アウトドアで使うならコレ!冷却時間が持続する保冷剤おすすめ10選

hinata

>

キャンプ

>

アウトドアで使うならコレ!冷却時間が持続する保冷剤おすすめ10選

アウトドアで使うならコレ!冷却時間が持続する保冷剤おすすめ10選

 キャンプ

出典:DiamondBack Truck Covers / flickr

アウトドアでは必須アイテムとなっている保冷剤ですが、ケーキやアイスに付いてくる保冷剤ではアウトドアではすぐに溶けてしまい保冷力は不十分。アウトドアにはアウトドア用の保冷剤を使用することをおすすめします!保冷力が高性能で、暑い時期には欠かすことのできない保冷剤の選び方のポイントとオススメの保冷剤10選をご紹介します♪


 目次


夏のアウトドアには保冷剤が必須!

夏場をはじめ、暑い時期には食材と飲み物の保冷に必須となっている保冷剤ですが、保冷剤なら全てが同じ性能を発揮するわけではありません。保冷性能である持続時間や凍らせる時間など、さまざまな違いがあるんです。冷凍庫に入れてから完全に凍るまでの時間が短ければ短いほどよく、保冷時間が長ければ長いほどアウトドアには向いています。

夏場のアウトドアではキンキンに冷えた飲み物と、新鮮な食材を使った料理も楽しみのひとつです。保冷剤は夏のアウトドアには絶対に欠かせないアイテムですよ!

保冷剤は種類が豊富!保冷剤選びのポイントは?

保冷剤を選ぶポイントは大きく分けて3つあり、「融解温度」と「保持時間」と「再冷凍時間」となります。クーラーボックスの中の温度をどれだけ低い温度で、どの位長い時間低い温度を保てるかが重要になってきます。

融解温度とはどれだけ温度を低くできるかですが、今アウトドアの保冷剤はマイナス16°Cなどの氷点下タイプと0°Cタイプが販売されています。冷凍庫のように使用するのであれば氷点下タイプのもの、冷蔵庫のように使用するのであれば0°Cタイプのものを選びましょう。

また、長時間保冷温度を維持させたい場合はより容量が大きなタイプを使用します。保冷剤は溶けることによってクーラーボックスの中を低温にするものなので、溶けるのにより時間がかかる大きなタイプのものを使用すると保冷時間も長くなります。ただ、容量が大きなタイプは再冷凍時間も長くなる傾向も。保冷剤の種類にもよりますが、長いものでは24時間以上の時間がかかるものもあるので、短い時間で冷凍できるものを選ぶことも重要なポイントです。

アウトドアシーンにはおすすめの保冷剤10選

まとめ

いかがでしたか?
アウトドアで、食材の鮮度を保つためにも、キンキンに冷えた飲み物を飲むためにもなくてはならないアイテムが保冷剤です。どれも同じ働きをするわけではありません。持ち歩くものや日数に応じてその時のアウトドアにあった保冷剤を選んでくださいね。美味しい料理や飲み物でよりいっそう楽しい時間になることでしょう!


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

バーベキュー道具 キャンプ料理
  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner