キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプ初心者必見!タープテント&ワンタッチタープおすすめ27選!

DODのタープテント

出典:DOD

キャンプやバーベキューをする際に欠かせないキャンプ用品「タープ」。今回は設営撤去がしやすいタープテント&ワンタッチタープに注目して紹介します。熱中症対策や虫除け、焚き火用など、さまざまな特徴を購入する前にチェックしてみましょう。一般的なタープとの違いや初心者向きの理由、選び方についても解説!

タープテントとは?

4本脚で屋根が付いている自立式のタープのことをタープテントといいます。運動会の本部やイベントの受付などで見かける4本足の大型テントがありますが、そのお手軽バージョンというとイメージしやすいのではないでしょうか。簡易テントやワンタッチタープと呼ばれることもあります。

タープとの違いは?

ロゴスのナバホティピーテント&タープ
キャンプ場などでよく見かける、ポールの数が少なく張られているものを一般的にタープと言います。タープはロープを張ることで自立しますが、タープテントはポールを4本使って自立する仕様。タープテントなら地面がコンクリートなどのロープが張れない状況でも使えます。

設営&撤収が簡単!

タープテントの設営の様子

出典:DOD

一番の特徴は、何と言っても設営&撤収が簡単であること。支柱となるポールと屋根を支える骨組みが一体化しているので、支柱を広げて屋根をかければ完成する構造のものがほとんどで、撤収も屋根部分をはずして支柱を縮めるだけ!

タープテントの選び方

タープテント選びのポイント
タープテントは初心者でも設営&撤去が簡単です。なるべく準備には時間をかけたくない方にはぴったりなキャンプ用品です。タープテントを購入する際にポイントとなる選び方を紹介します!

使用人数

タープテントのサイズ感

出典:DOD

タープテントにはいくつかサイズがありますが、大体2m四方から3m四方のものが多いです。目安としては2m四方で3〜4名用、2.5m四方で4〜5人用、3m四方で5〜6名用と考えればいいでしょう。連結できるモデルもあるので、大人数で利用したい場合はこうしたものを選ぶのもいいですね。

設営方法

ライトグリーンのタープテントが貼ってある写真

出典:DOD

タープテントにはワンタッチ式で組み立てができるものと、ポールなどのパーツを組み上げるものがあります。それぞれにメリットがありますが、最近は手軽に使えるワンタッチ式の商品が多く、人気もあります。キャンプビギナーの方や女性グループなどはやはり設営が簡単なワンタッチ式のものを選んだほうが無難です!

耐水性

綺麗な芝生のテントサイトに貼ってあるタープテントの写真

出典:Amazon

タープテントは開放感がある替わりに雨の影響も受けやすいです。突然の雨風にも耐えられるほどの耐水性が備わっているものを選びましょう!目安として耐水圧が1000mm以上あると安心です。雨漏りしにくいため、雨宿りにぴったり! ▼日除けタープを詳しく知りたい方はこちらもチェック!

【〜4人】軽量でコンパクト!タープテント&ワンタッチタープおすすめ14選

ここではコンパクトで軽量な持ち運びやすいタープテント&ワンタッチタープを紹介します。コンパクトサイズですが、ファミリーで使用するには十分な大きさです。軽量さが魅力のため、女性でも片手で持ち運べます!気軽にアウトドア気分を味わいたい方におすすめ!

紫外線99%カット!

耐火性抜群で焚き火もできる

蚊帳付きで虫が入りにくい

テントと連結しやすい!

ワンタッチで組み立てられる

【5人〜】ファミリー・団体向け!大型タープテント&ワンタッチタープおすすめ13選

ここではファミリーや団体でキャンプやバーベキューをしたい方におすすめの大型タープテント&ワンタッチタープを紹介します!防水性&耐久性を兼ね備えながら、大人数にも対応する広さを誇っているため大人気!それぞれ魅力ポイントを分けて紹介していますので、自分のキャンプサイトにあったものが見つかること間違いなし!

紫外線99%カット!

耐火性抜群で焚き火もできる

蚊帳付きタープテント

テントと連結しやすい!

ワンタッチで組み立てられる

タープテントの注意点

タープテントを購入・使用時の注意点を紹介します。一般的なタープと違い、どのような点に気をつけたほうがいいのか…。気になる方はチェックしておくと、より自分のキャンプスタイルに合うタープテントが見つかること間違いなし!

安さを重視すると壊れやすい?

ワンタッチタープテントは安さを重視すると、あまり長持ちしません。商品によっては数回使用しただけで壊れてしまうことがあるため、なるべく3万円を基準に購入しましょう。値段に比例して、素材も破れにくく耐水性に優れた丈夫なものが多いです。安さを重視して失敗しないように気をつけましょう!

風で飛ばされないよう天幕固定は忘れずに!

タープテント

出典:Amazon

ワンタッチタープテントの魅力は、袋から出すだけで簡単に設営できることです。中には天幕がフレームについているものがありますが、天幕とフレームで別れているものも少なくありません。よく天幕をフレームに被せるだけで設営を終了してしまうことが多いですが、風が強いと飛ばされてしまう可能性が…!飛ばされないように、天幕をロープでしっかり固定することを忘れないようにしましょう。

タープテントの正しい張り方を動画でチェック

タープテントの正しい貼り方

出典:DOD

ものによって多少異なる部分があるものの、タープテントの張り方は基本的に同じです。手順は下記の通り! 【張り方の手順】
  1. 縮まっている骨組みを「カチッ」というところまで広げる
  2. 背の低い状態で天幕を被せ、フックやテープで固定し屋根を作る
  3. 必要な高さに調節する
  4. ペグなどで地面に固定する
たったこれだけです!手順が前後すると、簡単なはずの張り方が急に難しくなるので、気をつけてください。 ▼動画で詳しく確認しておくというのもおすすめですよ!
▼タープとテントを連結してアレンジしたい方必見!タープとテントの連結について知りたい方はチェック!

タープテントでアウトドアを快適に!

設営が簡単で開放感のあるタープテントは、デイキャンプや日帰りバーベキュー、ピクニックなどで使うにはぴったりのお手軽アイテム。各ブランドから色々と特長のあるモデルがリリースされているので、ぜひお気に入りのタープテントを見つけてみましょう! ▼タープについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像ロゴス QセットBlackタープカンタンタープ カンタンタープ240キャプテンスタッグ CAMPOUT クイックシェード鎌倉天幕 カンタンタープキャンプカスタム220鎌倉天幕 キャンプカスタム260TCFIELDOOR スクリーンタープマスターキャノピー ワンタッチタープテントABCCANOPY タープテントクイックキャンプ ワンタッチタープカンタンタープ ライトウェイトキャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイドキャプテンスタッグ ワイルドロッキーノースイーグル ワンタッチキャノピー 200バンドック ワンアクション タープ コンパクトFIELDOOR ワンタッチリビングタープコールマン パーティーシェードDX/360コールマン パーティーシェードライト 360+Field to Summit ウイングワンタッチテント300キャプテンスタッグ ヘキサゴンタープテントQuictent ワンタッチ タープテントロゴス ソーラーブロック 切妻 Qセットタープ270キャンパーズコレクション アルミワンタッチタープ サイドシート付 キャプテンスタッグ クイックシェードライトキャプテンスタッグ クイックシェード イージーアップ ワンタッチテント ドームコールマン インスタントバイザーシェードWisteria タープテント
商品名ロゴス QセットBlackタープカンタンタープ カンタンタープ240キャプテンスタッグ CAMPOUT クイックシェード鎌倉天幕 カンタンタープキャンプカスタム220鎌倉天幕 キャンプカスタム260TCFIELDOOR スクリーンタープマスターキャノピー ワンタッチタープテントABCCANOPY タープテントクイックキャンプ ワンタッチタープカンタンタープ ライトウェイトキャプテンスタッグ スーパーライトタープ ワイドキャプテンスタッグ ワイルドロッキーノースイーグル ワンタッチキャノピー 200バンドック ワンアクション タープ コンパクトFIELDOOR ワンタッチリビングタープコールマン パーティーシェードDX/360コールマン パーティーシェードライト 360+Field to Summit ウイングワンタッチテント300キャプテンスタッグ ヘキサゴンタープテントQuictent ワンタッチ タープテントロゴス ソーラーブロック 切妻 Qセットタープ270キャンパーズコレクション アルミワンタッチタープ サイドシート付 キャプテンスタッグ クイックシェードライトキャプテンスタッグ クイックシェード イージーアップ ワンタッチテント ドームコールマン インスタントバイザーシェードWisteria タープテント
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事