hinata

>

キャンプ場

>

冬キャンプ

>

冬キャンプにおすすめ!関東の人気キャンプ場9選

冬キャンプにおすすめ!関東の人気キャンプ場9選

キャンプ場

雪上にテントを貼って冬キャンプをしている様子の写真

出典:matdupuis / ゲッティーイメージズ

キャンプに季節は関係ありません。冬キャンプは、室内でぬくぬく過ごすことがポイントです。同じキャンプ場でも季節が変われば見える景色が違い、新鮮な気持ちを味わえます。今回はあえて冬に行くことをおすすめしたい関東のキャンプ場をご紹介します!ぜひ参考にしてください。

目 次

冬キャンプの魅力ポイント

空いていてプライベート空間を味わえる

積もった雪の上にテントを貼って焚き火をしている写真

出典: Shaiith / ゲッティーイメージズ

キャンプと言ったら、夏や秋を想像する方が多いののではないでしょうか?人気の高いキャンプ場は、やはり夏は混んでいるので、予約が取れなかったり、せっかくアウトドアに来ているのに人目を気にしてしまうといったことがあると思います。

しかし、オフシーズンに行う冬キャンプは、人気のキャンプ場でも比較的空いていることが多く、人気のキャンプ場も予約が取りやすくなります。人が少ないので、人目を気にせず、プライベート空間のようにアウトドアを楽しめるのも、冬キャンプの醍醐味です!

虫の心配もない!

雪上にテントを貼って冬キャンプをしている様子の写真

出典: kapulya / ゲッティーイメージズ

キャンプで気にポイントの一つに、虫の存在がありまよね。冬キャンプでは、虫の心配がありません。気温が低いので、虫も居なくなっているので、虫が嫌いな方も安心して、アウトドアを楽しめます。

澄んだ空気の中で星空鑑賞

冬の森の中にあるウッドハウスと星空の写真

出典: maroznc / ゲッティーイメージズ

冬キャンプでとても魅力な点は、冬の澄んだ空気の中、自然に囲まれながら綺麗な星空を鑑賞できることです。夏の夜に星空を鑑賞するのとは違った魅力があります。人の少ない自然の中でキャンプをしながら、静けさと澄んだ空気を味わいながら、綺麗な星空を鑑賞するのは、他では味わえない魅力があります。

焚き火で暖を取ろう

焚き火をしているカップルの写真

出典: anatoliy_gleb / ゲッティーイメージズ

冬キャンプでは、焚き火で暖を取りましょう。焚き火をしながら、仲間や家族と鍋を囲んだり、焚き火を見ながら話したり、といったキャンプならではの楽しみ方を格別です。

また、焚き火の音を聞きながらボーッとするのもおすすめですし、焚き火での暖の有り難さなど、いつもなら考えないような細かい所までありがたみを感じられます。ぜひ冬キャンプを試してみて下さい。

宿泊費も安くなるので、お財布に優しい!

冬のカントリーハウスの写真

出典: uatp2 / ゲッティーイメージズ

冬キャンプでは、オンシーズンに比べて宿泊費が安くなります。テント泊、コテージ、バンガローなど各宿泊スタイル安くなるので、人気のキャンプ場や行ってみたかったコテージなどに安く行きたい際には、冬に行くのがおすすめです。

冬キャンプを行う際の注意点

冬に営業しているか確認しよう

冬のコテージの写真

出典: oksix / ゲッティーイメージズ

冬キャンプに行こうと思ったら、まずキャンプ場が冬に営業しているのか、また営業時間を確認しましょう。冬は営業していないキャンプ場や、オンシーズンとは営業時間が異なるキャンプ場も多くあるので、冬キャンプに行く前には事前に調べましょう。

雪が積もっているのか確認

雪上に貼ってあるテントの写真

出典: Shaiith / ゲッティーイメージズ

キャンプ場は山の近くにあるのが定番なので、雪が積もっているか事前に確認するようにしましょう。電話で確認したり、公式サイトにライブカメラがあるキャンプ場もあるので、確認して見て下さい。

防寒アイテムをしっかり準備しよう

テントからの朝焼けの景色

出典: Schlenz / ゲッティーイメージズ

初めて冬キャンプをする場合には、想像以上に寒さを感じます。なので、できる限り万全の準備をしましょう。寒さ対策として、防寒着を着込んだりすると思いますが、素材を意識しないと汗がこもり、汗冷えしてしまう恐れがあります。汗冷えで風邪を引くこともあるので、防寒アイテムは通気性の良いモノを選びましょう。

また、寒さ対策といってテントの中で、ガスや薪で暖を取るのは厳禁です。風が通らないので、一酸化中毒になってしまうことがあります。なので、テント内では湯たんぽなどの火を使わないで暖まれるグッズを準備しておきましょう。

関東の冬キャンプといえばここ!おすすめ9選

FACT LAND

オリジナル
那須高原の木々と満天の星を眺めながら、アウトドアが楽しめるオートキャンプ場。那須I.Cからは20分、黒磯板室I.Cからは30分と、好アクセスの立地です!オートキャンプ19サイト、フリーサイト31サイト、合計50サイトを用意しています。ペットも同伴可能な点も魅力。

このキャンプ場はレンタル品も充実しており、手ぶらで訪れても大丈夫です。最近は、FACT LANDから徒歩8分の場所に「TOWAピュアコテージ」というバーベキューレストランがオープン!より気軽にバーベキューが楽しめます。

【基本情報】
住所:栃木県那須郡那須町高久甲西表4453-984
電話: 0287-74-6211
料金:3,300~/人
公式はこちらFACT LAND
▼hinata spotでは、FACT LANDの予約ができます!

館山サザンビレッジ

館山サザンビレッジの海サイト
南房総の海に囲まれており、海まで徒歩10秒と好立地が魅力のキャンプ場。ここのキャンプ場の魅力はなんといっても、目の前に広がる海!パドルボードやカヤックなどのマリンスポーツが楽しめます。キャンプ場を利用している方は、道具のレンタルが可能です!レンタル料金には講習も含まれていますので、初心者でも安心!

海辺のオートサイトが新設されました。海を見ながらバーベキューを楽しみたい方におすすめ。また、施設内には、温水シャワーや水洗トイレ、炊事場が完備されています。毎日清掃されているため、清潔感満載!

【基本情報】
住所:千葉県館山市波左間153
電話:080-9219-9651
料金:6,820円〜 / 人
公式はこちら館山サザンビレッジ
▼hinata spotでは、館山サザンビレッジの予約ができます!

breeze family camp

breeze family camp
テント設営ワープショップを無料で運営している宿泊施設です。気軽にアウトドアを始められるので、キャンプ初心者に人気があります。

冬キャンプを満喫できる日帰りキャンプ体験プランやソロキャンププランを提供しています。館山駅・那古船形駅からの無料で送迎しているので、公共交通機関を利用して行きやすいです!

【基本情報】
住所:千葉県館山市那古1672-6
電話:070-8305-6382
料金:12,100円〜 / 人
公式はこちらBREEZE Family Camp
▼hinata spotでは、breeze family campの予約ができます!

なす高原 YUMOTO CAMP

なす高原 YUMOTO CAMP
栃木県那須地域に2021年の春オープンしたキャンプ場。ソロキャンパーやツーリングの方が安心して楽しめる価格帯が魅力です。林間や牧草地といったさまざまなキャンプサイトが揃っていますので、キャンプスタイルに合わせて自由に選べます!

キャンプ場周辺にはコンビニやスーパーがあるため、買い出しも楽ちん!キャンプの帰りは、近くにあるパン工房や日帰り温泉を利用してみるのもおすすめです!

【基本情報】
住所:栃木県那須郡那須町湯本452-3
電話:080-1522-7358
営業期間:通年営業
公式はこちら:なす高原 YUMOTO CAMP
▼hinata spotではなす高原 YUMOTO CAMPの予約ができます!

北軽井沢スウィートグラス

スウィートグラスアドベンチャーの入り口

出典: 北軽井沢スウィートグラス

こちらのキャンプ場の魅力は、コテージが充実しているところです。テントサイトも適宜除雪作業が行われ、オールシーズン使用できます。グリーンスタイルとホワイトスタイルと分かれていて、冬は冬の楽しみ方を全面的に押し出しているほどです。

また、冬の平日割や、シーズンにあったスウィートグラスオリジナル食材、クリスマスやお正月にちなんだイベントなど、冬にしか味わうことの出来ない魅力がたっぷり詰まっています。ソロキャンプサイトもあるので、一人キャンプも満喫できますよ。

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話:0279-84-2512
営業期間:通年営業
公式はこちら:北軽井沢スウィートグラス

群馬県 outside BASE

outside BASEのセンターハウス

出典: outsideBASE

おしゃれなセンターハウスが目印のこちらのキャンプ場。冬におススメなポイントは、施設内にお風呂がついているところ!キャンプの疲れを洗い流したいですね。ディナーのプランには鍋料理もあるので、そちらで温まるのも。コテージの外には屋根付きのテラスがあり、自然の中でご飯が頂けます。

ロフト付きの楽しいコテージもありますよ。石油ファンヒーターなど、冬に嬉しいレンタルグッズもあります!清潔に保たれたお風呂は、宿泊者のみ利用可能です。体の芯から温まって、冬のキャンプも気持ちよく過ごせます。

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町大字北軽井沢字鷹繋2032‐2457
電話:0279-80-5061
営業期間:通年
公式はこちら:outside BASE

詳しくはこちらチェック▼

スプラッシュガーデン秩父

スプラッシュガーデン秩父のキャンプ場の様子

出典: スプラッシュガーデン秩父

埼玉にあるスプラッシュガーデン秩父。こちらのキャンプ場は7000坪の広大な敷地が魅力です!冬は雪の積もった芝生でそり遊びも出来そうです。広い芝生で、ご家族で思いっきり遊びましょう。

スプラッシュガーデン秩父にはドッグランも併設されています!近くには犬用温泉施設もあるので、わんちゃんも一緒にキャンプを楽しめます。ペット専用のお風呂施設はなかなかないので、是非この機会に使ってみて下さい。

【基本情報】
住所:埼玉県秩父市小柱326-2
電話:0494-62-3399(9:00~17:00)
営業期間:通年
公式はこちら:スプラッシュガーデン秩父

ケニーズファミリービレッジ

ケニーズファミリービレッジの河原のテントサイト

出典: ケニーズファミリービレッジ

こちらは、イベント盛りだくさん、遊べる施設が充実のキャンプ場です。これからの季節は、クリスマスキャンプや年越しキャンプなど、イベントが目白押しなので、一味違ったキャンプを楽しみたい方は是非チェックしてみて下さい。遊び道具を持っていかなくても大丈夫!

マス釣り場や、バスケットやバドミントン、卓球などができるスペースがあり、子供から大人まで満喫できます。コテージは広さ色々3種類。テントサイトは河原と、一般サイトがあり、選択肢が多いのも魅力!ホットカーペット、灯油ストーブ、電気ストーブなど、冬に嬉しいレンタルグッズも豊富です!

【基本情報】
住所:埼玉県飯能市上名栗3196
電話:042-979-0300(8:30 ~ 17:00)
営業期間:通年
公式はこちら:ケニーズ・ファミリー・ビレッジ

cazuキャンプ場

cazuキャンプ場の様子

出典: cazuキャンプ場

緑に囲まれた自然いっぱいのキャンプ場。木材屋さんが運営するこちらのキャンプ場の魅力は、良質な薪が使い放題なことです!薪があれば、焚き火もバーベキューもし放題です。冬のキャンプに焚き火は欠かせませんが、キャンプだと1,000円で使い放題です。これで日中から夜まで暖かく快適に過ごせます。

【基本情報】
住所:埼玉県飯能市赤沢1072
電話:042-978-8560(8:00〜17:00)
営業期間:通年
公式はこちら:cazuキャンプ場

プライベート感を味わえる冬キャンプでリラックスしよう!

キャンプ場によって特色があるので、それぞれの楽しみがいっぱいです。どのキャンプ場も冬でも快適に心地よく過ごせるように配慮してあるので、寒いのが苦手な方もお子様も安心ですね。冬はオンシーズンに比べて人が少なく、プライベート感いっぱいにリラックスしたキャンプが楽しめます。冬キャンプが初めての方も、ぜひ挑戦してみて下さい。

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 FACT LAND 館山サザンビレッジ BREEZE family camp なす高原 YUMOTO CAMP 北軽井沢スウィートグラス outside BASE スプラッシュガーデン秩父 ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場 cazuキャンプ場
キャンプ場名 FACT LAND 館山サザンビレッジ BREEZE family camp なす高原 YUMOTO CAMP 北軽井沢スウィートグラス outside BASE スプラッシュガーデン秩父 ケニーズ・ファミリー・ビレッジ/オートキャンプ場 cazuキャンプ場
リンク キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る キャンプ場の情報を見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

冬キャンプ キャンプスタイル

おすすめのキーワード