キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプテーブルの自作方法を紹介!100均アイテムを使用した作り方も!

キャンプのキッチンの様子

バーベキューやキャンプなどアウトドアで活躍するキャンプテーブル。キャンプテーブルを自作すれば、自分のキャンプ道具と色味や大きさを合わせられます。今回は人気の囲炉裏テーブルをはじめ100均で買える資材を使用したキャンプテーブルの作り方を5つ紹介します!キャンプテーブルを自作したい方は是非最後まで読んでみてください!

キャンプテーブルを自作するメリット

テーブルにペンキを塗る様子

出典:nito100 / ゲッティイメージズ

自由にデザインできる

アウトドアを楽しむときにあると便利なキャンプテーブル。自作すると自由にデザインができ、自分好みのキャンプテーブルにできます。木の質感を活かしたり、他のアウトドア用品とカラーを合わせたり、デザインは自由自在。自分だけのマークを付けるなど、既製品にはない自分らしさを加えられるので、愛着もわき、使うのが楽しみになります。 ▼おすすめのキャンプテーブルを知りたい方はこちらの記事をチェック!

用途に合わせジャストサイズで作れる

キャンプテーブルを自作すると、使いたい用途に合わせたものを作れ、より実用的なものにできます。使用人数に適したサイズで作ったり、一緒に使うチェアの高さに合わせたりすると、使いやすさも格段にアップするでしょう。 持ち運ぶことの多いキャンプテーブルは、車のトランクに納まるサイズにしたり、持ち運び用の持ち手を付けたりすると便利です。

キャンプテーブルを自作するポイント

製作に使用する道具

出典:pixabay

キャンプテーブルを自作する際のポイントは
  1. 使用目的をしっかりイメージすること
  2. 図面を書いておくこと
  3. コンパクトで軽量にすること
  4. シーンにあわせた素材を選ぶこと
です。ここではそれぞれのポイントを解説していきます!

使用目的をイメージする

キャンプテーブルを作るときには、使用目的やシーンを考えておきましょう。ハイテーブルなのか、ローテーブルなのか、屋内用なのか屋外用なのか、焚き火の近くで使うかなど、どんなときに、どんな風に使いたいのか具体的にイメージすることが大切です。 ▼ソロキャンプ用のテーブルを作りたい方や、100均で手に入る材料で自作したい方はこの記事も必見!実際に作った方のブログを紹介しています。

図面を書く

図面ぬ書き込む様子

出典:photo AC

キャンプテーブルを作るときは、事前に図面を書いておくと便利。使用人数によってテーブルの長さが変わったり、子どもが使うのかによって高さも変わるので、事前にサイズを図面に書いておきましょう!

コンパクト&軽量にする

コールマン ナチュラルモザイクリビングテーブルの写真

出典:Amazon

デザインだけでなく、実用性も考えておかなければなりません。アウトドア用品として、コンパクトかつ軽量で、持ち運びしやすいこともしっかり意識して作るようにしましょう。

シーンに合わせた素材を選ぶ

アルミニウムアイアン等、多くの素材があります。それぞれ重量、耐久性、耐熱性が異なるので、自身が使うシーンにあった素材を選びましょう!
  • 木製テーブル:見た目がおしゃれでアウトドアシーンに合わせやすいデザイン。
  • アルミニウムテーブル:軽量で耐熱性、防腐性に優れている
  • アイアンテーブル:頑丈で安定感があり、焚き火の近くで使える

キャンプテーブルの自作方法を紹介!

テーブルを製作している様子

出典:David Sacks / ゲッティイメージズ

DIYを楽しみながらキャンプテーブルを作りたいと考えている方も多いと思います。ここでは100均やホームセンターで買える材料で作れるテーブルの自作方法を紹介します!

バーベキューコンロや焚き火を囲める囲炉裏型の自作方法

囲炉裏テーブルの上にコッヘルが置かれている様子

出典:PIXTA

火を囲みながら楽しめる、囲炉裏型のキャンプテーブルも人気です。真ん中が大きく開いたテーブルを作ることで、その部分にコンロやグリルを置いて楽しめます。凝ったデザインに見えますが、作り方は簡単です。
<自作方法>
  1. 細長い天板を4つ用意する。
  2. 100均で販売されている折りたたみ椅子を8つ用意する。
  3. 1つの天板に2つの折りたたみ椅子をビスで固定する。
  4. 天板の両端にストッパーを取り付ける。
  5. 同じものを4つ作る。
  6. それぞれを辺として組み合わせて四角形を作って完成。
▼さらに詳しい囲炉裏型テーブルの自作方法を知りたい方はこちらもチェック!
▼囲炉裏テーブルが気になる方はこちらをチェック!

100均アイテムとすのこを利用した自作方法

チェアと木製テーブルが配置されている画像

出典:PIXTA

100円ショップでも気軽に購入できる、すのこ。実は、テーブルを自作するときにも大活躍します!脚をつけるだけで簡単に、おしゃれな自作テーブルの完成です。
<自作方法>
  1. 100均で販売されているレジャーイスの座面をはさみでカット(骨組みだけに)する。
  2. 天板になるすのこを2つ用意し、片方のすのこを分解(平板をはずす)する。
  3. 分解した平板ももう片方のすのこの隙間に入れ木工用ボンドで固定する。
  4. 天板の裏に高さを調整するストッパー代わりになる角棒を4本をつける。
  5. 完成。

木製折りたたみ式テーブルの自作方法

木製テーブルの上に朝食がもられている様子

出典:PIXTA

自作キャンプテーブルのアイデアとして作りやすいのが、木製折りたたみ式です。ホームセンターなどで売られている木材を組み合わせて作り、脚の部分を折りたためるようなしくみにすることで、シンプルかつ実用的にできます。 脚の部分は、X型や、脚の付け根の部分から折りたたむタイプなど、デザインや作りやすさなどから選ぶとよいでしょう。X型の脚は、潰すようにして折りたためて、高さ調整をつけることも可能です。
<自作方法>
  1. 木材にヤスリをかける。
  2. 天板の枠を決め、天板を枠にビス止めする。
  3. 枠にテーブルの脚を取り付けて完成。
▼さらに詳しく木製テーブルの自作方法を知りた方はこちらをチェック

便利なドリンクホルダー付きテーブルの自作方法

木製テーブルの上にランタンやクッカーが並べられている様子

出典:PIXTA

キャンプテーブル はドリンクホルダーがあると便利。人数や、手持ちのカップのサイズに合わせて作れて、既製品に比べて使いやすさがアップします。テーブルの天板に穴を開けるだけでいいので簡単に作れます。落下防止に、カップホルダーを埋め込んだり、ネットを付けたりするのもおすすめです。
<自作方法>
  1. 自作した天板にコップが入るサイズの穴を開ける。
  2. 穴にカップホルダー(ネットでも可)を埋め込んで完成。

バーベキューを楽しめるハイテーブルの自作方法

アウトドアテーブルの上にランタンと食材が置かれている様子

出典:PIXTA

バーベキューで使いやすいのが、天板の中央にバーベキューコンロを設置できるテーブル。テーブルの中央にバーベキューコンロを設置できれば、コンロとテーブル間の移動がなくなり、バーベキューを座りながらゆっくり楽しめます。おすすめは持ち運びやすさを重視した、脚を折りたためるタイプです。
<自作方法>
  1. 天板と折りたたみ脚を用意する。
  2. 天板の中央にバーベキューコンロを置ける大きさの穴を開ける。
  3. 天板を二つ折りにできるように、真ん中で切断する。
  4. 切断した2つの天板をちょうづかいで固定する。
  5. 折りたためる脚を天板の四角に取り付けて完成。

自作キャンプテーブルで楽しいキャンプを

富士山の見えるサイトに配置されたアウトドアテーブルの写真

出典:PIXTA

自分でキャンプテーブルを作ることで、自分好みの、使いやすいものを手に入れられます。DIYを楽しみながら、満足度も高めることができるので、アウトドアの良さを思いきり味わいたい人におすすめです。既製品にはないデザインで、思い通りに楽しむことができるDIY。自作のキャンプテーブルで自分らしさの詰まったキャンプを楽しみましょう。 ▼既製品の中にも、気なる物があるかも?こちらもチェック
▼テーブルの他にも自作アイテムを作りたい方はこちらもチェック
▼こちらの記事も読まれています。
 最終更新日:

あわせて読みたい記事