hinata

>

キャンプ用品

>

クーラーボックス

>

【夏、必須】ハードorソフト、クーラーボックスはどっちにする?保冷力をアップさせる小ワザも紹介

【夏、必須】ハードorソフト、クーラーボックスはどっちにする?保冷力をアップさせる小ワザも紹介

キャンプ用品

クーラーボックス

これからの時期のキャンプには、クーラーボックスが欠かせません。定番はハードタイプですが、最近はソフトクーラーの性能もメキメキ上がっています。夏キャンプにはどちらを持っていくのが正解なのでしょうか。アウトドア専門店「エルブレス」へ行き、hinata編集部が調査してきました!保冷力が上がる小ワザもあわせて紹介します。

目 次

今の時期から必須!クーラーボックスは、ハード?ソフト?

ハードクーラーとソフトクーラー
気温の高い日々が増えてきたこの頃。うっかり食材を外に放置したり、飲み物を出しっぱなしにしたりすると、一気に悪くなってしまう時期になりました。食中毒を防ぐためにも、クーラーボックスをしっかり活用しなくてはなりません。

安心と信頼のハードクーラーが主力かと思いきや、最近は高い保冷力を誇るソフトタイプのクーラーボックスも次々と登場。これからの季節のアウトドアのため、どんなクーラーボックスを買えばいいのでしょうか。大型アウトドア専門店・エルブレス新宿店を訪れ、hinata編集部が調査してきました。

保冷力を高めるクーラーボックスの使い方とは?

キャプテンスタッグのクーラーボックス

出典:Amazon

①用途ごとにクーラーを使い分けよう

冷気が逃げる1番の原因は、クーラーボックスの開閉。毎回きちんとふたを閉めていても、開けるたびにじわじわと冷たい空気は逃げてしまいます。開閉を減らすには、クーラーボックスの2個持ちがおすすめ。食材・飲み物と分けておけば、飲み物を取るたびに温度が上がり、「いつの間にか夕食の材料が悪くなっていた…」ということもありません。

②地面から遠ざけよう

クーラーボックスを地面に直接置いていると、地熱の影響を受けて保冷力が下がってしまいます。クーラースタンドなどを用意して、なるべく地面から遠い場所に設置しましょう。高いところにクーラーを置けば、毎回しゃがむ必要もなく、物の出し入れもしやすくなります。クーラースタンドは、汚れ防止や虫除けになるという点でもおすすめです。

ソフトクーラー①:ヒャド クーラートートバッグ35

クーラーボックス
アメリカンな雰囲気が魅力的なヒャドのクーラートートバッグ35。他ではなかなか見かけないブルーのカラーにひかれます。2Lのペットボトルが8本と保冷剤が2枚、余裕で入るほどたっぷりとした容量で、家族やグループでのキャンプにぴったり。
クーラーボックス
クーラーボックス
口を丸めて閉じるラップトップタイプなので、食料が少ないときはコンパクトになるのがうれしいところです。口が高くなるため、開閉の際、冷気を逃げにくくする役割も果たしています。フロントにはポケットがあり、栓抜きなどの小物を入れておくのに便利です。アウトドアシーンだけでなく、夏の日の買い物バッグとしてもおすすめ。

ソフトクーラー②:ホールアース ソフトクーラー

クーラーボックス
無骨な男らしいデザインが人気を呼んでいる、ホールアースのソフトクーラー。15mmの厚断熱材を使用した二層構造のクーラーで、ソフトタイプながら抜群の保冷力を誇ります。
クーラーボックス
さらに、効率的に保冷効果を高める保冷剤ポケットも、内側のふた部分に内臓。夏の暑い日でも安心です。
クーラーボックス
背裏ベルトでキャリーカートに装着できるようになっており、持ち運びも楽チン。側面につけられたデイジーチェーンには、シェラカップなどの小物を吊り下げられます。食材に限らず、雑貨入れにしてもおしゃれです。

ハードクーラー①:ロゴス リミテッドクーラーL

クーラーボックス
お店の中でも特に売れ行きが良いというロゴスのリミテッドクーラーL。容量35Lで、2Lペットボトルなら10本、350ml缶なら53本が収納できます。落ち着いたカラーで、どんなキャンプサイトでもなじみやすい仕様です。
クーラーボックス
断熱材は、一体成型という方法でつなぎ目なく作られ、保冷効果が高められています。肩掛けベルトがついて、持ち運びにも便利。底面に水抜き栓も付いているため、溶け出した氷などの水を簡単に抜くことができます。
クーラーボックス
シンプルなデザインなので、そのまま使うもよし、ステッカーなどを貼って自分流にアレンジするもよし。自由な使い方ができるクーラーボックスです。

ハードクーラー②:コールマン エクストリームクーラー/28QT

クーラーボックス
デイキャンプやサブのクーラーとして使いたいコールマンのエクストリームクーラー/28QT。サイズは奥行46×幅33×高さ40cm、容量は約26Lと小さめで、ペットボトルだと8本ほど収納できます。
クーラーボックス
側面だけでなくふたの部分にも断熱材が入っているため、より高い保冷力を発揮します。
クーラーボックス
ふたの上にはドリンクホルダーがついており、ミニテーブルとしても活躍。価格も5,000円ほどとお手頃なので、大人数でキャンプに行く際に、追加で持っておくと便利です。

これからの季節にぴったりなクーラーを選ぼう

どんどん暑くなるこれからの季節、アウトドアではクーラーボックスが必須です。自分に合ったものを選んで、キャンプをもっと快適にアップデートしましょう。

撮影協力:エルブレス 新宿店

今回紹介したアイテム

商品画像 オレゴニアンキャンパー Oregonian Camper クーラートートバッグ 35 Cooler Tote 35 コヨーテ hdc004c ホールアース(ホールアース) TTC SOFT COOLER (オリーブ/FF) ロゴス(LOGOS) LOGOS リミテッドクーラーL 81448042 コールマン(Coleman) クーラーボックス エクストリームクーラー 28QT 約26L 保冷力3日 ミスト
商品名 ヒャド クーラートート35 ホールアース ソフトクーラー ロゴス リミテッドクーラーL コールマン エクストリームクーラー/28QT
商品リンク 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る L-Breath で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る L-Breath で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Yahoo! で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事