キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

リュックを背負ってキャンプへ!容量別におすすめバックパックを紹介

リュックを背負った人

出典:PIXTA

今回はバックパックキャンプの魅力やおすすめのバックパック、キャンプ装備を紹介します。今年こそはソロキャンプに挑戦したいと思っている方、バックパック一つ持ってキャンプに出かけましょう。行動の幅が広がり遠くへ身軽に行けるのがバックパックキャンプの魅力です。そんなバックパックキャンプについて紹介していきます。

リュックでキャンプへ行く魅力!

出典:Bondariev / ゲッティイメージズ

バックパックキャンプ最大の魅力は、バックパック一つで気軽にキャンプに出掛けられることです。容量の幅が広いので、必要な大きさのバックパックを選んでキャンプに出かけることができます! キャンプの装備をバックパックに詰め、好きな時に、好きな場所へキャンプに出かける!身軽に動けて行動範囲が広がるバックパックを、ひとつ持っておくことをおすすめします。
▼こちらの記事もおすすめ

キャンプへ持っていくリュックの選び方

キャンプ用のバックパックを選ぶ際のポイントは2つです!
  1. 容量
  2. パッキングのしやすさと背負いやすさ
バックパックを選ぶ際に重要なこの2つのポイントを詳しく解説していきます。実際に自分が使用するイメージを想像しながら、検討しましょう!

容量別にバックパックを使い分けよう!

富士山が見えるサイトにバックパックが置かれている様子

出典:PIXTA

バックパックは行き先や目的別に適した容量があります。持っていくキャンプの状況を見ながら容量を選ぶといいでしょう。 【小型 〜20L】 小型のバックバックはタウンユースや日帰りハイキングにちょうどよい大きさです。縦幅はノートPCが入る程の大きさ。1日分の荷物を入れるのにちょうどよくタウンユースのコーディネートとして使えるおしゃれなデザインも豊富です。 【中型 20L〜40L】 中型のバックパックはデイキャンプや1泊のキャンプで使える大きさ。ソロ〜1人用テントや寝袋などキャンプで必要最低限のものを入れるのにちょうどいいサイズです。 【大型 40L〜】 41L以上の大型バックパックは1泊〜2泊のキャンプで使いやすい大きさです。多くのギアを持っていきたい方や、冬用の洋服などを入れる場合は大型のバックパックがおすすめ!

パッキングのしやすさと背負いやすさを重視!

パックパックを背負っている登山家

出典:PIXTA

パッキングとは荷物を小さく丸めてバックパックに詰め込むことを言います。収納のしやすさや、荷物の取り出しやすさも選ぶポイントになります。大きな口がある物や、収納場所が細く分かれている物など、使いやすいバックパックを選びましょう。 また背負いやすさも大きなポイント。荷物が多くて重くなるバックパックほど、背中パッドやショルダー部分が、長時間背負っても疲れない構造になっています。背負う高さが調節できる物や、胸の前のチェストベルトがある物など、背負ってみてフィットするバックパックを選ぶと、長時間背負っても疲れにくくておすすめです。 ▼バックパックキャンプで必要な道具やおすすめキャンプ場はこちら

おすすめのバックパックを容量別に紹介

キャンプで使えるおすすめのバックパックを容量別に紹介します!目的にあったバックパックパックを見つけましょう。

小型(~20L)バックパック

中型(20〜40L)バックパック

大型(40L〜)バックパック

子どもにおすすめのキャンプ用リュック

ここでは子どもにピッタリなキャンプ用リュックを3つ紹介!子ども用リュックには、子どもにも保護者がうれしい機能もたくさんあります。

バックパックに効率よく入れる収納術!

バックパックを背負ってい様子

出典:PIXTA

バックパックは収納方法を工夫すれば、同じ容量でも多くのものを入れられます。ここではバックパックの収納術を紹介!

なるべくモノを減らす!

荷物を減らすことは、バックパックキャンプをするうえで最優先!無駄なモノをキャンプに持っていくとどんどん重くなってしまい、自分の首を絞めることにつながります。荷物を最小限にして、上手く荷物同士を組み合わせて収納していくのがポイントです!クッカーなど重ねられる物は、なるべくまとめてしまうなど、荷物の幅を取らない工夫が大切。

ジャンルによって小分けしよう!

バックパックの中身を整理整頓しておくのはもちろんですが、ジャンルによって小分けしておくのも一つの手段です。上の写真を見ても分かる通り、かなり細かく小分けしており、何が入っているか分かるようにポーチの色や大きさを変えるのがおすすめです。 そうすることで、荷物を取り出す際にぐちゃぐちゃになりにくくなります。また、どうしても広がってしまう厚手の服などは、輪ゴムやバンドなどを使用し、圧縮して止めておくのがおすすめです!

パッキングの仕方

カモフラカラーのバックのジップが開いている様子

出典:PIXTA

パッキングの順番

バックパックと荷物

出典:PIXTA

パッキング方法や順番で肩への負担がかわります。なので歩く距離によってパッキングの順番を変えてみましょう!車などを使用し長距離歩かない時と、公共交通機関を使用し長距離歩く場合でパッキング方法を変えるのがおすすめです。 【長距離歩かない場合】
  1. 寝袋やマットなど後で使うものを最初に入れる
  2. グランドシートなどキャンプ場に着いたら出すものを入れる
  3. 食べ物など移動中も使うものを入れる
【長距離歩く場合】
  1. 比較的軽いマットや寝袋を入れる
  2. 重量がある燃料やテントなどを入れる
  3. すぐに使うものを入れる
長距離歩く場合は軽いものは下、重いものは上でなるべく背中側にまとめましょう!こうすることによって荷物の重有心が体に近くなり体への負担を抑えられます。

コンプレッションバッグを活用する

コンプレッションバック

出典:Amazon

パッキングのコツはギアをコンパクトに収納すること。ただ寝袋やマットなど、どうしても膨らんでしまいます。そこでおすすめしたいのがコンプレッションバック!コンプレッションバックは、上から圧を掛けたり、ベルトを締め上げたり、空気の抜いたりして小さくするバックのこと。 寝袋などをコンプレッションバックに収納すれば圧縮できるので、圧縮した分容量に余裕ができパッキングしやすくなります。ただし、コンプレッションバックを使用すると多少重量が増えるので注意! コンプレッションバック以外でも、100円均一やホームセンターなどで圧縮袋が販売されています。衣類やタオルなどを小さくするのであれば、低コストで手に入りやすいです。

外付けする

バックパック外付け

出典:PIXTA

ほとんどのバックパックはギアを外付けできます。外付け機能がないバックパックでもカラビナを利用すればギアを外付け可能。特にマットやサンダル、マグなどが外付けしやすく、これらを外付けすることによってバックパック内に収納できる物が増えます。

外付けする時の注意点

グリーンのバックパック

出典:PIXTA

バックパックの外付けスタイルはバック内の容量を確保でき便利ですが注意点があります。 .
  1. 外付けしすぎないこと
  2. 外付けすると、公共交通機関を利用した際、他の人にぶつかったり、スペースを多くとってしまいます。なので外付けするさいはコンパクトに外付けしましょう!
  3. ゴミは外付けしない
  4. 万が一ゴミを落としてしまった場合外付けだと気づきにくく、環境汚染にもつながってしまいます。なのでゴミは外付けしないようにしましょう!
  5. バランスを考える
  6. バックパックのバランスを考えて外付けしましょう!意外にも外付けした物によって体を振り回されてしまいます。なので転倒しないためにもバランスを考えて外付けするのがポイント

バックパックで身軽にキャンプへ出かけよう!

出典:Banrakbua / ゲッティイメージズ

さまざまなバックパックやパッキングについて詳しく紹介してきました。何回も経験して自身のバックパックキャンプのスタイルを確立していくのも楽しみのひとつ。自分に合ったバックパックやキャンプ用品を買って、是非キャンプに足を運んでみてください。

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン ウォーカー15カリマー デイパック sector18ドッペルギャンガー UL防水エコリュックKiu ソリッドフラップバックパックザ・ノース・フェイス テルス25サイバトロン 3Pタクティカル バックパックミリタリー U.Sタイプミレー サースフェー 30+5コロンビア ブルーリッジマウンテン30Lカリマー SFプレデター30ドイター フューチュラ 28 SLDDハンモック DDベルゲン リュックサックザ・ノース・フェイス テルス45NORDKAMM バックパックオスプレー ファーポイント55サイバトロン バックパック 65Lコールマン トレックパックアウトドアプロダクツ KIDS チアフル リュックザ・ノース・フェイス サニーキャンパー40+6
商品名コールマン ウォーカー15カリマー デイパック sector18ドッペルギャンガー UL防水エコリュックKiu ソリッドフラップバックパックザ・ノース・フェイス テルス25サイバトロン 3Pタクティカル バックパックミリタリー U.Sタイプミレー サースフェー 30+5コロンビア ブルーリッジマウンテン30Lカリマー SFプレデター30ドイター フューチュラ 28 SLDDハンモック DDベルゲン リュックサックザ・ノース・フェイス テルス45NORDKAMM バックパックオスプレー ファーポイント55サイバトロン バックパック 65Lコールマン トレックパックアウトドアプロダクツ KIDS チアフル リュックザ・ノース・フェイス サニーキャンパー40+6
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事