キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

レクタタープおすすめ9選!選び方やアレンジも紹介

タープ

出典:Amazon

レクタタープは数々のアウトドアブランドが数多く販売・展開している、アウトドアには欠かせないアイテムです。今回は人気のレクタタープをピックアップして紹介。風除け・雨除けなどに有用なアレンジした設置方法などを交えて、その魅力を解説していきます。

レクタタープとは

レクタタープ

出典:楽天

レクタタープとは、正方形や長方形のタープのことで、スクエアタープともいわれています。オーソドックスなタイプなので、キャンプ場やバーベキュー場で見かけることが多いかもしれません。次の見出しでも紹介しますが、使い勝手の良さが最大の魅力です。 タープは、ほかにも6角形の形状をした「ヘキサタープ」というものもあります。それぞれに長所・短所があるので、レクタタープとヘキサタープとを比較しながら好みのタープを見つけましょう。 ▼ヘキサタープについて詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

レクタタープの魅力を紹介

レクタタープを使うとどんな良いことがあるのか紹介します。ヘキサタープと比べるときの参考にしてみてください。

雨除けや日除けとして広範囲をカバー

レクタタープ

出典:Amazon

四角い形なので6角形のヘキサタープよりも広範囲をカバーでき、日除けの日差しや雨除けとして大活躍。テントの設営をする際も、四角い形の方がレイアウトも考えやすいです。日除けは遮光率やUVカット率を、雨除けであれば耐水圧の数値を確認して、高スペックなタープを手に入れましょう。

四角形でたたみやすい

レクタタープ

出典:Amazon

ヘキサタープの片付けをするとき、合わせるべき角が分からずきれいにたためない経験をした人もいるでしょう。レクタタープであれば、四角形なので折りたたむ場所も一目瞭然。1人でも簡単に素早く撤収できるので、おすすめです。

アレンジ方法が幅広い

レクタタープ

出典:楽天

タープの張り方のアレンジ方法が豊富なことは、意外にもメリットがたくさんあります。例えば、大勢のキャンパーが集まるキャンプ場でプライベートな空間を確保したり、溜まった雨水の重さでタープが負けてしまわないように雨の逃げ道を作ったりなど、アレンジによって快適性もアップ。キャンプ中の悩みもタープの張り方で解消できます!

レクタタープを選ぶときのポイント

レクタタープを選ぶ際に見るべきポイントを3つ紹介します。最適なものを選んで、レクタタープの良さを最大限に味わいましょう。

大きめのサイズを選ぶ

レクタタープ

出典:Amazon

キャンプ場などでタープを使用する場合、規定の使用人数より大きめを持ちこむのが吉。雨などの突然の悪天候時に面積が大きい方が、安心してしのげるからです。レクタタープは、ポールとロープで自在に設置形態を変えられます。小さいサイトでもそれに合った方法で設営できるのは、うれしいポイントでしょう。

アウトドアスタイルや時期に合わせる

レクタタープ

出典:Amazon

レクタタープは耐久性や遮光性、そして耐水圧の加工などでそれなりに重量が出ますが、ソロキャンプやバイクキャンプなど身軽さを要求される場面では、性能は最小限にして小型・軽量のものを選ぶと良いでしょう。 また季節によって重要視する性能も変わってきます。日差しの強い夏季には遮光性に優れたタープを、雨の多い時期や雪中キャンプでは耐水圧の高いアイテムを選ぶのがおすすめです。

軽すぎないタープを選ぶ

タープは遮光性や耐水圧に優れた性能であるほど重くなりますが、重いタープはそれだけスペックが高いです。重量があれば、強めの風で簡単にめくれたり飛ばされたりというアクシデントも回避できるでしょう。オートキャンプメインの方など、積載に多少余裕があるならば、重いタープを利用するのがおすすめです。

雨でも安心なレクタタープ【耐水圧2,000mm以上】

一般的なタープの耐水圧が1,500mmと言われる中、どんな雨にも耐えられる耐水2,000mm以上のもののみ集めました!

日差しに強い!おすすめレクタタープ

UVカットや遮光性に優れたレクタタープを紹介。タープの下に入るだけで、体感温度が2〜5℃下がると言われているので、真夏のキャンプ前に要チェックです!

レクタタープのアレンジ方法を紹介

アレンジ方法をマスターすれば、キャンプ中に起こる悩みも解消できるでしょう。簡単なアレンジ方法ばかりなので、今度のキャンプでぜひ試してみてください。

サイドにポールを2本使った屋根タイプ

レクタタープ

出典:楽天

ポール2本でレクタタープを設置する方法です。地面にタープを広げ、2つ折りの部分の両サイドの穴にポールを通して立ち上げます。あとは好みの角度にタープを屋根のように開いてロープで調整すれば完成。 ポール2本という手軽さで初心者でも難しくない設置方法です。大きめのタープを使って角度を深くすれば屋根と疑似的な壁にもなり、プライベートな空間演出も可能。日除け・風除けの効果も期待できる優れた形状です。

片側を下ろして風対策ができるサイドウォールタイプ

レクタタープ

出典:楽天

レクタタープは2つ折りの両サイドにポール2本、さらに4コーナーにもそれぞれポールを使って設置するのが一般的です。この4コーナーのうち片側2本を外してペグとロープで垂直に設置すると、横からの風や日差しをさえぎる壁になります。陣幕などを使わなくてもプライベートな空間を作り出せるので、人数の多いキャンプ場などでおすすめです。

開放感のある平屋根タイプ

レクタタープ

出典:楽天

6本のポールを同じ高さにすると平屋根のように使えます。大人が立って動いても障害にならない高さが理想。大きな面積の日陰や雨宿りスペースを確保できます。グループキャンプなど大人数の集まりで使える設置方法です。

レクタタープを使って快適なアウトドアを楽しもう

アレンジ次第で形を変え、風除け・雨除けに欠かせないレクタタープ。知れば知るほど魅力的なアイテムです。ぜひ今回の記事を参考に、自分にぴったりのレクタタープを見つけてください。 ▼こちらの記事もどうぞ。

今回紹介したアイテム

商品画像スノーピーク レクタ Proセットスノーピーク レクタ L TP-742スノーピーク 【雪峰祭限定】クラシックタープ レクタL FES-102アクアクエスト Defender タープコールマン タープ スクエアタープ ターコイズロゴス neos LCドームFitレクタタープテンマクデザイン PEPO タープスノーピーク アメニティタープ レクタLセットコールマン タープ スクエアタープDX
商品名スノーピーク レクタ Proセットスノーピーク レクタ L TP-742スノーピーク 【雪峰祭限定】クラシックタープ レクタL FES-102アクアクエスト Defender タープコールマン タープ スクエアタープ ターコイズロゴス neos LCドームFitレクタタープテンマクデザイン PEPO タープスノーピーク アメニティタープ レクタLセットコールマン タープ スクエアタープDX
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事