ソロキャンプ完全ガイド!必要な道具はこれだけ!初心者でもひとりでできる!

 ノウハウ

ソロキャンプをしている男性

ソロキャンプ経験者の筆者が、体験談を交えながら、初心者におすすめのテントなどの道具、ソロキャンプで気を付けたい10のポイントを大紹介!これを読めば、初心者でもソロキャンプを目一杯楽しめること間違いなしです!


 目次


ソロキャンプの魅力

ソロキャンプとはその名の通り、1人行く、1人キャンプのことです。「初期投資が一人分で良い」「人数を集めなくて良い」「自分の予定で出発できる」といった理由から、ソロキャンプは初心者にも始めやすいと人気。

グループや家族で行くキャンプやバーベキューと違い、全てを自分1人で行うので、他人を気にすることなく自由なのが魅力です。好きなように過ごせるソロキャンプ、1度ハマればその楽しさに夢中になります!これからはじめる方は動画で雰囲気を掴んでみましょう!

ソロキャンプは、完全に自由!自分のしたいことに没頭できるぜいたくな時間です。

ソロキャンプの道具リストをチェック!

冬山登山に必要な服装

出典:LuckyBusiness / ゲッティイメージズ

ソロキャンプは、ツーリングなどの積載が制限されるキャンプが多く、必要最低限のギアだけで野営を楽しむ方も多くいます。最低限持っていくべきギアは次のとおり。


  • テント&タープ

  • テーブル

  • チェア

  • シュラフ

  • マット

  • ランタン

  • 焚き火台

  • カトラリー

  • クッカー




次からは、キャンプ道具の選び方とおすすめアイテムを紹介していきます。

おすすめのソロキャンプ道具その1【テント&タープ】

テントと自転車

出典:andreusK / ゲッティイメージズ

ソロキャンプ用のテント&タープを選ぶ際は、大きさや重量を比較しすることが重要。パッキングする際に一番大きな荷物になるので、設営時の大きさも大事ですが、収納時の大きさを把握することが大事になってきます。

テント

テントは、キャンプ用品の中でも一番体積をとるアイテムなので、少しでも収納性が高いものが好ましいです。収納サイズを考慮すると、ワンタッチテントなどは構造上大きくなってしまうので不向き。登山用やツーリング用のテントは収納サイズに配慮して作られているものが多いです。また、1人でも設営が簡単なモデルが望ましいです。具体的には、ペグダウンをせずとも自立するドームテントや、ワンポールテントがおすすめ!
▼ツーリングドームについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!
▼初心者でも立てやすいテントを紹介☆YouTubeで今すぐチェック!

\初キャンプでも立てられる簡単テントをチェック!/

YouTubeで初キャンプの様子を今すぐ見る!

▼ソロキャンプ用テントの詳しい選び方のポイントと、その他のおすすめソロテントはこちらの記事でチェック!

タープ

タープがなくてもキャンプはできますが、あると雨や日差しから守ってくれて、より快適にキャンプを楽しめるアイテムです。最近では、テントなしでハンモックとタープで泊まるスタイルも人気。タープの選び方は、テントと同様に軽量性や設営の簡単さがポイント。またデザイン面は、同じシリーズのアイテムにすればサイトに統一感が出ますよ。
▼ソロキャンプ向けのタープをもっと知りたい!という方はこちらの記事を参考に♪

おすすめのソロキャンプ道具その2【テーブル&チェア】

テーブル&チェアも大きな荷物になるので、テントなどと同じく収納時の大きさを比較するとパッキングがうまくいきます。テーブルは、何を料理するかで必要な広さが変わってきますのでそこも考慮するとよいでしょう。

テーブル

キャンプテーブルの写真

出典:楽天

テーブルは、テントの次にかさばりやすいアイテム。収納サイズを考えているものとそうでないものを比較すると倍以上違います。特に収納サイズに関係するポイントは、組み立て方法。組み立て方法には、大きく「折りたたみ式」と「組み立て式」がありますが「組み立て式」がおすすめです!

折りたたみ式は脚が畳んだり、天板を半分に折ったりして収納するので、それほどコンパクトにはなりません。一方組み立て式は、骨組みがバラバラになり天板が巻物上になる「ロールトップ」になっているので、ムダなスペースがほとんどできず、コンパクトに収納することができますよ。
▼ソロキャンプ向けのテーブルをもっと知りたい!という方はこちらの記事を参考に。

チェア

ソロキャンプのチェアは、テーブル同様にコンパクトで軽量なタイプがおすすめ。コンパクトタイプのアウトドアチェアは、重量が1kgを切るものもあるほど軽量です。コンパクトチェアにデメリットがあるとすれば、軽量がゆえに風に飛ばされる可能性があること。風の強い日にキャンプをする場合は、注意が必要です。
▼ソロキャンプ向けのチェアをもっと知りたい!という方はこちらの記事を参考に♪

おすすめのソロキャンプ道具その3【シュラフ&マット】

シュラフ(寝袋)

出典:Stockbyte / ゲッティイメージズ

シュラフの選び方ポイントは、どのシーズンに使うのかということ。シュラフの大まかな分類は、夏用・3シーズン用・冬用の3種類。それぞれ快適に使用できる温度が異なるので、使用時期はシュラフ選びで最も重要なポイントです。ベテランキャンパーには、3シーズン用と冬用の2つを使い分けているという方も多いです。
▼コンパクトなシュラフについてもっと知りたい!という方はこちらの記事を参考に♪

マット

マットを巻く様子

出典:Dzurag / ゲッティイメージズ

マットは、シュラフとセットで買っておきたいアイテム。テントに直にシュラフを置いて寝ると、地面の凹凸が想像以上に体に響きます。また、肌寒い季節だと「地面からの冷気が冷たくて寝られなかった…」という声も。マットはかさばるものが多いので、購入時には、移動手段に応じたコンパクトさのものを選ぶと良いでしょう。
▼マットについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!

おすすめのソロキャンプ道具その4【ランタン&焚き火台】

ランタン

ノクターンの点火した様子

出典:Amazon

ファミリーキャンプやグループキャンプといった複数人で行くキャンプでは、通常ランタンは、①サイト全体を照らす用、②テーブルに置く用、③テント内を照らす用と、用途別に3個ほど持って行くのがスタンダードとなっていますが、コンパクトなソロキャンプでは1個で済ませるという人も。1つのみを持っていく場合は、色々な使い方ができるよう、テーブルにも置けて、テントの天井に吊るすこともできるような使い勝手のよいものを選ぶとよいでしょう。
▼ランタンをもっと詳しく知りたい!という方はこちらの記事を参考に!

焚き火台

▼B-6君についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!
▼ソロキャンプ用の焚き火台についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェック!

おすすめのソロキャンプ道具その5【クッカー&カトラリー】

クッカー

料理が入れてあるクッカーの画像

出典:Amazon

クッカーは、スタッキング(積み重ね)できるものを選ぶと持ち運びが便利。スタッキングができれば収納サイズがコンパクトになり、パッキング時の荷物の収納がラクになります。
▼ソロキャンプ向けのクッカーをもっと知りたい!という方はこちらの記事を参考に♪

カトラリー

ソロキャンプで気をつけたい10のポイント

最近メディアなどで「ソロキャンプ」が注目を集め、初めてのキャンプで「ソロキャンプ」を始める方も多くいます。キャンプは普段の生活とシュチュエーションが全然違う場所ですので、事前の準備がとても重要。そこで、行く前にこれだけは気をつけたいことを紹介します。

1. 荷物の軽量化

霧の中でテント設営を行う男性

出典:Maria Savenko / flikcr

基本的に移動も設営も一人なので、充実したギアよりも、徹底的に軽量化したキャンプ用品を選ぶことが重要です。ひとつひとつは数百グラムの違いでも、積み重なれば結構な重さになるものです。厳選して必要な物だけ持って行きましょう。特に女性キャンパーは、男性よりも荷物が多くなってしまいがちかと思いますが、着替えなども調整してアイテムを最小限にしましょう。夜間寒い時には雨具をパーカー代わりに使うなど、使いまわしも重要です。

初心者の方に多いのが最初だから準備をしっかりしなきゃと思い、あれもこれも必要と沢山荷物を詰めがちなので注意が必要です。

2. パッキング(荷作り) 

出典:Bondariev / ゲッティイメージズ

キャンプ道具が準備できたら次はパッキングです。せっかく軽量な道具を用意しても、パッキングがうまくできないとかさばって1人で持てなくなってしまいますし、途中で荷崩れを起こしてしまうことも。バイクや自転車、公共交通機関を利用する方は、手で持ち運べる程度の量(リュックひとつ)が理想的です。パズルのように、きっちり詰め込んで身軽にキャンプへ向かいましょう。

▼ソロキャンプに便利なバックパックについて詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

3. 絶対にヤツはいる!対虫必須!

野外活動と切っても切り離せないのが害虫問題です。バッタが飛び出る程度は仕方ありませんが、アブやムカデに刺される可能性もあります。虫よけ、虫刺され薬、殺虫剤も必ず準備しておきましょう。特に夏場は都会では考えられないほど害虫が多い!夜快適に寝れるようにも対策グッズは必須です。

▼虫除け対策グッズについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもチェック!

4. 万が一に備えて!常備薬

準備が簡単で気軽なソロキャンプですが、万が一病気にかかると大変!自分で最低限の治療ができるよう、常備薬を持っていきましょう。食事も家庭用コンロとは違い、ちゃんと火が通っているかも要注意です!

5. きちんと知っておきたい!テントの設営方法

木の側に貼ってあるテントの写真

出典:AndyMagee/ゲッティイメージズ

出発前に確認しておきたいのが、持っていくテントの設営方法。特に買ったばかりのテントだと、設営方法に手間取って時間を取られてしまうことも。正しい設営をしないと、悪天候の場合倒れてしまう危険性もあるので、必ず調べてから出かけましょう!最近のテントであれば、設営動画もたくさんあるので簡単に確認できます。

また、可能であれば買ってきたテントを一度自宅で設営してみることをおすすめします。一度設営すると感覚が分かるのでキャンプ場でトラブルがあったとしてもスムーズに対処できるようになります。

▼テントの設営に不安がある方は、こちらもチェック!

6. 防犯対策は確実に!

南京錠

出典:photo AC

ソロキャンプは、防犯対策が必須です!荷物を見てくれている人もいないので、「ちょっとトイレ…」の間に、盗難被害に遭ってしまうこともないとも限りません。


  • 就寝までの夜間は、常に明かりを灯す

  • 不在時はテントの入り口に南京錠をつける

  • 非常時用に防犯ベルを携帯しておく




この3点は、定番の防犯対策なので忘れずに実施しましょう!

7. 身を守る!通信手段

iphoneを触る様子

出典:photo AC

最近はキャンプ場でも携帯電話の電波が入りやすくなったので、ソロキャンプにも安心して行くことができるようになりました。キャンプ場では近くに人がいない場合も多いので、緊急の体調不良や不慮の事故が起こった場合、すぐに外部に連絡できるよう通信手段は確保し、充電しておきましょう。

8. 食材などの保管

まな板に食材が乗っている写真

出典:pixabay

夜に食事とお酒を楽しんで、そのまま食材などを外に放置したまま就寝し、翌朝起きるとテント前が大参事…なんて事もあり得ます。これは、野生動物や虫が食材を荒してしまうため。

私の体験談で言えば、保冷バッグをしっかり閉めておらず、アヒルや白鳥に襲われテント前に生肉やカット野菜が散乱していた事もありました。これだけなら笑い話にもなりますが、地域によっては熊が出没する可能性もあります。

特にソロキャンプでは人数が少ないことで、野生動物が人間に気づかず近づいてしまう場合もあるので注意が必要です。食べかけや臭いの出る物はテントから離して置くようにする、しっかり封をして匂いが出ないようにする、コッヘル等食器は洗っておく、など、できる限りの対策をするようにしましょう。

9. 忘れ物チェック 

一人では「忘れ物拾っておいたよ~」なんて言ってくれる人はいません。帰りのパッキングが終わったら、テント設営跡地やトイレの鏡前など、何か忘れてそうな場所をしっかりチェックして、うっかりミスをなくしましょう。

10. 帰りのゴミ問題

キャンプ場に設置されたゴミ箱

出典:photo AC

これはキャンプ場次第なのですが、ゴミを持ち帰らなくてはいけない場合があります。「行きよりも帰りの荷物が増えてしまえない…」ということが起こらないように、事前にキャンプ場に確認したり、ゴミが出ないよう準備をしておきましょう。

持ち帰らないと行けないのであれば、パッキングの際に想定されるゴミを詰めるスペースを開けておきましょう。

さあ、ソロキャンプに出かけよう!

内容が盛りだくさんになってしまいましたが、ソロキャンプは楽しいものです。実際、私は女一人で何度もソロキャンプをしていますが盗難にあったことも熊に遭遇した事もありません。しかし油断は大敵、予防は大切です。注意するに越したことはありません。しっかり対策して、同じキャンプ場に集まったキャンプ好き同士楽しく過ごしましょう。

▼ソロキャンプで癒されたい人はこちらの記事もチェック!
▼ソロキャンプにおすすめのキャンプ場はこちら!
▼バイクでソロキャンプに出かけたい方に必須のアイテムはこちら!
▼冬のソロキャンプの注意点を知りたいなら!
▼一手間で美味しい&手軽にできる缶詰料理もソロキャンにぴったり!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪