キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
イエティのクーラーボックス

YETI(イエティ)のクーラーボックスはなぜ人気?サイズ&モデル徹底解説!

※本記事には一部プロモーションが含まれます

一度は聞いたことのあるYETI(イエティ)のクーラーボックス。数あるクーラーボックスの中で、なぜそこまで人気なのか気になっている人も多いはず。イエティのクーラーボックスは保冷力だけでなく、ほかにもたくさんの魅力が詰まっています。今回はイエティが人気の理由からおすすめのモデル、使い方や保冷力アップの方法を徹底解説。知っているようで知らなかったイエティの魅力に迫りましょう。

イエティはなぜ人気?6つのおすすめポイント

イエティ(YETI)は、アメリカの2人の兄弟によって2006年に誕生したブランドです。毎日使い続けることのできるクーラーボックスを目指し、アウトドア愛好家のためのタフなクーラーボックスを開発。現在では耐久性と抜群の保冷力で、キャンパーであれば一度は憧れる有名なギアブランドとなりました。ここからは、長年愛され続けるイエティのクーラーボックスの魅力を徹底解説します。

クマでも壊せない!頑丈な素材

イエティのクーラーボックスは、IGBC(アメリカ庁間グリズリーベア委員会)が認証したベアーレジスタンス容器。ベアーレジスタントとは熊に抵抗力がある(抵抗する)という意味があり、その名の通りクマの攻撃にも耐えられるクーラーボックスとして証明されています。 また、クーラーボックスの角にはパドロックポートがあり、南京錠を付けておくことも可能。野生動物だけではなく盗難などにも対応できます。

耐久性も抜群!考え尽くされた構造

一般的なクーラーボックスのラッチ(ロックする部品)は、よく使用するパーツのため破損してしまうケースがよくあります。ラッチがうまく動作しないと、保冷力が保てずクーラーボックスとしては致命的。イエティはモールド成形されたラバーラッチを採用しており、強く開け閉めしても破損しにくいのが魅力です。 ラバーラッチのゴム部分は万が一劣化しても、別途購入でき使い続けることが可能。アフターパーツがきちんと用意されている点も安心です。
耐久性があるのはソフトクーラーも同じ。イエティのソフトクーラーの外装は、ドライハイド・シェルという高い耐久性と柔軟性、防水性を兼ね備えた特殊素材で作られています。高密度に織られており、紫外線やカビ、破れへの耐性が抜群!ハードクーラーに負けず劣らず、ソフトクーラーもタフに使えます。

最強クラスの保冷力で夏キャンプも安心

クーラーボックスを買うなら、保冷力は必ず見ておきたい最重要ポイントです。一般的なクーラーボックスの断熱材が、厚いものでも3cmほどなのに対し、イエティは5cmの圧力注入された分厚い構造採用。分厚いフタには、断熱材と密閉性の高いパッキンを採用しており、冷気を逃しません。 また、ボディー部分はつなぎ目を無くすことで余計な外気を遮断するワンピース構造(一体成型)となっており、高い保冷力の一要素となっています。実際に、イエティのクーラーボックスは最大7日間もの間、中に入れた氷が溶けないという驚きの保冷力を実現。連泊でのキャンプなどにも大活躍です。
ハードクーラーだけでなく、ソフトクーラーでも保冷力の高さを発揮。イエティのソフトクーラーは、コールドセル・インサレーションという独自の断熱素材を採用し、断熱面も分厚く、一般的なハードクーラー以上の保冷力を実現しています。 また、ジッパーにも世界最高クラスの防水・防漏れ性能で評判のドイツのTzip社製ジッパーを採用し、U-ドック構造により密閉感を向上させています。妥協しないものづくりがイエティ製品への厚い信頼につながってるといえるでしょう。

持ちやすく壊れにくい取っ手

クーラーボックスの持ち手部分は、収納式やボディー部分から飛び出しているものが一般的。しかし、本体との接続部分に負荷が集中するため、壊れやすいのが欠点です。イエティは、本体に凹みをつけ、さらにロープやベルトを取っ手として採用。取っ手に負担が集中しないため、持ち運ぶのに理想的な設計になっています。
また、ソフトクーラーにはショルダーストラップも付属しています。幅広のパッドが付いており、肩にベルトが食い込みにくい作りで持ち運びの負担を軽減。パッドにもライハイド・シェルを使用しており、紫外線などによる劣化に対して耐性を持っています。 イエティのクーラーボックスは、ほかのものと比べると高級ですが、細やかな部分にも先進素材を惜しみなく使用しています。最高のパフォーマンスで値段以上の満足度を感じられるため、多くの人に信頼されているのでしょう。

細やかな機能で使いやすい

氷が溶けると水が底にたまってしまい「わざわざひっくり返して水を流すのは面倒」という経験をしたキャンパーも多いのではないでしょうか。イエティのハードクーラーは、ほとんどのモデルの下部にネジが設置されており、少しゆるめるだけでひっくり返すことなく排水できます。 中に残った水分は放っておくとクーラーボックスのカビや臭いの元になるため、しっかりメンテナンスはしておきたいもの。排水口があると後片付けの手間を軽減でき、清潔に長く使用できます。

豊富なカラー展開!限定カラーも人気

イエティのクーラーは、さまざまなカラーを取りそろえている点でも人気です。特にハードクーラーは、定番のカラーに加えて期間限定のカラーが不定期に追加されます。期間限定のカラーは在庫が無くなり次第、販売終了となるため、気になる方は公式サイトをチェックしてみましょう! <定番カラー>
ホワイト 清潔感のあるホワイトは、多様なキャンプサイトに合わせやすいカラー。アースカラー中心のサイトでも、いいアクセントになるでしょう。
タン 落ち着いたアースカラーのタン。合わせやすい色で、人気のミリタリー風はもちろん、ヴィンテージ風のキャンプスタイルにもなじみやすい色です。
チャコール 濃いグレーが渋いチャコール。色数の少ないサイトにも、カラフルなサイトにも合わせやすいカラーで人気です。
<限定カラー>
レスキューレッド 限定色として販売されているカラーです。どこに置いても目を引く印象的なレッドで、キャンプサイトのワンポイントにもおすすめ。

イエティのハードクーラーとソフトクーラー

イエティのクーラーボックスのラインアップには、強度のある樹脂で作られた箱型のハードクーラーと、バッグのような形状のソフトクーラーの2種類があります。ここでは、それぞれのクーラーボックスの特徴を紹介!自分に合ったクーラーボックスを選びましょう。

イエティのハードクーラーとは?保冷力重視の方におすすめ!

ハードクーラーは、ソフトクーラーと比較して保冷力が高めです。イエティのハードクーラーには断面の厚さがあり、ふたも分厚密閉性の高いパッキンを起用。中の冷気を逃さないような設計になっています。夏でもキンキンに冷えたドリンクが楽しめ、バーベキューやスポーツをする方にもおすすめです。 高強度の樹脂を採用しているため耐久性に優れており、重いものを載せても壊れにくいのもメリットです。そのまま上に座って椅子として使用したり、ちょっとものを置くサイドテーブルにしたりでき、大人数でのキャンプにも役立ちます。一方、断熱材が厚めにつくられていることから、ほかのものと比べ重たく大きいのがデメリット。積荷のスペースの収まるか、持ち運べる重さかを確認しておきましょう。
<イエティのハードクーラーがおすすめな人>
  • 持ち運びや収納性よりも保冷力の高さを重視
  • 耐久性の高いクーラーボックスが欲しい
  • 19L以上の容量のクーラーボックスが必要

ソフトクーラーとは?携帯性重視の方におすすめ!

ソフトクーラーは、軽量かつコンパクトです。ハードクーラーよりも軽量で、肩にかけて持ち運びするときにも楽。交通機関で移動する方や、釣りなどで手軽に持ち運びたい方にぴったりです。また、追加のクーラーとしてソフトクーラーを選ぶのもおすすめ。ハードクーラーとソフトクーラーの2種類を持つことでさまざまな状況に対応でき、キャンプスタイルの幅が広がります。 イエティのハードクーラーと比べてリーズナブルなため、コスパ面を重視している方にも最適。ただ保冷力はハードクーラーに劣るため、しっかり冷やしたいという方はイエティのハードクーラーの方が良いでしょう。
<ソフトクーラーがおすすめな人>
  • 容量の大きさよりも携帯性や収納性を重視
  • サブのクーラーとして使用
  • 価格が安いものがいい

サイズ選びの注意点

イエティのクーラーボックスの場合、基本的に商品名入っている数字がサイズになっています。しかし、商品名にある数字は日本で一般的な「リットル(L)」での表記ではなく、アメリカ独自の単位である「クオート(QT)」になるので要注意! クオーツをリットルで表した場合、1QT=約0.95Lです。例えば、タンドラ 35なら35QTということになるので、35QT×0.95Lで約33.25Lになります。リットルと勘違いしていると、届いたときに「思っていたよりも入らない」ということにも繋がるため、覚えておきましょう。

イエティのハードクーラーシリーズ

現在イエティのハードクーラーボックスは、「Vシリーズ」「ロディーシリーズ」「タンドラシリーズ」の3種類。どれも保冷性に優れ丈夫ですが、それぞれに違った特徴があります。どれが自分に合っているのかチェックしてみましょう。

アイコン的存在!イエティ最高峰Vシリーズ

Vシリーズは6面全てに真空断熱パネルを採用した保冷・保温力に追求したイエティの最高峰モデルです。頑丈なステンレス製で耐久性があり、長期間タフに使えます。また、シンプルなステンレスのボディはかっこよく、所有欲を満たしてくれます。現在Vシリーズは55の一種類のみとなりますが、サイズが合えば最強の相棒になってくれるでしょう。

飲み物を入れやすい!イエティローディ(ROADIE)シリーズ

縦長の形状という、イエティのハードクーラーシリーズでは珍しいシルエット。車の中でもスマートに収まり、持ち運びにも便利です。これまでT字のゴム製だったラッチ(ふたをロックするパーツ)が、新しい形状と素材に変更され片手で素早く開け閉めできるのもポイントです。 また、ロディー24は通常タイプになりますが、48と60はタイヤ付きになります。それぞれどちらが自分に合っているのか確認しましょう。

サイズが豊富!イエティタンドラ(TUNDRA)シリーズ

タンドラシリーズは約33Lから約300L以上と、サイズ展開が豊富なハードクーラー。フラットな本体の両サイドに持ち手が付いている形状です。タンドラ35からタンドラ65までのモデルは、ローディ・シリーズと同じようにカラーバリエーションが豊富。大人数での使用に適しています。ただサイズが大きくなるほど重量も重たくなるので気をつけておきましょう。

イエティのソフトクーラーシリーズ

ハードクーラーと比較してソフトクーラーはコンパクトで軽量。ピクニックや海水浴などのライトなアウトドアでの使用におすすめ!イエティのソフトクーラーボックスは、現在公式で販売されているのはホッパー(HOPPER)のみのため、チェックしてみましょう。

持ち運び重視!イエティホッパー(HOPPER)シリーズ

ホッパーシリーズはソフトクーラーながら、丈夫で保冷力に優れたシリーズ。穴あきや紫外線に耐えられる高性能なドライハイドシェルで作られており、砂利や岩場などでも使用できます。 また、丈夫で漏れを防止するハイドロロック社の防水ジッパーを採用。開閉には少々力が必要になりますが、その分しっかり密閉し冷気を逃しません。容量は7.6Lから17Lまでと手軽なサイズで、ショルダーも付いているため持ち運びにも便利です。

イエティのその他モデル

実は、イエティにはクーラーボックスだけでなく、ほかのアイテムも充実しています。今回は使いやすいバケツとドリンクウェアの一部を紹介しましょう。

大容量で使いやすいバケツ

保温保冷に優れたドリンクウェア

イエティのクーラーボックスの使い方!上手に使えば保冷力アップ

保冷力が自慢のイエティのクーラーボックス。使い方次第では、その保冷効果をさらにアップさせることができます。逆に間違った使い方をすれば、せっかくの保冷力も台無し!使用時は以下のポイントに気をつけましょう。

クーラーボックスの置き場所に注意!

クーラーボックスは直射日光の下に置かないようにしましょう。テントやタープなど日の当たらない場所がベスト。地面から熱が伝わるため、クーラーボックスの地面への直置きは避け台の上に置きましょう。

ベストな比率は1:2

メーカー側の推奨するベストな氷の量は、中に入れた食材や飲み物を1とすると、その2倍の量としています。また、食材や飲み物を入れる際は、隙間が少ない方が冷たさが長持ちします。食材や飲み物を入れ、隙間に保冷剤や氷を入れましょう。

開け閉めは最小限

クーラーの開閉を繰り返すとクーラーボックス内の冷気が逃げてしまい、温度が上昇します。クーラーボックス内の温度を保つためにも開閉はなるべく最小限にとどめ、使用した際は必ずふたをロックするのがポイントです。大人数になると自然と開け閉めする回数も増えるため、開けっぱなしにせず、さっと取るようにしましょう。

予冷して保冷性をアップ

食材や飲み物を入れる前に、あらかじめ保冷剤や氷を入れクーラーボックスを冷やしておくのが保冷性を高めるポイント。クーラーボックスの中の温度を一旦下げてから使用することで、中に入れるものの温度に影響されにくくなります。入れるものは事前に、冷やしたり凍らせておくのもおすすめです。

イエティのクーラーボックスはコストコで買える?

実は、コストコでもイエティのクーラーボックスが手に入ります。オンライン限定商品として販売されており「安く買えた」とのレビューも!気になる方はコストコもチェックしてみてください。 一方、イエティのクーラーボックスは高価なため「やっぱり実物を見て購入したい」という方もいますよね。イエティ正規代理店のA&F(エイアンドエフ)の店舗では、販売されているため近くの方は足を運んでみてはいかがでしょうか。 公式サイトはこちら:A&F

イエティの偽物クーラーボックスはある?正規品との見分け方

イエティは人気のブランドのため、中には偽物が紛れているという口コミもちらほら。しかしクーラーボックスの偽物ではなく、より手軽に入手できるタンブラーなどの偽物が多いです。偽物を見分けるポイントがいくつかあるため、間違って購入してしまわないように確認しておいてください。
<偽物を見分けるポイント>
  • 背面のロゴと底のロゴがずれていないか
  • ノベルティが付属されているか
  • 保冷力はあるか
  • 金額が安すぎないか
  • など
特に、フリマサイトや出店元がどこかわからないサイトでは、偽物も多いようなので注意しましょう。

自分に合ったイエティのクーラーボックスで冒険へ出かけよう!

一度購入したら壊れることなく、長年使い続けられるイエティのクーラーボックス。抜群の保冷力とタフなつくりで、自分の相棒のようになくてはならないアイテムになるはず。イエティのクーラーボックスを使って、おいしい食事とキンキンに冷えた飲み物で、アウトドアをいっそう楽しんでみてください!

特集・連載


あわせて読みたい記事