hinata

>

キャンプ用品

>

スタイル

>

ソロキャンプ

>

ソロキャンプの道具選びガイド☆この装備さえ揃えればもう安心♪

ソロキャンプの道具選びガイド☆この装備さえ揃えればもう安心♪

 キャンプ用品

広大な自然の中の1つのテントと背景の険しい山々

出典:Pixabay

ソロキャンプをしたことはありますか?今年こそはソロキャンプを!とひそかに思っているあなた、実行のチャンスですよ♪今回は、ソロキャンプに最低限必要な道具やおすすめの時期、注意点、こだわりの自作アイテムを紹介しているブログなどをご紹介します!


 目次


ソロキャンプの魅力とは?

暗闇に光るソロキャンプサイト    

出典:photoAC

友達と予定があわなくても、1人で気ままに計画できるソロキャンプ。さびしい、なんていう気持ちよりはむしろ、何でも自分だけでするというドキドキ感と、自由気ままに行動できる開放感がたまりません。必要最低限の準備と、行く先の情報収集を行えば、あとは誰にも邪魔されない気ままなソロキャンプができますよ。そこでまずは、ソロキャンプを楽しむための道具一式のおすすめをご紹介!

最低限これだけは用意したい、ソロキャンプアイテム一式リスト

基本の持ち物リスト

チェックリストにチェックをしている人の手元    

出典:Pixabay

ソロキャンプに最低限必要なギアをピックアップしました。テントで寝泊まり&調理するという前提の荷物なので、キャンプ場のレンタル品を借りる場合や、備え付けのテーブルやベンチを利用する場合には、必要に応じて荷物を減らすことができます。

□1.テント
□2.シュラフ
□3.マット
□4.ランタンまたはヘッドライト
□5.チェア
□6.ミニテーブル
□7.焚き火グリル
□8.コッヘル
□9.カトラリー
□10.マグカップ

道具を自作することで荷物を減らす!

リストで必要な道具をピックアップしましたが、レンタルや備え付けを利用することで荷物が減らせることに加え、テーブルやポールを自作することで、荷物をさらに減らすことができます。また、荷物になるから持っていけない...と思っていた、ランタンスタンドやトライポッドなども自作することができるんです!

木でできたSLOWCAMPと書かれた看板    

例えば、上の写真のようにタープのポールを自作することができます。ポールなしで持って行ければ、重さも軽減されるので持ち物に加えやすくなりますよね♪

「でも、自作なんて大変なのでは...。」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自作の方法は簡単。キャンプ場で使えそうな木々を拾ってきて、ロープで結ぶだけ!ポイントは「ロープで結ぶ」ことです。ロープを用途に合わせて正しく結ぶことができれば、様々なものをその場で自作でき、ソロキャンプがより楽しくなります。

▼気になる方はこちらの記事をチェック

予算は?

ソロキャンプに限らず、キャンプ道具を揃えようと思うと、お金は意外とかかるものです。道具を選ぶ前に、予算を一度考えてみるのがベスト。また、ソロキャンプではできるだけコンパクトで、軽いアイテムがいいですよね。コンパクト収納で軽いものは、高性能である分、やはりいいお値段になります。値段と性能を見比べながらアイテムをチョイスしてください♪

まずは、ソロキャンプにチャレンジしたいから低予算で!という方は、1〜3万円で一式揃えてみるのも一つの手です。また、すでに道具を持っている方は、その道具をそのままソロキャンプで使ってみてから、買い足していくのもいいですね。

バックパック1つに収納!ソロキャンプ向けこだわりのアイテムおすすめ10選

1.テント

1人~2人用のソロテントがぴったり。キャンプ道具の中で1番かさばるものなので、車やバイク以外でのソロキャンプを計画するならば、なるべく軽いものがおすすめ。前室が少しでもあるタイプだと、調理する際や靴置きなど便利に使えます。ワンタッチ式やポップアップ式、ワンポール式、吊り下げ式などさまざまなタイプがあります。

もっとソロキャンプ向けのテントを知りたい!という方はこちらの記事を参考に♪

2.シュラフ

使うシーズンによって、材質や性能が変わってくるシュラフ。四季関係なく、どのシュラフも保温力があるものやコンパクトになるシュラフが役立ちます。封筒型よりもすっぽりと肩まで覆えるマミー型がおすすめ。

3.マット・パッド

テントの中に敷いて、快適性を上げるマット。睡眠時に地面のゴツゴツ感を少なくし、地面からの冷えを防ぎます。空気を入れるタイプやウレタンフォームタイプなどがあります。冷えやすい女性は全身タイプを選びましょう。

4.ランタンまたはヘッドライト

ランタンやヘッドライトは夜の行動には必需品。周りまで明るく照らせるランタンと、移動時にも手に持つことなくピンポイントで照らせるヘッドライトがあります。

5.チェア

1つあるだけで抜群に快適度が増すのが、チェア。脚を投げ出して座れるロースタイルチェアや背面がない超軽量の折り畳み椅子、グランドチェアなど様々なタイプがあります。コンパクトさと快適さ、どちらも満足できるものをおすすめします。

6.ミニテーブル

食事をする時や、食後のコーヒーを楽しむ時にあると便利なミニテーブル。調理台やランタン置きとしても使えます。脚の部分が折りたためるものやテーブルトップが折りたためるものなど、コンパクトになるものがおすすめ。

7.焚き火グリル

夜の暖を取るのにも、ひとりバーベキューをするにも役立つ焚き火グリル。火があることでゆっくりと落ち着けるサイトにもなります。調理はせずにお湯を沸かしたり、簡単に炒めたりするだけでOKというのであれば、カセットガスを装着するシングルガスバーナーでも十分です。火を点ける時のライターやチャッカマンもお忘れなく。

8. クッカー

コッヘルとも呼ばれる、コンパクトな調理器具。焚き火グリルがあるならば、フライパンなしのクッカーでも十分。スープを作ったり、時にはご飯を炊いたりするのに役立ちます。熱の伝導率が良いアルミ製がおすすめです。

9.カトラリー

割りばしではなんだか味気ないですよね。1人きりの贅沢な時間を使うソロキャンプだからこそ、長く使えるカトラリーを選びたいもの。フォーク・スプーンが一体型になったものや、箸やナイフがセットに含まれているものなど、いろいろありますが収納袋があるものを選ぶと収納時もごちゃごちゃしません。

10.マグカップ

お気に入りのマグカップでコーヒーを飲みながらのんびりするひとときは、ソロキャンプの醍醐味とも言えます。取っ手が折りたためるようになっているものやシリコンの折り畳み式になっているものは収納に便利!色がかわいいホーローカップや、木製マグなど個性的なものも良いですね◎

ソロキャンパーだからこそのクッカーの選び方もあるので、詳細はこちらの記事からチェックしてくださいね!

バックパック1つおさまるアイテムを展開するブランドといえば...。

荷物を最低限に、でもかっこよくソロキャンプを楽しめるキャンプ道具を展開するブランドといえば「モノラル」です!
気になる方はこちらの記事をチェック!▽

冬キャンプや高所でのキャンプでプラスα用意したいアイテム6選

ここでは、ランクアップしてもっと過酷なアウトドアでも活躍する上級者向けのソロキャンプアイテムをご紹介します!登山先や極寒地でソロキャンプを楽しみたいという方は要チェックです!

キャンプスタイルに合わせた、こだわりの装備をプラス!

リュックを背負った男性の後ろ姿    

出典:Pixabay

次は、交通手段についてご紹介します。電車やマイカー、バイク、自転車、選択肢はいろいろありますが、それによって持ち運べる荷物の量が変わってきます。交通手段に合わせた道具を揃えるようにしましょう!

自転車&バイクでキャンプへ!キャンプツーリングの場合

ソロキャンプといえばキャンプツーリンングです!愛用の自転車やバイクで風を感じながら走った後に、自然の中でのんびりキャンプ。最高に気持ち良い時間を過ごすことができます。キャンプツーリングの道具で重要なのは、コンパクトさと軽量性です。

ツーリングテントについてもっと詳しく知りたいという方はこちらをチェック!

自転車でのキャンプツーリングの場合は、バイクよりもさらに軽量性・コンパクト性が重要になってきます。具体的には、重量は3kg以下、収納サイズは横幅45cm以下が最適です。

自転車でのキャンプツーリングに最適なテントをもっと知りたい方はこちらの記事をチェック!

特に重要になってくるテントについて詳しく説明しましたが、それ以外のアイテムも合わせてどのようにパッキングするかが大切です。ポイントは「小物は小分けすること」「衣類は圧縮すること」の2つ。
詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

軽量・コンパクトが求められる登山キャンプの場合

テント泊を伴う登山に行くとなれば、荷物はバックパックの中ということになります。また、ちょっとした重さの差が疲労に影響すため、バイクよりもさらに軽量でコンパクトであることが求められます。特に登山の場合は、余分な荷物は基本的に持っていかないのがベスト!まずは「食事」「睡眠」に関するギアをコンパクトにすることを意識してみましょう。

1番お手軽!車でソロキャンプの場合

ソロキャンプといえばキャンプツーリングを想像しがちですが、もちろん車でのソロキャンプでも大丈夫!車であれば、これまで使っていたキャンプ用品も重さや大きさを気にすることなく使えるので、とっても便利です。

そして、車中泊初心者には封筒型シュラフがおすすめなんです!
詳しくはこちらの記事をチェック!

最近の流行!女子ソロキャンプの場合

最近、流行っている「女子ソロキャンプ」。女性のソロキャンプでも、必要な道具は一緒です。ただ、男性よりもより重さを気にして、道具をチョイスすることをおすすめします!

せっかくの女子ソロキャンプだから、可愛くおしゃれに過ごしたい!という方は、ベテラン女子キャンパーこいしゆうかさんチョイスの、女性向けおしゃれアイテムをこちらでチェック!テント以外にも素敵なソロキャンプ道具が紹介されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソロキャンプで気をつけたいこと

一本道を歩く女性の後ろ姿    

出典:Pixabay

どうしても荷物が多くなってしまいがちなソロキャンプ。最初はキャンプ場のレンタル品を借りて、必要と思ったものを後から買い揃えてもいいでしょう。また女性の初心者によるソロキャンプは防犯上、周りにトイレやライトがある場所がおすすめ。高規格のキャンプ場でなくても、一通りの設備は揃っているほうが安心です。

もっと詳しくソロキャンプの注意点を知りたい!という人はこちら!

ブログ・動画で先輩キャンパーの道具をチェック!

1. そろそろソロキャン!

ほぼ毎日のペースで更新されているソロキャンパーの方のブログ。料理や調理系の道具について、多くレビューされています。また、自作ギアも多く、ジャグを改造してビールサーバーにしてしまうことも!

詳しくはこちら:そろそろソロキャン!

2. 道北キャンパーはじめました。

毎週末外で寝るようにしているという方のブログ。特にバイカーから人気がある北海道のキャンプ場のレポートが多く、とても参考になります。また、写真がきれいなことも特徴で、思わず北海道にキャンプしに行きたくなってしまうようなブログです♪

詳しくはこちら:道北キャンパーはじめました。

動画で学ぶ!ソロキャンプ道具の選び方

記事やブログでみても、なんだかわかりにくい…という方は、動画を見てみてはいかがでしょうか?ソロキャンプをしている方が、ひとつずつ丁寧に説明してくれているので、どのようなアイテムが良いのか分かりやすくなっています。

▼おすすめの動画はこちら

ツーリングの道具について詳しく知りたい方は、こちらの動画もチェック!

まとめ

自然の中で、一人でテントを張り、食事の用意をして、気ままに過ごす…。贅沢に自分の時間を使えるのは、ソロキャンプならではです!本を読んだり、星空を眺めたり、思いにふけったり。一人だからこその楽しみを見つけて、快適なソロキャンプをお過ごしください。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

ソロキャンプ スタイル

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪