグの種類

   

出典:amazon

素材の違いだけでなく、形でも用途が異なってきます。基本的に上記のような丸い形のペグを購入すればOKですが、初心者に適したものや、抜けにくいものなど色々あるので、自分のキャンプスタイルに合わせたものを選びたいですね。

打ち込みやすく、初心者におすすめなネイルペグ

コールマンのネイルペグ    

出典:コールマン

ネイルペグは、プラスチック部分のヘッドが広く平らになっているため、ハンマーの力がまっすぐペグに伝わります。地面に差し込みやすいので、初心者の方におすすめです。ヘッドのプラスチックが破損しやすいので、打ち込むハンマーはプラスチック製やゴム製のものを選ぶと良いでしょう。

軽量で持ち運びに便利なU字ペグ

U字ペグ    

出典:amazon.co.jp

砂地などの柔らかい地面に適したペグです。軽量なアルミ製のものが多く、重ねられるので持ち運びに便利です。薄くて差し込みやすいですが、しまった地面ではホールド力が弱いので注意が必要です。

持ち運びと抜けにくさを兼ねたV字ペグ

キャプテンスタッグのV字ペグ    

出典:キャプテンスタッグ

抵抗力と強度に優れていて、抜けにくいペグのひとつです。使用後は、溝に土が付いていることが多いので、きちんと落としてから保管しましょう。また、収納時はペグを重ねてコンパクトにできるのも魅力です。

抜群の抜けにくさを誇るY字ペグ

コールマンのY字ペグ    

出典:コールマン

柔らかい土質から砂利などの硬い土質まで、どこでも使えるペグです。ジュラルミン製のものが多く、軽さと強度を兼ね備えています。使用後はVペグよりも土が食い込みやすいので、お手入れは十分にしましょう。また、重ねることができないので収納時はやや幅を取ります。

ペグの長さはどれくらいのものを選べばいいの?

ペグの長さの比較    

出典:スノーピーク

ペグは長ければ長いほど地面との設置部分が増えるので、抜けにくくなります。一方で、その分重量も増えるので用途や場所に合わせた長さを選ぶ必要があります。

一般的に、ペグは用途に合わせて以下の長さが必要だとされます。

使用例
・テントやテントのガイロープ:20cm
・タープ:30~40cm
・柔らかい土や砂地:50cm

ペグの打ち方とは?

キャンプサイトにあったペグを選んだら、あとは打ち込むだけ!でも、ただむやみに打ち込めばいいってものではないんです。それぞれのペグの特徴を100%発揮させるためには、正しく打ち込むことが重要。この記事を読めば、全部解決です!

種類別おすすめのペグ10選

ペグの種類と各々の特徴が分かったけど、実際のおすすめはどれなの?と思う方も多いはず。今回はhinata編集部が厳選したペグ10選を紹介します!

ペグの定番!ソリッドステークについて知りたい方はこちら

エリッゼステークについても詳細を紹介しています☆

ペグには必須のペグハンマーおすすめ3選

ペグを固定するには打ち込むためのハンマー選びも重要です。普通のハンマーじゃダメなの?と思うかもしれませんが、抜き差ししやすいようにペグハンマーには色んな工夫がなされているのです。

ペグハンマーもこんなに奥が深い…!気になる全貌はこちらの記事でチェック▼

収納には欠かせないおすすめのペグケース3選

ペグとハンマーさえ揃えたらもう準備は万端?実はこれらを収納するペグケースも重要なんです!ペグやハンマーをビニール袋に入れておくと、角や重さで袋が破けてしまう、なんてことも。ペグやハンマーをセットで入れるケースもセットで揃えましょう!

ペグはホームセンターで売っているロープ止めで代用可能!?

   

出典:amazon

キャンプギアを全て自前で揃えると費用がかさみますよね。少しでも費用を抑えたい、と考えるキャンパーさんも多くいるはず。 

実はホームセンターで販売している「異形ロープ止め」がペグの代わりに使えるのです!価格も一本80円~100円で使えるのでとってもリーズナブル。基本的に鉄などのしっかりとしたつくりなので、一般的な芝生のキャンプ場で使えますよ!

ただし、重たいテントを固定する際や、砂浜や砂利などの特殊な地面にはやはり適さないので、そのような場合は、その地面に適したペグを使用したほうがよさそうです。

まとめ

ペグの選び方やおすすめのペグを見てきましたが、いかがでしたか?種類や各ペグに適した使用サイトなど、意外と奥が深いペグ。はじめにも書きましたが、ペグはテントやタープの「縁の下の力持ち」です。たかがペグと適当に選ぶのではなく、使用する場所に適したペグを使って、楽しく安全にアウトドアを楽しんでほしいと思います。


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪