hinata

>

キャンプ

>

ソロキャンプ

>

ソロキャンプのタープ徹底解説!!おすすめタープから張り方まで☆

ソロキャンプのタープ徹底解説!!おすすめタープから張り方まで☆

 キャンプ

ロゴスのタープを使用したキャンプサイト

出典:@chp37

できるだけ荷物を少なくしたいソロキャンプ。では、ソロキャンプにタープって必要?ソロキャンプにタープが必要な場合、不必要な場合だけでなく、おすすめのタープ、タープの張り方まで、ソロキャンプのタープを徹底解説します!


 目次


ソロキャンプにタープは必要?

荷物を最小限に抑えたいソロキャンプにタープは必要か。それはあなたの持っているテント次第なんです。ではどういったテントの場合にタープが必要で、どういったテントの時は不必要なんでしょうか。詳しく説明します。

前室の広いテントを使っている人は不要!

芝生に張られたコールマンのテント    

ソロキャンプにおいてタープは、主に次の2つの目的で説明します。

・日中も快適に過ごす(特に夏場)
・雨の時に屋外で濡れない

前室が広いテントの場合、前室にチェアをおけば日陰なので快適に過ごせますし、前室に荷物をおけば荷物が濡れることもありません。つまり前室が広いテントを使っているソロキャンパーの方は、タープは必須ではありません。

前室のないor狭いテントを使っていて、荷物に余裕があれば推奨!

前室のないor狭いテントの場合、タープがあると、前室に荷物を置けたり、日陰を作れるので、過ごしやすいです。ただしタープを持って行くことで、荷物が多くなってしまうのはよろしくありません。自分の荷物量と相談してください。

タープを持っていかない場合は、日中テント内が暑くなってしまうこともあるので、できるだけ過ごしやすい木陰にテントを張ることをおすすめします。

ソロキャンプ用のタープなら、タープ泊も可能!

タープで就寝することをタープ泊というのですが、タープ泊には一体どのような利点があるのでしょうか。主な理由は、次の2つです。

・荷物をより軽量にして、身軽にしたい
・より自然を感じながら眠りにつきたい

タープ泊に必要なのは大きめなタープのみ。広げたサイズが350×350cmあれば十分です。ではタープ泊をしたい人のためにタープ泊について紹介します。

テントは必要ないけど虫は気になる方に!タープ+インナーテントでタープ泊

   

Instagram (@sugizocampal)

キャンプでは虫問題がありますが、タープ泊だとさらに大変。テントと違って虫が入ってきてしまいます。そんな虫が気になる方におすすめなのがインナーテント付きのタープ泊。インナーテントで蚊などの虫をシャットアウトできるので、そのままのタープ泊より快適に寝ることができます。

荷物を超軽量に!タープのみで行うタープ泊!

   

Instagram (@noripuri)

荷物をとにかく少なくしたい人や、自然と触れ合いながら寝たいという超ワイルドな人におすすめなのが、タープのみで行うタープ泊です。バイクや自転車でのキャンプの人は、荷物を少なくしたいと思うので、こちらをおすすめします。

サイズや形状は?ソロキャンプにおすすめのタープの選び方

ソロキャンプでタープが必要になった人のために、ソロキャンプでのタープの選び方を紹介します。見るべきタープのポイントをまとめると、次の4つが挙げられます。

・設営が簡単かどうか
・軽量かどうか
・コンパクトに収納できるかどうか
・タープ泊をするか

特に設営が簡単かどうかに関しては、1人なので必須な要素ですね。他にもキャンプに行く季節・天候もタープ選びの重要な要素となってくるので、事前に確認しておきましょう。

タープでソロキャンプするなら!おすすめのソロキャンプ用タープ

コツさえつかめば簡単!ソロのときのタープの張り方は?

いざ1人でタープを張るとなった時に、張り方がわからなかったら大変!タープの張り方をレクチャーします。

1. タープを広げてペグ打ちをする場所を決める

まず最初にタープを広げ、ペグ打ちする場所を決めます。

ステップ1
タープのメインポールを差す位置を起点として、タープのセンターラインの延長線上に、メインポールを置きます。これは一次的に距離を計るために行います。

ステップ2
タープとは逆側のポールの端を起点として、タープのセンターラインの延長線と直角になるように、メインポールを動かし、ポールの端にあたる場所に印を付けておきます。これは左右両方行います。

ステップ3
印を付けた位置がペグ打ちする場所になります。

2. 1ヶ所ペグ打ちする

風上の1ヶ所はペグ打ちをし、固定しておきます。これをすることによって、突風などがきてもタープが飛ばされることはありません。ペグ打ちする位置は次の手順で決めます。

3. ロープを張って各点ペグ打ち

ロープを張ってペグ打ちします。今は寝かせてタープにペグを打っているので平面ですが、本当は立体なので、自在ロープは余裕を持たせて張りましょう。ペグはそれぞれタープの角から直線上に打ちます。

メインポール以外のペグ打ちは、距離感が分からないならポールを立ち上げた後でも大丈夫です。

4. ポールを立ち上げる

全てのペグ打ちが終わったら、ポールを立ち上げます。立ち上げたときに、ポールをやや内側に傾けるとタープの安定感が増します。タープを立ち上げたら、自在金具を引っ張り、テンションを調整しましょう。

以上で終わりです。コツさえつかめば簡単なタープなら5分ほどで立てることもできます!

ソロキャンパーさんのブログも参考に!

霧の中でテント設営を行う男性    

出典:Maria Savenko / flikcr

ソロキャンプでタープを使っている感想は?

 

ビギナーにすぐにはお薦めしないが、ある程度経験値を上げたら使ってみてもらいたいのがミニタープ。雨天でもまったく動じなくキャンプが楽しめるアイテムのひとつ。雨以外にも受けられる恩恵はいろいろ。一度使うと手放せなくなります。筆者の場合、タープを建てないキャンプは、年に1回あるかないかという頻度で使い倒しています。

旅風

タープを使っている人は、雨よけや日差しよけなど色々な用途にタープを使っていて、その重要さに惚れ込んでいるようですね。

タープは必要?不要?

 

タープを使用しなければ夜中に雨が降ったり、結露で濡れるじゃないかと思われますがそんなことはありません。荷物は片付ければいいんですね。(※夏場は、日陰に設営すれば昼間も快適に過ごせます。問題ありませんね)

ソロキャンプの場合小さなテントをよく設営されます。その場合は、タープも必要になってきます。でも、わたし的には少し大きめのテントを設営された方が良いと思います。2~3人用がベストかなーと思いますね。その場合、荷物もテントに片付けられるのでタープは必要になりません。

kutikomi
 

「気に入った場所の自然」を気分良く感じたいだけで、そのために必要・快適だと思えばどんな重いアイテムだって持って行きたい派だ。そんな中でタープに関しては、積極的に使うというより、状況的に「タープのが楽しそう」だと判断したら使うようにしている。

BEST BUY GEAR

自然を満喫したい人はタープを使っているようですね。タープがあればより自然と近い位置で接することができます。自然と触れ合いたい方にはタープがおすすめです。

一方、少し大きめのテントを使えば荷物問題などは解消できるので、タープ不要でも問題なしです。

タープ泊って実際どう?

 

せっかく野外でキャンプしてるわけなので、どうせなら自然を感じながら眠れた方がいい。それなら眠る場所は、テントの中よりもタープの下でのほうが適しています。もちろん、ぐっすり眠れないなら無理してやる必要はありませんが、多少眠りづらくても、もしそれで全体を通じてキャンプがより楽しい体験になるなら、そうしたいなと。

CAMP HOUSE
 

何度か自転車でキャンプに行ったりはしてたけど、タープ泊は今回初めてだったのでかなりドキドキしてた。最低気温12度とそこそこ冷えたけどなかなか快適だった。雨降ったら終わりだったけどなんとか持ちこたえたよ。

Play! Bike! Camp! バイクパッキング記録ブログ

タープ泊に満足しているキャンパーの方は結構多いようですが、いずれもベテランの方。虫などの対策はしっかりしていきましょう!

参考になるソロキャンパーさんのブログまとめ

Play! Bike! Camp! バイクパッキング記録ブログ
こちらの方はバイクや自転車でのソロキャンプがメインなので、これからバイクでのキャンプをしたいと思っている人に是非おすすめしたいブログです。現地情報とバイクキャンプの仕方両方わかります!

詳しくはこちら:Play! Bike! Camp! バイクパッキング記録ブログ

CAMP HOUSE
キャンプのアイテム情報やアイテムの選び方などを知りたいならこちらのブログへ。自分の経験と関連付けて紹介しているのでとてもわかりやすいです。

詳しくはこちら:CAMP HOUSE

best buy gear
こちらの方のブログはキャンプギアを紹介、比較しているので気になるアイテムがある人はこまめにチェックしてみてください。

詳しくはこちら:best buy gear

ソロキャンプでタープを張るためのおすすめのポールは?

タープを選び終わったら最後に買うのがタープのポール。ポールにもそれぞれ特徴があり、耐久性に優れたもの、伸縮性に優れたものなどさまざま。そこでおすすめのタープポールを紹介します。

タープポールはトレッキングポールのような他の商品でも代用可能です。キャンプ場に落ちている木でも代用可能なので、試してみてください!100cmから150cmほどの太めで折れにくい木でしたら代用できますよ♩木と自在ロープは紐で硬く結びましょう!ロープの結び方は下記をご覧ください。

まとめ

あなたのキャンプにはタープが必要か知ることができましたか?必要であったなら、自分のキャンプスタイルにあったタープを選んで、ソロキャンプをより一層充実させましょう!


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪