【おしゃれ・激安】タープテントおすすめ21選!選び方・張り方もチェック

 キャンプ用品

DODのタープテント

出典:DOD

タープテントは、キャンプやバーベキュー、ピクニックなどで大活躍な人気のアイテム。今回は、そんなタープテントのメリット・デメリットから人気の秘密、おしゃれなアイテムや激安なアイテムまで徹底的に紹介します。大人気コールマンのタープテントも!


 目次


タープテントってなに?タープとの違いは?

綺麗な芝生のテントサイトに貼ってあるタープテントの写真

出典:Amazon

4本脚で屋根が付いている自立式のタープのことをタープテントといいます。運動会の本部やイベントの受付などで見かける4本足の大型テントがありますが、そのお手軽バージョンというとイメージしやすいのではないでしょうか。簡易テントやワンタッチタープと呼ばれることもあります。

実は使い方も幅広いタープテント。屋根だけの基本スタイルで使用すれば日よけや簡単な雨よけになりますし、サイドパネルがつけられるものなら2面を囲って風を防ぎ、キッチンやリンビングとして利用でき、さらに全面を囲ってフルクローズにすれば、着替えや寝室としても使えて便利です!

タープとタープテントの違いは?

ロゴスのナバホティピーテント&タープ

キャンプ場などでよく見かける、ポールの数が少なく張られているものを一般的にタープと言います。タープはロープを張ることで自立しますが、タープテントはポールを4本使って自立する仕様。タープテントなら地面がコンクリートなどのロープが張れない状況でも使えます。

また、タープは張るのに慣れが必要ですが、タープテントは初めてでも設営が簡単というメリットも。デメリットとしては、タープよりも支柱の本数が多いことから重量があることが挙げられます。

タープテントのメリット・デメリット

タープテントのメリット「設営撤収が簡単&開放的!」

タープテントの設営の様子

出典:DOD

一番の特徴は、何と言っても設営撤収が簡単であること。支柱となるポールと屋根を支える骨組みが一体化しているので、支柱を広げて屋根をかければ完成する構造のものがほとんどです。こうしたワンタッチタイプのものなら女性でも簡単に設営できますよね◎撤収も屋根部分をはずして支柱を縮めるだけなのでとっても簡単です。

タープテントの下でリラックスしている人達の写真

出典:DOD

また、開放的に過ごせることも大きな魅力です。タープテントは基本的に4本のポールで屋根を支える作りなので、2本ポールのタープのように屋根の部分がナナメになることがありません。サイドパネルを使わなければ四方が空いている状態になります。またほとんどのタープテントは高さが変えられるため、立って使用するか座って使用するか、シーンによって調整ができます。

タープテントのデメリット「風・横雨に弱い...。」

ガーメントで飾り付けされているタープテント

出典:DOD

メリットとなる部分もあれば、デメリットになる部分もあります。タープテントのデメリットはずばり風・横雨に弱いことです。

運動会で同じような形状のテントが風に飛ばされるというニュースをよく見かけますよね。アイテムによってはベンチレーションなどの風対策をしているものもありますが、少々の風ならともかく、突風に対応できるものではありません。ペグやロープなど固定用の付属品がついている場合は、必ずそれらを使用しましょう。

開放感がある反面、横に降りつけるような雨は防げません。オプションのサイドパネルをつけたり、ブルーシートで雨よけを作るなどして対策をする必要があります。

タープテントを選ぶ際の3つのポイント

タープテントを選ぶポイント①サイズ感

タープテントのサイズ感

出典:DOD

タープテントにはいくつかサイズがありますが、大体2m四方から3m四方のものが多いです。目安としては2m四方で3〜4名用、2.5m四方で4〜5人用、3m四方で5〜6名用と考えればいいでしょう。連結できるモデルもあるので、大人数で利用したい場合はこうしたものを選ぶのもいいですね。

タープテントを選ぶポイント②ワンタッチ式かどうか

タープテント

出典:楽天

タープテントにはワンタッチ式で組み立てができるものと、ポールなどのパーツを組み上げるものがあります。それぞれにメリットがありますが、最近は手軽に使えるワンタッチ式の商品が多く、人気もあります。キャンプビギナーの方や女性グループなどはやはり設営が簡単なワンタッチ式のものを選んだほうが無難です!

タープテントを選ぶポイント③どんな時に使うか

ライトグリーンのタープテントが貼ってある写真

出典:DOD

どのような時に使うかによって、どのタープテントを選ぶか、多少変わってきます。もちろんどのようなシーンでも使えるところが、タープテントの良いところではありますが、最適なものを選ぶためには配慮したい点です。デザインやから、形など、細かく考え、自分にぴったりな一つを見つけるようにしましょう!

▼こちらの記事も参考になります!

大型で広々!ワンタッチタープテントおすすめ7選

DOD TCワンタッチタープL (2.9m×2.9m)

DODのタープテント

出典:楽天

TC(ポリコットン)素材の濃い影が涼しいワンタッチタープ。ポリコットン素材は遮光性が高く、夏場でも濃い影を作り出し、タープ下の涼しく快適に保ってくれます。コットン素材のタープテントはないので、人と被らない素材感のタープテントが欲しいという方にもおすすめ。ペグが付いているので、風が強い日には地面にロープで固定すると飛んでいく心配がなく安心です。耐水圧は350mlとあまり高くないので、雨の日の利用は避けたほうが無難かも?

イージーアップ ワンタッチテント ドーム (2.9m×2.9m)

タープテントには珍しい、天幕がフレーム取り付け済みのアイテム。天幕の取り外しが不要なので、一般的なタープテントよりもさらに簡単に設営できます。フレームの組立も不要で、大人二人でゆっくり広げるだけ。使いたい時にすぐ設置できて扱いが楽です。

天井部分のフレームはグラスファイバーロッドというしなる素材でできているので、風が吹いても安定性バッチリ。また天幕上部に通気口があり、風を外へに逃がすことができることも安定性が高い要因です。

コールマン パーティーシェードDX/300 (3m×3m)

コールマンのタープテント

出典:Amazon

コールマンのドーム型シェードタイプのタープテントです。こちらはワンタッチタイプではありませんが、設営は意外と簡単!1人でも設営可能で、2人なら約10〜15分程度で設営が完了します。

このアイテムのおすすめポイントはタープテント同士での連結が可能なこと!別売りのジョイントフラップを使えば隙間なく連結できるので、人数に応じて広さを調整したり、サイドウォールを使って寝室とリビングを作ったりと様々なレイアウトを楽しめます♪

FIELDOOR(フィールドア) ワンタッチリビングタープ (3×3m)

フィールドアのタープテント

出典:楽天

3m×3mの大型サイズのタープテントです。こちらのタープは、ワンタッチシステムで簡単設営!女性2人なら初めてでも3分程度、慣れればなんと1分で設営できます。フレームは強度と耐久性が高いスチール製、UVカット加工や耐水加工が施されているのも高ポイントです。

サイドパネルが2枚付いているので、アレンジやコーディネートも自由自在です。サイドパネルの下部のハトメにロープを通して、木やポールに結びつければタープとしても利用可能。また、テントの生地には高耐水加工が施されていて、耐水圧は2,000mm以上。防水性も抜群です。

キャプテンスタッグ クイックシェード (3m×3m)

キャプテンスタッグのタープテント

出典:楽天

こちらもワンタッチで設営可能なタープテントです。設営時に固定したり、伸ばしたりする部分がプッシュボタン式になっているので、簡単でしかも安全です。3m×3mで約5.5畳という大型のタイプなので、大人数でのバーベキューでも余裕のある使い方ができますよ♪

屋根部分になるフライシートは紫外線を90%以上カットする特殊な生地を使用しているので、日焼けを避けたい女子には嬉しいポイント♪また、縫い目からの水の侵入を防ぐシームレス加工も施されているので雨漏りの心配もありません!スクリーンパネルなどのオプションもあるので、アイデア次第で色々なレイアウトを楽しめます☆

ユニフレーム REVOベース300

ユニフレームのタープテント

出典:Amazon

ユニフレームのワンタッチポップアップタープです。こちらもサイズは3m×3mで大人数でも◎デイキャンプやバーベキューから、スポーツやイベントなどにも使えます。脚の高さは2段階で調節可能!別売りのサイドウォールをセットすればシェルターにもなるため、日射しや雨風を防いでくれ、寝室としても十分使用できます。

キャンパーズコレクション アルミコンパクトタープ (2m×2m)

お手頃価格の家電製品で有名な「山善」が展開しているアウトドアブランド「キャンパーズコレクション」のタープテントです。取り外し自由な日除けシート2枚付きで、日差しを大幅にカット!時間とともに位置が変化する太陽に幅広く対応できます。

ワンタッチシステムで設営もラクチン、アルミフレームを採用しているので軽量、コンパクトに収納できるのも魅力です♪高価なギアはまだ早いと感じるビギナーの方やお手軽・軽量を求める女性グループなどにおすすめです。

コンパクトで軽量!タープテントおすすめ7選

コールマン イージーキャノピーST2/220 (2.2m×2.2m)

女性1人でも組み立てられる設営の簡単さで人気の、こちらのコールマンのタープ。サイズ感も3m×3mよりコンパクトで重量も10kg未満、設営も簡単ということで、海でも山でもBBQでも、手軽に持ち出せる相棒として活躍してくれます。

バンドック ワンアクション タープ コンパクト 180 BDK-124 (1.8m×1.8m)

中央のワンアクションシステムを持ちあげるだけで、誰でも簡単に設営できるタープテント。180cmサイズで使い勝手がよく、収納もコンパクトです。収納バッグがリュックで背負えるようになっているので、持ち運びも楽々。耐水圧はあまり高くないので、雨よけというよりは日よけ用です。

ノースイーグル ワンタッチキャノピー200 NE173 (2m×2m)

特殊フレーム構造で、誰でも簡単に設営できる2m四方のタープテント。コールマンのイージーキャノピーST2/220と使用感や収納サイズがほとんど同じですが、こちらのほうが200gほど重量が重くなっています。ですが、価格がコールマンのイージーキャノピーST2/220の1/3程度で買えるのが魅力的。ライトユーザーにおすすめです。

テント屋のタープテント カンタンタープ240 コンパクト (2.4m×2.4m)

カンタンタープのタープテント

出典:Amazon

1997年の発売以来、国内販売数300万張りを突破しているタープテント。こちらのブランドは丈夫さと使い勝手の良さが自慢です。ポールやジョイント部分の強度、耐水圧、耐久性などもばっちり。2人で作業すれば1分で設営ができるワンタッチシステム、プル式の高さ調整、開閉が楽に行えるブラケットなど使い勝手も充分に考慮されています。

しかもこちらのアイテムは240m×240mの広さがありながら収納はとてもコンパクト☆小型の自動車でも荷台にすっぽりと収まる大きさになります。ファミリーやカップルで気軽に使いたい方におすすめです。

キャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイド (2.45m×2.45m)

丸みを帯びた屋根が特長のタープテントです。このアイテムの最大のおすすめポイントはとにかく軽いこと!軽量のアルミフレームを採用することで、なんと5.5kgという重量を実現しています。

他ブランドの同サイズのものと比較してもダントツの軽さです。また、ロースタイルでも使用できるので、シートで過ごすピクニックやビーチ、お庭でのプール遊びなどでも使えます。ワンタッチシステムなので設営も撤収も簡単!手軽に持ち運べるのでママ会でのピクニックや女子キャンプなどにもおすすめですよ。

ロゴス QセットBlackタープ 220cm

日射しを強力にブロックするタープテント。わずか2分で組立てられる簡単仕様です。スタイリッシュなブラックカラーは、遮光率100%・UV-CUT率99%以上。また、突風時にテント内の空気を外部に逃がすVENT TOPSYSTEMを採用するなど、そのほかの機能も充実しています。

ネジや金具が一切使われていないのが特徴的。一体型のフレームを広げて生地をかぶせて留めるだけで設営完了です。着脱式のランタンフックが付いているのも嬉しいポイントです。

クイックキャンプ ワンタッチタープ (2.5m×2.5m)

バーベキューや運動会などにぴったりな2.5m四方のワンタッチタープ。設営はひとりでも簡単60秒で完成です。説明書はキャリーバッグに縫い付けてあり、なくす心配もなし。設営動画へのQRコード付きで、いつでも設営方法を確認できます。UPF50+のUVカット、そして雨でも安心な耐水圧1000mmと天井部分には縫い目防水(シームテープ)加工済みです。

レイアウトのアクセントに!個性的タープテント7選

コールマン アジャスタブルシェードシェルター

アジャスタブルシェードシェルターは、コールマンの2019年新商品。こちらはなんと、その場の天候にあわせて、広さや角度を調節して自由に日陰を作れるタープテントなんです。高さも大きさも変えられるので、使い分けが可能!これひとつで、様々なシーンで利用できます。カラーもバイカラーで個性的です。

キャプテンスタッグ CAMPOUT クイックシェード250UV-S (2.5m×2.5m)

キャプテンスタッグのタープテント

出典:Amazon

2017年にリリースされた「CAMP OUT」シリーズのタープテントです。この目を引くカモフラージュプリントのフライシートは、キャンプ場でも目立つこと間違いなし。同じシリーズでチェアやシュラフなども発売されているので、揃えてみても楽しそうですね。

デザインだけでなく、UV加工、1,000mm防水などの機能性も◎ワンタッチシステムで設営も簡単で、フレームは丈夫なスチール製なので耐久性も抜群!ペグやロープの他、キャスター付きの収納バッグも付属しているので持ち運びもラクラク。デザインにこだわりたい方におすすめのアイテムです。

コールマン インスタントバイザーシェード (3m×3m)

コールマンのタープテント

出典:Amazon

コールマン初の伸縮式フレームを使ったワンタッチのタープテントです。特徴的なのはフライシートの端を折り曲げずにそのまま伸ばした「ひさし」スタイル。フレームの外側にも屋根が続く形になるので、そのぶん雨や日差しをよけやすくなります。

また、サイドにフライシートがないので、風を逃しやすく、開放感があることも特長のひとつです。サイズはLとMの2種類ですが重さは1kgしか変わらず収納サイズも同じなので、色々なシーンで使用したいならLサイズがおすすめ!三角屋根のお家のようなフォルムもカワイイのでキャンプ場でも目立ちそうです♪

鎌倉天幕 キャンプカスタム260TC サイドウォール

鎌倉天幕のタープテント

出典:Amazon

TC素材=テトロン65%+コットン35%の生地でできたナチュラルな風合いのタープテント。一般的な化繊素材のタープに比べて経年劣化の要因となる加水分解がなく耐久性が高いのが特徴。 またコットンの性質として通気性のよさもありますが、その反面、耐水圧には劣る性質がありますので購入の際には考慮ください。

さらに、TC素材ということで、化繊のタープよりも火の粉に強いのも嬉しいポイント。さすがにタープ直下での焚き火はおすすめできませんが、近くで焚き火をすることも可能です。ちなみに、フレームは付属しておらず別売の点ご留意ください。

キャプテンスタッグ ヘキサゴンタープテント (3.2m×3.8m)

キャプテンスタッグのタープテント

出典:Amazon

ちょっと珍しい、6本脚・6角形のタープテント。デザイン性に優れているだけでなく、脚が多いことで強度や安定性も向上しています。ワンタッチシステム、ベンチレーション装備、プッシュボタン式などの機能も充実☆フレームは丈夫なスチール製なので耐久性も心配いりません。

約5.5畳の広さがあるので、5〜6人でも余裕をもって使えます。円形に近い形なので、真ん中にテーブルや焚き火台を置いて囲むスタイルが似合いそうですね!

コールマン ストンプ インスタントバイザーシェード

コールマンのタープテント

出典:楽天

コールマンの2019年発売ストンプシリーズのタープテント。屋根の生地はナチュラルなベージュカラーですが、サイドフラップがナチュラルカモ柄でなんともおしゃれ♪このナチュラルカモ柄がストンプシリーズの特徴です。柄が可愛いので、女性にもおすすめです!

クイックキャンプ×KiU ワンタッチタープ

クイックキャンプのタープテント

出典:楽天

クイックキャンプと、大人の外遊びを応援するブランド「KiU」のコラボタープテント。機能性は先に紹介したクイックキャンプのタープテントと同じですが、このコラボタープテントの特徴は何と言ってもその個性的な柄。バンダナ柄・フラミンゴ柄・アングル柄の3種類のラインナップがあり、どれも他にはないキュートなデザインです。人とかぶらないかわいいタープテントが欲しい!という方におすすめです。

タープテントの正しい張り方を動画でチェック

タープテントの正しい貼り方

出典:DOD

ものによって多少異なる部分があるものの、タープテントの張り方は基本的に同じです。手順は下記の通り!

【張り方の手順】
①縮まっている骨組みを「カチッ」というところまで広げる
②背の低い状態で天幕を被せ、フックやテープで固定し屋根を作る
③必要な高さに調節する
④ペグなどで地面に固定する

たったこれだけです!手順が前後すると、簡単なはずの張り方が急に難しくなるので、気をつけてください。
▼動画で詳しく確認しておくというのもおすすめですよ!

タープとテントを連結してアレンジ!

▼タープとテントはどんな位置関係で配置するのがベスト?車との連結は?など、タープとテントの連結についてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

購入前に確認しておきたい3つの事

「サイドシート」で横雨も防げる!

綺麗な芝生のテントサイトに貼ってあるタープテントの写真

出典:Amazon

今回ご紹介したアイテムのほとんどはサイドシートが付属しているか、オプションで購入が可能です。サイドが大きく空いているタープテントは開放感がある替わりに雨の影響も受けやすいので、サイドシートを活用して横雨を防ぎましょう!

天気の良い日を選んで、庭や近隣の公園などでしか使用しないということならともかく、天候が変わりやすいキャンプ場やバーベキュー場などでの使用を考えているのであれば、サイドシートは用意しておいた方が無難です!

「名入れ」タープテントが作れる!?

名入れされたタープテント

出典:楽天

みんなが似たようなギアを使っているキャンプ場で、ちょっと差別化を図りたいという方には名入れサービスがおすすめ!ネットショップなどでは無料で名入れをしてくれるショップが結構あるんです☆

おすすショップ:テント屋Fungoal

個人名を入れてもいいですし、サークル名やチーム名を入れてイベントや大会などで使用するのもいいですね!アウトドア好きな方へのプレゼントとして利用する方もいるようです。気になる方はぜひチェックしてみてください♪

中古品で良品発掘!?

クイックキャンプのタープテント

出典:楽天

新品のタープテントはちょっと高いと思っている方は、まず中古ショップで探してみてはいかがでしょう?子供が大きくなって使わなくなった、買ってはみたもののあまり使わなかったなどの理由から、アウトドアギアは意外と良好な状態の中古品が出回ることが多いのです!

中古アウトドア専門店もあるのでチェックしてみてはいかがでしょう?掘り出し物が見つかるかもしれませんよ☆

詳しくはこちら : トレジャーファクトリー アウトドア用品
詳しくはこちら : ハードオフ キャンプ用品

タープテントでアウトドアを快適に!

クイックキャンプのタープテント

出典:楽天

設営が簡単で開放感のあるタープテントは、デイキャンプや日帰りバーベキュー、ピクニックなどで使うにはぴったりのお手軽アイテム。各ブランドから色々と特長のあるモデルがリリースされているので、ぜひお気に入りのタープテントを見つけてください♪

▼タープについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪