キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

夏・冬に使えるインナーシュラフおすすめ10選!キャンプ好きによる使用感レポ

see to summitのインナーシュラフ

キャンプの寝具でよく使うギアといえば、まずは寝袋、そしてマットが基本。この基本を揃えてから、さらに快眠を求めてコットや枕などを買い足される方もいます。つい忘れられがちですが、基本の寝具が揃ったら枕やコットより先に「インナーシュラフ」を買うのがおすすめ!今回はインナーシュラフが必要な理由と選び方、hinata編集部おすすめのインナーシュラフを紹介します。

インナーシュラフを利用するメリット

インナーシュラフを 利用するメリット
まずはインナーシュラフを使った時の3つのメリットを紹介します。

寝袋をより暖かくできる

モンベルのインナーシュラフ
寝袋に追加でインナーシュラフを使うことで、寝袋内の温度が10度以上向上するものもあります。今の寝袋だと冬は寒い…。そんな時インナーシュラフで保温性を上げれば、新しい寝袋を買わずに済むでしょう。 また種類によっては夏にインナーシュラフのみでこと足りることもあります。通気性のよいものも多いので快適に寝ることが可能です!

寝袋を清潔に保てる

清潔に保てるの説明
インナーシュラフを使う2つ目のメリットは洗濯できるということです。使用後に洗濯して、キャンプ時に衛生的な睡眠環境を作り、寝袋を清潔に保ちます。

感染症対策になる

昨今、感染症や衛生対策としてのインナーシュラフの利用が注目されています。宿泊施設などの共有寝具においても、自分のインナーシュラフに包まれていれば、感染を移したり移されたりする可能性も低くなるからです。 また、最近では感染症対策の一環としてインナーシーツの持参をお願いしている山小屋や宿泊施設が増えてきています。なかには、インナーシーツがなければ宿泊できない施設もあるため、事前に情報を確認しましょう!
▼寝袋を知りたい方はこちらの記事をチェック

インナーシュラフの選び方【利用シーン別】

インナーシュラフ選びのポイント
次にインナーシュラフの選び方を紹介します。選ぶ際には、コスパ・軽量・肌触りの良さ・保温性・形状の5つのポイントを考慮するようにしましょう。

初めての購入【コスパ】

「とにかくインナーシュラフが欲しい!」という方は、信頼のあるメーカーの低価格帯の製品を購入することをおすすめします。価格に対して生地の質や縫製がしっかりしており、品質が安定しているものが多いです。

登山やツーリングキャンプでの利用【軽量】

持ち運びやすさを確認している
登山やツーリングキャンプで利用する場合、コンパクトに収納できて軽量なものがよいです。軽いものだと300gほどのインナーシュラフもあります。車で持ち運ぶオートキャンプならそれほど重量は意識する必要はありません。

快適さを求める【肌触りの良さ】

肌触りを確かめている
インナーシュラフの肌触りや伸縮性も大切なポイント。起毛で毛布のようなものから、密度が高く滑らかなものまで種類によって肌触りが異なります。また伸縮性の高いものは窮屈さを感じにくく、寝心地もよいです。

冬に利用 or 夏に単体利用【保温性】

保温性を確認している
冬はメリノウールやフリース生地を選ぶと、保温性が増し、シュラフのみでの使用よりも暖かく寝れます。首元が締められる形のものであれば熱を逃がしにくく、冬の利用に最適。夏にはインナーシュラフだけで寝ることも可能です。 注意点として、保温性が高いインナーシュラフは生地が若干厚くなるので、収納時の大きさも少し大きくなってしまいます。実際の大きさは、商品紹介部分の写真で見比べてみてください。

寝袋をすでに購入済み【形状】

インナーシュラフの形
インナーシュラフの形には2種類あります。一般的なシュラフと似たような形の「マミー型」と、長方形でサイドにジッパーがある「封筒型」です。寝袋にいれるなら寝袋形状のマミー型を、圧迫感を感じたくない人はボックス形状のシンプルなものを選びましょう。使用しているシュラフの形に合わせると生地のもたつきがないのでおすすめです。

おすすめインナーシュラフ【コスパ抜群】

インナーシュラフを導入しようか迷っている方は、手頃な価格で試してみるのもよいでしょう。コスパ抜群な商品を紹介します。
イスカのインナーシュラフ
全体
イスカのインナーシュラフ
収納時
イスカのインナーシュラフ
サイズ感
イスカのインナーシュラフ
生地感
モンベルのインナーシュラフ
全体
モンベルのインナーシュラフ
収納時
モンベルのインナーシュラフ
サイズ感
モンベルのインナーシュラフ
生地感
Unigearのインナーシュラフ
全体
Unigearのインナーシュラフ
収納時
Unigearのインナーシュラフ
サイズ感
Unigearのインナーシュラフ
生地感

おすすめインナーシュラフ【コンパクト】

ツーリングやキャンプでの使用を前提にしている方にとって、コンパクトに収納できるかは非常に重要なポイントです。機能性も収納性も抜群な商品を紹介します。
see to summitのインナーシュラフ
全体
see to summitのインナーシュラフ
収納時
see to summitのインナーシュラフ
サイズ感
see to summitのインナーシュラフ
生地感
see to summitのインナーシュラフ
全体
see to summitのインナーシュラフ
収納時
see to summitのインナーシュラフ
サイズ感
see to summitのインナーシュラフ
生地感

おすすめインナーシュラフ【肌触り】

肌触りの良いインナーシュラフを導入することで、湿度や温度などが適当になり、睡眠の質が向上します。シルクからニットまであるのでお好みの生地を探してみてください。
see to summitのインナーシュラフ
全体
see to summitのインナーシュラフ
収納時
see to summitのインナーシュラフ
サイズ感
see to summitのインナーシュラフ
生地感
see to summitのインナーシュラフ
全体
see to summitのインナーシュラフ
収納時
see to summitのインナーシュラフ
サイズ感
see to summitのインナーシュラフ
生地感

おすすめインナーシュラフ【保温性】

手持ちのシュラフの保温性が心許なくても買い替える必要はありません。保温性の高いインナーシュラフを導入すれば、手持ちのシュラフも使い続けられます。
see to summitのインナーシュラフ
全体
see to summitのインナーシュラフ
収納時
see to summitのインナーシュラフ
サイズ感
see to summitのインナーシュラフ
生地感
モンベルのインナーシュラフ
全体
モンベルのインナーシュラフ
収納時
モンベルのインナーシュラフ
サイズ感
モンベルのインナーシュラフ
生地感
モンベルのインナーシュラフ
全体
モンベルのインナーシュラフ
収納時
モンベルのインナーシュラフ
サイズ感
モンベルのインナーシュラフ
生地感

インナーシュラフでキャンプの睡眠をワンランクアップ!

インナーシュラフは、キャンプの睡眠環境を簡単に改善できる便利なアイテム。冬でも夏でもオールシーズンで役立つでしょう。また大事な寝袋を清潔に保つのにも非常に有効です。まだインナーシュラフを持っていない方は、ぜひ検討してみてください!

今回紹介したアイテム

商品画像イスカ ライナーサイドジッパー スーパーライトモンベル キャンプシーツユニジア インナーシュラフシートゥーサミット サーモライトリアクターシートゥーサミット サーモライトリアクター コンパクトプラスシートゥーサミット シルクライナーシートゥーサミット サーモライトリアクター エクストリームシートゥーサミット サーモライトリアクター フリースライナーモンベル アルパイン バロウバッグ サーマルシーツモンベル シームレス ダウンハガー800 サーマルシーツ
商品名イスカ ライナーサイドジッパー スーパーライトモンベル キャンプシーツユニジア インナーシュラフシートゥーサミット サーモライトリアクターシートゥーサミット サーモライトリアクター コンパクトプラスシートゥーサミット シルクライナーシートゥーサミット サーモライトリアクター エクストリームシートゥーサミット サーモライトリアクター フリースライナーモンベル アルパイン バロウバッグ サーマルシーツモンベル シームレス ダウンハガー800 サーマルシーツ
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事