hinata

>

キャンプ

>

あなたの欲しいがここにある!キャンプが楽しくなる人気囲炉裏テーブル10選

あなたの欲しいがここにある!キャンプが楽しくなる人気囲炉裏テーブル10選

 キャンプ

焚き火

今、「囲炉裏テーブル」がキャンプの定番人気アイテムになってきています!普段とは違うシチュエーションでの食事こそ、キャンプの醍醐味。みんなで食材を焼き、談笑しながら食事を楽しみたい!そんな時に、大人数でも火をぐるりと囲むことのできる「囲炉裏テーブル」が活躍するんです♪今回は、アウトドアメーカー各社で販売されている囲炉裏テーブルをご紹介していきます。


 目次


囲炉裏テーブルがあるともっとキャンプが楽しくなる!

キャンプをする時に悩みがちなのが、グリルや焚火などの火元の安全管理と、テーブルの設置場所。不用意に火元に近付いて火傷をしてしまったり、座る位置によっては食べ物を取りにくくなってしまったりするのが心配ですよね。
ですが、囲炉裏テーブルを使用すれば、火元を四方囲むかたちになるので火に近付きすぎてしまうこともないですし、それぞれが食べ物を取りやすい位置に座ることができるのです。また、天板までの高さが低めに作られているので、ロースタイルでゆったりとくつろぎながら団欒できるところも囲炉裏テーブルの魅力です!

人気の囲炉裏テーブル10選

現在アウトドアメーカー各社から、様々なタイプの囲炉裏テーブルが発売されています。今回はその中でもおすすめのものをご紹介!手持ちの焚火台・グリルやチェアがある場合、それらの高さや大きさが囲炉裏テーブルと合わないとバランスが悪く、食事もしにくくなってしまいます。テーブルを選ぶ際には、他のアイテムとサイズの相性が合うか確認してから購入するようにしましょう。

 

囲炉裏のサイズは同社の焚火台ファイアグリルのMサイズを基準に、ラージサイズ1つ、Mサイズ2つまで対応。(中略)これで肉焼き係だけ寂しい思いをしなくて済む!!また、小さな子供がいてもバリケードの役割もあるので安心です。

おっさんガジェット
 

尾上製作所(ONOE) 「マルチファイアテーブル」の良いところは、
作りがしっかりしていて重厚感がある
黒一色でシンプル
他のメーカーの焚火台に比べ、コスパがいい(他メーカー1万5000円〜2万するところ、ONOEは7500円前後)
UNIFLAME焚火台とも相性がいい

キャンパーの日常。
 

コールマンファイアープレイステーブルは焚火テーブルと2段テーブルの2wayだった!(中略)長テーブル2本にテーブルを支える足がついているので、この2本は単体テーブルとして使用できます!残された短いテーブル2本は・・・使えました!!!!!長テーブル2本の脚の部分に置けば2段テーブルに早変わり!!!なんてこった!!

ぐらまらす ふぁみりーきゃんぷ
 

囲炉裏テーブルは色々なキャンプメーカーが出していますが、天板がウッドはロゴスだけ!設置および収納は数分かつコンパクト。ただし11kg近くあるので重い❗️

買い物探検隊♪
 

付属の収納ケースに収めるのですが、これがまた大変。キチンと固定されているわけではないので、適当に持つとガシャンと崩れちゃいます。対面の足を手のひらで鷲掴みするようにし、脚でテーブルトップを挟むように持ち上げて収納ケースに入れます。ひとりでやるには片手でテーブルを持って、空いた手で収納ケースを持つワケになるのですが、ジカロテーブルの重量は10.5kg。テーブルを持つ手はプルプル...女性はふたりがかりじゃないと厳しいかも。(中略)

メーカーは推奨してませんが焚火台Mがピッタリ嵌ります。
ただし、焚火台とテーブルトップの距離が近すぎて、テーブルトップがアチチになる恐れがあるのと、グリルブリッジの高さを一番高くしないとグリルブリッジとテーブルトップが干渉しちゃいます。

まーいいか

【DIY】ブログでチェック!自作囲炉裏テーブルを作ろう

なかなかお値段の高いものが揃う囲炉裏テーブル。グリルを購入し、皆で囲んでバーベキューなどの食事を楽しみたいと思うところですが、簡単に手に入れることができません!そこで!チャレンジして見てほしいのが囲炉裏テーブルの自作。少し大変ですが、ものづくりの好きな方にはおすすめです。作り方は様々ですが、ここでは例として一つ作り方をご紹介します。

【手順】
1. 設計
ただ切って繋げるだけでは終わらない囲炉裏テーブル。ジョイント部分など精密な部分があるので、簡単な設計図を作り、頭の中でイメージを固めておくことが大切です。また、作り方も様々なので、必要な材料についてもここでしっかり吟味しておきましょう。また、グリルに合わせたサイズ設計も重要。燃えることの無いよう、グリルから10cm程度距離ができるように考えておきましょう。

2. 材料集め
設計で考えた必要な木材を集めます。天板について、ジョイント部分を補助金具で作っても良いですが、おすすめは全て木材で作ってしまう方法。そのぶん重たくなるものの頑丈さが段違いで、壊れる心配がなくなります。素材としてはこれも頑丈なヒノキ材がおすすめです。あとはあし部分とつなぎ目に使うネジ類を購入しましょう。脚を留めるためのオナニメット、サイズのあうジョイントボルト、つなぎ目を留めるネジが必ず必要です。最後のネジは木材の味を邪魔しないよう、ブロンズメッキされたものを選ぶのも良いですよ。

3. パーツ作り
ポイントはネジを閉める前に下穴を開けておくこと!木材が割れずにすみます。長辺と短辺、長さが合致するように気をつけて作成しましょう。

参考ブログ:Yosocam

また2wayで使えるようオプションでパーツを作っておくと、通常のテーブルとしても使えて便利ですよ♪

さらにキャンプを豊かにしてくれる関連商品!

トライポッドについてもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!

焚き火台についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

焚き火テーブルについて詳しく知りたい赤田はこちらの記事をチェック!

まとめ

高さや材質など、いろいろな違いのある囲炉裏テーブル。ご紹介した中にお気に入りは見つかりましたでしょうか。火をぐるっと囲んで食事をすると、心の距離も自然と近付くでしょう。囲炉裏テーブルがあれば、人数が多くてもみんながそれぞれの顔を見ながら会話をし、食事を楽しむことができますよ。食事を終えた後、焚火をするのも良いですね。キャンプの雰囲気がグッと本格的になるので、是非取り入れてみてください!


あわせて読みたい記事



新着記事


  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪