キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【2022年】クーラーボックスおすすめ35選!容量ごとに保冷力が高い商品を紹介!

クーラーボックス3種の収納力

食材や飲料水を長時間保冷してくれるクーラーボックス。キャンプやピクニック、釣りなどで使えるクーラーボックスを一挙紹介!保冷力に優れている商品を容量ごとに幅広くお届けします。あなたにピッタリなクーラーボックスを選ぶポイントも詳しく説明します。コールマンやイエティ、シマノなどのおすすめブランドも紹介!

クーラーボックスを選ぶ時の5つのポイント

まずは、クーラーボックスを選ぶ際に知っておきたい5つのポイントを紹介します。目的や人数によって選ぶポイントがあるので、ピッタリなクーラーボックスを見つけましょう。

ハードタイプかソフトタイプか

クーラーボックス

出典:Amazon

クーラーボックスは、ハードタイプとソフトタイプの2種類に分かれています。タイプによって使いやすいシーンが異なるため、使用用途にあったクーラーボックスをチェックしておきましょう。 ハードタイプ…衝撃に強いため、中に入れた食材や飲料水が潰れたり傷んだりしにくいです。天板がちょっとしたテーブル代わりにもなるのも魅力。長時間保冷できるものが多いので、キャンプやバーベキュー、釣りにおすすめソフトタイプ…軽くて運びやすいだけでなく、コンパクトに折りたためるため収納しやすいです。普段使いしやすいのも魅力。デイキャンプやピクニックにおすすめです!
▼タイプ別におすすめのクーラーボックスはこちらの記事もおすすめ

素材

クーラーボックスに使われている素材は、真空断熱パネル、発泡ウレタン、発泡スチロールの3種類です。各素材ごとに特徴やおすすめの使用シーンがあるので確認しましょう。
素材真空断熱パネル発泡ウレタン発泡スチロール
保冷力
おすすめの 使用シーン釣り キャンプキャンプ バーベキューピクニック 海水浴 釣り
真空断熱パネルは優れた保冷力を備えていますが、その分高価で重いというデメリットもあります。発泡ウレタンは値段と保冷力も中間で、ハードクーラーボックスとしてはメジャーな素材です。発泡スチロールは軽量で、安く入手できますが、保冷力が低いので短時間の使用にむいています。 シーンに応じて適した素材が異なるので、釣り、バーベキュー、キャンプといったアウトドアシーンごとに選びましょう。

容量

使用人数や入れるものによって、クーラーボックスのサイズを選ぶこともおすすめです。多くのメーカーが内径を表示しているので、そのサイズを確認して購入しましょう!
川釣り海釣りソロキャンプキャンプ・バーベキュー (2〜3人)キャンプ・バーベキュー (4人〜)
60L前後
50L前後
40L前後
30L前後
20L前後
使用されることが多いのは20〜30Lですが、シーンや人数に応じて使いやすい容量が異なります。キャンプや釣り、バーベキューなど目的に応じて、中に入れるものの多さをイメージしましょう。購入した食材や飲料水が入れやすいサイズがおすすめです。

持ちやすさ

クーラーボックス

出典:Amazon

大型のクーラーボックスは重いので、持ち運びやすいようにキャスターが付いているものがおすすめ。キャスターがしっかりしているものは、凸凹な地面でも楽に運ぶことができます。また、持ち手の形状も持ちやすさもチェックが必要です。持ち手は3つに分類されるので、自分にあった形状を見つけましょう。
  • U字ハンドル…クーラーボックスで一番よく見る一般的なタイプ。片手で持ち運びやすいです。
  • ベイルハンドル…本体の両サイドから伸びるタイプ。両手で持ち運びやすいです。
  • サイドハンドル…本体の両サイドにそれぞれ持ち手がついているタイプ。2人で運ぶことに優れています。

定番のブランドから選ぶ

イグルー のクーラーボックスを運ぶ人

出典:Amazon

多くのメーカーがクーラーボックスを販売しており、迷ってしまう方も多いはず…。各メーカーにはさまざまな特徴があり、どんなシーンに適しているかなど、クーラーボックス選びの参考になります。そんなクーラーボックスの定番ブランド5社を紹介します! 【コールマン】 創業1900年の老舗アウトドアメーカー「コールマン」。キャンプを楽しむための商品を多く世に排出しているだけあり、キャンプやピクニックにピッタリな機能や、抜群な保冷力が人気です。サイズが豊富で、使用人数によってピッタリなものを選べます。キャンプ熟年者から初心者、老若男女問わず使用できるように、デザインの種類が豊富なのも魅力のひとつです。 【イグルー】 アメリカでトップシェアを誇るクーラーボックスメーカー「イグルー」 。独自開発のウルトラサーモ断熱材を使用し、高い保冷力を実現。高い保冷力を持ちながら、比較的価格が低めで求めやすいと、キャンパーからも人気を集めており、使用する方が増えています。キャンプだけではなく、釣りや業務用としても使用されており、長期間の使用したい方におすすめです。 【イエティ】 プロのハンターやフィッシャーが愛用するほどの保冷力と、耐久性が自慢のクーラーボックスメーカー「イエティ」。アウトドアや船上で使われるクーラーボックスとして、壊れにくい強固なものを作りたいと2006年に創立されました。ベアレジスタンス容器として認証を受けるほどの耐久性があります。他にも外気を遮断するシステムや、強固な滑り止めなどの機能がついており、外で使うのに適したクーラーボックスです。 【ダイワ】 1958年に日本で創業した老舗釣り具メーカー「ダイワ」。保冷力の高い釣り用のクーラーボックスとして、多くのフィッシャーから厚い信頼を受けています。同じクーラーボックスのシリーズでも、断熱材を選べるのがダイワの特徴です。断熱材を選ぶことで、必要なサイズと保冷力をカスタマイズすることが可能。また、上に座ることができるマッスルボディなクーラーボックスなども多く取りそろえています。 【シマノ】 世界のフィッシャーにも絶大な人気を誇る「シマノ」。釣った魚の鮮度を保つため、クーラーボックスの保冷力の開発に力を注いでいる企業です。シマノ独自の氷保持能力値がどの商品にも記載されており、どんな状況でどの位保冷されるのかが分かりやすいのが特徴です。最近では釣り用だけではなく、キャンパー向けに開発されたクーラーボックスなども人気になっています。

おすすめのハードクーラーボックス

クーラーボックスの選び方を紹介してきましたが、ここからは保冷力抜群のハードクーラーボックスを容量別に紹介します!用途にあった必要なサイズのクーラーボックスを選びましょう。

20L以下の小型タイプ

▼アイスランドのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼こちらの記事もおすすめ
▼ダイワのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼スタンレーのクーラーボックスが気になる方はこちらをチェック!
▼アレジアのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!

21〜35Lの中型タイプ

▼こちらもおすすめ
▼シマノのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼こちらの記事もおすすめ

36L以上の大型タイプ

▼コールマンのクーラーボックスが欲しい方はこちらをチェック!
▼チャムスのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼イグルーのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼ロゴスのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼キャプテンスタッグのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼オレゴニアンキャンパーのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!

おすすめのソフトクーラーボックス

ソロキャンプなどで荷物を極力減らしたい方には、折りたたんで収納できるソフトクーラーがおすすめ!今回は特に人気があるソフトクーラーを紹介します。

20L以下の小型タイプ

▼サーモスのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!

21〜35Lの中型タイプ

36L以上の大型タイプ

▼スノーピークのクーラーボックスを欲しい方はこちらをチェック!
▼ソフトクーラーボックスについて詳しくはこちらの記事をチェック

氷を長持ちさせる効率的なクーラーボックスの使い方

最後にクーラーボックスで氷を長持ちさせるテクニックとして、いくつかポイントがあります。ここではそれぞれの方法について、詳しく解説していきます。

保冷剤を使う

保冷剤

出典:Amazon

保冷剤を使用することで、クーラー内の温度が下がり氷が溶けにくくなります!特にアウトドアメーカーの物は強力でもちが良いのでおすすめです! 保冷力を確実に持続させたい場合は、ロゴスやキャプテンスタッグなどのアウトドアブランドから発売されている保冷剤がおすすめ!サイズや機能面に優れた保冷剤を取りそろえているので、クーラーボックスに合わせて選びやすいです。氷を持っていく場合は、ロックアイスより大きい板氷だと溶けにくいので保冷時間が持続します。
▼保冷剤についてさらに詳しく知りたい方はこちらをチェック

クーラーボックス台を使う

クラーボックス台

出典:Amazon

特に夏は地面が太陽で温められて、温度が高くなっています。そのまま地面に置いておくと、底面からクーラーボックスが温まっていってしまう可能性も…。地面の熱から遠ざけるためクーラーボックス台を使用するのがおすすめです! クーラーボックス台が置けない場合は、底面だけ保冷力に優れた素材を使用しているクーラーボックスなどを選ぶと効果的です!

日陰に置く

タープ

出典:楽天

クーラーボックス自体を涼しい場所に置いておくこともポイントです。直射日光が当たる場所では、クーラーボックス自体が温まってしまい、中身まで緩くなってしまいます。木陰やタープの下など、長時間置いても涼しい場所を探して、置いておきましょう。

フタの開け閉めを控える

クーラーボックスの保冷力を保つためには、必要以上にふたを開閉しないことが大切です。何度もクーラーボックスのフタを開け閉めしていると、中の空気が温まり、保冷剤や氷が冷力を使って冷やそうとするので、より早く冷力がなくなってしまいます。使った後はすぐに閉めて、できるだけ冷気を逃さないようにしましょう。 より冷気を逃したくない場合は、食材とフタの間に銀マットやシートを被せておくと、冷気が逃げにくくなるのでおすすめです。

クーラーボックスが買える場所

クーラーボックスを購入できる場所を一挙紹介!自分にあった購入方法で、クーラーボックスを購入しましょう!

通販サイト

ネットにはAmazonや楽天、ヤフーショッピングといった通販サイトが充実しています。店頭に行って購入すると荷物が増えてしまって持ち運ぶのが大変、買いに行く時間がない方におすすめ!時期によって、クーポンが配布されたり、大型セールが実施されます。高価なクーラーボックスもお得に購入してみましょう。

アウトドアショップ

コールマンやスノーピークといった人気アウトドアブランドのクーラーボックスが欲しい方は、アウトドアショップにも行ってみましょう。売り切れるほど人気がある商品が再入荷している可能性が高いです。実際に現物を見て、触ってから購入できるので、イメージと違ったということがなく購入できます。 アウトドアに詳しいお店のスタッフさんに聞けば、詳しく商品について教えてもらえるため、より自分にピッタリなクーラーボックスが見つかるかも!

釣具店

釣具店

出典:PIXTA

釣具店には、ダイワやシマノといった釣具の製造を主要な事業とするアウトドアスポーツメーカーのクーラーボックスが充実しています。釣りだけでなく、キャンプやバーベキューにも使えるクーラーボックスが充実!保冷力や容量に優れたものを重視して選びたい方におすすめです。

ホームセンター

ホームセンターの店員と店内

出典:PIXTA

コスパ重視でクーラーボックスを購入したい方は、ワークマンやカインズ、コメリといった全国展開のホームセンターがおすすめ!コンパクトで持ち運びやすいものからファミリー向けの大容量タイプまで、種類が充実しているので、幅広い層に対応しています。

使いやすいクーラーボックスを持ってキャンプに行こう!

クーラーボックス

出典:PIXTA

今回は、クーラーボックスについて紹介してきました。アウトドアで使用するクーラーボックスは、シーンに応じて使いやすい容量や機能を把握しておくのがポイントです。この機会に自分のキャンプスタイルやライフスタイルに合うようなクーラーボックスを見つけましょう。 ▼クーラーボックス関連の記事をもっと読みたい方はこちら!
▼コスパのいいクーラーボックスをもっと探すならこちら

今回紹介したアイテム

商品画像アイスランド 20QTコールマン エクスカーションクーラー 16QTダイワ クーラーボックス ミニクールスタンレー 新ラッチ クーラーボックスアレジア クーラーボックスイエティ ローディー 24テントファクトリー メタルクーラー ステンレスボックスシマノ フィクセル・リミテッドコールマン パーティスタッカーダイワ プロバイザートランクHD イエティ タンドラ 35ORCA クーラーボックスコールマン エクストリームホイールクーラーコールマン スチールベルトクーラーチャムス スチールクーラーボックスイグルー ステンレスクーラーイグルー スポーツマン ラティテュードイグルー マックスコールドロゴス アクションクーラー50キャプテンスタッグ ステンレスフォームクーラーオレゴニアンキャンパー ヒャドクーラー 47Rスペーザ ホエール ベイシスダイワ  トランク大将3ダイワ ビッグトランクII SU8000サーモス ソフトクーラーアイスミュール アウトドア クラシッククーラータイタン クーラーボックスホールアース SOFT COOLER 17ロゴス ハイパー氷点下クーラーハイドロフラスク Soft Cooler Pack 22Lシアトルスポーツ フロストパックキャプテンスタッグ スーパーコールド クーラーバッグ25Lコールマン アルティメイトアイスクーラーAO Coolers キャンパス ソフトクーラースノーピーク ソフトクーラー38Lロゴス 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックL
商品名アイスランド 20QTコールマン エクスカーションクーラー 16QTダイワ クーラーボックス ミニクールスタンレー 新ラッチ クーラーボックスアレジア クーラーボックスイエティ ローディー 24テントファクトリー メタルクーラー ステンレスボックスシマノ フィクセル・リミテッドコールマン パーティスタッカーダイワ プロバイザートランクHD イエティ タンドラ 35ORCA クーラーボックスコールマン エクストリームホイールクーラーコールマン スチールベルトクーラーチャムス スチールクーラーボックスイグルー ステンレスクーラーイグルー スポーツマン ラティテュードイグルー マックスコールドロゴス アクションクーラー50キャプテンスタッグ ステンレスフォームクーラーオレゴニアンキャンパー ヒャドクーラー 47Rスペーザ ホエール ベイシスダイワ トランク大将3ダイワ ビッグトランクII SU8000サーモス ソフトクーラーアイスミュール アウトドア クラシッククーラータイタン クーラーボックスホールアース SOFT COOLER 17ロゴス ハイパー氷点下クーラーハイドロフラスク Soft Cooler Pack 22Lシアトルスポーツ フロストパックキャプテンスタッグ スーパーコールド クーラーバッグ25Lコールマン アルティメイトアイスクーラーAO Coolers キャンパス ソフトクーラースノーピーク ソフトクーラー38Lロゴス 保冷剤 倍速凍結・氷点下パックL
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事