テント設立に大切なおすすめなタープポールはこちら!

 キャンプ用品

タープポール

出典:Amazon

キャンプをさらにスタイリッシュに、より便利にするためにはタープポールが必要です。長さを調節できて、頑丈かつ持ち運びしやすいものを選ぶことをおすすめします。張り方はシンプルで慣れると短時間で準備をすることができます。


 目次


タープポール5つの魅力をチェック!

   

出典:Amazon

組み立て簡単

差し込むだけなど、組み立てが簡単なポールを選ぶ必要があります。長さ調節ができることによりテントの大きさがばらばらであっても難しくはありません。接続部分ははめこむだけのタイプが多く、長さ調節も難しくありません。

テントのアレンジができる

たとえば、ワンポールのテントにさらにポールを立てることにより、テントの形が変わり様々なテントを楽しむことができる他、バーベキューを大勢で食べる時などにアレンジすることができます。

また、屋根の部分だけのテントを購入しはじめから自分だけのテントを作ることもできます。タープポールの場所や数、長さを調節することによって用途にあわせたテントを作ることができるのです。

そして、テントの形を変え、お洒落を楽しむこともできます。タープポールはテントやアウトドアの楽しみを広げてくれるアイテムです。

テントの安定感がUP

タープポールは使い道によってアレンジできるだけでなく、テントに含まれているポールなどだけでは安定しない時でも強度をあげることに役立ちます。地面の状態によって、テントが安定するように調節が簡単にできます。

多少の風では折れたりはしないことを期待させます。

Amazon

ポール自体が頑丈であれば、頑丈なテントを作ることが容易に可能です。また何度も接続をしていても、錆びたり削れたりしづらい設計となっているものが多くなっています。

持ち運びしやすい

タープポールはテントと一緒に持っていくことになりますが、荷物が多かったりかさばったりすると何かと面倒になりがちなので持ちやすさがポイントとなってきます。

長すぎると持ちにくいうえに邪魔になりがちですので、1節の長さが50cm~60cm程度がちょうどよいかもしれません。また、タープポールは1節にあわせて収納袋がついていることが多いので、コンパクトにまとめることができます。程よい長さのタープポールであれば、テントと一緒に持っても大きな荷物にはなりません。

微調整できる

全部で4~5節となるタープポールが多く、長さを調節できるものが多いです。そのため、同じテントであってもポールの長さを調節することにより、人数や用途が変わっても対応することができるのです。

地面が安定しない、強風などの理由でテントが安定しない時でも、ポールを微調整することで強度を上げることができます。強度もあるので使い勝手が良いですね。

タープポールの使い方は?動画で確認!

タープポールはタープを設営する時に使います。まずはタープの張り方を確認して自分に合う適切なタープポールを買いましょう。

コスパ抜群!おすすめのタープポール4選

おすすめのタープポールを4つご紹介します。

まとめ

テントのアレンジ、また1枚の屋根の部分をタープポールを使うことにより、自分の好きな形のテントを作ることができます。見た目以上に設計は簡単でアレンジもできるので、キャンプがさらに楽しくなります。

軽量で持ち運びしやすいうえに頑丈、言うことなしですね。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

タープ キャンプ初心者

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪