ソロキャンプ(ひとりキャンプ)に行くなら!スタイル別一人用テントおすすめ16選☆

hinata

>

キャンプ

>

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)に行くなら!スタイル別一人用テントおすすめ16選☆

ソロキャンプ(ひとりキャンプ)に行くなら!スタイル別一人用テントおすすめ16選☆

 キャンプ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

満天の星空を独り占め☆誰にも気を使わずに大自然を独り占めできるソロキャンプ(ひとりキャンプ)って憧れますよね♪でも、ソロキャンプの一人用テントってどう選べばいいか知っていますか?意外と悩む一人用テントの選び方。ソロキャンプでの一人用テントで失敗しないために、キャンプスタイル別におすすめ一人用テント16選をご紹介します!


ソロキャンプではテント選びがより重要!

   

coleman.co.jp

大自然を独り占めなんて素敵☆さあ、ソロキャンプに出かけよう!

そうなったらまずはテントを選ばなければいけません。ソロキャンプは、1人の自由を感じつつも、1人で全ての作業をこなさなければいけないというプレッシャーもありますよね。

テント選びを失敗してしまうと、せっかくの大自然や自由が台無し...失敗できないソロキャンプだからこそ、一人用テントの選び方を知り、万全の準備をしておきましょう!

一人用テントを選ぶ際のポイント

   

photo-ac.com

一人用テントと一口にいっても、たくさんあってどのテントを選べばいいか分からない...そんな方も多いのでは?まずは、ソロキャンプで一人用テントを選ぶ際に重要なポイントを知っておきましょう!

ポイント1. テントのサイズ

テントを広げた時のフロアのサイズですが、基本的にソロキャンプでは、サイズもコンパクトなものがよいと思われるかもしれません。

しかし、一人用のテントのサイズをご存知ですか?コールマンの「トレックドーム カペラ/75」の場合、その名前にもある通り、横幅は75cmしかないんです。二人用でも横幅120㎝と、想像以上に圧迫感があるんです。

快適な居住・睡眠スペースを確保するためにも自分の求めるサイズ感を把握しておきましょう!

ポイント2. テントの軽さ

ソロキャンプの道具の中で一番と言っていいほどの重量を持つテント。テントは軽いものと重たいもののでかなり幅があります。

「どこでそんなにテントの重さが変わるの??」

同じ大きさだった場合、テントの軽さに最も影響する部分は、実はポールの材質なんです!例えば、アルミに比べてジュラルミンの方が強度も軽さもはるかに優れています。ただし、ポールの材質がよくなると、その分値段も高くなってしまうので注意しましょう!

ポイント3. テントの設営のしやすさ

テントによって設営法は様々。テントの4隅に2つのポールを対角線に差し込む設営方法のテントがオーソドックスですが、この設営法は、一人ではベテランキャンパーでも苦戦してしまうため、初心者のソロキャンプにはおすすめできません。

そこで、一人でも比較的立ち上げやすい代表的な設営法のテントを3つご紹介します!

ポップアップ式テント

   

収納ケースから出したら開くだけで勝手にテントの形になってしまうのがポップアップ式!究極の設営のしやすさが特徴です☆中には、2秒でテントの設営が完了してしまうものまであるので、初心者にはおすすめですよ!

ただ、自動で設営してくれる分布地の摩耗が激しくなってしまいます。そのため、耐久性には優れていないので注意しましょう。

ワンタッチ式テント

   

収納ケースから出したら、4本のポールが折りたたみ傘のようにたたまれています。各ポールのジョイント部分を開いたら、テント全体を持ち上げながらテント上部の紐を引っ張り、ポールを完全に伸ばしたら完成!!

これも比較的簡単に設営でき、ポップアップ式と比べるとしっかりとした作りになっているので、本格的に野営(テント泊)をする場合におすすめです☆

ワンポール式テント

   

coleman.co.jp

通常のテントは、フロア部分の4隅にポールがあり、それぞれをうまく操作しなければ立ち上げることができません。しかし、ワンポール式テントは、真ん中にポールが立っているだけなので、一人でも簡単に設営することができます♪

ポップアップ式、ワンタッチ式に比べると設営には時間がかかりますが、それも数分ほど。広々とした居住スペースを優先するのであれば、ワンポール式がおすすめですよ☆

キャンプスタイルに合った選び方を!

   

photo-ac.com

オートキャンプ、ツーリングキャンプ、登山キャンプなどなど、キャンプスタイルによって、3つのポイントの重要度が変わってきます。ここでは、各キャンプスタイルで、重視するべきポイント、重視しなくていいポイントを把握しましょう♪

オートキャンプでの一人用テントの選び方

キャンプサイトの中まで乗り入れることができるオートキャンプ。オートキャンプでは、自分の宿泊するサイトの横に車を停めて、真横にテントを広げることができるんです☆だから、軽量性や収納性なんかはあまり気にする必要がありません!

簡単な設営法のテントの中で、十分な開放感のあるサイズのものを選びましょう♪一人で設営できるようであれば、通常の3~4人用のテントも検討してみてもいいかも!?

デイキャンプでの一人用テントの選び方

   

photo-ac.com

日帰りでソロキャンプを楽しみたい方は、設営法が簡単なテントを選びましょう!特に、サンシェードのように陽射し除けとして使う場合や、プライベートゾーンを作るために設営する場合は、ポップアップ式テントやワンタッチ式テントがおすすめ!

パッと設営してすぐにキャンプ気分♪パッと撤収して帰り支度♪野営(テント泊)をしないのであれば、設営・撤収に時間をかけずにキャンプの時間を長く取りましょう♪

登山キャンプ時の一人用テントの選び方

   

photo-ac.com

登山を楽しみつつ、夜はテント泊がしたい!というアクティブ志向の方には、軽さと収納性を兼ね揃えたタイプの一人用テントをおすすめします!険しい山道が何kmも続く中、全ての荷物を自分の背中で背負うので、少しの重量の違いでもこだわりたいところ。

1つ1つが100g、10g単位で軽いキャンプ道具を選べば、全体としても2~3kgの差が出てきます。特にテントは全体の中でも重いアイテムなので、軽量性にこだわって選ぶ必要がありますね。

その他にも、自転車でもキャンプにチャレンジしたい方も、軽さと収納性に優れた一人用テントを選びましょう♪

ツーリングキャンプ時の一人用テントの選び方

   

photo-ac.com

キャンプ場までの移動手段にバイクを用いて、移動までも楽しんでしまうツーリングキャンプ。この場合、最も重要視すべきポイントはテントの収納性です。ツーリングテントの場合はバイクに全てのキャンプ道具を載せるので、持っていける量が限られてしまうためです。

ただし、軽さはあまり気にしなくても大丈夫!コンパクトで値段もリーズナブルなものを選びましょう♪


それでは、スタイル別におすすめのテントを紹介します♪

オートキャンプでのおすすめ一人用テント

オートキャンプで重視すべき、一人設営可能かつ大きめのサイズのテントを紹介します!

 

当方が気に入っているのは、特に室内空間の高さです。(略)冬使用時の追記→→→今年の2月、関東にて使用してみました。結論から書きますと、心配していた下からの冷気ですが、問題ありませんでした。(略)むろん、睡眠中に暖房器具等を一切使用していません。おそらく、この商品は、インナーテント材質、構造等が、値段の割にかなり良いのだと思われます。手にとってみればわかりますが、インナーテントの生地は、かなりしっかりしていると思いますね。

Amazon
 

実際使って見たところやはり前室は使いやすく、グランドシートとセットなのでずれる事も無く、 マットを引いて前室でねっころがれてしまうので非常によかったです。室内も2名でも問題ないじゃん。と言う感想で、もしかすると前室に荷物を置いてしまうので、余計そう思うのかもしれません。 ツーリングにてのパッキンは思いのほかよく、カバーに2つのベルトとプラスチック金具がついていて、そこにボールが挟まるのですが、実際ポールと本体を別にするとマジェスティのシート下に入ってしまいました。非常に満足してます!!

Amazon
 

ローコットを入れて使いましたが、円錐型は空気の流れが良く、涼しく寝られました。圧巻は、この8月の台風が近づいた時の強さで、近くに張ってあったドームテントはポールが曲がったり、折れたりしていましたが、このティーピーは倒れることなく、ポールが曲がることもなく、凌ぎました。この値段はお得です。

Amazon
 

そこそこの強風でも安定している 前後左右にメッシュがあり通気性は良好 小さな前室?も靴置き場として使うには良い 収納袋にベルトがついていて亀仙人の甲羅のように背負えるので両手が使えて便利

Amazon

デイキャンプでのおすすめ一人用テント

デイキャンプで重視すべき、簡単設営、簡単撤収なテントを紹介します!

 

このテントは本当に折りたたみ傘の様な構造で短時間で展開、そして撤収ができる。でもフライとインナーのツインウオール、そしてトップカバーまで付いていて雨漏りの心配は無さそう。そして持ってみるととても軽い。シュラフより軽いくらい。こんなソロテントとしては満点に近い出来なのに求め易いお値段なんですよね。本当に買って良かったと思っています。でも収納時の長さが70cm弱あることと、底面のシートが薄いことは注意の必要があるかもしれません。

Amazon
 

簡単設営・収納です。風が非常に強い日に使用しましたが、全く問題ありませんでした。(略)適度な通気性を持つ本商品も捨て難いものがあります。真夏以外はかえって使い勝手が良いのではないでしょうか。収納時の円盤型の大きさが気にならない方にはお薦めです。

楽天
 

炎天下の日に2泊しましたテント自体の遮光率が高いのか、室内は、他のテントより涼しいかも、

decathlon

登山キャンプでのおすすめ一人用テント

登山キャンプで重視すべき、軽さと収納性に優れたテントを紹介します!

 

前室がありませんが、出入りはしやすいです。また土間があるので、靴のままさっと入って中で靴や雨具を脱ぐという感じに使えます。シングルに近いので設営は簡単ですし軽いです。また一人で簡単に立てられます。

snowpeak
 

期待通りで買ってよかったです。女性ですが、組み立て簡単で大人2人でも荷物置ける余裕もあります。これからもっとたくさん使っていきます。

Amazon
 

設営は吊り下げ式で簡単。(略)縦サイズはありますが横がマットサイズぐらいしかないのでザックは前室に置くか足元に敷くかになります。(略)中国産ですが作りはまずまずしっかりしていて価格は安いので安売りしたがらないコールマンにしてはコストパフォーマンスは良いです。個人的に他にあまり無いレッドカラーはテント場に映えて好きです。

Amazon
 

このテント、表と裏の両方から出入りできます。また、ファーストライトの時は前室が無く不自由な思いをしたのですが、カペラの場合は十分に前室が使えるのがイイですよね〜!雨の時に安心して使えるテントだと思います。

ナチュログ
 

何回か使用してみての感想です。 良い点 ・広いウォールに入口があるので出入りがしやすい。 ・同上の理由で、前室が広め。雨天時に前室で料理が余裕でできます。 ・ベンチレーションがいい。 ・吊下げ式で設営が楽。フットプリント、テント本体、ポール、フライシートが全部バックルとバックル部分の穴で固定できる。

Amazon

ツーリングキャンプでのおすすめ一人用テント

ツーリングキャンプで重視すべき、コンパクトでリーズナブルなテントを紹介します!

 

とにかく前室は広く快適。入り口をポールで跳ね上げれば屋根代わりになり少々の雨であれば調理も可能です。これは全室が広い賜物でしょう。通気性もばっちりで、ダブルファスナーで開け閉めもしやすいです。4方向にロープを張るようになっていますが、それほど風が強くなければ張らなくても全然問題なしです。前室を広くするためにポールが多く、フライシートが広い。これは重量増というデメリットになりますが、それと引き換えに快適な空間を確保できます。どうしても軽くしたければ付属のペグをアルミ製に代えれば一気に400グラムの軽量化が可能です。 テントはバイクが運ぶものと割り切って考えれば特に不満はありません。

Amazon
 

成人男性が二人寝て丁度良い大きさです。荷物を広い前室におけば、室内が100パーセント活用できます。出入り口は前後2か所にあるので、2人で使用したときそれぞれ専用にすれば相方をまたいだり、ふんづける心配なく出入りできますよ。緑×黒ですが、この色がとてもいいんです。外側からはシックで落ち着いているのに、内側からはやさしくて爽やかな新緑色で朝の陽ざしを彩り、小鳥の囀りを聴きながら迎える朝は爽快です。インナーテントはポール2本で自立し、もう一本で前室空間を作ります。後はペグ3本でフライシートを固定すれば、とりあえず完成です。 風のない日ならこれで充分ですが、4本の自在ロープが付属するのでさらにガッチリと設営することも可能です。天井に開閉可能なベンチレーターが二つあり、またいたるところにフックがあり、S字フックがあればどこでもランタンなどを吊るせます。(略)詳しい取説も付属するので初心者でも心配ないです。

Amazon
 

高さがあるのでテント内の開放感がって良いです。横殴りの大雨だとフライがフルフライじゃないので少し心配かも・・・でも普通の雨ぐらいでは全然問題ありませんでした。ジュラルミンタイプのポールのモデルが昔あったのですがこちらは重量2.0kgで山岳のテンバでも使えました。ただし3シーズンです(天井がメッシュなので厳冬期は厳しい)メッシュなので結露はしにくいので快適度高いです。位置づけはツーリングテントですが、スペック/重量/機能からみても、2000m級の山岳用としても問題ありません。強風/大雨等のかなり厳しい気象条件ではやや不安がありますが、エクスペディションな環境でなければ十分耐えうるスペックです。

Amazon
 

同型同クラスのテントよりも生地が厚くしっかりしている。 特にフライシートは出来が良い。 4面メッシュがありがたい、冬はシュラフを厚くすれば良いだけの事。 出入り口のチャックはシングルだが、逆に煩わしく感じなかった。 ポールが交差するテントの天部が袋タイプではなく、全て吊り下げフック式なのでワンランク上、しかも張り易い。 ターコイズブルーのトリミングがアクセント。 ポールがグラスファイバーなのが残念、しかし品質&仕上げは良い部類。

naturum

まとめ

いかがでしたか?テント選びを間違えると、せっかくのソロキャンプが台無しです。自分のキャンプスタイルに合った一人用テントで快適なソロキャンプを楽しみましょう♪

この記事を友だちにシェアしよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner
テントのレンタル開始
ボクんちのあるあるファミリーキャンプ
hinata item mall
  • hinata trunk banner