hinata

>

キャンプ

>

ソロキャンプ

>

ソロキャンプ向けのテーブル10選!選び方からブログの自作事例まで紹介!

ソロキャンプ向けのテーブル10選!選び方からブログの自作事例まで紹介!

 キャンプ

小さなソロ用の机と食器

出典:スノーピーク

ひとりでのんびりと贅沢な時間を過ごせるソロキャンプ。せっかくの贅沢なソロキャンプなので、身軽なほうが準備や片付けも楽ですよね。なるべく軽量なアイテムで揃えたいものです。今回は、ソロキャンプに必要なテーブルの選び方、ソロキャンプの必需品でもある軽量なテーブルのおすすめ10選、そしてブロガーさんの自作テーブルの紹介をしたいと思います。


 目次


ソロキャンプに必要なテーブルの選び方は?

軽量かどうか、テーブルの高さ、収納など選ぶ基準はソロキャンプのスタイルによって様々です。

軽量かどうかで選ぶ!

まず一番重要な部分でもある、軽量かどうかという部分です。

車での移動となるオートキャンプの場合は、少々重いテーブルでも持ち運びは苦になりませんが、準備と片付けのことを考えるとやはり軽量・コンパクトなテーブルがおすすめです。

登山キャンプの場合、バックパックのみとなるので、他のアイテムのことも考慮し極力軽量・コンパクトなテーブルを選ぶのは絶対ですね。

ツーリングキャンプも同じく、荷物の限界やバイクの積載制限があるので、軽量・コンパクトなテーブルを選ぶようにしましょう。

テーブルの高さで選ぶ!

大きく分けてハイスタイルかロースタイルかの選択になるかと思います。

ハイスタイルの場合、食材を調理したり作業する場合は便利ですよね。
ソロキャンプでも、一人でしっかりと料理をしたり作業をする場合はハイスタイルの方が使いやすいかと思います。

万が一、人数が増えることがあっても、ハイスタイルのテーブルの場合は応用が利きますし、ひとつ持っていても汎用性が高いので便利かと思います。

一方、ロースタイルは地面との高さも近くて、リラックスした雰囲気を楽しめるかと思います。
作業も少なめで、ゆったりと過ごすスタイルの場合はロースタイルがおすすめです。

直置きしたくないアイテム置きとしても活用できるので、複数台持っていても使い勝手は良いかと思います。

ハイスタイルかロースタイルで迷った場合は、高さ調節機能付きで両方対応可能なものもあるので、こちらもおすすめです。

コールマン テーブル ナチュラルウッドロールテーブル

収納に便利かどうかで選ぶ!

最後に、収納に便利かどうかという点での選び方です。
軽量かどうかという点と似ていますが、ソロキャンプなので持ち運びに便利なものが良いですよね。

テーブルは折り畳み式と収束式と大きく2つに分けられます。

折り畳み式は天板を半分に折り畳んだりできますが、収納時は面積が大きくなってしまいます。

オートキャンプの場合は車に積み込めば問題ありませんが、登山キャンプ、ツーリングキャンプの場合は折り畳み式だと持ち運びが厳しいでしょう。
特にツーリングキャンプの場合は、バイクの積載制限幅も考慮して選ぶ必要があります。

収束式は、天板を丸めて収納できるロール天板式があり、かなりコンパクトになります。
これなら、登山キャンプ、ツーリングキャンプでも持ち運びに便利です。

ソロキャンプにおすすめの軽量でコンパクトなテーブル10選

ぴったりのものが見つからなければ、自作するのもあり!

自分好みのテーブルや、ソロキャンプにピッタリなテーブルになかなか出会えない場合は、自作するのもありです。自作することで愛着が湧きますし、低予算での自作も可能です。

素人さんの場合、いきなり自作するのは大変ですよね。今回はキャンプ好きなブロガーさんの自作テーブルを紹介しますので、是非参考にして、みなさんもソロキャンプ用に自作してみてください。

自作スノーピークシェルフコンテナ50用天板テーブル(K助さん)

様々なアイテムを自作されており、キャンプマスターへの道を邁進しているK助さん。

目指せ、HAPPYキャンプマスター

スノーピークのシェルフコンテナ50をテーブルとしても使えるように、専用天板を自作しされています。


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

ソロキャンプ キャンプテーブル DIY


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪