ペグのすべてがここに!正しい打ち方や選び方、おすすめのペグ・ペグハンマーまで総まとめ

hinata

>

キャンプ

>

キャンプ初心者

>

ペグのすべてがここに!正しい打ち方や選び方、おすすめのペグ・ペグハンマーまで総まとめ

ペグのすべてがここに!正しい打ち方や選び方、おすすめのペグ・ペグハンマーまで総まとめ

 キャンプ

出典:スノーピーク

ペグを正しく選ぶことが、キャンプをさらに楽しむ第一歩。あまり目立たないペグですが、正しいペグを選ぶだけでキャンプでの設営・撤収が非常に楽になります。今回はそんな影の立役者「ペグ」の種類、選び方や打ち方、使用するシーン別でおすすめのペグを紹介します。


 目次


ペグとは?

   

出典:スノーピーク

ペグは、テントやタープを張る際に使用するロープを、地面に固定するための道具です。そしてペグはテントやタープを設営する上での重要アイテムとなります。そのためペグにも様々な種類が存在していて、使用するサイトの土質によって使い分けることができます。では、なぜペグがテントやタープを設営する上での重要アイテムなのでしょうか。

ペグ以外の基本用語も知りたい方はこちら。

ペグの役割

   

出典:スノーピーク

ペグは、テントやタープが風で飛ばされないように、地面に固定する役割を担っています。このペグがしっかり刺さっていないと、テントやタープは風に飛ばされてしまい、安全性に欠けます。そのため、サイトの土質に合ったペグを選び、正しく刺し込む必要があります。ペグは、テントやタープの「縁の下の力持ち」な存在です。どの種類のペグが、どのようなサイトに適しているのか、これから一緒に詳しく見ていきましょう。

ペグの種類

ここでは、7種類のペグについて、

①強度
②保持力(保持力・抜けにくさ)
③操作性(打ち込みやすさ・刺さりやすさ)
④重量(重さ・大きさ)

上記の4つの視点から紹介していきたいと思います。

ピンペグ

   

出典:コールマン

芝生などの柔らかくしまった土質に適しているペグです。ある程度の硬さがないとすぐ抜けてしまうので、砂地などには向いていません。ピンペグまたピンペグはアルミ製のものが多く軽量ですが曲がりやいです。刺しこむ際には注意をしながらハンマーを使ってください。

鋳造ペグ

   

出典:キャプテンスタッグ

鉄でできており強度があるため、ピンペグが使用できない石が多い硬めの地面にも使用できるペグです。一方でその分重量は重いです。また、スチールペグも地面との接地面が少ないため、砂地での使用には向いていません。

ネイルペグ

   

出典:コールマン

ネイルペグは、プラスチック部分のヘッドが打ち込みやすい形をしているためハンマーの力がまっすぐペグに伝わります。そのためしっかり地面に刺しこめるので、鋳造ペグ同様、硬い地面や砂利混じりの地面にも対応できるペグです。一方でヘッドのプラスチックが破損しやすくなっています。

V字ペグ

   

出典:キャプテンスタッグ

地面との抵抗力と強度に優れていて、抜けにくいペグのひとつです。使用後は、溝に土が付いていることが多いので、きちんと落としてから保管しましょう。また、収納時はペグを重ねてコンパクトできるのも魅力です。

U字ペグ

   

出典:amazon.co.jp

柔らかい地面や砂地で使用するペグです。軽量で、重ねられるので持ち運びには便利です。普通の土サイトでは保持力が弱いので抜けてしまいます。

プラペグ

   

出典:キャプテンスタッグ

プラスチック製なので非常に軽量なのが魅力で、砂地では効果的なペグです。湿った地面でも固定力があるので、泥や崩れやすい地面の場合にも使えます。一方、反対に地面の硬いサイトで使用すると、簡単に折れてしまうため注意が必要です。さらにスチール製のハンマーを使うと割れてしまう可能性があるため、プラスチックハンマーやゴム製ハンマーの使用が好ましいです。プラペグをメインに使用する際は、いつ折れても困らないように予備として余分に持って行くことをおすすめします。

Y字ペグ

   

出典:コールマン

柔らかい土質から、砂利などの硬い土質までどこでも使えるペグです。ジュラルミン製のものが多く軽さと強度を兼ね備えています。構造上曲がりづらいところがポイントです。Vペグ同様、溝に土が付いてくるので落としてから保管するようにしましょう。一方で、重ねることはできないので収納時はやや幅を取ります。

サイト別ペグの選び方

どこでも万能!

一般的なオートキャンプ場などでは、スノーピークのソリステエリステといった鋳鉄ペグがあれば困る事はないと思います。

芝・草地のサイト

一般的にペグが入りやすいサイトが多いです。そのためテントやポールに付属されていたペグを含め、プラペグやピンペグなど、どのようなペグでも適している事が多いです。

土のサイト

土サイトの中には、石が混じっていたりして固い場合があります。強度の低いプラペグやアルミペグ、ジュラルミンペグなどは折れてしまう事があります。ソリステなどなど強度が高い鋳鉄製のペグ&ハンマーが適しています。

河原や柔らかい土のサイト

川や水辺のそばに多い、砂混じりの柔らかいサイトにはVペグやYペグ、プラペグがおすすめです。これらのペグは接地面が広く1度刺しこむと抜けにくいです。反対にスチールペグなどは抜けやすいので柔らかい土のサイトには向いていません。

ビーチ・川原などの砂地サイト

砂地はペグが抜けやすいので、スノーピークのソリステ50などの長いペグ、もしくはサンドペグなど砂浜専用のペグを使う必要があります。

雪上サイト

雪中キャンプには雪の下まで刺さるような長いペグが必要となります。イースントンペグなど長くて凍りつかない雪中用のペグが必須です。

ペグの打ち方

キャンプサイトにあったペグを選んだら、あとは打ち込むだけ!でも、ただむやみに打ち込めばいいってものではないんです。それぞれのペグの特徴を100%発揮させるためには、正しく打ち込むことが重要。この記事を読めば、全部解決です!

種類別おすすめのペグ10選

それでは先ほど紹介した種類別に、おすすめのペグをチェックしていきましょう!

鍛造ペグ

はじめてテントを買う方は、エントリーモデルを購入されると思いますが、備え付けのペグでは物足りないと感じる方もいると思います。ペグを新調しようと思ったら、間違いなくスノーピークのソリッドステーク、通称「ソリステ」か、村の鍛冶屋にエリッゼステーク、通称「エリステ」を選べば間違いありません。

V字型ペグ

Y字型ペグ

ピンピグ

スチールペグ

ネイルペグ

プラペグ

U字ペグ

その他ペグ

ペグには必須のペグハンマー

まとめ

ペグの選び方やおすすめのペグをここまで見てきましたが、いかがでしたか?種類や各ペグに適した使用サイトなど、意外と知らないペグのことを今回見ていけたと思います。はじめにも書きましたが、ペグはテントやタープの「縁の下の力持ち」です。たかがペグと適当に選ぶのではなく、使用する場所に適したペグを使って、楽しく安全にアウトドアを楽しんでほしいと思います。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

キャンプ初心者 テント
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner