長時間冷たい強力な保冷剤11選!タイプ別で紹介

 キャンプ用品

クーラーボックスに入っている保冷剤の写真

出典:PIXTA

保冷剤は夏のアウトドアやキャンプで大活躍します。しかし、冷やしたかった物が冷えなかったことや、保冷剤が早く溶けてしまった経験があるのではないでしょうか。この記事では、そんな悩みを解決する強力で長時間冷えたままの保冷剤や、長く冷たさをキープするコツを紹介しています。


 目次


保冷剤はこんな時に活躍します

キャンプの時に

キャンプの時に食事をしている写真

出典:PIXTA

夏にキャンプをするときは、キャンプ場で冷えたジュースやお酒などが飲みたくなると思います。そんな時に活躍するのが保冷剤。クーラーボックスやバッグの中に保冷剤を入れておくことで、炎天下の中でも飲み物や食べ物を冷たいままでキープできます。

さらに、夏にアウトドアをするときには熱中症になる心配があると思います。そんな時には、保冷剤を使って定期的に首元などを冷やしておけば、熱中症対策も可能。そのうえ、もし熱中症になった時には体を冷やして応急処置もできる優れものです。

保冷剤は夏のアウトドアの時に飲み物を冷やすことはもちろん、熱中症の対策や応急処置もできるアイテムです。

釣りの時に

釣りをしている最中の写真

出典:PIXTA

保冷剤は魚釣りをするときにも活躍します。気温が高い日に釣れた魚を常温で保存すると魚が痛んで、食中毒の危険性が上がります。そんな時にはクーラーボックスの中に氷と保冷剤を入れて魚を保存するのがおすすめ。
氷のみだと長時間持たずに溶けてしまうため、保冷剤を一緒に入れることで氷を溶けづらくします。
長い時間釣りを楽しみたいという方はぜひ試してみてください。

お弁当が痛まないように

弁当の写真

出典:PIXTA

夏にお弁当を持っていく時は、中の食品が痛まないように気を付ける必要があります。殺菌効果の高い食品を使うこともできますが、一番手間がかからないのは保冷ではないでしょうか。お弁当と一緒に保冷剤を入れておくことで、食中毒の原因となる菌が繁殖しやすい温度まで食べ物が温まるのを防ぎ、食中毒になってしまう危険性を下げられます。

保冷剤を長時間持たせるコツは

保冷剤をたくさん使う

保冷剤の写真

出典:PIXTA

屋外で物を冷やす時には気温や直射日光で溶けやすくなるため、保冷剤の数が少ないとすぐに溶けてしまいます。そんな時には、保冷剤をたくさん使うことで、保冷剤同士が冷やしあって溶けづらく、冷えた状態を長くキープできます。

冷やすものをあらかじめ冷たくしておく

冷やしたい物が温かいと、保冷剤が熱を吸収して溶けやすくなってしまいます。しかし、冷やしたいものをあらかじめ冷やしておけば、熱を吸収せずに保冷剤が長く持ちます。お弁当や飲み物などを冷やして持っていきたい時には、出発の直前まで冷蔵庫に置いておくのがおすすめです。

保冷剤をタオルなどで巻いて使う

保冷剤とタオルの画像

出典:PIXTA

保冷剤を長時間持たせるコツにはタオルやハンカチで巻く方法もあります。保冷剤が短時間で溶けてしまう原因の1つは、暖かい空気が保冷剤の冷たさを奪ってしまうからです。そのため、できるだけ保冷剤が直接空気に触れないようにすることによって、保冷剤を長く持たせられます。

他にも、クーラーボックスに入れて持ち運びをすると外の空気に触れないため、保冷剤を長時間冷たいままにキープできます。

保冷剤の種類

軽く持ち運びがしやすいソフトタイプ

ロゴス (LOGOS) 保冷剤 アイスポケットの画像

出典:Amazon

ソフトタイプは小型の持ち運びしやすい保冷剤です。特徴はさまざまな大きさがあるため、バッグのサイズに合わせて選べます。

さらに、ソフトタイプの保冷剤は、凍らせる時に好きな形にすることで、そのまま固まります。バッグやケースの隙間に入る形に変えて、お弁当を冷たいまま持ち運ぶことや、熱中症対策のアイテムとして使えます。

冷却力抜群のハードタイプ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 保冷剤 時短凍結の画像

出典:Amazon

ハードタイプはケースに保冷液が入っていて大きめのサイズが多くなっています。保冷液が凍結するのに時間がかかりますが、長時間冷たい状態をキープできます。そのうえ、表面積が大きいため、冷却力は高く、冷やしたい物を素早く冷たくします。長時間移動するアウトドアやキャンプの時、魚を釣って保存しておきたい時におすすめのタイプです。

長時間冷たい強力ソフトタイプ保冷剤おすすめ5選

長時間冷たい強力ハードタイプ保冷剤おすすめ6選

長時間使える強力な保冷剤を使ってみよう!

長時間持つ強力な保冷剤を使うことでアウトドアの時は飲み物や食べ物を冷たい状態でキープしたり、釣った魚を新鮮なまま保存できます。他にも長く持つ保冷剤はさまざまなシーンで活躍するため、ぜひ一度試してみてください。
▼保冷剤について詳しく知りたい方はこちらをチェック!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪