hinata

>

キャンプ用品

>

タープ

>

スクリーンタープ

>

【おしゃれ・激安】タープテントおすすめ12選!張り方選び方もチェック

【おしゃれ・激安】タープテントおすすめ12選!張り方選び方もチェック

 キャンプ用品

DODのタープテント

出典:DOD

キャンプやバーベキュー、ピクニックなどで大活躍な人気のアイテム「タープテント」!タープなの?テントなの?と迷ってしまいそうな名前ですよね。ここではタープテントのメリット・デメリットから人気の秘密、おすすめアイテムについて徹底的にご紹介しましょう!


 目次


タープテントとは?

   

出典:DOD

4本脚で屋根が付いている自立式のタープのことをタープテントといいます。運動会の本部やイベントの受付などで見かける4本足の大型テントがありますが、そのお手軽バージョンというとイメージしやすいのではないでしょうか。簡易テントやワンタッチタープと呼ばれることもあります。

実は使い方も幅広いタープテント。屋根だけの基本スタイルで使用すれば日よけや簡単な雨よけになりますし、サイドパネルがつけられるものなら2面を囲って風を防ぎ、キッチンやリンビングとして利用することもできますし、さらに全面を囲ってフルクローズにすれば、着替えや寝室としても利用可能です!

設営撤収が簡単&開放的!

タープテントの設営の様子    

出典:DOD

一番の特徴は、何と言っても設営撤収が簡単であること。支柱となるポールと屋根を支える骨組みが一体化しているので、支柱を広げて屋根をかければ完成する構造のものがほとんどです。こうしたワンタッチタイプのものなら女性でも簡単に設営できますよね◎撤収も屋根部分をはずして支柱を縮めるだけなのでとっても簡単です。

   

出典:DOD

また、開放的に過ごせることも大きな魅力です。タープテントは基本的に4本のポールで屋根を支える作りなので、2本ポールのタープのように屋根の部分がナナメになることがありません。サイドパネルを使わなければ四方が空いている状態になります。またほとんどのタープテントは高さが変えられるため、立って使用するか座って使用するか、シーンによって調整ができます。

風・横雨に弱い...。

   

メリットとなる部分もあれば、デメリットになる部分もあります。タープテントのデメリットはずばり風・横雨に弱いことです。

運動会で同じような形状のテントが風に飛ばされるというニュースをよく見かけますよね。アイテムによってはベンチレーションなどの風対策をしているものもありますが、少々の風ならともかく、突風に対応できるものではありません。ペグやロープなど固定用の付属品がついている場合は、必ずそれらを使用しましょう。

開放感がある反面、横に降りつけるような雨は防ぐことができません。オプションのサイドパネルをつけたり、ブルーシートで雨よけを作るなどして対策をする必要があります。

タープテントを選ぶ際の3つのポイント

必要なサイズ感

   

出典:DOD

タープテントにはいくつかサイズがありますが、大体2m四方から3m四方のものが多いです。目安としては2m四方で3〜4名用、2.5m四方で4〜5人用、3m四方で5〜6名用と考えればいいでしょう。連結できるモデルもあるので、大人数で利用したい場合はこうしたものを選ぶのもいいですね。

ワンタッチ式かどうか

タープテントにはワンタッチ式で組み立てができるものと、ポールなどのパーツを組み上げるものがあります。それぞれにメリットがありますが、最近は手軽に使えるワンタッチ式の商品が多く、人気もあるようです。キャンプビギナーの方や女性グループなどはやはり設営が簡単なワンタッチ式のものを選んだほうが無難です!

どんな時に使うか

   

出典:DOD

どのような時に使うかによって、どのタープテントを選ぶか、多少変わってきます。もちろんどのようなシーンでも使えるところが、タープテントの良いところではありますが、最適なものを選ぶためには配慮したい点です。デザインやから、形など、細かく考え、自分にぴったりな一つを見つけるようにしましょう!

ワンタッチのタープテントおすすめ4選

収納時の横幅100cm以内!コンパクトなタープテントおすすめ4選

個性際立つタープテントおすすめ4選

購入前に確認しておきたい3つの事

「サイドシート」で横雨も防げる!

今回ご紹介したアイテムのほとんどはサイドシートが付属しているか、オプションで購入が可能です。サイドが大きく空いているタープテントは開放感がある替わりに雨の影響も受けやすいので、サイドシートを活用して横雨を防ぎましょう!天気の良い日を選んで、庭や近隣の公園などでしか使用しないということならともかく、天候が変わりやすいキャンプ場やバーベキュー場などでの使用を考えているのであれば、サイドシートは用意しておいた方が無難です!

「名入れ」タープテントが作れる!?

みんなが似たようなギアを使っているキャンプ場で、ちょっと差別化を図りたいという方には名入れサービスがおすすめ!ネットショップなどでは無料で名入れをしてくれるショップが結構あるんです☆個人名を入れてもいいですし、サークル名やチーム名を入れてイベントや大会などで使用するのもいいですね!アウトドア好きな方へのプレゼントとして利用する方もいるようです。気になる方はぜひチェックしてみてください♪

中古品で良品発掘!?

新品のタープテントはちょっと高いと思っている方は、まず中古ショップで探してみてはいかがでしょう?子供が大きくなって使わなくなった、買ってはみたもののあまり使わなかったなどの理由から、アウトドアギアは意外と良好な状態の中古品が出回ることが多いのです!中古アウトドア専門店もあるのでチェックしてみてはいかがでしょう?掘り出し物が見つかるかもしれませんよ☆

詳しくはこちら : トレジャーファクトリー
詳しくはこちら : ハードオフ

先にチェック!タープテントの正しい張り方

   

出典:DOD

ものによって多少異なる部分があるものの、タープテントの張り方は基本的に同じです。手順は下記の通り!

【張り方の手順】
①縮まっている骨組みを「カチッ」というところまで広げる
②背の低い状態で天幕を被せ、フックやテープで固定し屋根を作る
③必要な高さに調節する
④ペグなどで地面に固定する

たったこれだけです!手順が前後すると、簡単なはずの張り方が急に難しくなるので、気をつけてください。
▼動画で詳しく確認しておくというのもおすすめですよ!

まとめ

設営が簡単で開放感のあるタープテントは、デイキャンプや日帰りバーベキュー、ピクニックなどで使うにはぴったりのお手軽アイテム。各ブランドから色々と特長のあるモデルがリリースされているので、ぜひお気に入りのタープテントを見つけてください♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪