キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

タープポールのおすすめ7選!選び方のポイントや設営方法も!

タープポールの先端

出典:PIXTA

キャンプをさらにスタイリッシュで便利な空間にしたいのであれば、タープポールは必須級のアイテムとなってきます。そこで今回は、タープポールの魅力と製品を徹底解説。多彩な種類があるので、タープポールをしっかり理解して自分に合ったものを買いましょう!

タープポールのメリットをチェック!

タープを張るために必須となるギアがタープポールです。文字通りに縁の下の力持ちであるタープポールの魅力について解説していきます!

テントのアレンジができる

タープが掛かっているワンポールテント

出典:PIXTA

さまざまな長さのタープポールを使うことで、自分だけのタープの張り方やテント拡張を楽しめます。たとえば大人数でバーベキューをする際は高めに設定して煙を逃したり、雨水を地面に流せるように傾斜をつけるなど、目的に合わせたポールを調整すれば友達に喜ばれること間違いなし! 実用的な目的の他にも、タープポールを使って美しい見た目のタープを楽しむのもおすすめです。タープに6本のタープポールを立てて、真ん中の2本だけ高めに調整すれば、綺麗な切妻屋根を作れます。タープポールを使ってお洒落なタープの張り方を意識してみましょう。

微調整ができる

タープ

出典:PIXTA

全部で4~5節となるタープポールが多く、長さを調節できるのも特徴です。商品によっては、スライド式の無段階で調節できるものも!長さを調節できるタープポールを使えば、同じテントやタープでも人数や用途、気分に合わせてシルエットを変えられます。 雨水がタープに溜まってしまったり、強風でテントが安定しない時でも、ポールの高さを調節することで雨水を流したり空気抵抗の少ないシルエットにできます。

タープポールの選び方

ポールを組み立てる男性

出典:PIXTA

タープポールを使うメリットについて解説しました。では、具体的にどんなものを選べば良いのでしょうか?ここでは、タープポールを選ぶ際の基準について紹介します!

強度や太さで選ぶ

タープやテントをしっかりと張れたり、雨風に耐えられる強度のタープポールを必ず選びましょう。負荷がかかりやすい部品でもあるので、充分な強度がないと簡単に壊れてしまいます。 選ぶ基準として、二つのポイントがあります。一つ目は、ポールの素材の厚さ。1.5mm~1.7mmのものが一般的に売られていて、充分な強度を持っています。二つ目は、ポール自体の太さ。2cm以上のものであれば、大きなタープにも対応できます。 ただし、厚さや太さがあるほど重くなるので、自身の体力と相談してぴったりのものを買いましょう。

用途によって選ぶ

タープポールには、メインポールとサブポールの2種類があります。メインポールはタープの主柱となるポールのことで、サブポールは傾斜をつけたり特殊な形にする場合に使う、アクセサリーのようなポールを指します。 メインポールを選ぶ際は、強度が高いことはもちろん、身長よりも高く立てられるものを見ましょう。そうすることで、立っても座っても不自由のない空間を作れます。 サブポールは、長さを自由に調節できるものを選びましょう。気分や環境に対して臨機応変に対応できるものを選べば、少ない本数で快適に過ごせます。

組み立てやすさで選ぶ

タープポールは製品によって、さまざまな組み立て方があります。例えば、ポール同士がワイヤーで繋がっていて差し込むだけの製品や、ポールをスライドさせて伸ばすタイプなど。スライド式は組み立てや撤収に強い力を必要としないので、女性におすすめです。自分が一番使いやすいと感じる組み立て方のポールを選びましょう!

持ち運びやすさで選ぶ

ほとんどのタープポールは、1節に合わせた収納袋の大きさにしているので、最低でも60cm程度にまとめて収納できます。程よい長さのタープポールであれば、テントと一緒に持っても大きな荷物にはなりません。

メインポールにおすすめのタープポール4選

メインポールとして使うのに向いているタープポールを紹介します。タープの主柱として使える太さや長さのものをピックアップしたので要チェック!

サブポールにおすすめのタープポール3選

サブポールとして活躍できるタープポールを紹介!遊びに富んだタープポールをピックアップしたので、自分に合ったものを選びましょう。

タープポールの使い方は?動画で確認!

タープポールを実際に立ててタープを張る動画がyoutubeに公開されています。一人で簡単にできる立て方なので、ソロキャンパーは特に要チェック!
タープポールを一人で立てる手順
  1. 収納袋からタープの材料を取り出して、わかりやすいように並べる
  2. メインポール2本を組み立てる
  3. タープを広げて置き、両端にメインポールを配置する
  4. メインポールに張るロープを2本用意し、メインポールの横に並べる
  5. メインポールの先端をタープに差し込み、ポールをタープの下に置く
  6. ポールの先端にロープの輪の部分を引っ掛ける
  7. メインポールを立てるためのペグを打ち込み、ロープを引っ掛ける
  8. ロープが張るようにメインポールを立てて、ロープの長さを調整する

タープポールで安全かつお洒落なキャンプを!

タープポールの魅力と選び方を解説しつつ、おすすめのタープポールを紹介してきました。上質なタープポールが1本あるだけでも張り方のバリエーションが豊かになります。好みの張り方を編み出して、快適でお洒落なアウトドアライフを過ごしましょう! ▼タープについてはこちらの記事をチェック!

今回紹介したアイテム

商品画像Viaggio タープポール テントポール 2本セットFIELDOOR アルミテントポールDOD ビッグタープポールロゴス プッシュアップポール250cmスノーピーク ライトタープポール150DOD コンパクトタープポール XP1-630-BKFIELDOOR 伸縮式カーボンテントポール180
商品名Viaggio タープポール テントポール 2本セットFIELDOOR アルミテントポールDOD ビッグタープポールロゴス プッシュアップポール250cmスノーピーク ライトタープポール150DOD コンパクトタープポール XP1-630-BKFIELDOOR 伸縮式カーボンテントポール180
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事