最強クーラーボックスおすすめ25選を種類別ご紹介!キャンプに最適!

 キャンプ用品

クーラーボックスの入ったドリンク

出典:LightFieldStudios / ゲッティイメージズ

今回は、素材×サイズ別という切り口で、用途に合ったクーラーボックスを選ぶコツとおすすめ商品をご紹介いたします!様々なメーカーから発売されているクーラーボックス。種類によってどんな機能があるか、自分の用途に合ったアイテムはどれか、選択肢が豊富だからこそ迷ってしまいますよね。


 目次


クーラーボックスを選ぶ時の3つのポイント

クーラーボックスの氷と飲み物    

出典:olesiabilkei / ゲッティイメージズ

クーラーボックスと一口に言っても、そのサイズや素材は様々です。サイズが大きすぎるとそのぶん保冷剤の数が多く必要ですし、クーラーボックスに場所を取られ過ぎてしまい荷物が乗り切らないことも...。連泊の場合、素材によっては最終日まで保冷力が持たないなどのことも考えられます。サイズと素材は以下のポイントで用途に合った物を選びましょう♪

使用人数とサイズ

1泊2日で使用する場合、大人4人~5人で60L前後、大人3人~大人2人+子供2人で50L前後、大人2人+子供1人で40L前後、大人2人で30Lを目安に、ご自身のキャンプスタイルに合わせて容量を増減させてサイズを決めていきましょう!

クーラーボックスのサイズについて詳しくはこちらの記事をチェック▼

宿泊日数と保冷力(素材)

クーラーボックスの素材は真空断熱パネル、発泡ウレタン、アルミ素材の3種類あります。
真空断熱パネルとは内部がシンクの状態のパネルを組み合わせ断熱効果を高めたもので、3つの素材の中で一番保冷力がありますがお値段も高くなります。

発泡ウレタンはその名の通り空気の泡を抱き込み保温力を高めたもので、比較的お値段が手ごろでクーラーボックスに多く使用されています!アルミケースは主にソフトタイプのクーラーボックスに使用され、安価で軽く扱いが容易ですが保冷力はそれなりです。発泡ウレタン素材のクーラーボックスは、コスパを特に重視する人におすすめ♪

日帰りの場合はアルミ素材のソフトケース、2,3泊する場合は厚い発泡ウレタンを使用したものか、真空パネルを使用したハードタイプが保温力が高くおすすめです。

使用用途とハード・ソフト

クーラーボックスには大きく分けてハードとソフトの2種類があります。デイキャンプなど日帰りで使用する場合には使用後に折り畳みができるソフトタイプ、キャンプなど食材をしっかりと保冷しておく必要がある場合はハードタイプを使用しましょう!

また、複数日のキャンプ等で容量が足りないか不安な人は、メインとしてハードクーラーを持ち、サブでソフトクーラーを持っておくと、安心です!

ハードクーラーのおすすめランキングTOP5【ブログの口コミ付き】

コスパ抜群!発泡ウレタン素材のハードクーラーおすすめ9選

自分でカスタムできるクーラーボックスはこちら▼

真空断熱パネルの保冷力最強ハードクーラーおすすめ5選

ソロキャンプにもおすすめ!持ち運びに便利なソフトクーラー6選

ソフトクーラーボックスについて詳しくはこちらの記事をチェック▼

氷を長持ちさせる効率的なクーラーボックスの使い方

クーラーボックスに氷と飲み物が入っている写真    

出典:paylessimages / ゲッティイメージズ

保冷剤を使う

保冷剤を使用することで、クーラー内の温度が下がり氷が溶けにくくなります!特にアウトドアメーカーの物は強力でもちが良いのでおすすめです!ペットボトルを凍らせて持参される方も多いですが、やはり溶けるのが早いため合わせて保冷剤を持って行くと良いでしょう。

クーラーボックス台を使う

特に夏は地面が太陽で温められて、温度が高くなっています。地面の熱から遠ざけるためクーラーボックス台を使用するのがおすすめです!次項でご紹介いたしますので、参考にしてみてください♪

日陰に置く

クーラーボックスは外気温によって保冷力が左右されやすいです。そのためできるだけ温度の低い日陰においておきましょう!

台を使って保冷時間UP!クーラーボックススタンドおすすめ3選

クーラーボックスは大きすぎず小さすぎないものがいい!

クーラーボックスについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?ソフトタイプ・ハードタイプ、素材や大きさによっても保冷力や最適な用途が違ってくるクーラーボックス。ご家族の人数などを目安にすると選びやすいですよ♪

▼こちらも読まれています!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪