キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜もっとそとが好きになる〜
保冷剤のアイキャッチ

最強の保冷剤おすすめランキング22選!冷却力&保冷時間&凍結時間を編集部が徹底比較

※本記事には一部プロモーションが含まれます

保冷剤は、キャンプやバーベキューで食材や飲み物を冷やすのに欠かせないアイテム。長い時間、しっかり冷やせる製品を使用したいものです。この記事では、Amazonなどで人気の商品をhinata編集部が徹底検証して実力を比較。ランキング形式でおすすめ保冷剤を紹介します。いったいどのような保冷剤がアウトドアに向いているのか参考にしてみてください!

保冷剤とは?

保冷剤
保冷材は「蓄冷材」とも呼ばれ、一度凍らせると長時間冷たさを保ってくれるもの。保冷バッグやクーラーボックスに入れて、食品や飲み物が温まったり腐敗したりするのを防ぐために使われます。 溶けてしまっても冷凍庫で再び凍らせれば何度でも使えるので経済的。0℃以下の状態を長時間保てる保冷剤もあり、氷以上の冷却力を発揮してくれます。

保冷剤の選び方

保冷剤を選ぶ際は、以下の3つのポイントに注目!
  • 冷却力
  • 保冷時間
  • 凍結時間

冷却力は目的に応じて選ぶ

保冷剤
保冷剤は、「凍った状態から溶けるまでの間、温度を一定に保たれる」という特性を利用して、周囲を冷やしてくれます。つまり、融点(溶け出す温度)が低い保冷剤ほど冷却力が高くなる、ということです。 保冷剤は融点によって「0℃タイプ」と「氷点下タイプ」があり、後者のほうが冷却力に優れます。パッケージや本体に融点が何℃かの記載があるものが多いので、しっかり冷やしたいなら氷点下タイプ、お弁当など冷やしすぎたくないものは0℃タイプと、使い分けるようにしましょう。
0℃タイプお弁当や飲み物におすすめ。「物を冷やしたいけど凍らせたくない」ときにおすすめ
氷点下タイプ飲み物をキンキンに冷やしたいときや、生鮮食品をしっかり保冷したいときにおすすめ

保冷時間が長いものを選ぶ

保冷剤
保冷時間とは、保冷剤が溶けずに周囲を冷やし続けられる時間のことです。保冷時間が長ければ長いほど、飲み物や食料を冷やし続けられるため、キャンプやバーベキューといったアウトドアシーンに最適。暑い時期に多い食中毒を起こすリスクも下げられます。 今回の保冷剤検証では数点を除き、1時間ごとに同じくらいの温度で下がり続けました。 氷点下タイプは標準温度(外気温)27℃のところから-6℃ほどまで下がるなど大きな変化が。今回の検証では、ソフトかハードに関わらず、保冷剤本体の保冷温度に応じて差が生まれる、ということが分かっています。 キャンプ場まで2〜3時間ほど移動することをふまえて、なるべく長時間保冷できるものを選びましょう。保冷力を重視する際は、氷点下タイプ一択!こちらもパッケージや本体、商品の販売ページに目安の時間が書いてあることが多いので、購入前にチェックを。
保冷剤の効果的な使い方は、以下の記事もあわせてチェック!

凍結時間が短いものを選ぶ

保冷剤
保冷剤は常温では保冷効果を発揮しないため、まずは冷凍庫で十分に凍らせてから使用するものです。保冷剤の再冷凍時間は、0度タイプが使用する6〜10時間、氷点下タイプは使用する12時間以上と、タイプによって違いがあリマス。 今回の検証の結果、冷却力や保冷時間が優れているものは、その分、凍る時間も比例して遅くなることが分かりました。氷点下タイプは使用する日程に合わせ、余裕をもって再凍結させるのが大切です!また、冷凍庫の設定温度をできるだけ下げておくと、時間を短縮できます。

ハードタイプかソフトタイプかで選ぶ

保冷剤
保冷剤は大きく分けて、プラスチックなどの固い容器に入ったハードタイプと、ビニールなどの柔らかい袋に入ったソフトタイプがあります。 ハードタイプは外からの衝撃に強く、容器が割れて中身がこぼれてしまうということは少ないので、アウトドアでも安心して使えます。 ソフトタイプは、ソフトといっても凍っているときはカチカチです。溶けると柔らかくなって、形をある程度変えられるため、ハードタイプよりかさばりにくいのが長所といえます。
ハードタイプ・溶けても形が変わらない ・クーラーボックスの中で仕切りがわりになる
ソフトタイプ・ハードタイプに比べると軽くて小さいものが多い ・柔らかいので、凍らせる際は平らな場所に置くなど配慮が必要

【大きさで選ぶ】保冷バッグやクーラーボックスに合うサイズにする

保冷剤
検証の結果、食材を冷やす分にはどの商品も問題はありませんでした。ただし、保冷能力やサイズには差が見られました。保冷剤22点の中で6時間後にマイナス数値に達したのは、1アイテムのみ。 6時間後になれば、3~4割ほど溶け始めました。ソフトタイプに直接触れると柔らかい触感。結露も多く見られ、触れると手のひら全体がぐっしょり濡れるほど。数が増えると解凍するスピードが減少しやすく、箱にエアスペースが多い分解凍するスピードも早くなっている傾向でした。 これらをふまえて、保冷剤のサイズはクーラーボックスの容量に合わせて決めるのが大切です。4人以上の食料が入るものに小さい保冷剤一個では、食材に対して保冷力が追いつかず、全く冷やせません。大容量タイプには1kg〜700gの保冷剤2〜3個、ディオ・ソロ向けには500g前後の保冷剤1〜2個、ランチボックスタイプには手のひらサイズ(50g)がおすすめ!

人気で最強な保冷剤22商品おすすめランキング

ここからは、実際に比較検証してわかった、保冷剤のおすすめランキングをお届けします! ※検証結果はhinata編集部が測定した数値です。メーカー公表値とは異なります

【1位】川合技研 ネオアイス プロ ソフト 550mL -16℃

【総合評価4.60 冷却力5.00|保冷時間5.00|凍結時間3.81

【2位】キャンパーズコレクション(山善) ポイントクール

【総合評価3.96 冷却力3.15|保冷時間3.72|凍結時間5.00

【3位】ICEPOWER(アイスパワー) 保冷剤 Mサイズ

【総合評価3.92 冷却力3.23|保冷時間3.79|凍結時間4.76

【4位】ICE JAPAN(アイスジャパン) 保冷剤 フリーザーアイス ハード500

【総合評価3.89 冷却力3.31|保冷時間3.85|凍結時間4.52

【5位】LOGOS(ロゴス) 保冷剤 アイススタック 530g

【総合評価3.83 冷却力3.20|保冷時間3.76|凍結時間4.52

【6位】TOURIT(トウリト) アイスパック ソフトタイプ ふたなし

【総合評価3.83 冷却力3.07|保冷時間3.65|凍結時間4.76

【7位】NITINEN(ニチネン) 保冷剤 クールメイト750

【総合評価3.83 冷却力3.07|保冷時間3.65|凍結時間4.76

【8位】アイリスオーヤマ 保冷剤 ハード CKB-500

【総合評価3.66 冷却力2.94|保冷時間3.53|凍結時間4.52

【9位】TOURIT(トウリト) 保冷剤

【総合評価3.63 冷却力2.75|保冷時間3.37|凍結時間4.76

【10位】アイリスオーヤマ 保冷剤 ソフト CKF-500

【総合評価3.58 冷却力2.80|保冷時間3.42|凍結時間4.52

【11位】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 抗菌クールタイム 板氷タイプ

【総合評価3.56 冷却力3.04|保冷時間2.89|凍結時間4.76

【12位】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 時短凍結 スーパーコールドパック Sサイズ 500g

【総合評価3.26 冷却力3.17|保冷時間3.74|凍結時間2.86

【13位】DAIWA(ダイワ) CPアイス 保冷剤 M

【総合評価3.14 冷却力2.99|保冷時間3.58|凍結時間2.86

【14位】ICE JAPAN(アイスジャパン) 消臭タイプNCR 150g

【総合評価3.09 冷却力2.67|保冷時間2.07|凍結時間4.52

【15位】LOGOS(ロゴス) 氷点下パック ソフトGT 550

【総合評価3.05 冷却力3.41|保冷時間3.31|凍結時間2.43

【16位】トライ・カンパニー キャッチクール 20g

【総合評価3.05 冷却力2.53|保冷時間2.32|凍結時間4.29

【17位】VASTLAND(ヴァストランド) 保冷剤 ハイパワー保冷パック 長時間保冷モデル

【総合評価2.84 冷却力2.94|保冷時間3.15|凍結時間2.43

【18位】LOGOS(ロゴス) 保冷剤 倍速凍結・氷点下パック 長時間保冷Mサイズ

【総合評価2.60 冷却力2.13|保冷時間2.11|凍結時間3.57

【19位】INOAC(イノアック) クールプラン 氷太クン 550g

【総合評価2.55 冷却力2.42|保冷時間2.37|凍結時間2.86

【20位】FIELDOOR(フィールドア) 保冷剤 ノーザンクーラー

【総合評価2.52 冷却力2.00|保冷時間2.00|凍結時間3.57

【21位】CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 抗菌 クールタイムダブル〈M〉300g

【総合評価2.40 冷却力2.72|保冷時間2.48|凍結時間2.00

【22位】LOGOS(ロゴス) 保冷剤 氷点下パック GTマイナス16度 ハード600g

【総合評価2.19 冷却力2.08|保冷時間2.07|凍結時間2.43

ダイソーをはじめとする100均でも販売!

ペットボトルと保冷剤とタオルの画像

出典:PIXTA

ダイソーなど100均一ショップでも、保冷剤は購入可能。イラストや写真がプリントされたかわいらしいデザインから、丈夫なハードタイプまで、バリエーションも豊富です。

保冷剤を効果的に使うには?

クーラーボックス

出典:PIXTA

氷よりも高い保冷力を発揮する保冷剤は、通常よりも保冷力をアップし、効率的に使える方法があります。
  • クーラーボックス内の上下に保冷剤を置き、食材を冷気で挟む
  • 保冷剤を仕切りのように立てる
  • 柔らかいものはソフト、硬いものはハードと使い分ける
  • 隙間に保冷剤をつめて冷気を逃さない

保冷剤を効率的に凍結させるには?

保冷剤

出典:PIXTA

保冷剤が再凍結する時間は、手のひらサイズであれば2〜3時間、500g以上のものは6時間以上と、サイズによって違いがあります。さらに凍る時間を短縮させたい場合は、保冷剤をアルミホイルで包んで冷凍庫に入れるのがおすすめ。アルミホイルは熱伝導率が高いので、周囲の温度を素早く伝えられます。温度を素早く保冷剤に行き渡らせようという働きが、再凍結時間の短縮につながるのです。

保冷剤の処理方法

保冷剤の中身は水以外に高吸収性ポリマーという成分が含まれているので、水道に流してはいけません。排水溝やトイレに流すと、成分が膨張し、詰まってしまいます。基本的には自治体で規定されているゴミの分別に従って処分します。ソフトタイプの保冷剤は可燃ごみとして処理されることが多いですが、トラブルを防ぐためにも、地域ゴミの分別方法を確認するのが大切!

手持ちのクーラーのサイズや、用途に合った保冷剤を見つけよう!

保冷剤は、使用目的によって使い分けることで最大の効果を発揮します。この記事の検証結果を参考に、最良の保冷剤をみつけてください!あわせて、一緒に使うクーラーボックスや保冷バッグもhinataのおすすめを記事でチェックしておきましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像抜群の保冷力を発揮する氷点下タイプの保冷剤しっかり冷やせる薄型保冷剤軽量&コンパクトで日常使いにも!頑丈さが魅力の頼れる保冷剤すばやく凍結して長く保冷してくれる毎日でも使える8時間凍結タイプ食材などと一緒に持ち運んでも安心コスパが良くてお財布にも優しい細長いのでちょっとした隙間にもフィット使用後は消臭剤として利用できるスグレモノ板氷型の大型ソフト保冷剤安定の「鹿番長」による氷点下タイプの保冷剤釣り具メーカーの本格的な氷点下タイプ保冷剤釣りのおともにピッタリ!消臭剤としても使用可能ロゴスの氷点下タイプ保冷剤数の力で保冷力を担保!凍結時間が長いので早めの冷凍を凍結時間の短縮を実現した氷点下タイプの保冷剤氷点下タイプのハード保冷剤。凍結時間はやや長め安全性に配慮した植物性天然素材を使用使い勝手は良いが、長めの凍結時間がネック通常の保冷剤と併用すれば長く保冷
商品名抜群の保冷力を発揮する氷点下タイプの保冷剤しっかり冷やせる薄型保冷剤軽量&コンパクトで日常使いにも!頑丈さが魅力の頼れる保冷剤すばやく凍結して長く保冷してくれる毎日でも使える8時間凍結タイプ食材などと一緒に持ち運んでも安心コスパが良くてお財布にも優しい細長いのでちょっとした隙間にもフィット使用後は消臭剤として利用できるスグレモノ板氷型の大型ソフト保冷剤安定の「鹿番長」による氷点下タイプの保冷剤釣り具メーカーの本格的な氷点下タイプ保冷剤釣りのおともにピッタリ!消臭剤としても使用可能ロゴスの氷点下タイプ保冷剤数の力で保冷力を担保!凍結時間が長いので早めの冷凍を凍結時間の短縮を実現した氷点下タイプの保冷剤氷点下タイプのハード保冷剤。凍結時間はやや長め安全性に配慮した植物性天然素材を使用使い勝手は良いが、長めの凍結時間がネック通常の保冷剤と併用すれば長く保冷
商品リンク


あわせて読みたい記事