hinata

>

ノウハウ

>

スタイル

>

ソロキャンプ

>

喧騒とは無縁の冬ソロキャンプ!必要な装備や注意点を総まとめ

喧騒とは無縁の冬ソロキャンプ!必要な装備や注意点を総まとめ

 ノウハウ

湖のすぐそばでソロキャンプをする男性と満天の星

出典:unsplash

ソロキャンプを始めてみたいけど、キャンプサイトにはファミリーやにぎやかな団体さんがいて、一人でいるにはちょっと居心地の悪い思いをしてしまいそう…と心配な方は多いのではないでしょうか?ソロキャンプに向いているキャンプ場(無料キャンプ場など)はありますが、日によって客層は変わりますし、無料なりの寂しい設備だったりします。そんな方におすすめしたいのが、人が少なく、静かでまったりした冬キャンプでのソロキャンプデビュー!!ハードルが高そうに感じる冬キャンプですが、意外と簡単に、楽しく始められるものなんです♪おすすめるワケと始めるまでのハウトゥをお教えします☆


 目次


冬のキャンプがソロキャンプにおすすめなワケ

暗闇に浮かぶ黄緑のテント    

出典:unsplash

ではなぜ冬のキャンプがソロキャンプにおすすめなのか、冬キャンプの特徴をのぞきつつ見てみましょう!

理由その1:人が少ない

木々に囲まれたキャンプサイト    

出典:pixabay

キャンプのトップシーズンは夏です!この時期にはサイトに多くの人が集まり、わいわいした雰囲気に。では冬キャンプはどうでしょう。冬は寒さゆえにキャンプをするには大変という印象が強く、普段は大人気のキャンプ場でも予約が取りやすくなるほどキャンプサイトに人が少なくなります。そのため冒頭で話した通り、ファミリー層やにぎやかな団体さんはあまりいなく、目線が気になったりうるさくて雰囲気に浸れなかったり等の心配は無用に!他にもサイト間の距離が近かったり、公共施設を使うのにたくさん待ったり、人が少ないことによるメリットはたくさんあります☆ソロキャンプに求めるような静かでまったりとした雰囲気が、冬キャンプにはばっちり揃っているんですね♪

理由その2:中・上級キャンパーさんが多い

森と湖と綺麗な夕焼け    

出典:unsolash

冬キャンプはキャンプ初心者の方も始めることが出来ますが、キャンプのトップシーズンではない冬に始めようという方はなかなかいないのが現状…。そのため、冬のキャンプには上級者さん、もしくは中級者さんが多いんです。ではキャンパー層がそういった方たちだとなぜおすすめなのかというと、みなさんマナーがしっかりしているからなんです!

例えばさきほどファミリー層が少ないと書きましたが、もちろん冬キャンプに全くいないというわけでもありません。ですがみなさん冬キャンプをしに来ている中・上級者のキャンパーさんたち。もっと言えば冬キャンプに来ているのですからかなりのキャンプ好きで、静かな冬キャンプを求めてきている方たちです。なのであまりにうるさくしたり、周りに迷惑をかけたりはほとんどの方がしません!ソロキャンプに限ったことではありませんが、快適にキャンプを楽しむには、サイト内のキャンパーさんたちのマナー等も大切ですよね。

焚き火やあたたか料理でこころもホットに♡

燃える焚き火    

出典:Pixabay

寒くて人恋しい冬に、人の少ないキャンプサイトでソロキャンプじゃ寂しすぎるかも…?と思った方もいるのではないでしょうか。もちろん一人でだれにも邪魔されず、というのがソロキャンプのいいところでもあるのですが、寂しくなってしまうという心配はありますよね。でも大丈夫!冬キャンプの醍醐味でもある”寒い中で暖まる”という行為は、思ったよりもなんだかほっこりするものなんです♪空気が澄んでいてとっても綺麗な星空を眺めつつ、あったかいコーヒーを片手にたき火に当たる…♡寒い冬だからこそ、暖かさの染みる冬のソロキャンプをおすすめします♪

準備その1. 冬のソロキャンプで持っていくべき防寒装備一覧

木々に囲まれたテントの側でカップを持つ女性    

出典:unsplash

<おすすめファッション>
□ダウンジャケット・ダウンパンツ
□防風シューズ
□保温性の高いインナー・靴下
□手袋
□ネックウォーマー・マフラー
□ニット帽・耳あて

<防寒用必須アイテム>
□テント (スカート付き)
□シュラフ
□シュラフマット
□焚き火台
□暖房器具

<あると便利な防寒アイテム>
□湯たんぽ
□カイロ
□コンパクトヒーター +一酸化炭素警報器(テント内用)

準備その2. 冬にも使えるソロテントおすすめ3選

森の中で木漏れ日に照らされるテント    

出典:unsplash

今回は冬は冬でもソロキャンプ。ソロとなるとテントを建てるところから片付けて持ち帰るところまですべて一人で行わなくてはいけないので、持ち運びのしやすさや設営の簡単さが大事になってきます。耐水性や防寒に優れているテントとなると、ポップアップテントなどの数分で設営できるものはなくなってきますが、それでも比較的簡単に設営できるものはあります!ではさっそくおすすめテントを紹介しますね♪

ソロキャンプのテントを選ぶなら!あなたのキャンプスタイルに合ったソロテントをチェック▼

準備その3. コンパクトな暖房器具おすすめ3選

網の上のカップと背景の焚き火    

出典:unsplash

シュラフ、服装については下記記事を参考にしていただきたいのですが、暖房器具はソロキャンプとなると小さいものを用意しなければなりません。また、ソロなのでできるだけ荷物は減らしたいですよね。今回は調理時にも使える一石二鳥な暖房器具を紹介します♪

冬キャンプの魅力とは?にしちゃんとトロンちゃんが語る冬キャンプならではの素敵な体験!

準備その4. 冬のソロキャンプ向けキャンプ場おすすめ3選

満天の星とたった1つのテント    

出典:unsplash

全体として、キャンプ場選びで気をつけたいのが水回り。水道が凍っていて水が使えない…なんてことになると大変です。水は大切なライフラインですから、事前にキャンプ場に確認をしておきましょう!ここでは、厳選3つのキャンプ場をご紹介します。

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場【千葉】

成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場でのキャンプの様子    

出典:成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

<冬のキャンプ場選びのポイント>
洗い場のお湯  :○
サイトのAC電源:○
お風呂・温泉  :×

高規格キャンプ場として知られる成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場。お湯が出るなど、冬のキャンプでのポイントもしっかり抑えています。お風呂・温泉はありませんが、場内にはシャワーがある他、車で30分の距離に大型の銭湯もあります。

また、レンタル品や購入品も充実しているので、たとえ忘れ物をしてしまったとしても安心!ソロキャンプだからこそ、高規格なキャンプ場をチョイスするのもおすすめです。

【基本情報】
住所:〒289-0111 千葉県成田市名木730
TEL:0476-96-1001
料金:大人宿泊 2,000円/人
アクセス:下総ICから車で5分
公式はこちら: 成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場

北軽井沢スウィートグラス【群馬】

インディアン風テントが並ぶキャンプサイト    

<冬のキャンプ場選びのポイント>
洗い場のお湯  :○
サイトのAC電源:○
お風呂・温泉  :○

冬のキャンプ場選びのポイントをすべて抑えた、まさに冬のソロキャンプにおすすめのキャンプ場です。場内には、貸し切り風呂が用意されているので、ゆったりできます◎冬のスウィートグラスは一面銀世界なので、冬にしか味わえない絶景を味わうことができます♪

【基本情報】
住所:〒377-1412 群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990−579
TEL:0279-84-2512
料金:3,000円〜/サイト
アクセス:碓氷軽井沢ICから車で約50分
公式はこちら: 北軽井沢スウィートグラス

ライジングフィールド軽井沢【長野】

冬のライジングフィールド軽井沢の冬の景観    

出典: ライジングフィールド軽井沢

<冬のキャンプ場選びのポイント>
洗い場のお湯  :○
サイトのAC電源:×
お風呂・温泉  :○

近くに小瀬温泉があるので、雪の一面銀世界と、あったかい温泉を同時に味わえるライジングフィールド軽井沢。ライジングフィールド軽井沢は、薪ストーブがレンタルできるのもおすすめポイント!かさばる薪ストーブを持っていく必要がないので、積載の少ないツーリングキャンプにおすすめ♪

【基本情報】
住所:〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町小瀬
TEL:0267-41-6889
料金:施設利用料 500円/人、500円〜/サイト
アクセス:碓井軽井沢ICから車で30分
公式はこちら: ライジングフィールド軽井沢

そもそも冬キャンプができるキャンプ場は限られています!こちらも記事にまとまっているので、参考にしてみてくださいね♪

みんなの冬キャンプ体験談をブログでチェック!

以上冬のソロキャンプができるまでの簡単な道筋をご紹介しました♪あとはモチベーションを最大限上げるだけです!実際に行ってきた方の感想を聞けば、その楽しさが伝わりますよ♡

popoiさん(@popoi5833)が投稿した写真 -

前室のあるソロテントで秘密基地感覚で楽しめます。ソロキャンプをヤッテル感が強く、ハマると止められません。(笑)

naturum

寒い時期はお部屋のこたつでぬくぬく…というのが一番ふさわしいのかもしれませんが、あえて、こうして、野外へ出かけてくると、また異なった時間の流れを楽しめるものです。(略)日常の生活では、一日があっという間で、一週間も瞬く間に過ぎていきます。けれど、野外で過ごす一日はなぜか、のんびりと、あたかも時間の針が止まってしまったかのような錯覚を覚えます。(略)今夜は快晴で星もたくさん見えます。(略)非日常の時間を過ごせてとてもうれしかったです。 冬のキャンプは寒いけど暖かい・・・経験した人でないとわからないことかもしれませんが、焚き火や暖かいお料理に心が喜ぶのです。生きている事自体が素晴らしいことなんだと実感できる気がします。冬には冬の良さがある・・・このことを知ることが出来たのはキャンプのおかげ。

nicobideo

みなさんソロ冬キャンプが大好きなんですね!こちらまでワクワクしてきちゃいます♡

まとめ

いかがでしたか?冬キャンプは準備さえしっかりすれば、どなたでも安心して始められます☆たとえ多少の失敗があったとしても、それも含めてキャンプのいいところであり、さらにハマるきっかけになります。きっとソロで出掛ける冬キャンプには、新たな発見がたくさんあります!今年の冬はぜひその発見を探しに行ってみてくださいね♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

3

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪