初心者必見!これだけは気をつけたいソロキャンプの10のポイント

hinata

>

キャンプ

>

ソロキャンプ

>

初心者必見!これだけは気をつけたいソロキャンプの10のポイント

初心者必見!これだけは気をつけたいソロキャンプの10のポイント

 キャンプ

出典:zhukovvvlad / ゲッティイメージズ

これからソロキャンプを始める方。興味はあるけどなかなか踏み出せない方。一人は不安ですよね。そんな皆さんにソロキャンプ経験者から、気を付けておいてほしいポイントや体験談をご紹介していきます!!


 目次


ソロキャンプは初心者でもできる?

   

出典:Arup Malakar / flickr

ソロキャンプとはその名の通り「一人旅で行う一人キャンプ」の事です。「初期投資が一人分で良い、人数を集めなくて良い、自分の予定で出発できる」などソロキャンプは初心者にも始めやすいキャンプではないでしょうか。普通のキャンプやバーベキューと違い、全てを自分一人で行うので、他人を気にすることなく、あなた自身が良ければそれでいい「自分による!自分のための!」究極のわがままキャンプなのです。好きな時間に起きて、好きな時に食べて飲むソロキャンプは一度ハマればその楽しさに夢中になりますよ!

しかしソロキャンプは一人なので気を付けないといけない事もたくさん。準備から設営、調理も一人ですし、夜は怖いし・・・そんな不安を次の10のポイントを一緒に見ていきましょう♪

気をつけたい10のポイント!

1:軽量化

   

出典:Maria Savenko / flikcr

基本的に移動も設営も一人ですので、充実したグッズよりも、徹底的に軽量化したキャンプ用品を選抜する事が大事になってきます。ひとつひとつは数百グラムの違いでも、積み重なれば結構な重さになるものです。厳選して必要な物だけ持って行きましょう。

特に女性キャンパーは着替えやタオルなどが荷物の増える要因になる事が多いように思います。でもアウトドアファッションも楽しみたい!!というのが女性ですので「何度着替えるか、手洗いできるものはないか」を天候や場所によってよく考え最小限持って行きましょう。夜間寒いときは雨具をパーカー代わりに使うなど使いまわしも重要です。

2:パッキング(荷作り) 

キャンプ道具が準備できたら次はパッキングです。せっかく軽量な道具を用意しても、パッキングが下手だと、かさばって一人で持てなくなってしまいますし、途中で荷崩れを起こす事も。バイクや自転車、公共交通機関を利用する方は、手で持ち運べる程度の量(リュックひとつ)が理想です。パズルのようにきっちり詰め込んで身軽にキャンプへむかいましょう。

3:絶対にいます!対虫!

野外活動と切っても切り離せないのが害虫問題です。バッタが飛び出る程度は仕方ありませんが、アブやムカデに刺される可能性もあります。虫よけ、虫刺され薬、殺虫剤も必ず準備しておきましょう。

4:音を出す!オーディオ・防犯ベル

ソロキャンプ、自由気ままに楽しんでいるけど無音は寂しい・・・そんな時はオーディオをご準備ください!お好きな曲をかけるもよし、ラジオを流すもよし。音を出せばそこに人がいる意思表示にもなります。近くに他のテントがある場合はあまり大音量にせず、まわりのキャンパーへの配慮も忘れずに!さらに女性は何かあった時用に防犯ベルを持っておくと良いでしょう。

5:くつろぎの明かりで身を守る

   

出典:MIKI Yoshihito / flickr

暗いキャンプ場では明かりは大切です。ちょっとトイレに行くのにもライトがないと困難です。さらに明かりがある=人がいるので盗難できないと思わせる効果も。泥棒は明るい場所を狙いません。しっかり防犯しつつ、くつろぎの明かりを楽しみましょう。

6:防犯におすすめテントにも鍵

   

出典:photo-ac.com

基本テントの中に荷物を保管していると思いますが、ちょっとトイレ、ちょっとシャワ-の間に盗難に遭わないか不安ですよね。移動の度に荷物をすべて持って歩く訳にいかないし・・・そんな時は入口のチャックに南京錠をつけておきましょう!鍵がついていることで防犯意識の意思表示にもなります。しかし悪質な泥棒はテントを裂いて入ってくる事も。布でできたテントは裂かれたら終わりです。貴重品だけは肌身離さず持ち歩き、決して鍵があるからと油断しないように!

7:身を守る!通信手段

   

出典:photo-ac.com

最近はキャンプ場でも携帯電話の電波が入りやすくなったので、ソロキャンプにも安心して行くことができますよね。キャンプ場では近くに人がいない場合も多いので、緊急の体調不良や不慮の事故が起こった場合、すぐに外部に連絡できるよう通信手段は確保し、充電しておいてください。

8:ごはんの時間♪

楽しいごはんの時間です!夜は食事とお酒を楽しんでほろ酔い気分で就寝し、翌朝起きるとテント前が大参事・・・なんて事があります。これは野生動物や虫が食材を荒してしまう事があるんです。私の場合保冷バッグをしっかり閉めておらず、アヒルや白鳥に襲われテント前に生肉やカット野菜が散乱していた事も。これだけなら笑い話ですが、地域によっては熊が出没する可能性もあります。

特にソロキャンプでは人数が少ないので、野生動物が人間に気づかず近づいてしまう場合もあるので注意が必要です。食べかけや臭いの出る物ははテントから離して置く、しっかり封をして匂いが出ないようにする、コッヘル等食器は洗っておくなどできるかぎりの対策をしましょう。

9:忘れ物チェック 

一人ですので「忘れ物拾っておいたよ~」なんて言ってくれる人はいません。帰りのパッキングが終わったら、テント設営跡地やトイレの鏡前など、何か忘れてそうな場所をしっかりチェックしてうっかりミスをなくしましょう。

10:帰りのゴミ問題

   

出典:photo-ac.com

これはキャンプ場次第なのですが、ゴミを持ち帰らなくてはいけない場合があります。ソロキャンプではゴミももちろん自分で持ち帰りますので、できるだけ小さくしておきたいですよね。量を少しでも減らすため、調味料は小分けにして使い切る。食材は下ごしらえして持って行き、生ごみが出ないようにする。パックや箱に入った物はビニール袋に詰め替えておく。などすれば劇的にゴミが減り帰りが楽になりますよ!

まとめ

色々と申し上げてまいりましたが、ソロキャンプは楽しいものです。実際私は女一人で何度もソロキャンプをしていますが盗難にあったことはありませんし熊に遭遇した事もありません。しかし予防は大切です。注意するに越したことはありません。しっかり対策して同じキャンプ場に集まったキャンプ好き同士楽しく過ごしましょう。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

ソロキャンプ キャンプ初心者
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪